UTAの輪の中でともに学ぼう

塩川香世

 

あなたはなぜ生まれてきたのでしょうか。
何をするために今という時間があるのでしょうか。
あなたは、本当の自分を知っていますか。
あなたはどういう存在でしょうか。
そして、死んだ後、どのような状態であるかご存じでしょうか。

UTAの輪。みんな、集まれ。集まれ。
肉を持つもの、持たないもの、宇宙の友よ、
みんな、みんないっしょに、愛 、心のふるさとへ帰ろう。

 
私達は、今、肉体を持っています。肉体という形を持っています。しかし、私達の本質は意識。愛、愛のエネルギーなんです。
波動の世界がすべてでした。私達は形の世界を本物として、ずっと、ずっと、長い間、気の遠くなるような長い間、転生を繰り返してきました。
すべて苦しい転生でした。間違った転生でした。真っ暗闇の転生でした。その中に真実は何もなかったんです。真実は心に届かなかった。
このことに、誰もこの地球上に転生してきた人達、誰一人として、心で気付いた人はいなかった。誰一人、真実を明らかにする人はいなかった。
しかし、今、こうして、私達が肉体を持っているこの三次元の中で、ようやく、ようやく、田池留吉、アルバートという真実の波動の世界と出会い、三十年の学びの時間を経て、私達は、真実の道、愛へ帰る道を、自分の心の中に見出し始めています。
だから、私達は呼び掛けます。宇宙に彷徨う私達の仲間、この三次元にやってこれなかった私達の仲間に呼び掛けます。
もちろん、肉を持ってこの地球上に転生してきた意識達にも、呼び掛けています。ともに、ともに、帰ろうと。
愛、心のふるさと、私達のふるさとです。私達の心のふるさとは愛でした。愛は、私達の心のふるさとでした。懐かしい、懐かしい母の温もりの中へ、喜びの中へ、ただただ広がっていく中へ帰ってまいりましょう。
私達は、これから、250年、300年かけて、この地球上に、そして宇宙に広がっている空間の中で、私達は、呼び掛けてまいります。
波動として、存在していることを、ただただ自分達の心の中で感じ合い、共鳴し合う喜びの道を、ともに歩いていきましょう。

あなたは目に見えません。あなたはエネルギーだからです。
日々の生活の中で、自分の作ってきたエネルギーを感じてください。
正しい瞑想をして、愛のエネルギーを心に感じられるようになってください。
何を間違えたのか、なぜ間違ったのか、あなたの心で知ってください。
次元移行という意識の流れを心で知ってください。

宇宙を思って瞑想をしましょう。

愛へ帰る道。母なる宇宙を心に呼び、喜び、喜びで次元を超えていく、すべて自分が切望してきたことでした。
肉がすべて、肉を本物として生きてきた過ちの人生。真っ暗闇の中へ落ちていくことしかできなかった過去。
過ちの人生、過ちの過去とともに帰っていく道を選んでください。厳しくて険しいけれど、本物の優しさ、温もり、喜びの世界を知っていくには、それしかありません。
思うは田池留吉を日々実践、実践です。肉の時間の終わるその瞬間まで、思うは田池留吉一筋の道を生きていきましょう。


なぜ、自分に肉という形を用意したのか、思いの世界にある自分をしっかりと学ぶためです。学んで間違い狂い続けてきた自分の世界から本来の明るい世界へ温もりと喜びの世界へ帰っていくために、全部自分で計画してきたことでした。
その自分の思いをいつ、どんなタイミングで心に感じていけるか、そのタイミングをいつまでもどこまでも逸すれば、もはや地獄の奥底の底のずっとずっと奥底から自らを浮き上がらせる術はなしです。打つ手なしです。



1650) 大切なこと、一番大切なことを大切にしてください。決死の覚悟で生まれてきたことをどなたもお忘れなく。
自分で計画してきたことを、心を見ることにより、正しい瞑想をすることにより、自分で分かっていくことが肝心でしょう。
肉塗れの中ではそれは困難です。学びが難しいというのは、肉があるからです。肉があるから、肉と一体化している思いがあるからです。
それを剥がし取っていくことができるかどうかです。上塗りは簡単です。磨いて磨いて艶を出して、形を整えて、そうすること、そうできることが幸せ、喜びの道、生きている証だとしてきたんですから、剥がし取っていくことはどれだけ難しく、エネルギー必要とするかは実感されていると思います。
肉の道を極めるのではなく、肉の道を消していくのです。消し去ろうとしても消せないけれど、自分の中から薄く薄くしていくように、心を見ていきましょう。
何も持たない、何も持てない、ただ思いの世界があるだけ。
この事実を肉ある今、心で確認してください。

1651) 色々な形で、学びの友が積極的にともに学んでいこうと動き出される最近を嬉しく思います。私は我関せずというところがありますので、積極的には情報収集はしていませんが、何かの折にそういう動きを感じさせていただいて、何かいいなあと思っています。
それぞれの動きには水先案内人がいるでしょうが、あくまでも水先案内人に徹してください。
ともに学んでいこうという思い、姿勢は絶対に忘れてはいけないでしょう。
みんな間違ってきたのです。みんな狂い続けてきたのです。正しく生きてきた人など存在しません。
みんな真っ黒だけを宇宙に垂れ流してきたということ、そして、その回収はそれぞれがやっていく必要があるということ、そこをぶれずにともに学んでいきましょう。
誰が上、誰が下、そうではなくて、愛へ愛へ帰れる道があることを知って、その道を自分の足で歩いていく喜びと幸せを、どなたも心に感じ広げていけるような、そんな今世の学びの結果にしていこうと呼び掛けます。

1652) 瞑想、正しい瞑想をしてください。正しい瞑想をしていけば、自ずとはっきりとしてきます。肉に逃げずに、肉で誤魔化さずに、しっかりと自分の歩いていく道を知ってそしてその道をひたすら真っ直ぐに歩いていくことだけが、自分の幸せ、喜びなんだということが、心にはっきりと響き伝わってくるのです。
自分が自分に伝えてくる思いを真摯に受け止めていけることが幸せであり、嬉しいことだと分かります。
心からありがとうです。自分にありがとうです。真っ黒にしてしまったけれど、けれど、喜びと温もりの中に帰っていけることを伝え続けてくれている自分に心からありがとうしかないでしょう。
知りたかったんです。本当に知りたかったんです。帰るところを探し続けてきたんです。どなたも正しい瞑想を継続して、自分に問うてみてください。そのように返ってくるはずです。その思い、その切なる思いの波動を心に受けて、愚かな肉を通して、その思いを実現できる今をただただ喜んでください。

1653) 心も身体も余裕を持って学びと向き合ってください。気張らなくていいんです。リラックスして、伸び伸びと瞑想を続けてください。
瞑想を習慣づけるのは大事なことですが、しなければならないと構えることはよくありません。学びは修行ではありません。楽しく学んでください。
もちろん、楽しく学ぶとはいい加減な思いで、軽い思いで学ぶということではありません。
素直に真っ直ぐに自分のエネルギーを感じていく、つまり自分に自分が辟易するのではなくて、自分を楽しんでいきましょう。
こんな凄まじいエネルギーを瞬時に噴き出してしまうんだから、幸せになんかなれるはずはない、喜びなど温もりなど分かるはずもない、自分で心から納得できることを喜んでください。
そして、それでも自分の底の底の奥底には喜びと温もりのエネルギーがあることを信じなさいと伝えてくれている本当の自分に対して最敬礼です。
そうやって、自分と自分の中で楽しんでください。
ふるさとの歌を口ずさみながら、涙してください。帰ろう、帰ろうの大合唱に心で応えていきましょう。

1654) 学びの本番は250年後です。今世はその予習段階です。とは言え、今世の学びがいかに大切であるか、それぞれの心でお分かりだと思います。
今世をいい加減にして、250年後に飛べません。今世の学びの結果を受けて、これからの転生が展開されていきます。
誰が決めたわけでもなく、みんな自分で計画してきたことだということを、どうぞ、日々の瞑想を通して確認してください。
自分が出したものは自分に返ってきて、そして、そのことにより、心を見て、瞑想をして、さらに自分の生きていく方向、選び取っていくものを決定していくだけのことです。
今世、私達は初めて真なる学びに触れさせていただきました。今世を境にして180度自分を変えていきましょうというメッセージのもと、自分の本来生きていく方向、本来選び取っていくものを確認、確認しているのが、田池先生没後のセミナーの学びの時間です。
それぞれの心で受け止めていくしかありません。心で受け止めた波動の世界を信じてそして育んでいく、私もあなたもともにやり続けてまいりましょう。そして、それぞれ肉を置いていく時期が来れば、250年後の再会を必ず果たしていこうの合言葉で、肉はお別れしていけばいいんです。
肉が無くなったからと言って、存在が無くなったことではないということについて、心の理解を深めていきましょう。

1655) 学びに触れた喜びをしっかりと心に感じていますか。
学びを通して自分の生きていく方向が定まったことを確認して、そしてそれを心からあなたの喜びとしてください。
道を指し示してくれたこと、こんなにすごくてありがたいことはありません。厳しくて険しい道だけれど、たったひとつの真実に繋がっていく道です。
ともに帰っていこう、ともに行こうといついかなる時も呼び掛けていただいています。その意識の世界に心の針を向けて合わせて、波動を感じ広げてください。素直に真っ直ぐにそうしていけば、どなたの心にも響き伝わってきます。
それぞれの心の体験を重ねて、波動の中に生き続けている自分をしっかりと知っていきましょう。喜びと温もりの中に溶け込んでいく幸せ、安らぎは、瞑想、正しい瞑想を通してしか出会えません。
肉に傾く心、肉だと言ってのける心、その思いの世界を丹念に見ていき、そして本当の優しさと温もりの中へ、その心を戻していきましょう。
心から待っていますと力強い呼び掛け、いざないを心でしっかりと受け止めてください。

1656) ともに歩む、自分の中とともに歩む、そして肉体細胞の思いを感じながら、ともに歩む、簡単なようで難しいことかもしれません。
みんな自分で決めていくこと、行く先の舵を切っていくのは自分だということ、つまりは全部自分次第だということです。
手を引いてこっちですよと形で示されたならば、話は簡単ですが、何もかもあなた次第だ、自己選択、自己責任だというのは、縛りもなく強制もなく自由ですが、他力の中にどっぷりでは、何とも冷たく突き放された感覚があるのではないでしょうか。
そう思う心をそれぞれに見ていけばいいけれど、見ないようにする、見えなくしているというのも他力の中に落ち込んでしまっている証です。
それほど他力の思いにとらわれている状態だということなんですが、その認識が甘いのではないでしょうか。
自分勝手にしておいて、その結果はあなたのものだというところは抜きにしている、私も悪かったけれど、あなたもそしてこれも悪いんじゃないかと責任を転嫁する心癖が、あなたの心に残っていませんか。
他力のエネルギーのしぶとさを確認しましょう。

1657) 7月の橿原セミナーの受付が早々と終了して、参加者名簿が届きました。
いつもこの位早い段階でセミナー参加が決まればと思いますが、そう都合よくいかないです。
7月の橿原セミナーまで1か月ほどあります。橿原も琵琶湖と同様に、田池先生との思い出がたくさんある場所です。諸般の事情が許されるのならば、セミナーの場として残しておきたいと思っています。
ホテルの窓から二上山を眺め、そしてセミナー会場に肉体を運ぶ、それがやはり嬉しいです。
あなたの中の巫女の思い、喜びへ温もりへ帰っていますでしょうか。
心に沁みついている巫女当時の思いを、出来るだけ聞いてそして受け止めていってください。
そして、巫女を思ってする瞑想が、とてもとても愛しいと思えるようになっていきましょう。心をズタズタに切り裂いてきたけれど、それを救い上げていける安堵感とようやく出会っている、そんな瞑想を繰り返して、そして、7月、橿原の地にてともに心を向けてまいりましょう。
次回ライブ配信予定日は、6月27日(木)、午後2時です。

1658) 自分の世界に生きている、自分の思いの世界に生きているということを、どなたも心で知ってください。確認してください。
その世界がどんな世界なのか、自らに肉という形を用意して自らに見させています。周りの出来事、人、それによって自分の世界に上がってくる思いを、つまり自分をしっかりとはっきりと知っていくこと、それが肉という形を持っている、つまり生まれてきた訳です。このことをはっきりと知るべきです。肉という意味を取り違えてきたことを、心ではっきりと知って、本当の人生の時を刻んでいきましょう。
肉体というものは年とともに疲弊していきます。もちろん、それ以外にも肉体細胞を傷つけて肉体細胞が疲弊、死滅していく出来事が起こってくる場合があります。今の世の中、健康的に命を長らえさせることが幸せ人生というふうになっていますが、それは違っています。違うとはっきりと言えますか。
学びに触れた人達は、自分の本質、本当の自分の姿を知らずでは、到底幸せ人生にはなってこないことを知っています。そして、本当の幸せ喜び人生を歩いていくためには、今何をすべきなのかを知っています。それだけでももう幸せなことです。だから、その本当にするべきことを、肉を持っている今真摯に淡々とやっていくことです。
その結果、ふと気が付けば本当に幸せな自分がここにあることを、心が教えてくれます。心を見て、正しい瞑想が継続できる私達でありましょう。

1659) 学びの友からのメールです。一読ください。
私は間違ってきました。学び始めて30年余り、ずっと間違ってきました。それ以前も含めればどれ程!? というくらい間違ってきました。ものすごくものすごく間違ってきました。
そんな私が、学べる環境を維持するためにと、必死でお金を確保しようとしてきました。その思いがとても重荷だったと気付きました。欲でした。まったくの欲でした。本当に浅はかでした。
そうではなかった。例えセミナーに行ける回数が極端に減る、ゆったりとした環境を確保することが出来ない、そういう環境が整わなくなっても、喜んで自分の間違ってきた結果を受け入れていく、そういうことでした。自分でやろう、自分でやろうとしてきた愚かさを感じました。それこそ肉の思いでした。
ただひたすら自分を見つめていくこと。自分の間違いに気付いていけること、そしてそんな自分を受け入れていけること、そして意識の世界を信じていけること、田池留吉とひとつ、そんな自分だと信じる信を強め深めていけること、そういうことを喜んで喜んで日々歩いていけばいい、重荷だった思い、少し軽くなっていけそうです。
ありがとうございます。喜び、すべては喜び、明るく、喜んで日々を暮らしていける、それが意識の世界でした。そして、自分が学んでいくのに必要なもの必要な環境は、必ず必ず整っていく、それが意識の世界、本当の私の世界でした。それは安らぎと、喜びの世界です。
気付かせていただきました。ありがとうございます。

1660) 自分自身を含む身の回りで起こってくる現象に不必要なものはありません。現象だから肉的には不都合なことでしょう。不都合なことかもしれないけれど、そして、不都合なことだからありがとうと受け止めるにはなかなかですが、そこは肉の心を広げていくことをしなければなりません。
そうしたとき、ある時思えるんです。これがあったからこうなって、ああなって、結果的にはよかったんだと。
もっと具体的に例を出して言えば分かりやすいと思いますが、私はそう思っています。
ただ、肉の心を広げていくこと、これは難しいですね。意識の世界は本当にすごいから、ぱっと思えばそれで通じていくんです。ですが、肉はそう簡単にはいきません。その辺り、私も自分自身の学びとして課題を残しています。もう少し、愚かな肉を携えて愚かな肉のことを学ぶ予定です。
250年後の来世の私は歯がゆく感じているでしょう。何やってるの、そう思いながらも、私を全力で応援してくれています。なぜならば、今の肉を離して、肉のない状態で自分を学んでから最終の肉を自分に用意するという一連の流れを意識の私はすでに知っているからです。
その流れをすでに知っている意識が、肉という形を持つ、それが250年後の来世の私です。
その来世の私からのメッセージ。
「今の肉の環境は、恵まれ過ぎている。何をごちゃごちゃやってるの。さっさと受けていけば何の問題もないじゃない。」と軽くあしらわれています。その通りです。皆さんも今世の環境の比ではないですよ。これからの転生の状況は。だから精一杯今世学んでまいりましょう。そして今世の結果を必ず250年後に繋いでいくという心意気でいてください。

1661) ライブ配信、どうでしたでしょうか。楽しめましたか。
死後の自分と250年後の来世の自分を思ったときに私の心に上がってきた思いです。
私は、今世死ぬまでお金に困りません。60歳になる前に仕事を辞めました。自分の計画通りですが、実は50歳でと思っていましたから、10年も余計に働きました。
あとは死ぬまで元気に、死ぬまで瞑想を楽しんで、この世とお別れしていこうと思っています。
250年後を思うと嬉しい、楽しいんです。今世に比べると格段に厳しい環境ですが、それでも私はアルバートと出会うことを知っていますから、心の中からアルバート死ねのエネルギーを噴き上げる250年後が待ち遠しいです。
今世も、この肉を通して田池死にさらせのエネルギーを存分に学ばせていただきました。身に余る光栄です。
田池留吉、アルバートの意識の世界に、波動の世界にあることを、心から伝えてくれた今世の学びに加え、最終の肉を通して再び学ばせていただくことに感謝しかありません。
しっかり打たれた布石を大切に、歩みを進めてまいります。

1662) どなたもこれより、自分の250年に至る転生に思いを向けて瞑想をする時間を持ってください。
死んだ自分から伝わってくる思いとともに、これから肉をいただく自分の思いにもしっかりと触れてみてください。
繰り返し、そういう瞑想をしていくと、今、今肉を持っている今という時がどんなに自分にとって大切な時であり、かけがえのない時なのか分かってきます。
これまでの転生と同じ価値基準で今世の転生を終えていくことはあってはならないと、あなたの心にその思いが響いてきますか。
ゆったりと心を向けていく中に、その凛とした思いを感じていきましょう。
あってはならないと心を縛るのではなくて、
真っ直ぐに本当の自分の思いを通していく強さに目覚めていきましょう。
学びに触れたことをどう思っていますか。本当にすごいことなんだと心で分かっていますか。
死ぬまで瞑想、いいじゃないですか。今世の肉を通して、しっかりと自分を学んでまいりましょう。そして、死んでからも瞑想ならなおさらいいですけれど、これは甚だ難しいです。

1663) 物質的に何不自由のない生活であっても、心が不自由であれば決して幸せであるとは言えないでしょう。
では、心が不自由であるとはどういう状態をいうのでしょうか。
不自由、自由でない。ただ単に自由でないというのではなく、自分の心の世界、意識の世界は本当に自由なんだろうかと振り返ってみてください。
本来、私達は自由に羽ばたく意識の世界にあったのに、自ら狭いちっぽけな中に押し込めていったのはなぜなんでしょうか。
自らを押し込めていったという思いはないかもしれません。そして、その世界が狭いちっぽけな世界とは分かっていなかったかもしれません。今も分かっていないかもしれません。
しかし、肉、形を本物とする思いの世界は、狭いちっぽけな暗い真っ暗な世界です。たとえ、物に溢れ人の優しさ、温もりを受けても、肉、形を本物とする思いの世界にいては、本当のことは何ひとつ分からない、知らない状態だということだから、本当の幸せ、喜びの人生にはなり得ません。大事なことは、そのことに、いつ心で気付けるかということだと思います。
何事も自分の心で気付くということが大切です。頭で知るのではなくて、心で気付いていきましょう。気付いていけるように学びましょう。

1664) 体力、気力のある間に学んでください。学ぼうとする肉の思いはあっても、ある程度の体力、気力がなければ、その肉の思いを叶えることはできません。哀しいことですが、如何せん肉を持っている以上、それはどうしようもないことです。肉を持って学ぶという条件だから、肉の状態をできる限り学びに適う状態にしていくのも大きなポイントです。
年齢を重ねていくことは避けることができないし、加齢がもたらす様々な肉的変化を受けながら学んでいくということになってきます。
だから、できればまだまだ体力、気力の充分にある時期に、自分の学びの道を確立する、つまり自己確立を目指してください。
私自身の経験からそうお伝えしたいと思います。自己確立さえきちんと出来ているとするならば、あとは、ぼちぼちまさに自分のペースで学びの歩みを進めていけるのです。
もちろん、日々の生活の中では色々とあるでしょうが、基本的にはそれは些細なことでしかないと、中から伝えてきます。そして、本来自分が切望してきたことを淡々と遂行していく喜びと幸せを、日々の瞑想の中で感じていける喜びを伝えてきます。

1665) 私は出来る限り一定のリズムの中で生活をするようにしています。
肉でできることはその程度のものです。一定の生活のリズムを刻みながら、思う喜び、思える喜びの時間を大切にしています。
時間はそんなに長くはありません。だけど回数は多いです。ふうっと思う中に私は喜びを感じるからです。
250年後、300年後に焦点を合わせてこれからの時を通過していく、肉を持っていても持っていなくても、250年後、300年後の意識の流れは粛々と遂行されていくことを感じ、肉は本当に愚かだと思います。
ただ、今世を境にして意識の世界を変えていける事実もまた肉を通して学ばせていただけるということだから、愚かな肉は愚かなりに喜んでいます。
それは意識の世界の喜びとは雲泥の差ですが、今世の肉はゆったりと静かに過ごす時間の中にあるということで、それも喜ばしいことです。
肉でできることがたくさんあり、そうすることが喜び、幸せな人生にしていくんだという思いが粉々になっていくことは喜ばしいことなんだと、初めて思える今世でした。

1666) 学びに触れる時期はそれぞれ違います。殆どは、20年、30年と長く学んでおられますが、そうでない人もいます。大事なのは、それぞれ学び始めてから、どれだけ学びの基本に沿って学んできたか、学んでいるかでしょう。
学びの中心部分をしっかりと伝えるという仕事を終えたから、田池留吉の意識の世界は、一旦肉という形を消しました。
肉を持ってする仕事の終了とともに、今世の肉を捨て、あとは250年後を待つのみということです。
今世初めて伝えてくれた真の波動の世界にしっかりと呼応していく喜びと幸せを学ばせていただいた事実があります。
「私達の本当の姿は目に見えません。波動、エネルギーとして永遠に存在しています。肉、形を本物とする思いから、意識、波動を本物とする思いに180度転回していってください。すなわち意識の転回を速やかに遂行して、本当の人生を生きてください。」
意識の流れからのメッセージは確実に現象化してまいります。
天変地異という形で、肉、形の世界が総崩れしていく中で、何を思っていけるか、何に心の針を向けて合わせていけるか、一人ひとりの課題となってきます。250年後の本番に向けて動く意識の世界を感じてください。

1667) 肉は馬鹿だから、色々なことで、それは些細なことであっても、そして些細なことかもしれないけれど、色々なことで、とにかく、へこみやすいです。
へこむというのは、落ち込んだり威張ったり、言ってみれば晴れ晴れとしない心持という状態です。
そこから思いを切り替えていこうとするんだけれど、引きずってしまうことが往々にしてあるのが実情かもしれません。
心の針の向け先を確認して、正しい方向に向けていこうと思うけれど、なかなかすっといかないでしょう。
長い転生の間に沁みついた心癖です。文字通り沁みついていますから、それを薄くして消していくには相当の思い、根気が必要です。
ですが、大丈夫です。心の中に母の温もりがあることを知った私達です。
根気よく自分の作ってしまった心癖と向き合いましょう。
そして、今度こそ自分を見捨てることなく、本当の自分に帰れる道を選んでいきましょう。根気も勇気も要ります。しかし、その道だけが自分の喜びの道だと私達の心は知っています。肉は影。実体はありません。

1668) 自分に決めてきた愛へ帰る道をしっかりと歩いていくこと、いつもそのことを心に留め置いて肉の時間を流していけばいいと思っています。
学びをして、自分の価値基準を変えていかない限り、どうしようもないことを実感してきました。価値基準を変える、つまり自分の基盤を変えるということです。
そこをしっかりと遂行していかないと話にならないということでしょう。
肉、形を本物としてきた大バカ者の自分をしっかりと確認して、そんな大バカ者の自分だから何度もチャンスを用意してきたことも、しっかりと確認して、そのうえで、今、こうして学べる千載一遇のチャンスを自分に用意しているありがたさを感じてください。
心の針を外に向けて生き続けてきたことを心で知っていきましょう。
自分の外に喜びを温もりを真実を探し続けてきたという自覚をしっかりとして、自分の人生を生き直していく覚悟で、これからの転生を迎えてください。
今世学んだことを心で繋ぎ、必ず250年後の意識の出会いを果たしていこうの思いで、どなたも今世を終えてください。
一人ひとりの問題です。

1669) UTAブックさん主催の「死ぬまで瞑想会」、第一回目無事終了ということです。どうぞ、参加資格のある方、これからも自分の学びとして、この機会をご活用ください。どんな企画もご自分の学びの歩みを進めるということを基本にしていけばいいのではないでしょうか。
ということで、今ふうっと心に上がってきた思いは、セミナー参加される方達の中で、50代、60代の方達とともに瞑想をする時間を、セミナーの中で持つ機会を増やそうかなあということです。
もちろん、50歳未満の方達も視野に入れてというのは変わらない思いです。
学びをするのに年齢は関係がありませんが、しかし、体力、気力のまだあるうちにということも見逃せません。
そういう意味で、50代、60代、そろそろ身体的にも衰えが見え始める時期に差し掛かります。
セミナーで、そういう機会があれば積極的にご参加ください。

1670) 今世、学びに集っているのは決して偶然でもなく、そして、何となくでもありません。それぞれにその自覚がどの程度あるか知りませんが、少なくとも私は、自分の綿密な計画、今世に懸けてきた思いのもとで、自分の学びを進めてきましたし、今もそう、そしてこれからもそうです。
田池先生とともに学ばせていただいた貴重な時間があります。私の宝物です。確かにたくさんたくさん学ばせていただきました。学ぶチャンスを持たせていただきました。精一杯応えたつもりでいましたが、先生没後時間の経過とともに、甘かったという反省しきりです。
ですが、ともに学ばせていただいた貴重な時間は確かなものであり、自分の計画とはいえ、千載一遇の出会いを果たしたという事実を大切に、計画の頓挫なきよう、正しい瞑想をしっかりとやっていくという思いでいます。
250年後の出会いを伝えていただき、田池留吉の意識の世界からは、今世肉を持ってする仕事を終了しましたというメッセージをいただきました。
だから、あとは私次第です。今の肉を通して学び、次元移行の意識の流れの計画を真っ直ぐに遂行していくことのみです。厳しいけれど、それが私が私に約束してきたことなのだと感じます。

1671) 2019年も後半の6か月を切りました。時間が飛ぶように過ぎ去っていく中で、日々淡々とご自分の学びを進めておられると思います。
今の目に見える自分だけが自分ではないと、どなたも心ではっきりと知っていけるように、日々学んでください。
何のために今という時があるのか、いつもいつも絶えずそこに戻って、本当に生きていくとはどういうことなのか、日々の生活の中で思いを馳せる時間を確保していきましょう。
ということは、瞑想をする時間をしっかりと確保してくださいということになります。
日々の生活で楽しみや喜びを味わいながらも、ただそれだけでは何とも味気ない空虚な人生だということは、もう学びに触れている方ならばどなたも、自分の心で納得されているでしょう。
本当の喜び人生を歩いていく、広げていく、今世はそれが可能だとお伝えしています。尤もそれはそれぞれ次第ですが、心の向け先ひとつで、自分の過去も未来も変わっていける不思議とありがたさを、どうぞ、今世のその肉を通して学んでいくようになさってください。
そして
、合言葉、250年後の出会いを果たすを味わってください。

1672) 田池留吉と思えることが幸せです。頼るとか何とかという思いではなく、ただ田池留吉と思える、呼べる今世ほど幸せな転生はありません。
初めて、生まれてきてよかったと思えるんです。肉を用意してきた自分にありがとうが真っ直ぐに言えるんです。
こんな幸せな転生はないです。環境その他色々とあり心がまだまだ揺れると思いますが、それでもそれでも学びに触れた私達は幸せ者です。
この喜びと幸せを、必ずそれぞれ自分の次の転生に繋いでいってください。
そして、250年後に必ず再会を果たしましょう。

もうその思いだけで、これからの学びを進めていきましょう。みんながみんな間違ってきた、狂い続けてきたんです。今もなお、肉を本物とする思いの狭間にいるでしょう。
しかし、それも意識の流れが顕在化するこれからの時を経て、大きく変わっていかなければなりません。いいえ、いくようになっています。
肉を本物とする思いをいかに転回していくか、正念場です。

1673) 何を選び取っていくか、それはそれぞれの課題です。
平時では、田池留吉、アルバート、この道だと思っていても、さてそれが本物かどうかは、これからの時間、転生で見極めるということになります。
心の闇、くそを吐き出して吐き出して、それでも次から次へと出てくるくそのエネルギーに尻尾を巻いて退散するのか、それとも、真っ直ぐに勇気を持って淡々と優しく受け止めていくのか、それは本当にそれぞれが選び取っていくことです。
道はすでに示されています。正しい道しるべはどなたの心の中にもあります。気付くか気付かないか、気付けるか気付けないか、本当に学んできたのか学んでいるのか、その真価が問われていくこれからだと思います。
何が自分の基盤になってきたか、なっているか、これからそれぞれに幾度かの呼び掛けを自分にします。
本当の自分に帰りたい、帰っていこう、帰っていきますの思いが、自らに呼び掛けを起こしていきます。
なぜだか分かりますか。分かりますよね。
そこを信じて信じて自分の切なる思いを現実のものにしていきましょう。

1674) 私は瞑想がただただ嬉しいです。瞑想とは心を向けていくことです。心を向けていけば、私の中に広がっていく田池留吉、アルバートの世界です。
「待っていました。待ち続けてきました。ともに学んでくれてありがとう。出会ってくれてありがとう。」私の中に伝わってくるメッセージです。
私はこの波動に出会いたかったんです。今世の肉を通して、その私の思いが現実のものとなりました。
肉は何ほどのものでもありません。ですが、意識の世界、意識の私は本当にすごいんだなあと感じています。
長い長い転生の結果、ようやく出会った波動の世界でした。
私の中は、すでに250年後の最終時期に焦点を合わせて動き出しています。ふうっと250年後と思うだけで、その実感があって、だから、言葉にはできない喜びがあります。ともに歩いていく意識だとはっきりと心に伝わってくる思いを私は信じています。出会いたくて、出会いたくて、本当に今世、その思いだけで生まれてきたんだと肉に伝わってきます。
たったひとつの真実にようやく出会えた今世。ふるさとの歌詞通り、実感できている今があります。思う喜びと思える喜びがすべてでした。

1675) 間違い続け狂い続けてきても、こうしてやり直す、生き直すチャンスを今世もまた自分に用意してきたことを思うと、本当にすごいことなんだ、意識の世界はすごいんだ、本当の自分に帰ろうとする思いはどこまでもすごいんだと思わざるを得ません。
肉から意識への転回はそう簡単なことではありませんが、日々、瞑想をする時間をきちんと確保して、やり直そう、生き直していこうとして生まれてきた自分の思いに触れ続けてください。
中は叫んでいます。本当の自分と出会いたいと叫んでいます。その叫びはなかなか真っ直ぐに素直に思いを語ることはないかもしれないけれど、母の温もりに触れていけば、必ず真っ直ぐに素直に語ってきます。
帰りたいけれど帰るところが分からなかった、どうしていいか分からなかった、まずはその思いをしっかりと受け止めていくところから始めてください。
そうしていくうちに、段々と帰るところがあったんだ、本当に帰れるんだね、そんな思いが心に伝わってきます。あちらからもこちらからも。
中がそのような状態になれば、あとはその思いにしっかりと応えていけばいいだけです。しかし、その時肉がぼんくらでは、せっかくのチャンスを自ら逃してしまいます。くれぐれもそうならないように。
次回ライブ配信予定日は、7月10日(水)、午後2時です。

1676) 学びは自分の心で学んでいく、自分の心でしか分からない、これはその通りです。だから、瞑想なんです。単なる瞑想ではなくて正しい瞑想をそれぞれが学び取っていかなければなりません。
それとともに、心で感じたものをはっきりと表現することも大切なことだと思います。はっきりと表現するということだから、言葉で語るということになります。
立派なことを、優等生の思いを語るのではなくて、自分のその時感じたものを一言でもいいからはっきりと言えるようにしましょう。
だらだらと語るのではなく、一言でいいんです。
よかった、嬉しかった、ありがとう、幸せでした、あるいは苦しかった、どうしていいか分からない、怖い、不安だ、くそばかりが出る、色々とあると思います。
絶対評価のもとで、自分を学ぶ時間を自ら用意しているんだから、それを最大限活用して、本当の自分との出会いを果たし、さらなる意識の世界へ進んでいくべきです。
肉、形の世界を本物だとしてきた数々の転生の歴史。もうそこから自分を軽やかに解き放していく時がきています。
意識の流れの流れとともに生き続けていける自分達でありましょう。

1677) ともに学んでいこうという空気、雰囲気があなたの身近にあれば、それを互いに進化させていってください。ともに学んでいこうと心から喜んで呼び掛け合ってください。
もちろん、自分の中にというのは言うまでもないことですが、こうして今互いに肉を持ち、自分を学ぶというチャンスを用意しているんだから、本来の生きる意味、道筋を確認し合いながら、そして合言葉通り、250年後の再会を果たし、ともに次元を超えてください。
こんなチャンスはこれから250年の間にそうそうあるものではありません。互いに自分を繋いでいく、繋いでいけるように、互いから心を、自分の発してきたエネルギーを見させていただきましょう。
実際に田池先生とともに学んでこられた方は幸せ者です。確かに、そこには時間の長短、肉との関わり合いの違いはありますが、文句なしに幸せ者です。そして、残念ながら、先生とともに学べなかった方もおられると思いますが、今、学びに触れているということは確かなことですから、学びの友とともにしっかりと歩んでいく方向に、自分の生きていく舵を切ってください。
250年後が本番です。本番に心を向けていけるように自分を学んでいきましょう。

1678) セミナー会場で、あるいはインターネットを活用し、ともに学ぶ環境にあることを喜んでいます。特にセミナー会場に出向きともに瞑想をする顔ぶれがほぼ定着していることは、いいことだと思います。
私は、学びの中心核、そこから波及する輪が安定した状態で、今世の学びを終了できればそれで上出来だと思っています。
本番の250年後に向けてその予習段階である今世の学びの時間を、大切になさってください。
今世、心に伝えていただいた波動の世界を、本番に見事大輪の花を咲かせることができるように、真っ直ぐに思うことをやっていきましょう。
学びは自分の心で感じていくということですから、自分の中にたとえば250年後ということが具体的に響いてこなければ、次元移行など荒唐無稽のお話としてしか受け取れないと思います。
しかし、感じる方にはそうではありません。たとえばアルバートと思いを向ければ、自然に中が反応します。出会いたかった、本当に出会いたかった、そんな思いが心の底から噴き上がってくる体験を重ねていくでしょう。
説明などできません。ですが、噴き上がってくる思いは確かにあるんですから、そういうことを瞑想の中で繰り返し体験して、そして、肉の自分と意識の自分の違いをはっきりと知って、本物を選び取っていくという学びの時間になっていくと思います。
そこで確認です。今世の転生は違うんです。その違いはすでにそれぞれの中で明確になっていますか。自己評価して、そこからそれぞれに学びを進めてください。

1679) 学びを生活の中心に置いていこうとしたとき、NPO法人UTAの輪から配布されているカレンダーをきちんと活用してください。
そこにはセミナーの予定が記入されています。受付開始日、受付終了日をきちんと確認して、参加する予定のセミナーの入金日もまたそこに各自記入する習慣をつけてください。
入金したつもりでいて遠いところからセミナー会場にやってきて、その時あなたの名前がありませんと言われて初めて、自分のうっかりミスに気づかされるといったことがあるように聞いています。
たとえばこのように、誰しも思い込み、うっかり、ぼんやりはあると思いますが、ある程度の自助努力でその回数は減らせるのではないでしょうか。
年だから、色々とあって忙しかったから、それも分かりますが、自分の側からすればそうでも、やはり各自注意確認することが必要だと思います。
肉を持って肉の中で学んでいるのだから、守るべきところはきちんと守ってそして確認を怠らず、お互いにできるだけ気持ちよく関わっていきましょう。下らないことでスタッフの手を煩わせずに、学びに集中できるセミナー参加でありたいものです。

1680) 学びに触れるということは、偶然でもなく何となくでもなく、自分の計画してきたことです。環境、事情色々とあってその中で学びを推し進めていくのは容易いことではありませんが、自分の計画してきたことだということを知ってください。
今世はこれまでの転生とは訳が違うという自覚のもとで、はっきりとした生きる方向性を確認していきましょう。
今世を転換期に。これまでの暗くて真っ暗な苦しい転生を、何とか今世を境にして変えていこうとそれぞれがそれぞれに計画してきたことは確かです。
ただ、このことは自分の心で感じてそして知っていく必要があります。
いいえ、このことだけではなくて、学びについてはどれもこれも、それぞれの心で感じ知っていくことが必要です。
心が知っているから、自分の中に響き伝わってくるんです。それを肉で拒否し否定し打ち消してしまうのか、それとも、ああそうだったんだ、やっぱりそうだったんだと思いを向けていくかということでしょう。
同時期に学ばせていただいていることを嬉しく思い、互いに声を掛け合い、思いを同じ方向に向けていきましょう。そういう仲間があなたの周りにいれば、それはそれは幸せなことではないでしょうか。
仲間です。上も下もありません。

1681) 本気で真剣に自分の人生を思ってください。何のために生まれてきたのか、そこにいつも戻ってください。
生きるということを間違えてきました。いい人生だったと死んでいった転生もあったでしょう。
しかし、自分の本当の姿を見失ったままでは、いい人生などあり得ませんでした。ということを死後の自分から学んでください。
どんなにお金があっても、どんなに頭が良くても、どんなに家柄が良くても、どんなに頑強な肉体を持っていても、自分を見失ったままでは、真っ暗闇の中から抜け出すことはできなかったんです。
神に祈りを捧げても忠誠を誓っても、真っ暗闇の中から抜け出すことができなかったと、たくさんの死んだ自分が伝えてきていると思います。
肉という形を自分に用意して、本当に何をしたかったのか、何を知りたかったのか、自分に問いかけを続けてください。
形を本物だとしてきた心、思いの世界を崩していくことは、決して容易いことではありません。
しかし、本気になってこの学びで伝えていただいたことと向き合っていきましょう。残された時間は300年。転生は数回。しかもこれまでにない厳しい転生です。今世、本気で学んでください。

1682) 昨日、7月UTAホール志摩セミナーを終えて帰阪しました。
セミナー最後に伝えたメッセージです。その時も言いましたが、言葉は平易かもしれませんが、このメッセージは大変、大切なメッセージです。
どなたも本気で真剣に自分を学んでいきましょう。

同じことを言ったりしたりしても、それぞれの心の世界は違います。もっと端的に言えば、その人が本当に自分の基盤を、生き方の方向を変えていこうと心から思っているのかどうなのか、他力の心のまま学びに繋がっているだけなのかどうなのか、ということです。
形を見れば、セミナー参加、現象参加、同じかもしれません。ただし、今語ったように、その人が、自分の中をどれだけ正しい方向に解き放していこうとしているか、あるいは旧態依然のままで、惰性でセミナー参加、現象参加をしているのか、それは、これからの250年、300年の間にきちんと結果を出してきます。全部自分が選び取っていった結果です。誰に何に原因があるわけではありません。
厳しいんです。意識の世界は正確なんです。素直なんです。肉の世界、そして、偽物の意識の世界とは次元が違います。優しさ、温もり、喜びは単なる優しさ、温もり、喜びではありません。
愛へ帰るということは、大変なことです。裏切り続けてきた意識にとって、相当な決意、思いで向き合っていかなければならないことです。お遊びではありません。なれ合い、じゃれ合い、心を見ないままでは、愛へ帰る道を歩いていくことなどできません。

1683) 
もうすぐ橿原セミナーです。田池先生との思い出がたくさん詰まっている場所でともに学べることを思うと嬉しいです。
あなたの中のアマテラス、順調に成長なさっていますか。自らの姿、愛に目覚めていく道筋をともに歩いていこうという喜びが心に伝わってきますか。
アマテラス、アマテラス、ありがとう。ともに帰れる喜びをともに大きく広げてまいりましょう。
巫女の心を奥深く刻み続け、それでもこうして愛へ帰っていくことを促されていると、今世の肉を通して学ばせていただきました。
巫女、卑弥呼当時の思いをずっとずっと引きずったまま転生を繰り返してきて、ようやく、宇宙を思い瞑想をする中で、本当に宇宙を真っ黒に汚してきた愚かさを知らされました。しかし、それがあったからこそ、ともに愛へ帰る意識だと心から伝わってくる波動の中にあることをしっかりと知ったのでした。
アマテラスを始めとして宇宙に思いを向ける瞑想をしっかりとしてまいりましょう。過去、未来、今という時にともにあることを知ってください。

1684) 250年後に至る転生を思い、瞑想をしていますか。それぞれに1回、2回、・・・回と転生を計画していると思います。
数が少ないからどう、多いからどうという判断は止めてください。
要は本番の250年後にしっかりと繋ぎ、そして三次元最終時期に意識の出会いを持ち、ともに次元を超えていくという意識の流れに乗っていければそれでいいのです。
私は250年後の来世に向けると、もう何もありません。ただただ嬉しいんです。心の中の凄まじいエネルギーがアルバートに向けて一直線に噴き出していくのを、来世の肉を通して体験させていただきます。
それは、250年前、日本の国に肉を持たせていただいた私を筆頭に、過去から生き続けてきたたくさんの私に他なりません。
アルバートに出会いたかったと、心の奥底から怒涛のようにエネルギーを噴き上げていく様を、今、宇宙を思う瞑想で感じています。
宇宙、宇宙に帰りたかった。捨ててきた、飛び出してきた宇宙です。
帰りたくとも帰ることが叶わなかった思いを心から吐き出し、そして、本当に帰れるんだと喜びに湧く心の体験を、今世に引き続き、再びさせていただきます。
もうただただ嬉しいだけです。250年後の本番の舞台設定はすでに終了。あとはそこに肉を持ってくるだけです。

1685) 学びの動機を確認すること、そして学びの動機はみんなが間違っていますから、その修正を速やかに進めること、これは学びの成果を出すうえで大変大切なことです。
学びに対して熱心というのは形ではありません。
他力、すなわち欲の思いで学びをしても、殆ど効果は出てこないでしょう。
学びに触れた喜びは何となく感じているかもしれませんが、それはやはり表面上のことでしょう。根本的に間違いを正さなければ、殆ど何も変わりはないという現実をしっかりと認識する必要があります。
そういう意味で、学びは難しいということだと思います。
いかに純粋にひたむきに学びと向き合えるか、つまりは自分と、愚かな狂い続けてきた自分と向き合えるかということに尽きます。
何度も何度も次から次へと出てきます。愚かな自分が出てきます。
それを本当に心からありがとうと受け止めていける自分は幸せだと思えるのは、その作業を自分の中で淡々と進めていくことにより、味わえるものです。実践です。自分の中で実践です。学びの動機の修正の度合い、そして母の温もりを感じている度合いが左右します。

1686) 自分に用意した学びの環境を最大限に活用して、喜んで喜んで自分を次の転生に繋いでいきましょう。
一足飛びにはいきません。まずは今世です。今世の今という時間です。ここにすべてが集約されています。今世、学びに触れた意識にとってはまさにその通りです。どんな思いで自分に肉という形を用意したか、そしてどんな思いで学びに繋がったか、どうぞ、どなたも自分の心で感じ知っていってください。今世、田池留吉の肉と出会い、学びと出会いながら、学びをしない、つまりいつまでも他力の看板を背負っているとは、どういうことなのでしょうか。ましてや、学びを捨てていく、学びから離れていくことは大罪です。とんでもないことです。
ただ、それぞれの肉は愚かだし、肉の中に埋もれてしまっている状態だから、そういうことをそんなに大変なことだとは思えないんです。
全部、今のたったひとつの肉を最優先、最重視しているだけの愚かな自分だということに気付くべきです。
今の肉だけがあなたではありません。もちろん、いつの時代の肉であっても、その肉だけが自分ではなかったということを、はっきりと知るべきです。愛に背いてきた心のままでは地獄の奥底から抜け出ることは不可能です。これは紛れもない事実ですが、どこまで心で感じておられるか、それが問題です。

1687) 日々起こる事件、事故、そして気象の変化、身の回りの現象、自分の肉体細胞等、様々なところから間違い続けてきた私達へ、それを端的に伝えるメッセージが発信されてきます。それをどのように受け取っていくかの問題です。
生きていく基盤を変えなさいというストレートなメッセージをストレートに受けていくには余りにも幼稚で愚かな私達になり果ててしまいました。ですが、私達人間は自分達を素晴らしいと思っています。形を見れば、それなりに整っています。生活空間は豊かになり快適になり、様々な分野で偉業も達成されているでしょう。
そして、それと比例して社会の暗部、人間の心の奥底の底の底の闇もまた表面化してきます。当然です。間違って生きてきた証を自らが自らに指し示していくようになっています。
愛しかないからです。その愛が私達には全く分かりませんでした。目を覚ましなさいと愛である自分達が偽物の自分達に真っ直ぐに伝える様を、私達人間はじっくりと体験しなければならないでしょう。
心の底から噴き上がってくる真実に抵抗してきた闇のエネルギーを、しっかりと受け止めて、そしてそのエネルギーの変換に心を傾けていくようになっていくこれからです。闇が突き上がって噴き上がって、そしてそれが喜びへ帰る号砲になっていくのです。
速やかに意識の転回をしてまいりましょう。

1688) ホテルの部屋の窓から二上山を眺めながら、楽しい橿原セミナーも終了です。8月が待ち遠しいです。ありがとうございました。
私の住む大阪は、7月25日の天神祭りで本格的に夏の幕開けとなります。
大阪の猛暑、私自身、身体に堪える年齢となりましたが、肉を通して可能な限り自分の培ってきた世界を学んで、そして最終転生へという計画を進めてまいります。
肉を通して肉では推し量れない世界、波動の世界を学ばせていただいている喜びと幸せを大切にこの道を歩いていきますと、今回の橿原セミナーでも、そう確認しながら家路に着きました。
生きていく道がはっきりと見えている、感じている喜びと幸せは何にも代えることはできません。
ともに宇宙を思える喜びと幸せ、死ぬまで元気で味わい尽くしてまいりましょう。
ともに、ともに歩む仲間だと250年後の再会を楽しみに、今世、それぞれの時間をお過ごしください。

1689) 意識の転回。繰り返します。すべてはそこに係っています。肉基盤では、どんなに言葉を連ねようとも、真実の世界は分かりません。
確かに学びをしていけば心に響いてくる体験を重ねることになります。ただ、その体験を本当に活かしていくには、同時に意識の転回、肉から意識へ自分の基盤を変えていく必要があります。
変えていく必要があるといっても、では実際どうすればいいのか、どうなっていくことが必要なのかということになってきます。
そこで基本に戻ってください。学びの基本は何でしょうか。
正しい瞑想ができるということです。正しい瞑想ができていくのには、何をしなければならないのか、こうして、いつも学びの原点に立ち返ることです。
なかなかこれはできません。瞑想さえしていればそれでいいのではありません。もちろん瞑想をすることは絶対に必要なことです。そして、それによって結果を出すことが必要なんです。
ああ心に響いてきた、感じてきた、私は田池留吉、アルバートとともに生きていると、自己評価のもとに学びを進める以外にありませんが、それはきちんと自己責任が伴ってくるということをお忘れなく。自分の放った言葉、特に学びについては、言いっぱなしではいけません。

1690) 今年も種水判定が昨日の橿原セミナーから始まりました。
この種水判定には色々と皆さん思いがあるようです。みんな程度の差こそあれ、巫女当時の思いを引きずっているから、それはそれで仕方がないかと思います。ただ、苦しい思いの中で判定を受けるのはすっきりとしないし、辛いでしょう。また、判定をされるということ自体に疑問をお持ちの方もおられると思います。
私は、種水判定というものを次のように思っています。
反転力を数値化するのが種水判定なので、その時自分に出された評価は受けます。そして、自分の想定よりも下の評価が出れば、それから私は、反転、そしてオーリングの一連の作業をしっかりとトレーニングします。
皆さんは、反転、そしてオーリングを日常化しておられますか。それを確認してください。そして、自分の反転力を数値化されたとき、自分の心に瞬間出る思いを確認しましたか。
種水判定は自分を学ぶ時間です。瞬間思う、瞬間合わせる、念じるのではなく思うんです。楽しい時間だと思いますが、どうですか。
色々と思いがある人は、オーリングをする人、それを開く人のペアを組んで、反転、そしてオーリングのトレーニングを重ねて、きちんと私達にも判定ができます、いかがなものでしょうかと申し出てください。判定者にも刺激があっていいかと思います。広く仲良くしっかりと学びたいものです。

1691) 段々と段々と、少しずつ少しずつ、シンプルな生き方へ。
物にしろ、思いにしろ、あれもこれも、あれもこれも繋ぎ止めておきたい、抱え込み、囲い込み、そんな生き方をしてきたと思います。
手を離す、思いを離すことをしてこなかった。切り捨ててきたのは、自分に不都合なことだけ。
肉に生きるとはそういうことでした。心ひとつで生きていける確かな世界など知る由もありませんでした。目の前に展開する世界に心を向け、心を奪われ、その結果疲れ果てて、自らを捨てていったのでした。それでも形ある世界は実感があるから、肉を持てばその繰り返しを性懲りもなくやってしまいました。
性懲りもなく同じ過ちをし続けてしまった過去と同じではダメなんです。
何としてでも帰りたい、帰ろう、帰りますの心の叫びに応えていけるあなたであってください。いいえ、今世のあなたは本気になれば、応えていけるんです。だから、どうぞ、自分の心の叫びをしっかりと受け止めてください。受け止めていけるようにすべてを計画して学びに繋がりました。
学びを軽んじることなく、自分を軽んじることなく、愛へ、たったひとつの心のふるさと愛へ帰っていく道を歩んでください。

1692) 私達は生きています。波動としてエネルギーとして生き続けています。
そのことを心で本当に知っていくには、どうしても目に見える形の世界の崩壊が必要です。それは何も災害等の天変地異ということだけではありません。
あなたには自分が手を離せない何か、思いを切り離せない何かがありませんか。
それは、あなたにとっては本当に大切なもの、単なる物ではなくて、あなたの生きていく術、支えとなるもの、価値基準、考え等々です。
形の世界の崩壊とは、これまで良しとしてきたそれらのものが、一切通用しないことを、自分の心で知っていくということでもあります。
いわゆる意識の転回です。肉基盤では、何をどのように感じようとも、意識基盤の世界とは違います。
総崩れ、何もない、何も持てない、何も持たない、だけど、私は今ここにこうしてあるということをどう思っていけばいいのか、とにかく、そんな場面、状況がそれぞれのこれからの転生の中に用意されています。
離すということ、転回するということを速やかにすることなしには、暗闇の真っ暗闇の中から自ら抜け出すことはできないということです。

1693) ともに歩める喜びを心に感じ広げ、本当の自分との約束をしっかりと果たしていけるような今世としてください。
今世のこの時間があって、今のこのひとつの肉を持って、そして自分の周りの人達を含む様々な環境の中で、今、どんな思いでいますか。
ある人は、何もかも捨てて、そこから抜け出していきたい、切り捨てていきたいとする思いが渦巻いているかもしれません。
ある人は、肉としては居心地がよくて、楽なだけに、なかなかそのぬるま湯から出て、自分の中を一本に絞っていく踏ん切りがつかないと思っているかもしれません。
どちらにしても、そのままの状態であれば、苦しい人生に違いありません。
田池留吉一本に心の針を向けて合わせて生きていく人生以外は、どんな人生も苦しみの真っ暗闇の人生でしかありません。
そこのところ、きちんとはっきりと自分の中で線引きができなければ、所詮は、他力信仰の延長線上にまだまだある自分だとご自覚ください。
何のために生まれてきたのか。いつもどんな時も自分に繰り返し問いかけてください。繰り返し問いかけても、肉に流れていく、肉の中に埋もれていく、まだまだそんな私達だという現実を確認しましょう。

1694) 今日27日の土曜日、非公開ではありますが、UTAブックさんの企画で、ZOOMを使ってともに瞑想をさせていただきました。
学びに触れたのだけれども、それぞれの事情で今はセミナーに参加できない人達と僅か30分の時間でしたが、お一人おひとり少しでもお話ができて私はよかったと思っています。
今回をきっかけにして、何か学びについてそれぞれに弾みが出ればいいなあと感じました。
今世、学びに触れた喜びと幸せを心にしっかりと育て、本来歩むべき道を歩いていきましょうという思いでした。

1695) 自分に用意してきた今世。もちろん、今世だけではなくこれまでの数限りない転生もまた全く同じです。ただ、今世は、自分に用意したひとつの肉を通して初めて真実の波動の世界を学ぶ計画の中にありました。
それぞれに日々の瞑想の中で、それはすでに確認済みのことだと思います。
心の針を自分の中に向ける時間を絶えず持つ生活を実践してください。
生きる目的が分からずに、周りの状況に翻弄され自分を見失い、そして周りをその中に巻き込む人達で溢れています。
世の中にはそういう人が溢れているんです。自分はまともに生きているとそれぞれに思っておられるかもしれませんが、それはあまりにも現実を知らない哀しいことだと思います。
本当の自分を捨て去り忘れ去り、地獄の奥底の底のずっと奥底で苦しみ喘いでいる現実もまた忘れ去り、肉を持っているひと時を本当に無駄に過ごしている、いいえ、相も変わらずに闇を垂れ流し、真っ暗闇を広げて、その中に自らを落としていっているということを知らずに気付かずに、また今世も閉じていくのでしょう。
そんな中で、心を見ることを知った私達です。微々たる歩みかもしれませんが、自分のこれから生きていく方向をしっかりと確認できる今があることは何よりの幸せです。

1696) 一日少なくとも一回、パソコンの前に座って、UTAの輪の中でともに学ぼうのホームページを開く、スマホ等でもいい、とにかく一日一回は、必ずこのホームページにアクセスしてください。その習慣をつけてください。そして瞑想です。目を閉じて思いを向ける時間を生活の中で確保してください。特別なことではありません。当たり前のことです。
自分を学ぶためにこの世に形を持ってきたんです。どうしても、何としても、本当のことが、本当の自分と出会いたかったから、自分に肉を用意したんです。そして、念願通り学びに繋がっています。
自分の中で、これらのことを明確にして、生きていく道を確定しましょう。
今世を転換期に。そして250年後に自分を繋ぐ。
明確な意思の元に、限りある肉の時間を使ってまいりましょう。

1697) みんな色々な事情を抱えています。様々な環境を設定しています。しかし、今世学びに触れたあなた、どうぞ、自分を大切にそしてともに歩める仲間がいることを喜んでください。
学びをやっていこう、お母さんを思い、田池留吉を思い、アルバートを思い、250年後に思いを馳せていこう、心にしっかりとその思いを確立して、そして、自分の人生をやり直してまいりましょう。
何のために生まれてきたのかというところに、いつもいつも戻って、しっかりと自分の流してきた思いの世界を確認してください。
自分の本当の姿を見失ったままでは、決して幸せな人生ではないんです。偽物の自分しか知らなければ、本当に哀しいではないですか。
どんなに世間的に評価を得て、結果金と物に溢れた中に生きても、心は叫んでいます。帰りたい、帰るところが分からない、苦しい、悲しい、寂しいと悲痛な声を上げている、思いを発していることを感じていける優しい、優しいご自分に変わってまいりましょう。

1698) 8月の橿原セミナーも、キャンセル者と追加参加希望者との入れ替えの作業も終わり最終参加者名簿をいただきました。
酷暑、猛暑のさなかですが、元気に喜んでセミナーを楽しんでいきましょう。
生きる道が全く分からなかった私達に、懇切丁寧に伝えていただいた今世でした。もちろん、学びに出会いながら学びを去った人達もおられます。
そのことについては大変残念なことだと思いますが、それはそれで致し方のないことだとも思います。
自分で自分の舵を切っていく以外になく、そしてその結果もまた自分で受けていくしかないというのが、意識の世界でははっきりとしています。
母の反省と他力の反省をしっかりとして、自分の中の本当の自分、愛に出会っていくことがたったひとつの救いの道なんだと、本当に心で分かるまで、苦しみの世界は解消されないと知っていくこれからの時間が用意されています。
愛に目覚めなさいのメッセージを存分に受けてまいりましょう。喜びで受けてまいりましょう。ありがとうの思いが満ち溢れていくはずです。

1699) 帰っていこう、母なる宇宙へ。
「帰りたい、帰りたい、だけど帰るところが分からない、どうしてこんなに苦しい、どうしてこんなに悲しい、どうしてこんなに寂しい、心に渦巻く思いにずっとずっと蓋をして、心の奥に奥に閉じ込めてしまいました。出てくるなと押し込んでも、出して出してと叫び続けています。耳を塞ぎ、心を閉じ、苦しさも悲しさも寂しさも、悔しさ、怒りもみんなみんな自分だと思えませんでした。確かに色々な思いは自分の中から出てくるのに、それそのものが、それ自体が自分自身だとはなかなか受け止めていくことはできませんでした。ましてや、自分が間違った生き方をしてきたなんて思いもしないことでした。」
大体この通りだと思います。殆どの方は当たらずとも遠からずのこのような思いの中で、学びをしてこられたのではないかと思います。
学んでいくうちに、ようやく何を自分は間違えてきたのか、心に見え始めてきたというところでしょうか。
それでもこれから起こりくる様々な現象の中で、しっかりと自分を見失わずに心の舵を切っていくことは生易しいことではありません。
学び始めた私達です。これからが正念場です。今世はまだ学びの仲間がいたりしていいけれど、これからの転生、どうぞ覚悟を決めて臨んでください。今世の学びをしっかりと根付かせ、必ず250年後の再会を果たしてください。意識での出会いです。

1700) 本当の優しさとは何か、本当の喜び、幸せとは何か、何も知らずに己という肉を掲げて生きてきたこれまでの転生でした。
私はそう確信しています。あなたはどうですか。
私自身そう思っているから、今世こそ生き直そうと、固い決意をしてこの世に出てまいりました。
その思いはほぼ今世、予定通りの歩みを進めています。肉のことはもういいんです。それよりもしっかりとさらにしっかりと自分の歩みを見定めていくことに思いを傾けています。
250年後の来世の私の思いは本当に力強くこれまでの私を支えてくれています。すべてはそこに集約されていることを日々の瞑想の中で感じる私の中には、田池留吉、アルバートの波動の世界がすべての宇宙に呼び掛けていることも感じられます。
宇宙が動く。すごいことだと思います。私は意識だという純度を上げて、上げて、そしてともに生きていこうと思いの針を向けてまいりましょう。

1701) 肉との出会いから始まりました。まず肉と肉が見える(まみえる)ことによって、意識の流れを伝えていただく準備が整いました。
同じ時期に肉を持たせていただき、そして肉の目を通し、耳を通し、まずはしっかりと学ばせていただきました。
自分の中から突き上がってくるエネルギーに身体が激しく動くことに不思議を感じ、心地よさを感じ、しかし、その一方で、腸が煮えくり返る悔しい思いも味わい尽くしてきました。
流れる涙と汗と、口から飛び出す罵詈雑言。出せば出すほどに心の底から熱い思いが沸いてくる体験も重ねました。
これらの貴重な学びの時間を自分に用意したことを、今はただただ嬉しく感謝しかありません。
そして、再びこのような体験が自分を待ってくれていると思うと、本当に幸せ者だと痛感します。
ともにある喜び。その信を着実に育てて、そして、250年後の再会です。

1702) 思う喜び、思える喜びを味わっていますか。思いの向け先はこちらですよと学習の機会をいただいています。それが今世の私達です。
生きていれば楽しいことも嬉しいことも、反対の悲しいことや、辛いこと、その他色々とあります。その中で、心を見て自分の生き方が間違ってきたと心で気付いていこうということなんですが、自分の心で気付くということが何とも難しいものなんです。
いいえ、本当は薄々感じているんですが、感じていてもなかなかそれをしっかりと認めて受け入れていくことが難しいということではないでしょうか。
学びに触れても、やはり私達は肉で誤魔化す、肉で紛わすことをしてしまいます。なかなか芯の部分に行き着かずに、そのずっと手前で、歩みが留まっている人達がまだまだ多いです。
それでもそれぞれの肉がある間、可能な限り自分を学ぶことに徹していきましょう。こうして同時期に肉を持って学ばせていただく機会に恵まれたのです。素直になって、心を開いて喜んで自分を知っていきましょう。

1703) それぞれに自分に用意した肉、肉を持つ時間、環境があります。それをどのように何を目的として活用していくか、それはすなわちそれぞれの生き方に直結していきます。
今持っている肉のために、どの程度時間とエネルギーを注いでいくか、それは価値基準の問題ですが、その割合によって、全く生き方に違いが出てきます。
それはそれぞれが選んでいく生き方であり、何を選び取っていくかは基本的には自由です。ただ、その自由が果たして自分にとって本当に自由なのかということは、それぞれのこれからにおいて必ず結果を出してきます。
自分が出す結果です。その結果は自分で受けていかなければなりません。
しっかりと受けていったならば、そこからまた新たな道が見えてきます。
正しいものを自分が選び取っていくまで苦しみは続きますが、本当の自分はいつまでも待っています。自分の中の愛はすごい、本当の自分はすごいということです。

1704) 本来の生きる目的を伝えていただきました。生きる方向を示してくれました。嬉しかったです。本当に嬉しかったです。ともに行こう、私とあなたはひとつだと力強く伝えてくれた波動の中にひとつに溶け合ってこれから存在していける、私のすべてとともに生きていける、そんな道筋をしっかりと指し示してくれたことに感謝しかありません。
あとは、今の肉を持つ時間、その指示通りにしっかりと心の針を向けて合わせていくことをやっていけばいいということになります。
何が本当のことか、自分の何が苦しくて、何が間違ってきたのか、全く分からずに、ただ我欲のまま生きてきた自分が哀れでなりませんでした。
しかし、今世を迎え、ようやくそんな自分に本当の優しさとか、温もりとか、喜びの思いを伝えることができることが、もう幸せです。
ともに歩む仲間もちらほら出てきています。
中には、ライブ配信を重宝していただいて繰り返し瞑想をしてくれている友もいます。
互いに間違ってきた生き方をしてきたけれど、こうして、これから250年、300年に向けて、ともに歩んでいこうと思いを向けられる喜びを味わえるのだから、私達は本当に幸せ者です。

1705) 心ひとつで生きていく、肉、形の世界を本物としてきた私達にはとてもとても難しいことです。本来の自分の姿を見失ってきた過ちを、これからそれぞれが受けていかなければなりません。
形を修復することにのみ心を傾けるのではなく、もっと根本的な部分に自分自身が触れていくことが必要です。心の揺さぶりは心の叫びです。何を訴えているのか、何を聞いてほしいのか、自分の心の中に思いをしっかりと向けて、そして、ああ本当に間違ってきたんだと心から自分に詫びていけるあなたに生まれ変わってまいりましょう。
肉、形を本物とする意識は自分を見捨てています。自分を見捨ててどこへ行こうとしているのか、瞑想を繰り返し実践して心に聞いてください。
自分の舵を切っていくのは、あなたの中の愛です。その愛である自分を見失ったままでは、船は進みません。進まないどころか、そのまま沈没して朽ち果てていくしかありません。
朽ち果てて消えてなくなるのではないんです。朽ち果てた状態がずっと続いていく、苦しみの奥底で苦しみが続いていく、形を変えて。
それをしっかりと心で知るために、今世様々なルートから学びに繋がりました。

1706) 愛へ帰る道を見失うことなく、しっかりとただ一点を思い、日々生活をしていきましょう。
間違ってきた思いが、放ってきたブラックのエネルギーが、自分に返ってくるたびに、ああ間違ってきた、だけど生き直していこうという自分からのメッセージなんだと、嬉しく思えるような自分に生まれ変わっていけたならば、どんなに幸せなことでしょうか。
帰るところがあった、帰れるんだ、そんな思いがふつふつと沸き起こってくる喜びを感じて、一歩歩みを前に進めていきましょう。
死んでも死なない、永遠に生き続けているのが私達でした。思いの世界にあることを、肉を持っている今、心で確認です。

1707) 心から離していくことです。心が掴んでいるものを離していくこと、それを心掛けていきましょう。さらっと肉の中で生きていければと思います。
もちろん、肉を持って肉の中にいる以上、肉の世界の法則、掟というものがあります。最低限のところはそれに従う必要があるでしょうけれど、それは淡々とこなしていくようにならなければなりません。
肉の中に流れながら流されない生き方を身につけましょう。それは一見難しいように思えるけれど、今、自分に肉を用意している意味を心で知っていれば、自然にそういう生き方になってきます。
日々、正しい瞑想を繰り返して、自分の生きていく方向をしっかりと定めてください。
器用な方は、適当に人生を楽しみながら、この学びもできると思っておられるかもしれませんが、それは頭の計算ではないでしょうか。
不器用なほうがいいんです。世間には少々疎くても本来の生き方を知ってそれを淡々と実践している人のほうが、世慣れた人よりも幸せだと思います。死んでも死なない、この現実を心でしっかりと知りましょう。

1708) 学びの友からのメールです。一読ください。

UTAの輪の中でともに学ぼう。宇宙を思って瞑想をしましょう。何も変わらない、この学びをしている人にとっては、当たり前のように過ぎていく言葉です。その言葉が、私の中で大きくなって、別の意味を持ち始め、しっかりとした足取りで足を進めている私を感じます。肉体細胞は愛。その愛が分からなくて、分からなくて、私の肉を庇ってきましたが、そうではないと、そうではないと、肉の現象をいただきながら、身体は痛み、不自由になっても、そのことの意味をやっと心がとらえていけるようになって、肉では想像もできない意識の世界を、愚かな肉を通し感じさせていただけること、それだけが嬉しいです。
近くにいる学びの友、妹とともに学べることが幸せだと思いました。相手の言動で心が揺れます。その揺れをしっかりと受け入れるまで、私の心の苦しみは続きます。その繰り返しをさせていただけること、そして、そこから必ず自分の間違いに気付いていけること、それだけが喜びでしたと私は私から教わってきました。その私を信じる度合い、信が、程遠い所を彷徨ってきた私の中で芽生え始めています。そうはっきりと私は私に伝えてきました。ありがとう、お母さんありがとう。私はこの思いを知りたかったのです。この思いの中にすでに私はいたという証明をこれから自分の中で進めていく私の決意、それが私の思い、それが今世田池留吉の肉との出会いから始まった唯一私の愛への覚醒への道です。
死後の自分が語ってくることは、死んだら何も思えないということ、死んだら固まっていくしかないということ、その私に何を語ればいいのか、心から出てくる思いは、温かいお母さんの温もり、死んだ私を思い、その私を私の中へいざなっていく、田池留吉と思い、母を思い、それを肉体細胞が動いている限りやり続けていけることが私の喜びですと、私は私に語ります。そんな自分を感じて嬉しいです。喜びを感じれば感じるほど今私はどんなところにいるのかが心に響いてきます。程遠い、本当に遠い遠い遠いところまで落ちてきた私を感じて、その私とともに帰れるんだという思いが、私をまた前へ前へ牽引していく、その循環が嬉しいです。

1709) たっぷりの時間があります。心の向け先を知りました。思えばいい、思えば通じる喜び、安心感、ともにある幸せ、肉があってもなくても、思えばいい、思えば通じる世界、心から突き上がってくる喜びと幸せは確かな世界です。
田池留吉という肉があるときは、目に見える道しるべがあって、そういう学びの段階でした。
今は、その肉がなけれども、確かに心にあると実感できる時間と空間を自分に用意しています。そんな学びの段階を経て、そして、そして、250年後の本番に向けて、自分の心の針の向け先をしっかりと管理して、定めてということになっています。
それが私が私に用意した計画です。母なる宇宙へ帰っていこうと決意してきた今世の時を経て、意識の世界の羽ばたきを必ず遂行です。
約束を思い出し、たったひとつ、やっとやっと出会った真実の道を喜びで突き進んでいこうと意識の流れにしっかりと乗っていきましょう。

1710) どこまでも果てしなく広がっていく意識の世界、その中に生き続けてきたとはっきりと心で知れば、もうあとはその世界に心の針を向けていればそれでよかったんです。
その方向が全く分からなかったこれまでの転生の数々でした。思えば通じる本当の喜びと幸せ、安心感を心に育て、広げていくことが喜びと幸せの道でした。
250年後の再会を経て、意識の流れの中にあることをしっかりと感じ、そして遂行して、さらなる意識の中核へ進んでいくように計画されています。
肉から意識への転回を速やかにして、その速度を増して、ずっとずっと広がっていく意識の世界へ歩んでいく喜び、幸せを、今世の肉を通して学び始めたということ、これは本当にすごいとしか言えません。
すべては自分達の望んできたことでありました。母なる宇宙へ、私達のふるさと、愛、母なる宇宙へ帰ろうと固い固い決意をしてきた私達の思いを、それぞれの中で必ず現実のものとしてください。

1711) 三次元最終時期に合わせて、意識の世界の準備が着々と進んでいることを感じますか。瞑想の中で、そちらのほうに心を向けてみてください。
三次元最終時期、もう喜びしかありません。待って待って待ち望んできた宇宙へ帰れるという現実が心に広がっていくとき、何とも言えない喜びが感じられます。
肉ではない自分を知っていくことは、自らの存在意義をすべて崩すということになるけれど、崩れていってこそ見えてくる世界があります。
三次元に留まる思いを一気に崩していく出来事を経て、文字通り心ひとつで生きていく喜びと幸せを確かなものにしましょう。
そのために、こうして今世私達は田池留吉という意識の世界、波動の世界を学ばせていただく機会を自らに用意しました。
自ら切望してきたことです。肉から意識への転回を滞りなく進めて、本来の自分達の軌道にしっかりと乗ってまいりましょう。
ともに、ともに行こう。私とあなたはひとつ。

1712) 猛暑、酷暑の中、そして帰省ラッシュと重なる中、UTAホール志摩に約60名の学びの友が集いました。ともに瞑想をする時間と空間をいただきありがとうございました。
みんな嬉しそうにホールを後にされたように感じ、いつものように、皆さんが帰られた後、私も静かにホールを去りました。
今度、ホールを訪れるのは一か月後。このパターンがこの先も続くかと思いますが、どんな形にせよ、ともに学べる時間と空間が気持ちよく用意されていることを幸せに思っています。
異語、宇宙語を語らせていただける喜びを味あわせてもらえるのも幸せです。
そして、1週間後には橿原でセミナーです。またともに学べることを喜んで喜んで橿原に思いを向けていきたいと思っています。
ありがとうこざいました。

1713) あなたの心を決めてください。この道を本当に歩いていくのかどうなのか、中途半端な思いは通用しません。
本当にともに学ぶ仲間がたとえ10人でも私はいいんです。300人いれば御の字です。こうして今肉を持ち、心を向けていこうと心底から思える仲間が300人いれば上等です。
300人であって300人でないことは明白です。ひとつの肉の背景にどれだけの宇宙達が連なっているか、宇宙を思う瞑想を重ねていけば、それはもうそれぞれの心に響いてくるはずです。
この地球上での数限りない転生があって、ようやく、ようやく巡ってきたという感覚でいます。
意識の流れがさらに顕在化していくこれからを経て、私達は私達のふるさと、母なる宇宙へ帰ります。ようやく巡ってきたこの時にしっかりと心で応えてまいりましょう。
母なる宇宙。どんなにどんなに帰りたかったか。心から噴き上がってくる思いにしっかりと応えてまいりましょう。

1714) 思うは田池留吉です。思うは田池留吉一筋で生きていく喜びを心に広げていますか。しっかりとした足取りで自分の人生を歩んでください。
何が本当なのか、何を知りたかったのか、心の叫びをしっかりと聞いていきましょう。
三次元最終時期に心を向けてみてくださいとお伝えしました。
もう意識の世界はそういう段階です。いつまでも肉の中に留まっていては、せっかくの今世の自分の計画が頓挫してしまいます。
焦る必要は一切ありませんが、また焦ったところでどうしようもありませんが、今世学びに触れた自分を真剣に思ってください。今世学びに触れた自分の思いと本気になって真正面から向き合っていくことが待たれています。
真に心の強い人でないと学びを遂行していくことはできません。欲で学んでも仕方がないことです。思うは田池留吉、ただこれ一点。自分の心で確認です。

1715) 世の中の流れとは全く違う流れを自分の中に確立して、そしてその自分の中の流れ、すなわち意識の流れに沿って過去未来とともに存在していける喜びと幸せを感じてください。
どこを向いていけばいいのか、どちらの方向へ進んでいけばいいのか、何が本当のことなのか分からずに、本当に長い長い間、苦しみの中に沈みもがき喘いできました。
当たり前のことですが、肉を持っている以上心は揺れます。しかし、その軌道修正をどうすればいいのか、喜んで楽しんでありがとうと伝えながら、自分の中に戻っていける術を知れば、もうあとはそれを淡々と繰り返して、日々の生活を送っていけばいいということです。
間違ってきたけれど、狂ってきたけれど、ようやく自分の帰る道筋を心に知った今世の肉にありがとうしかありません。
宇宙をどんどん心に呼び寄せ、そしてともに帰れる喜びを味わっていく時間を用意しています。
250年後の来世の私とともに過去の私が歩みをともにできる、こんな嬉しい巡り合わせはありません。今世の出会いを本当にありがとうございます。

1716) 「はい」、「いいえ」をはっきりと明確に。とくに学びについては自分の思いをはっきりと打ち出してください。
よく耳にします。私なんか・・・。そう思う自分の心を見ればいいんです。
どんなに自分に冷たいか、肉を前面に出し聳え立ちの自分をしっかりと確認して、そして、そこから本来の自分の進むべき道、生きていく方向を自分の中で見極めていかなければ、どこまでもいつまでも他力のエネルギーの中から自分を解き放つことはできません。絶対にできません。ということは、本当の喜びも幸せも程遠いところで苦しみが続いていくということになるでしょう。
肉で、肉としてどんなに喜びと幸せを感じても、自分が肉というところからの喜びと幸せは偽物なんです。今、目に見えている形ある一人の人間だけが自分ではないと心で分からなければ、どんなに頭を誇ったところで無知な状態です。
そういうことも私達は分からずに、たったひとつの肉のためにどれだけの思いを使ってきたか、自分の首を自分で絞めて殺してきた冷酷な自分になってしまっていた、心から心から自分に詫びていくべきです。そして、そんなどうしようもない愚かな自分から、本来の温かい喜びの自分へと、しっかりと生き直していく道を選んでまいりましょう。
大変です。厳しいです。険しいです。しかし、その道しかありません。

1717) UTAブックさんの企画の「死ぬまで瞑想会」、それぞれに活用なさってください。なかなかいいと思います。
リアルタイムで勉強できなくても、すぐにアップされるので充分です。
私も、今回、午前中時間が空いたので学ばせていただきました。
少々意味不明かもしれませんが、塩川香世というひとつの肉が自室のパソコンの前で学ばせていただける喜びと幸せを味わえました。
いい瞑想ができました。ゆったりと心を広げていける時間と空間をいただき、ありがとうございました。
みんなで作っていく瞑想会ということなので、どうぞ、ご参加の皆さん、忌憚なく思いを語り、学びの輪を広げてください。学ばせていただきありがとう。

1718) 明確な目的を持ち、日々の生活を淡々とこなしていける、幸せな人生ではないでしょうか。明確な目的、それは言わずと知れたことです。
その目的に沿って、目的を一点に据えて、自分を思う、すなわち宇宙を思う瞑想、愛を思う瞑想を繰り返し、繰り返しやっていきましょう。
台風が来ます。地震が起きます。無差別的な殺人事件が多発します。信号待ち、道路横断中に車という凶器が突っ込んできます。生まれてきた本当の意味を知らずに我欲に任せて薬物中毒で自らの身体も心も蝕んでいきます。
災害等の天変地異はもちろんですが、様々なところから私達自らに自らがそういう形で警笛を鳴らし続けます。決して他人事ではありません。無視をしても、いつの日にか、それらの警笛と向き合わざるを得ないでしょう。
大変な時を経ていきます。自分達の心に作り続けてきた肉、形の世界を本物とする他力のエネルギーの徹底的な崩壊が現象化していきます。
愛のなせる業です。本物の愛のエネルギーの到来があるからです。
形が崩壊していくことを喜べない心を、しっかりとそれぞれ真正面から向き合っていくようになっています。
喜びで超えていったとき、そこに広がっていく波動の世界をさらに学んでいけるのでしょう。

1719) 肉のことは色々と思い悩むこともあり、選択肢も多々あります。しかし、意識の世界、本当の意識の世界にはそんなもの一切ありません。
ただ一点。向け先、選び先はただ一点です。
何はさておいても、自分のこれから生きる方向が正しい方向にしっかりと定まっているのかどうなのか、それを今世の肉がある間に確認すべきでしょう。
それは決して生半可な思いでは遂行できません。今世、自分に肉を用意してきた思いに触れていけば分かります。どんなに強い決意で今世の時を望んできたのか、正しい瞑想を重ねていけばはっきりと心に響いてきます。
その思いだけが自分を支えているんです。心の底から絞り出すような切なる思いをしっかりと叶えていこう、そのためにどうすればいいのか、自分の前途は明るいかと、本当の自分との約束を違えることなく、今という時を生きていきましょう。
私達は肉の世界に生きているのではなく、思いの世界に生きているのだということに着目です。

1720) 日々、瞑想です。正しい瞑想の純度を上げて、楽しんで喜んで今という時を生きましょう。
心の針の向け先をいつも確認。肉を持てば、見て聞いて瞬間心から飛び出すエネルギーを学べます。すごいことではないですか。肉を持たなければ、そして、心を見る、心の向け先を知っていなくては、そんな幸運に巡り合えません。
100%正しいとは言えないけれど、私はそんなに悪い人間ではない、みんなそう思って生きています。そんな中で、目を疑うような信じられない極悪非道な行為で人を傷つける事件などが起こってくると、当然自分達の住む世界とは違う異様な人間が起こしたものだと決め込んでいきます。
そうではないんです。みんな自分の心の底の底の奥底の真っ黒なエネルギーに気付いていないだけなんです。
ある日突然起きる、考えられないことが起きる、そうではありません。それらの狂ったエネルギーは、条件、環境さえ整ってくれば、いつでも飛び出してきます。
それをどのように自分達の中で受け止めていけるのか、それらが自分達の作ってきた他力の世界の出来事だと、しっかりと受け止めて認めていくことがなければ、ただ自滅の道を行くだけです。
目を覆いたくなるような、耳を塞ぎたくなるような現象が目の前に展開していきます。心の向け先を知らなければ、そこから自分を救い出すことは到底不可能、そんな時をこれから迎えていきます。
私達は、まだまだ他人事としてとらえ、悠長に構えていると思います。


あなたの愛のグッズ、オーリング硬いですか。時々点検してください。オーリング、正しくできますか。
☆愛の水、愛の水素水を飲んで、愛のリングに心を向けて、死ぬまで元気で楽しい嬉しい喜びの瞑想を継続していきましょう。
☆「私は愛である」、心の底の底の底、さらにその奥底のエネルギー、宇宙に点在する意識達、すべてが、この波動を待ち侘びていました。あなたはこのことが心で分かりますか。しっかりと心で感じられるあなたに蘇ってください。
☆宇宙を呼んでください。宇宙にどんどん思いを向けていきましょう。私達の帰る心のふるさと、宇宙の波動を心に呼び覚ましましょう。
今世を自らの大きな転換期にしてください。動かなかった心の針をほんの少しでも愛の方向へ向けてください。
☆愛へ帰る道は、それぞれの心の中にあります。その道と出会い、一歩、一歩歩んでいく喜びと幸せを広げてください。
☆自分の人生です。自分があるだけです。幸せ、喜びを広げていくのも自分。真っ暗な中に沈み込んでいくのも自分。正しい羅針盤がなければ、沈み込んでいるのも分かりません。いったいどこまで落ちてきたのでしょうか。そして、これからも落ち続けていくのでしょうか。
☆自己確立を目指してください。本当の自分の波動を感じられるようになってください。そうすれば安心立命です。それ以外は、狂いの道です。
☆あなたは自分を信じていますか。信じていると答えた人は、自分の何を信じていますか。あなたの流す波動があなたの答えです。あなたの外と中、一致していますか。
☆あなた、本当にこのまま死んでいっていいのでしょうか。心の叫びを拾い上げてください。そして伝えてください。ごめん。間違っていたと。
☆外へ向く習性のある心を内に、内に。エネルギーは内にじっと留めておくのではなく、確認すれば温もりの中へ解き放つ。それが心を内に、内にの作業です。
☆思う大切さ。ゆったりとして静かに思うこと、そして一瞬、瞬間的に思うこと、両者とも、学びそして会得していきましょう。その際、肝心なのは何かということ。もうお分かりですね。
☆今を喜んでいきましょう。どんなにすごい時間なのか、あなたの中は知っています。知らないのは肉を自分だと思っているあなただけです。
☆肉体細胞の思いを感じながら、ということは、本当の自分の思いを感じながら瞑想をする、瞑想ができる。そして、日々を過ごしていく。幸せな人生です。
☆愛へ帰る喜び、愛を思う喜び、しっかりとあなたの心に響いていますか。母の温もりはどうでしょうか。
☆250年後の出会いを簡単に思わないでください。今世、学びに触れた人達みんなと出会えればと思いますが、それはどうでしょうか。あなた、死後のあなたに聞いてみてください。そして、本当に自分に優しく、自分を大切にしてください。

ともに次元を超えていこう

愛はこっちだよと、いつも、いつもあなたの心の中で伝えている私(田池留吉)と出会ってください。出会えば変わります。必ず変わります。私(田池留吉)は愛。そして、私(田池留吉)はあなただから。

優しく母に抱かれてゆったりと幸せだった、すべてを託していたあなたは現存します。あなたは本当は優しいんです。本当の優しさも温もりも喜びも、みんなあなたの中にあります。ただ、外に求めたときから、あなたの苦しみは始まりました。

私はあなたの心の中にいます。ずっと、ずっと初めからいます。これからも、ずっと、ずっといます。ともにいます。私に心を向けてください。心を向けて広がっていきますか。ただただ嬉しい、ありがとうの思いが突き上がってきますか。いつも、いつも思えることが喜び、幸せだと分かっていますか。

素直になりましょう。そして、心をどんどん広げていきましょう。肉の心は狭いです。しかし、私達本来の心、本来の私達は限りなく広い。限りなく広がっていく温もりの中にあります。そこには何もない。だけどあるんです。それがひとつの世界です。

愛へ、心のふるさと、愛へ帰る道をともにともに進んでいこう。果てしなく長かったけれど、そしてこれからも果てしなく続いていくけれど、苦しみから喜びへ変わっていく今だと呼び掛けています。

田池留吉を思うことが嬉しくて嬉しくてたまらない。心の底からアルバートと呼んでいる。アルバートを呼ぶ意識達の思いをはっきりと心に感じる。瞑想の醍醐味です。

私達は最高に幸せだよ。お母さん、ありがとう。田池留吉と出会わせてくれてありがとう。気の遠くなるような時間ずっと、あなたに背を向けてきても、あなたは愛だと伝え続けてくれていました。あなたの思いをしっかりと受け止めました。もう二度とその波動を忘れることはありません。私達は、あなたの中に帰っていくだけです。

宇宙に向けて瞑想をすれば、ただただ異語とともに喜びが湧き起こります。ああ、待ってくれていたんだと。宇宙の友がたくさん、たくさんいます。ともに帰ろうと伝え合いましょう。そのためにこうして、今、肉を持っています。宇宙の波動を感じて、感じて、喜びと温もりの世界を共有していきましょう。

愛のエネルギーが深まれば深まるほど、明と暗が、はっきりくっきりします。これから益々はっきりくっきりしてきます。喜びは喜びをいざない、苦しみは苦しみの中に落ちていきます。どちらも自作自演です。それが意識の世界。限りなく広くて優しくて温かい世界です。そしてそれは本物だから厳しいのです。

宇宙は愛。愛のエネルギー。愛のエネルギーは私達。私達は愛。私達は宇宙。ひとつです。あなたの中で真実への扉を開いてください。

瞑想は喜びです。間違いなく喜びです。喜びでしかありません。温もりです。愛です。喜び、温もり、愛の波動をどんどん吸収してください。吸収して、そして、あなたの中で、喜び、温もり、愛の波動をどんどん循環させてください。淀みをそのままにしないでください。

生まれてきた意味を本当に心から知ってください。あなたの人生とはいったい何でしょうか。消えて無くなるものばかりを拾い上げている人生ではないでしょうか。

本当の優しさを知っていきましょう。本当の温もり、本当の喜びに出会ってください。それは私達の中にあります。それは私達なんです。愛の水道水の種水を思ってごらん。あなたの中の田池留吉は、そう語ってきませんか。

愛の種水は、あなたの外にありますか。それともあなたの中にありますか。

肉を持った意識達はみんな、真っ暗闇からの脱出を希っています。しかし、どうすればいいのかその手立てが分からずじまいです。今日も一人、そんな意識の世界を抱え持った方の思いを聞かせていただきました。今世、学びに触れたあなた、あなたの現実はどうでしょうか。

思うことがすべてでした。思えることがすべてでした。真実の波動はあなたの心の中に届いています。出会っていきましょう。どんどん出会っていきましょう。生まれてきて本当によかったと実感。そんなあなたを次の転生に繋いでください。

どうぞ、ともに歩みを進めませんか。愛の波動の中に存在していた私達だったと、心から、心から知っていきましょう。

ただ一点、田池留吉を思う。肉のある限り自分に徹底してください。それでも、肉を離せば大変難しいです。死後の自分をしっかりと感じてみてください。

千載一遇の出会い。そして千載一遇のチャンス。心に響き渡ってくる喜びの雄叫びを、あなたの心で感じられるあなたに蘇ってください。

「帰っておいで母なる宇宙へ。」「はい、帰ります。みんなといっしょに。」真っ直ぐに言えるあなたは幸せなはずです。

種水のレベルが確実に上がり、それを持続する方法は、自己供養を進めることです。では、自己供養を進めるには何が必要でしょうか。

ワン、ワン。ニャー、ニャー。彼らはこれで通じるのです。喜びと通じているのです。教えてくれています。愛の波動を。ありがとう。

愛を思い、愛の水道水、愛の水素水を飲み干そう。ごくごく飲もう。汗をしっかりとかき、また、愛を思い、愛の水道水、愛の水素水を飲み干そう。喜んでごくごく飲もう。そして、正しい瞑想を。

そうです。意識の流れはすこぶる順調です。次元移行へ向けて宇宙が始動した今世でした。今というこの時に、肉という形を持ってきたことに、ただただ感謝です。千載一遇の出会いを心から味わっていきましょう。

あなたの心にノックしています。どうぞ、しっかりと心を向けてください。愛に目覚めよの促しを喜んで受けてください。現象はみんな喜びです。喜びの波動をあなたに伝えてくれるのです。あなたがあなたに伝えてくれるのです。それはあなたが愛だからです。

田池留吉、ああ、私達は、この波動をずっと、ずっと、ずっと、ずっと前から知っていました。あなたの中はそう伝えてきませんか。

体力、気力がまだある間に、どんどん喜びと出会おう。そして、自分に、ごめんなさい、ありがとうと心から言える自分に生まれ変わりましょう。心は無限大に広がっていきます。

かけがえのない大切な時間です。素直に真っ直ぐに自分を愛していこう。そして、お母さんに伝えてください。信じて待っていてくれてありがとう、私は必ず帰りますと。

あなたは、心一つで存在している喜びと出会えていますか。周りはみんな影です。影をいつまで握っているのでしょうか。どうぞ、今、死後の自分と出会ってみてください。そして、本当の喜びと幸せは何か知っていきましょう。

肉体細胞の思いをいつも感じながら瞑想を継続してください。肉体細胞は最後の最後まで喜びでつきあってくれます。本当の仕事をしっかりとしていきなさいと伝えてくれています。

本当の自分に気付かなければ、生きても地獄。死んでも地獄。これ本当のことです。そして、私達人間は本当はみんなそのことを知っています。

田池先生、ありがとう、ありがとうございました。真っ直ぐにこの道を。その思いに応えていくだけです。ともにある喜びを伝えてくれました。伝え続けてくれています。

どうぞ、UTAの輪の中心、愛へ心をしっかりと向けていきましょう。向けていける喜びと幸せを共有しませんか。♪ともに、ともに帰ろう・・・。 ♪愛へ帰る喜び、愛を思う喜び・・・。

いつもいつもどんなときも、私、田池留吉を思っていてください。そして、私、田池留吉の世界を本当に知ってください。喜びがあなたです。本当のあなたへ帰っていきましょう。

田池留吉を思う瞑想、喜んでなさっていますか。田池留吉はあなた方の心のふるさと、愛です。心で分かっていますか。

愛へ帰る道は険しいけれど喜びの道です。さあ、みんな、私、田池留吉のもとに帰ってきてください。待っています。

愛へ帰ろう、宇宙へ帰ろう、母なる宇宙へ。母なる宇宙は私達のたったひとつのふるさとです。

サウンド 1.wav へのリンク

サウンド 1.mp3 へのリンク

ありがとう.mp3 へのリンク

意識の流れ
       
-田池留吉の磁場を思い瞑想をしよう-田池留吉からのメッセージ

1) 私は田池留吉です。どうぞ、残された肉の時間、それぞれに精一杯、喜んでご自分の心を見ていってください。私も自分の心を見ています。今という時、大切な、大切な時間です。私が何を伝えに来たのか、どうぞ、それぞれ、ご自分の心に問いかけてみてください。真実はあなたの中にあります。決して外にありません。あなたの中に愛が溢れています。温もりが溢れています。私はいつも、いつもともに行こうと呼び掛けています。
「私は愛。あなたも愛。ひとつ。」このメッセージをしっかりと受け止めてください。UTAの輪は波動です。その波動の中で、しっかりと学びを進めていってください。

2) いよいよ、私の肉の時間も残り少なくなりました。しかし、私は死ぬまで元気に自分の仕事を全うしていきます。ほぼ私がなすべき仕事は終えて、最後の詰めの段階を迎えています。他力の世界を心から離せない人達、もういいんです。と言いましても、私が切り捨てる、置き去りにするということではありません。他力のエネルギーから自分を解き放すことができない冷酷で己偉い自分が、自分を切り捨て、見捨てていくということを知ってください。ここにきて、もう無駄な時間、無駄なエネルギーは使いたくありません。この道を真っ直ぐに突き進んでいくことだけを考えています。

3) 皆さん、私が、今病室にて綴ったものに、目を通してみてください。私は田池留吉です。私は波動です。愛のエネルギーです。私はあなたです。あなたの中で、いつもこのように語っています。しっかりと私の波動と通じ合えるようになってください。私を無視して、私とは全く違う波動、エネルギーを流していることに、ご自分の心で気付いてください。一日も早く気付いてください。そして、素直に自らの過ちを認められるようなあなたに生まれ変わってください。私に認めろと詰め寄らなくても、あなたから愛のエネルギーが流れ出してくれば、私はあなたを認めていきます。どうぞ、日々しっかりと心を見てください。自分の中の愛のエネルギーに目覚めていってください。

4) 肉は愚かです。愚かな肉は争いを好みます。自分の主張を掲げて、どこまでも己というものを掲げていくのです。それが自分を操っているブラックのエネルギーであることに、なかなか、なかなか気付けません。そんな状態の中では、決して種水のレベル、非常に硬いという段階まで到達しません。
どうぞ、田池留吉の波動の世界、母なる宇宙の波動を、ご自分の心で本当に感じられるようになってください。当然、そうなってくれば、種水のレベルは非常に硬いです。瞬間的な作業、思うだけでいいということになってくるでしょう。もちろん、瞑想をすれば波動はどんどん伝わり響いてきて、ただただ幸せを感じるのです。

5) 私に残された肉の時間、有効に使っていこうと思っています。私は次元移行を伝えにやってきました。意識の流れというものを伝えさせていただきました。意識の転回をしてくださいと。あなたの中の愛のエネルギーに目覚めてくださいと。私達とともに、ともに次元を超えてまいりましょうと。
肉という形を持って、数限りない転生をしてきたあなた方には、とても難しいことだったと思います。しかし、私の仕事は、順調に捗っています。証し人も出ています。
どうぞ、今一度、ご確認を。波動は決して騙せません。誤魔化せません。波動こそがすべてです。

6) 私、田池留吉に心を向けられる喜びを、しっかりとそしてどんどんあなたの心で感じてください。私を呼んでください。しっかりと呼んでください。私はいつも、あなたの中で応えています。私は愛です。あなたも愛です。私達はひとつです。すべては愛でした。すべては喜びでした。それをすっかりと忘れ去ったから、肉を持った人間達の苦悩は深まるばかりでした。どんなにしても、幸せになれるはずはありませんでした。これから益々、世の中は混沌としていきます。しかし、私のほうに心を向けていれば、そして、私と合っていれば、あなたは何も憂うることはありません。あなたの心に広がっていく愛の世界をどんどん感じていってください。

7) 宇宙の法、田池留吉の世界の法の厳しさと優しさを心で分かってください。どんどん自分自身を愛へ愛へと進めてください。あるのは喜びだけです。温もりだけです。私達はひとつです。ともに行こうという呼び掛けに心から、心から素直に喜んで応えていってください。宇宙の友が待っています。どうぞ、あなたの心で感じられるようになってください。

8) 私、田池留吉の波動を、どうぞ、あなたの心で感じてみてください。私、田池留吉の波動を、遮っているのはあなた自身です。それは、あなたがまだまだ他力のエネルギーにがんじがらめの状態だからです。それをしっかりと、あなたが肉を持っている間に確認してください。私は、死後の自分を語れと申しました。死後の自分、つまり自分の今をしっかりと把握することが、とても大切なことです。殆どの方と言っていいほど、死んでから学ぶことは難しいです。心の針を向ける、田池留吉、お母さんを呼べる状態かどうか、今、しっかりと見極めて、自分をどうか大切になさってください。

9) 私は、今の環境の中で、自分を嬉しく見つめています。これまでのこと、これからのこと、私には、喜びで、喜びで自分の中に浮かんできます。
これまでたくさんの人達のお世話をいただいてきました。苦しくて暗いどん詰まりの時もありましたが、それもすべて私の中で喜びとして受け容れています。それは、私は私の仕事をするために、生まれてきたことを、知っているからです。喜びで私は仕事をしてまいりました。これからも、喜びで仕事をしてまいります。
すべての意識達に、ともに歩みを進めていこうと呼び掛け続けます。
私に心を向けてくださいと伝えさせていただいています。そうです。私に心を向けることがすべてです。あなたの心の針を私に向けて合わせていけばいくほどに、それがどんなに喜びであるのか、そして、それがあなたが本当に切望してきたことだったと、あなたの心で分かるのです。いいでしょうか。あなたの心で分かる、ここがとても大切なことです。あなたの頭では決して推し量れないのが、私がお伝えしている波動の世界です。波動、エネルギーはあなたの目には見えません。しかし、真実の波動、愛のエネルギーは、現存します。それは、あなたの心で感じる以外にないのです。
あなたは今、その肉体を持って存在しています。目に見えて、耳に聞こえて触れることができる世界だけがすべてだと生きてきた人達にとって、その肉体を離す、つまり、自分の死を考えることはやはり恐怖でしょう。しかし、生まれてきた人は、いずれ遅かれ早かれ、死を迎えます。突然死か、長患いか、それは人それぞれでしょうが、死を迎えることに違いはありません。死んでどうなるのか、殆どと言っていいほどみんなその部分が明らかではありません。しかし、みんな本当は死んでどうなるのか知っているのです。何度も死んだ体験がありますから。なのに、明らかでないというのは、その死んだ世界が、言葉では言えないものだからです。表現するとするならば、暗くて冷たくて寂しくて重い中に凝り固まってしまうということなんです。それがどういうふうなのか、その肉体を持っている間には、綺麗さっぱり忘れ去ってしまいます。考えたくもない、触れたくもない部分ということでしょう。
そんな死の体験を、今こそ、肉体を持っている今こそ、本当に活かしていただきたいと思っています。もう二度と、あの苦しいところで固まったままの状態はごめんだと、ではそうならないためには、どうすればいいのか、私は、それを学んでくださいと申し上げています。
肉体を持っている今という時間に、どうぞ、自分をしっかりと見つめていってください。心の世界、思いの世界に住んでいることをしっかりと認識してください。
心を見てくださいということがどれほどの優しさ、愛、温もりであるのか、あなたの心で感じてください。
私は、あなたの心の中にいつも、いつもいます。どうぞ、私に心の針を向けて、合わせていくことだけが、本当に自分を救うことだと、一人でも多くの方に心から知っていただきたいと思います。私の波動を心で感じて、そしてその感じたものをストレートに流してくださることをお伝えしております。
日々、正しい瞑想を心掛けて、いつも私とともにある喜びの世界を感じて、感じて、あなたはあなたの予定通りのコースを歩んでください。
それが私達の約束でした。心から、心からありがとうの思いで、あなたに、今お伝えしています。

10) 私は田池留吉の意識です。この肉体細胞とともにあることを喜んでいます。私のこれからをしっかりと見つめています。この意識の流れの中にある私の仕事、私がこの肉体を持ってこの世に出てきたことを振り返り、私は本当に嬉しく思っています。
 出会いがありました。大変難しいことを伝えたと思いますが、心で分かる人との出会いがありました。意識の世界をしっかりと見つめていこうとする思い、その思いは、とてもとても大きなエネルギーです。
 苦しい転生を繰り返してきた意識達に、私は、今こそ自分の心を見つめてくださいと、しっかりとはっきりと道しるべを示してきました。この道しるべの指す方向に、心を向けることがすべてです。
 あなた方の中に作ってきたブラックのエネルギー、他力の世界をどんどん崩していきなさい。崩して、崩して、間違ってきた自分を受け容れていけばいくほどに、喜びも温もりも優しさも、愛の世界が大きく、大きく自分の心に伝わってくる体験をしてくださいと伝えてきました。
私の指し示す方向に心を向けることがすべてです。肉を持つ意識達の難しさを、これまでたくさん感じてきましたが、私は私の仕事をやり遂げます。この世に出てきた田池留吉の肉体の最後の仕事です。
 苦しい転生はもういいんです。あなた方は愛です、優しさ、温もりですと、私は伝え続けます。私の中へ帰ってきなさい。心の世界をどんどん広げていきなさい。どうぞ、どうぞ、この喜びの波動を心に受け止められるようになってください。私からのメッセージを波動として伝えます。
 苦しい転生もすべては良かったんです。そのように私は伝え続けます。何も何もマイナスはありませんでした。すべてはプラス、プラス、喜びの世界です。心を見つめていくことがすべて。心を見ることが喜びです。
私はあなた、あなたは私、ひとつという世界を、心の中にどんどん広げていきましょう。私のように、私のように。そう、同じです。私はあなた、あなたは私、私達はひとつ。心の中から伝え続けます。波動の世界を伝え続けていきます。私の波動を受けていけるようになっていってください。すべての意識達にそのようにお伝えしています。

11) 私達は肉ではありません。私達はエネルギーとして存在しています。目に見えません。しかし、私達の心はいつも、いつも叫んでいます。愛に目覚めよと。愛に目覚めよという思いの中で、「私達はどれだけこの思いと出会いたかったか。」あなたの心に届いているでしょうか。
私はあなたに伝えています。心から、心から私を呼んでくださいと。
本当に心から呼んでいけば、私はあなたの中にすうっと、すうっと入っていくんです。あなたが他力のエネルギーを心に秘めたままでは、私はストレートにお伝えすることができません。心の中に歪曲して伝わってくる波動では、宇宙を変えることはできないと伝えています。
己の偉い心を見つめてくださいとも伝えてきました。甘過ぎるとも伝えてきました。どうぞ、メッセージをしっかりと心で受け止めてください。
心の中の田池留吉、アルバート。あなたの中の本当のあなた。その波動をしっかりとしっかりと心で見分けていけるようなあなたになってください。
愛を信じる方向に進んでいくあなたを私達は待っています。心の中からあなたに伝え続けます。どんなに、どんなに、事が起ころうが、あなたの中は愛。あなたは愛。変わらず愛。愛しかない。この世には愛しかない。私達はそのことをお伝えします。

12) 何よりも、何よりも、私を思うことを大切にしてください。田池留吉を思い、愛を思い、母の温もりを思い、次元移行を思い、瞑想をする時間を大切にしてください。
あなたにとって、私を思うことがすべてです。私はあなたの中でいつもそのように応えています。あなたにメッセージを送ります。波動を伝えています。田池留吉の世界を心にどんどん広げていくことがあなたの喜び。
ベッドに横たわっている姿は私の仮の姿です。私の本当の姿ではありません。私は意識、波動、エネルギー。愛のエネルギーです。心の中にそのように伝えています。私のほうに心を向けることがあなたの喜び。そのよう伝えています。私達はいつもいっしょ。ともに歩める喜びを心に感じ広げていけることがあなたの喜びです。私を呼びなさい。私に心を向けなさい。あなたの中はすべて、すべて真実の世界へといざなわれていることを知っています。真実はあなたの心の中にあります。愛はあなたの心の中にあります。あなたの口を通して私はそのように、繰り返し、繰り返し伝え続けるでしょう。それが真実だからです。
この日本の国で、ともに肉を持ち学ばせていただいたこと、私は本当に喜んでいます。たくさんの苦しみ、悲しみ、悔しさ、怒り、やるせない思い、空しさ、たくさんの思いを抱えてきた意識達とともに私は、愛へ進んでいこう、愛あるあなたに目覚めていこう、温もりの世界へ一歩踏み出していこうと伝え続けました。これからも伝え続けます。
「あなたの本当の姿は、愛です。愛を、愛を信じていってください。あなたの本当の姿は愛です。愛あるあなたを信じていってください。」
私に思いを向けたとき、どなたの心の中にも、私はこのメッセージを伝え続けます。私に思いを向けられるかどうかの違いだけです。私に思いを向け、私に心の針を合わせていけばいくほど、愛のエネルギーがあなたの中へ感じられます。愛のエネルギーは、すべての意識達に中にあります。
「愛を、愛を、愛を求めてきたあなた達でした。そして今、愛に目覚めていく今なんです。これから250年という時間の中で、厳しい転生が待っていますが、どうぞ、この優しさ温もりを心に呼び起こせるあなたとなってください。」
私はあなたの中からいつも、そのようなメッセージを送っています。形を本物とする思い、形にこそ真実があるとする思い、すべてすべてブラック。この世に真実を説いた者はおりませんでした。真実に目覚めた者はおりませんでした。田池留吉の肉が、この世に誕生して初めて真実に触れたのです。その事実をしっかりと感じていきなさい。そして、心に感じた波動、エネルギーをあなたの中で、さらにさらに深め、広げていくのです。宇宙はあなたとともにあります。宇宙の目覚めを誰よりも、誰よりも待っているのはあなた自身です。
苦しい転生。その中でようやく明かりが灯り始めた今世の出来事をしっかりと喜んで、喜んで心で受けてください。
たくさんの意識達を心に受けています。優しさ、温もりに飢えた、愛に飢えた闇黒の世界です。しかし、心の中の愛がその闇黒の世界を変えていけるんです。愛はパワーです。喜びはパワーです。私、田池留吉、アルバートのほうに心を向けてください。

13) 田池留吉の世界をあなたの心がどんどん感じていく喜び、それが私の喜び。私の喜びはあなたの喜び。あなたの喜びは私の喜び。ともに喜びを通じ合える、喜んでいけることを喜んでまいりましょう。
私の肉にありがとうと私は伝えています。田池留吉の意識の世界から、私は私の肉体細胞の思いにありがとうと伝えています。肉体細胞は愛でした。私の肉は愚かでした。しかし、私の世界を私は知っています。肉体細胞の喜びとともに私は私の世界へ帰ります。
私の世界から、これからもあなたを通して、メッセージを送ります。波動を流し続けます。あなたのするべきことは、私にただひたすら心を向けていくだけです。田池留吉に心の針を合わせ、私の中へどんどん突き進んでください。
私は田池留吉の意識。心からありがとう。出会いをありがとう。私の心の中へどんどん突き進んでください。田池留吉からのメッセージ、田池留吉の世界からのメッセージ、どんどん送り続けます。
私は250年後を見つめながら意識の世界からエネルギーを流し続けます。肉の次元の中で私を見ていた方達は、到底この学びについていけないでしょう。肉は肉の群れの中で、さらに奥底へ落ちてまいります。
明暗がはっきりくっきりしていくのです。どうぞ、それもすべて自己選択、自己責任です。心の針の向け先をしっかりとなさってください。
私は田池留吉。心の中の喜び、温もり、愛の世界。あなたの中にあることを伝え続けます。

14) すべてよし。すべてプラス。すべて愛。肉がどんな状態であっても私は伝えます。すべてが喜び。すべては愛。愛しか存在しない。この世には愛しか存在しない。私は伝え続けます。愛へ帰ることがすべてでした。
愛しかない世界があったんです。肉、形を本物とする思い、その闇の中から、どうぞ、どうぞ、一人でも多くの方、抜け出してください。
あなたの心の世界、意識の世界に灯りを灯してください。本当の優しさ、本当の温もり、愛ある自分に目覚めてください。私はこのように、絶えず伝え続けます。
すべては喜び。すべては愛。愛しか存在しない。この世には愛しか存在しない。この世には何もない。愛、愛、愛があるだけ。
私達のすべてが愛。愛があるから私達は存在している。この事実をしっかりと心で感じられるあなたに蘇ってください。

15) 愛を思う瞑想を続けましょう。田池留吉をただひたすら思える瞑想を続けましょう。私、田池留吉の世界を心に広げていけばいくほどに、あなたの存在も、またあなた自身心で分かってきます。素晴らしい、素晴らしい存在でした。
私達は愛の中でひとつなのだということを、あなたの心で一日も早く、少しでも多くの人が自分に目覚めていただきたい。私はその思いでいっぱいです。私、田池留吉の世界はただただ愛を伝えます。もちろん、250年後、アルバートとして私はこの日本で伝えた通りに、いいえ、それ以上に私は愛を伝える存在です。私は250年後、アルバートとしての肉を持ちます。「心の中の愛をしっかりと広げていきましょう。」そのように、私は全宇宙に呼び掛けてまいります。
心で分かり、心で感じ、心で共鳴し、心で共有していく仲間達が集ってきます。ともに歩みを進めていく仲間です。私はとても幸せです。この日本の国に肉を持ち、学びをしてきたこと、そして素晴らしい仲間と出会えたこと、私の思いは本当に喜び一色です。ともに歩めることを、あなたもそして、あなたもどうぞ、心から心から喜んでいってください。
「私達の中にあるのは愛。心のふるさと、愛へ帰りましょう。」あなたの中に絶えず、絶えず、メッセージを送り続けています。
私は、波動です。愛を流す波動です。波動の中に喜びを、温もりを、広がりを、幸せを、本当にひとつになって、心から心から田池留吉、アルバート、愛ある世界を思ってみてください。
これから、UTAの輪を通して、私はさらに愛を伝えてまいります。心の中の愛に目覚めていけるように、あなたもしっかりとUTAの輪の中で心を向けていくことをなさっていってください。私達の行く先はひとつ。愛の世界です。行く先と言ってもそれはあなたの外にあるのではありません。あなたの中から、私が伝えていることを、どうぞ、心でしっかりと感じていってください。

16) どうぞ、私を思う瞑想を楽しんでください。いつも、私と出会っている喜びと幸せを、心から心から味わってください。そうすればいいだけ。おわかりでしょうか。

17) 肉が自分だとする思いがどれだけちっぽけな思いなのか、どれだけちっぽけな世界なのか、それぞれの心の中にしっかりと感じていくことが待たれています。私達の本当の姿は波動、エネルギーなんです。私達は宇宙なんです。ともに、ともに帰っていくあの素晴らしい世界、それが私達の本当の姿です。愛は私達。私達の中に愛があったことを、私は肉を通して伝えました。今世、肉を通して伝えました。私の肉はないけれど、たくさんのたくさんの意識達に伝え続けていきます。これからも、どんどん伝え続けていきます。宇宙がどんどん、どんどん変わっていきます。私達の思いを、すべてすべて宇宙は知っています。心の中にしっかりと宇宙を呼びなさい。母なる宇宙、その優しさ、温もり、広がり、とてもとても頭では決して理解できない世界、波動の世界をそれぞれの心に感じていきなさい。心の中に私を呼び、私とともに歩んでいく喜びと幸せをどんどん心に感じていってください。私はあなたの中に、いつもそのように伝えています。心の中の田池留吉、アルバート。そして愛のエネルギー。あなたです。本当のあなたです。あなたがあなたに伝えていることを、どうぞ、それぞれの心の中で知ってください。私を素直に呼んでいけるかどうか、それはそれぞれに、係っています。たくさんの間違いを積み重ねてきた人類の心の中で、ようやく巡り合ったこの真実の波動の世界を今世、少しでも多くの人に、一人でも多くの方に伝えていきたいということで、私は三次元に肉体を持ってきました。そして、今は肉体がない中で、私は田池留吉の世界から伝えています。心の中に私を呼びなさい。田池留吉にしっかりと心の針を向け合わせて、あなたの中に広がっていく喜びの波動をしっかりと、しっかりと感じて、そして、今世を終えていくのです。あなた方の中にはたくさんのエネルギーが詰まっています。他力のエネルギーです。他力のエネルギー。肉を自分だとするちっぽけな世界、真っ黒にくすんで、淀んできた世界です。あなた方は自分を自分で見捨ててしまったのです。冷たい自分になり下がってしまったことを、しっかりと心で感じて、しかし、そこから必ず蘇ってください。優しい中にあった、温もりの中にあった、肉では決して到達できないこの世界の優しさ、本当の温もりをどうぞ、どうぞ、あなたの心で感じていってください。
私は田池留吉。中にある田池留吉。あなたの中にある田池留吉。今、ああ、私はこの思いを伝えます。

18) 愛が私達でした。
前を向いて愛に向かって、一歩、一歩前進しましょう。私達の中には喜び、温もりがたくさんたくさんあります。溢れるほどに、尽きることなく温もりと喜びのエネルギーを抱えてきた私達です。そのエネルギーをしっかりと感じていけるこれからなんです。しっかりと、心を田池留吉、アルバートに向けて存在していってください。肉は愚かです。肉を通して感じるエネルギー、そのエネルギーをこの愛のエネルギーの中に解き放していってください。そのエネルギーの中に埋没するのではなく、愛のエネルギーの中に解き放していくのです。ともに帰ろう、愛へ帰ろう。すべてはひとつ。愛の中にひとつということを、あなたの心を通して伝えていくのです。宇宙が待っていることを伝えなさい。愛は私達でした。愛を求めてきた私達。その愛を求めてきた私達の心が、あなたの心にもあります。
次元を超えていくのはすべての意識達です。この三次元にやってきた意識達だけではございません。すべての意識達が挙って、次元を超えていける今という時を共有している喜びを伝えていきましょう。
私、田池留吉に心の針を向けて合わせていけばいくほどに、あなたの心に響いてくる波動の世界があります。波動を感じて、波動を伝えて、あなたがさらなる一歩を進められることを、私達は待ち望んでいます。ありがとうございます。ありがとうございます。


ひとつ、ともにともに
          田池留吉(病室にて)

  
1) 田池留吉、アルバートのメッセージを受けている方、本当に田池留吉、アルバートからのメッセージか、厳しい検証をしてください。種水のレベルが9以上(すごく硬い)でなければ、受信できませんとお伝えしておきます。

2) 喜び、優しさ、温もり等々の波動を感じられるのは、種水のレベルが9及び8(すごく硬い)の人達だけです。常に心を内に向けて検証してください。
6(硬い)以下の人達は難しいと思います。水道水をいわゆる愛の水道水に変えられるのは、4、5、6の段階の人達でもできると思いますが、レベルの高い6のを作られて活用するように。レベルの高い愛の水素水は、レベル7以上の水道水を使って。なお、8以上のレベルの種水のミニボトルを使って作り、飲用するように。
少々、厳しくはっきりと伝えておきます。みなさん、甘い、甘い。レベルアップに努めてください。

3) 種水のミニボトルのレベルの一応の認定については、栗生啓子さんと久保明子さんに頼んでおきます。セミナー会場かクボハウスで認定を受けてください。11月以降のレベルアップの参加者は、9、8、7の方々とします。

4) みなさん方にお聞きします。田池留吉、アルバートをどの程度知っておられますか。殆どの方はあまり知らないで学びを進めていこうとしていませんか。それでは、前へ進むのは、なかなか難しいと思います。正しい瞑想の1をしっかりとやってください。

5) 種水のミニボトルの認定方法
  ①持参のミニボトルをオーリングする
  ②それをコップに入れた水道水に転写。その水を飲んでみる。
  ③6以下の方は、まず、田池留吉を思い、続いて、ミニボトルに向けて、「私は愛です。あなたも愛です。ひとつ。」と。続いて、そのミニボトルをオーリングする。
その結果を現在の認定値とする。

6) 心はいつも外へ向くようになってしまっています。地獄から出て地獄へ帰っていく転生を繰り返してきたからです。
何故でしょう。あなたの心、思いは、いつも、神、仏、金、権力に向いていませんか。あなたが信じた教祖はどうでしょうか。このようなことではダメです。いつまで続けるのでしょうか。今世も失敗、地獄ですか。心の向け先はたった一つです。それ以外は間違いです。私は愛、あなたも愛、ひとつですよ。

7) コロコロ変わる喜びとか優しさは本物ではありません。肉が基盤になっているからです。喜びを外に求めているからです。心の外の世界は偽。内の世界が真。
外のことは程々でいいのです。信じて素直に意識の転回を進めていきましょう。

8) 口は出すが金や物は出さない人。金や物は出すが、口をしきりに出してくる人。トラブルメーカーになっていませんか。
金や物や形はやがて無くなるもの。程々に。意識があって、金や物や形です。意識が現象化します。現象にとらわれていては、真実は見えてきません。
しかし、現象を拒否したり、無視しては、何も見えてきません。すべてを受け容れ、使っている思い、使ってきた思いを見るように。心の針がどこを向いていたか確認するようにしましょう。

9) 「ごめん、ありがとう」の思いは、相手を受け容れる心に通じていきます。明るい心、喜びの心、優しい心、温もりのある心に通じていきます。すべては愛。愛でないものは、ひとつとしてありません。肉体細胞に向けて実践、確認してみてください。

10) 田池留吉を思うことから一日が始まるように心掛けましょう。このことは頭脳で分かりません。心でしか分かりません。とにかく、実践の連続。確認できるように努めましょう。

11) できないこと、できていないことを、あたかもできているように言う人々に要注意。ないものをあるように言う人もです。例えば、神、仏を。

12) ベッタよし。トップよし。ベッタばっかり、トップばっかりの人を見かけたことありますか。
私はトップの経験、ベッタの経験、両方あります。今、よかったと思っています。人生、しんどくありません。優越感も劣等感も段々となくなってきました。
選民意識、特別意識を持っている人、決して賢くありません。しんどいと思います。神様、仏様の好きな人も同じです。幸せが分かりません。
しんどい、しんどい人生、もう止めにしませんか。誇り、喜び、嘘でしょう。

13) あなた、善人ですか。悪人ですか。誰がそのように言っているのですか。あなたは、現在紛れもなく悪魔です。鬼です。いわゆる愛が欠乏しているのです。心の中に愛が溢れているのに、どうしてですか。その訳に一刻も早く気付いてください。それを治せるのはあなただけです。一番大事なことを忘れていませんか。愛が流れ行かないように、堰き止めているのですよ、あなたは。あなたは愛。すべてが愛。ひとつです。

14) 田池留吉の意識の世界の法は大変厳しいです。そして、大変優しいです。この世界こそ、安心、平和、喜びの世界です。
厳しいのは嫌ですか。受け容れていってください。受け容れていけば、厳しさは優しさに変わっていきます。

15) 決して他人を殺してはいけません。自分自身を殺してもいけません。大人達は、子供達に語り継ぎ、教え続けてほしいと思っています。なぜ、肉体生命を今世いただけたのか、みなさん方は、明々白々ですね。でも現実はどうでしょうか。平和、戦争反対、みんな仲良くと言いながら、相も変わらず、人と人は争い続けています。それが現状です。どうしてでしょうか。もう大変難しくなってしまっているでしょうが、みなさん方だけでも、正しいプラス情報、そして波動、愛のエネルギーを流し続けていきませんか。老いも若きも、ともにともに、学びをどんどん進めていってください。仕事、私と同じ仕事を成し遂げていきましょう。
天変地異と死を正しく受け止めてまいりましょう。不安と恐怖はダメ。受け容れていきましょう。

16) 今日もほたる(犬)の目を見ています。小鳥のさえずりを聞いています。花が微笑んでいます。そして、父と母、学校の先生、友人と隣人を偲んでいます。「ごめん、ありがとう」と。
特に、父と母、H先生、T先生、H先生、M校長先生を毎日のように思っています。受けた情とか恩を大事にしています。楽しいです。ありがたいです。私は、これからも、ともに、ともに仕事をしっかりと遂行していきます。みなさん方もどうぞ。少々、肉の臭いがしますが、ごめん。

17) 肉に閉じこもっている人々、意識の世界へ一刻も早く、どうぞ。人を見下している人、自分は清く正しく美しいと思っている人、自分を偉いと思い上がっている人、未だに神、仏、金、権力と思っている人、どうしようもありません。田池留吉の世界、母なる宇宙にあなたの思いを向けてください。答えは簡単にあなたの心から届けられます。人を馬鹿にするな。喧嘩するな。泣くな。悲しむな。何も怖いことも、淋しいこともない。幻想。錯覚。生きる基盤、間違っていませんか。

18) 独りぼっちの老人を、みんなで大切にしましょう。ビジネスはダメ。ともに愛のエネルギーの中で生きていきましょう。
愛の水道水、愛の水素水を飲んで、正しい瞑想を続けながら、健康寿命を少しでも伸ばし、死ぬまで元気で自分の仕事を成し遂げられるよう、ともに生きていきましょう。

19) 命を懸けて、私、田池留吉(意識)にあなたの思いを向けてみませんか。私、田池留吉(肉)は何も求めません。命懸けで仕事をしてきました。肉は愚かですけれど。
甘い思い、他力の思いでは、何も前へ進めません。田池留吉の思いに素直になろうともしない母親が我が子に、「もっと素直になりなさい。お母さんの言うことを聞きなさい。」と言っているのをよく耳にします。これでは、子供が素直になれませんよ。こんな人、たくさん、たくさんいます。家庭が崩れ始めます。自分の間違った思いは、金や神では治すことは難しい。ふるさとの替え歌を歌ってみましょう。お母さんの温もり。心の針の向け先。正しい瞑想をもっともっと大切に。

20) ただ今入院、手術治療中。病名、胸部大動脈瘤切迫破裂疑い。腹部大動脈瘤。毎日気持ちよく過ごしています。みなさんにご心配かけてすみません。面会謝絶でお願いします。

21) 人生は喜び、プラス、愛。マイナスは受け容れる。反転、供養などで。マイナスはもともと存在しない。闇も悪魔も鬼も、もともと存在しない。あなたは愛です。私も愛です。ひとつ。信じて、信じて生きていける幸せ、喜び、温もり、優しさを、さらにさらに喜んで生きていきましょう。
癌も引きこもりも離婚もマイナスではありません。あなたがそう思っている間違った思いを流しているだけです。愛のエネルギー、あなた自身を信じて強く生きていきましょう。

22) 心の向け先を正しくして、正しい瞑想を。自己供養。自分が作ってきた闇、悪魔、鬼、肉を基盤とした肉の思いに向けて、「私は愛です。あなたも愛です。ひとつ。」「ともに、ともに、心のふるさと愛に帰ろう。」とあなたの愛を流してください。そのようにすれば、あなたからあなたの愛が、母なる宇宙、愛から流れていくのです。暗闇は喜びに変わっていくのです。マイナスの思いは、プラスの思いに変わっていきます。ああ、本当だ、すべてのものが愛だ、喜びだ、温もりだ、優しいと信じられるようになってきます。正しい瞑想は楽しい。積み重ねていこうとなってきます。あとは、ごめん、ありがとう、喜び、幸せとなってきます。信じて、信じて行じてください。待っています。待ち続けています。さあ、ともに、ともにですよ。

23) 言葉に真実はありません。金は大事なもの、肉体生命を保つために。ただそれだけのものです。物や形に真実はありません。ただ、自分の心の向け先を内に、愛に向けさせるものと心得てください。真実は、心の外にありません。心の中にあります。自己供養は愛です。喜びです。温もり、優しさです。断じて行っていけば、次元移行が現実のものとなってくるでしょう。決して単なる夢ではありません。このことに気付き、なしていくために、あなたは、お母さんの温もりに産んでもらったのです。

24) 種水のレベルアップ(硬い以上)。そして、転写、転写で楽しい毎日をどうぞ。そして、反転もどんどんやっていきましょう。

25) もうひとつ。愛のリングのレベルアップも。種水と両方を使って、健康で有効な瞑想を楽しんでください。


26)
 私の病名を見て怯みましたか。一瞬、学びから離れようと思いましたか。あなたの心をしっかりと見てください。一番大事なことは何だと思ってきましたか。自己選択、自己責任ですよ。他力の心、他力を離せない自分の心を確認してください。私は愛です。よろしく。

27) あなたは、世の為、人の為に役立つ仕事をするために生まれてきたのですか。それとも、金、名声、夢などの為ですか。では、あなたは、死んだらどうなると思っていますか。世の為、人の為に役立つ仕事って何でしょうか。

28) 人生色々、肉を基盤とすれば、そうでしょうが、意識を基盤、意識の転回が進んでくれば、人生は一つ。愛、喜び、温もりとなってきます。私は愛、あなたも愛、ひとつとなってきます。意識も色々あるように思っている人は、やはり、肉を基盤とした、いわゆる肉の思いが色々あるから、そのように思えるのです。みんなひとつ。愛でないものは存在しません。どうでしょうか。

29) 高学歴、高収入、そして、高級車に乗っておれば、幸せになれると、あなたは思っていますか。あなたが死んでしまえば、高学歴も、高収入も、高級車も無くなるんです。心の外に、いくら幸せを求めても、真の幸せを知ることはあり得ません。では、どうすればいいのでしょうか。もうお分かりですね。心の針の向け先を正しくしていきましょう。

30) 恐怖心や不安感、ありませんか。学びを進めるのに大変よくありません。私は、恐怖心や不安感を溢れて学びを伝える思いは全くありません。しかし、他力の心の強い人はどうでしょうか。そこで、水と瞑想です。正しくしっかりやってください。もちろん、母親の温もりが必要不可欠です。見下げる思い、軽視する思いはありませんか。己偉い心、あるかないか、しっかりと心を見つめてください。特別意識、選民意識も。

31) よいとこどり、自分、肉の自分にとって都合のよいものだけを取り入れる人、色々の教えのよいと思っているものを取り入れて学んでいる人、案外、たくさんいます。では、私が伝えてきたものはどうでしょうか。やっばり、肉が基盤、己が偉い。学びはなかなか進んでいかないのでは。
よいとこどり、色々の教えを集めて作り上げた教えは、如何なものでしょうか。はっきり、しっかりしましょう。

32) 愛の水道水は自然の恵み。愛の水素水は母親の温もり。どんな時もいっしょ。信じて、ともにともに真っ直ぐに、心のふるさとへ帰っていきましょう。信じる者は救われる、神をではないですよ。
とにかく、レベルアップ、レベルアップ。アップ、アップ。フレー、フレー。時と場合、生活環境などによっては、愛の水道水だけでいいですよ。水道水はどこにでもあるから。

33) 死後の世界、いわゆる色はないけれど、真っ暗闇・漆黒か、空(くう)・真っ青・光。あなたはいずれでしょうか。西方浄土とか極楽とか天上界といったものはどうでしょうか。死後の苦しみ、寂しさ、冷たさ、恐怖、不安とかいったものは、誰も何とかしてくれません。自分を救うのは自分。ただ愛だけが。

34) 種水のレベルについて。10を超えるもの。10。9.5。9。8。7。6。5以下。以上が判定値。レベルアップに参加していただく方は、6以上の方だけ。ただし、スタッフや登録してセミナーに参加し始めてから3年以内で、レベルアップが期待できる方は参加いただきます。

35) このたび、私の入院・手術・加療について、過労と警告。喜んで受け容れています。今日の秋の青空のような心境です。ごめん、ありがとう。安心。全託。

36) できるだけ自分のことは自分でするように。私の母の口癖でした。種水のレベルアップは自分達で。判定もレベルアップも。
現時点で6以上あると思う方だけ、栗生啓子さん、久保明子さんに申し出て判定してもらうようにしてください。5以上でない方は申し込まないように。

37) 身寄りのない独りぼっちの後期高齢者、おじいちゃん、おばあちゃんの下の世話をビジネスでなく、無償でお世話させていただこうと思っている人、応募に応えてください。その時はお願いします。

38) 陰険な戦い、いじめ、いじわる。俗に言う根性悪。肉の思いの戦いは止めましょう。身体にも心にも悪いから止めてください。

39) 60歳過ぎ頃から、現実は厳しい環境にあると思いますが、心の針を一点に合わせ、次元移行に向かって、一歩、一歩前進していただきたいと思っています。怒ったり、偉ぶったり、人を見下げたり、不平不満いっぱいで、ぶつぶつの毎日、止めにしていきましょう。病も不仲も自分の心を見るチャンス。心を内に向け、自分が使っている、使ってきた肉の思いをしっかりと見ていきましょう。

40) 種水のレベルアップについて
   1) 9月を迎えて、段階5と6の方が増え始める。
   2) 11月に入ると、段階5と6の方がさらに増え始め、段階7の方も出てくる。
   3) 12月のUTAの輪のセミナーを迎えて、段階5と6と7の方がさらに増え始める。
   4) 後は楽しみ。今年中に、段階8の方が出ればと。

41) 星のお話について
   UTAの輪S
0 塩川香世、自転公転。 S0の周りを自転公転する星群、S1、S2、S3・・・。 S1、S2、S3・・・の周りを自転公転する星群。S0からS1、S2、S3・・・と調和のとれた星群が、ここ20年以内に出来たらと夢。期待しています。肉のお話ですが。肉と意識は表裏一体と心得ています。更なる進化を夢見ている今日この頃です。

42) 8月28日、再入院しました。種水のミニボトルの判定作業が8月29日から始まります。申込み条件(種水のレベルが5以上)がありますが、自分の力で5以上になるようになって、どしどし申込んでください。念のために、5以上でない方は、何もこの学びは分かっていないことになります。

43) 真実、この道を貫け。愛はあなたの心の中に今もある。「私は愛。あなたも愛。ひとつ。」を信じて、信じて一歩前進を。

44) 種水のレベルの判定について
   レベルアップに回数を積んでください。レベルの判定は、栗生啓子さん、久保明子さんに任せてください。奥さんとしたらどうであったとか、学びをしていないが関心のある友達としたら硬かったとか言っている人がありますが、あまり参考にならない場合がありますから、要注意。

45) 反転力を高めるように努めてください。自分の心の針がどの程度田池留吉に向いているか、田池留吉の世界が分かっているか、自分が愛だとどの程度信じているか、参考になると思います。どうぞ、アップ、アップと高めていってください。「私は愛です。」と思ってやり続けてください。

46) ゆっくりしいやと言いたいところですが、千載一遇のチャンス。チャンスをものにしてほしいと思っています。種水のレベルが上がってくると、現象のとらえ方が変わってきます。受け容れられるようになってきます。ものの見方、考え方、感じ方が変わってくるということが分かってきます。

47) あなたの心の針はどこに向いているか。田池留吉ですか。愛ですか。それとも・・・。良いことをすれば良い結果が、悪いことをすれば悪い結果が出てくると思っている人が多いですが、さて、良いこととは何だと思っていますか。そして、悪いこととは。
このことは少し違っています。あなたが使っている思いが正しいかどうかです。では、使っている思いが正しいとはどういうことでしょうか。結局は波動ですね。波動はあなたの心の状態をはっきりと表示していきます。

48) この学びについて振り返ってみましょう。
   1)動機は。誰かの紹介で、UTAブックの本を読んで、いずれにしても、何を目指して仲間入りしてきましたか。今もまだ他力でやっていませんか。
   2)田池留吉をどう思っていますか。教祖、先生、それとも・・・。
   3)あなたは愛ですと伝えていますが、信じていますか。では、愛をどのように理解していますか。愛の存在をどのように確認していますか。

49) 愛の水道水、愛の水素水を毎日飲んでいますか。各水に対して、どのような思いで飲んでいますか。

50) 種水を常に身につけていますか。種水のレベル判定は如何ですか。レベルアップに努めていますか。現在は6以上ですか。

51) 種水のレベルアップを常にともにやっている友達はいますか。それとも独りぼっちですか。友達とともに成長していくようにしましょう。

52)
 お母さんを大事にしていますか。お母さんを喜ばせるようなレベルアップの勉強をしていきましょう。お母さんとともに愛に帰る生活を楽しんでいきましょう。お父さんも、夫も、妻も忘れないように。そして、友達も。お互いに心の中にある喜びを大きく育てていくような学びをしていきましょう。

53) 常にレベルアップを。説法はいいんです。真実を、愛を伝えていきましょう。笑顔を忘れた老人に、独りぼっちの老人に「あなたは愛ですよ。みんなひとつですよ。」と伝えていきましょう。愛を引き出し育てていくように。そして、笑顔を取り戻すように。ともに、ともに真実の道を進む喜びを。
年寄りの最大のプレゼントは愛です。喜びです。温もりです。最後までともに、正しい瞑想を心掛けていきましょう。

54) ひとつとして愛を流していないものはありません。すべて愛。愛の波動を伝えています。だから、すべてのもの、人、現象から気付いてください。あなたの心の中に愛が今も眠っていることを。暗い思いはもういいんです。明るい心、本来の心の復活で、一歩一歩愛を確認、信じて最後まで生きていきましょう。人と楽しんで楽しんで、ありがとうで終わりにしましょう。

55) 万象万物はひとつ。愛です。ともに愛へ帰りましょう。あなたの人生も私の人生も、究極は同じです。同じが嫌ですか。でも同じです。苦しむのは止めにしましょう。人生は喜びです。温もりです。安らぎです。戦うのは人生ではありません。ともに、連れもって愛に帰る道が本道です。ひとつです。

56) 私は優しい人間になりたい。あなたの心の針は田池留吉にしっかりと向いていますか。あなたは、ある日突然、冷たい人間になりませんか。冷酷、無慈悲。
私は強い人間になりたい。あなたは、常に田池留吉を思い、ひとつになっていますか。あなたは、ある日突然、ポキっと折れたりしませんか。挫折、失意、自殺。
本当の優しさ、強さとは、もう分かっていますね。

57) 適当な言葉が見つかりません。肉の思いのない思いを純粋と申しておきます。純粋な方しか、田池留吉に自分の心の針を合わせることは難しいです。ただ単に、田池先生は大好き、偉大な方だと思っている、どこまでもついていきますというだけでは純粋と言えません。
自分の心の中に、少しでも神、仏、教祖を掴んでいる人は不純。田池留吉を知ることは、不可能に近いです。もちろん、聖者とか賢者とかも同じです。全く次元が違います。ホームページやセミナーや反省やメッセージとおっしゃっても、純粋でなければ、心の針は田池留吉に合いません。種水のレベルで言えば、10超ということになります。しかし、10超でもという思いもあります。しかしです。田池留吉は、あなたの心の中にも、私の心の中にも厳然として存在していると思っています。
田池留吉を見捨て去った、忘れ去った肉の思いでは、今世は、田池留吉を知ることは、とても難しいことだと思います。
私は、純粋に近い状態の時に、自分に伝わってくる思いには、ハイと従ってきました。決断と断行と全託できました。それが今日の私に私を変えてきました。だから、私は、私を、田池留吉を信じて、信じて今日まできました。来世は、250年後は、アルバートという肉体をいただき、純粋な多くの人々との出会いを得て、次元移行を完遂してまいる思いです。アルバート、田池留吉の世界をもっと、もっと分かっていくと思っています。
皆さん方も、一応、250年後の出会いと次元移行を目指して、日夜精進していきませんか。大変厳しいですが、喜び、喜びの道です。

58) 第1回目の手術が終わって、1週間が経ちました。その間に、色々のことを学ぶことができました。肉眼で。脳で。
みんな何も分かっていないことも。分からない今も、段々暗く独りぼっちで冷たく重苦しい世界で固まっていることも分からず、救いを求めています。現在、肉体を持っている人々も、もうとっくに離れてしまっている人々も、ただただ帰るところが分からず彷徨っています。
もう肉のことはどうでもよいのではないですか。高学歴、高収入、高級車、身を立て名を上げることも、どうでもよいのではないですか。自分の死に真向かいになって、どう生きるべきか。誠実に真剣に自分の生を見つめ直していきましょう。

59) イエスも仏陀も小さい、小さい。空海も親鸞、日蓮、法然といった歴史上に名を残している名僧、高僧と言われている人もみんな、小さい、小さい。
本来の姿はみんな、もっと、もっと大きい。愛、ひとつです。さあ、みんな離して、もっと、もっと大きくなっていきましょう。

60) 自分の心の針が田池留吉に向いているか。心の針が合っているか。迷ったときは、田池留吉を心からしっかりと呼び続けるようにしましょう。継続と積み重ねが大事です。あなたの心の何かが変わってきます。そのことを少しでも喜んでいくようにしましょう。あなたの心の中にある喜びが段々と大きくなってきますでしょう。
心のふるさとに帰っていきましょう。愛へ帰る喜び、愛を思う喜びを、今世、実感していきましょう。
それにしても、現在のあなたは甘過ぎませんか。偉過ぎませんか。意識の転回にこれ努めていきませんか。首を長く長くして待っています。決断と断行でいきましょう。

61) 心が外へ向いている時は、肉のことばかり。心を内へ向けるように心掛けましょう。だから、正しい瞑想。一にも、二にもと励んでください。頭脳では、真実は見えてきません。頭は程々に。心で感じて、己を知る日々を過ごすようにしましょう。。単純、明快、矛盾のない生活を。

62) 今世の学びの成果を来世の学びに繋げていってください。そして、300年後の次元移行に繋いでいってください。それまでに超大変な体験をなさると思いますが、心の針の向け先をしっかりとさせて、一歩一歩前へ前へ学んでいってください。人生とはそういうものです。あなたは意識です。愛です。よろしいでしょうか。

63) 愛の世界は人間の頭脳では、とてもとても計り知れないもの。まさに無限大、永遠、形はなし。何もない。しかし、すべてをと思えます。私は、これからもずっと信じて信じて、皆さん方とともに、ともに進んでいきたいと思っています。10超の段階でもという世界です。未来永劫に、永遠の今に正直に、存在していきたいと思っています。

64) 人間は、まだまだ甘い。まだまだ偉過ぎます。だから、肉の次元の幸せを、自分を誤魔化し、誤魔化しながら追い求めているのではないでしょうか。儚いことです。朝露の如し。真実の道へ軌道修正して、正道をひたすらに進んでいきませんか。自分を信じて生きていきましょう。自分をですよ。神や仏や金ではありませんよ。

65) あなたは、いや人間達は自分を小さくとらえています。意識です。肉ではありません。無限、永遠の存在。神、仏やといったものは小さい、小さい。
ホームページを読んでいますか。本を読んでいますか。正しい瞑想を実践していますか。この学びを自分の都合のよいように考えてやっていませんか。
種水の判定を必ず受けてください。独りよがりは禁物。私も判定に参加して、皆さんの努力に応えていきたいと思っています。勇気を出して、判定会に。有馬、橿原のセミナーでいっしょに学んでいきましょう。

66) 死後の世界、影も形もありません。もちろん、極楽、地獄といった空間、場所があるわけではありません。あるのは、自分の思いの世界だけ。ところで、死後、あなたにとって一番大事なことは何ですか。それは、田池留吉に自分の心の針を合わせ、田池留吉を思い続け、呼び続けることです。あとは?。
ところで、自分の肉の思いは明るいですか。暗いですか。それはどうしてでしょうか。素直で優しく喜んで、毎日を生きていきましょう。それには?。

67) 自己供養。自己を供養するとは、どういうことでしょうか。まず、死後の自分の世界を知ることです。その世界は、明るいか、暗いかをはっきりとさせることが大事です。では、暗い、冷たい、寂しい、重い世界はどんな世界、思いの世界でしょうか。肉の思い、肉を本物とする思いは暗いです。苦界です。
では、明るい世界、思いの世界とは、どんな世界、思いの世界でしょうか。自分が使ってきた、使っている思いをしっかり検証してください。でないと、正しい自己供養はできません。まず、自分の死後の世界を間違いなく知ることが、学びを進めていくうえで、大変重要なことです。

68) 学びに参加されている方で田池留吉はすごいと言う方は少なくありません。私自身もそう思っています。信じています。しかし、あなたもです。ひとつとも言っています。問題は内容です。その内容如何によっては、大変な違い、光と闇ほどの違いがあります。よく自分の心、思いを見てください。心の針は田池留吉に本当に向いているでしょうか。闇の田池留吉の声を聞いているのではないでしょうか。波動に偽りはありません。あなたの種水の判定はいかがでしょうか。

69) これからは、Sさんを中心にした輪が進化していきます。もちろん、Xさん、Yさん、Zさん、Pさん、Qさん、Rさん・・・の輪もできてくるでしょう。
そして、Sさんの輪に同化して、たとえば、Sさん、Xさん、Yさん・・・などが中心となって輪がさらに進化していくでしょう。
全く別の輪を大きくしていくもの、消えてなくなるもの、離れていくもの、色々の輪ができてくるでしょうが、しっかりと何が本物かを見極めていかないと、大変困ったことになるでしょう。常に自分の心の針が本当の田池留吉に向いているかどうか検証しながら、学びを進めていきましょう。

70) 己の頭脳や環境を誇る人は、意識の転回の内容をうまく説明ができても、本当に理解できているかというと、なかなか難しいようです。
己を肉とする思いや、五官でしか理解できないものしか分からないようです。一にも二にも正しい瞑想でしか、真実に到達する道はありません。そうです。1です。1ができているかどうかです。素直に真っ直ぐに心の向け先を管理してください。
意識の流れ
UTAブック
NPO法人UTAの輪