UTAの輪の中でともに学ぼう

塩川香世

 

あなたはなぜ生まれてきたのでしょうか。
何をするために今という時間があるのでしょうか。
あなたは、本当の自分を知っていますか。
あなたはどういう存在でしょうか。
そして、死んだ後、どのような状態であるかご存じでしょうか。

UTAの輪。みんな、集まれ。集まれ。
肉を持つもの、持たないもの、宇宙の友よ、
みんな、みんないっしょに、愛 、心のふるさとへ帰ろう。

 
私達は、今、肉体を持っています。肉体という形を持っています。しかし、私達の本質は意識。愛、愛のエネルギーなんです。
波動の世界がすべてでした。私達は形の世界を本物として、ずっと、ずっと、長い間、気の遠くなるような長い間、転生を繰り返してきました。
すべて苦しい転生でした。間違った転生でした。真っ暗闇の転生でした。その中に真実は何もなかったんです。真実は心に届かなかった。
このことに、誰もこの地球上に転生してきた人達、誰一人として、心で気付いた人はいなかった。誰一人、真実を明らかにする人はいなかった。
しかし、今、こうして、私達が肉体を持っているこの三次元の中で、ようやく、ようやく、田池留吉、アルバートという真実の波動の世界と出会い、三十年の学びの時間を経て、私達は、真実の道、愛へ帰る道を、自分の心の中に見出し始めています。
だから、私達は呼び掛けます。宇宙に彷徨う私達の仲間、この三次元にやってこれなかった私達の仲間に呼び掛けます。
もちろん、肉を持ってこの地球上に転生してきた意識達にも、呼び掛けています。ともに、ともに、帰ろうと。
愛、心のふるさと、私達のふるさとです。私達の心のふるさとは愛でした。愛は、私達の心のふるさとでした。懐かしい、懐かしい母の温もりの中へ、喜びの中へ、ただただ広がっていく中へ帰ってまいりましょう。
私達は、これから、250年、300年かけて、この地球上に、そして宇宙に広がっている空間の中で、私達は、呼び掛けてまいります。
波動として、存在していることを、ただただ自分達の心の中で感じ合い、共鳴し合う喜びの道を、ともに歩いていきましょう。

あなたは目に見えません。あなたはエネルギーだからです。
日々の生活の中で、自分の作ってきたエネルギーを感じてください。
正しい瞑想をして、愛のエネルギーを心に感じられるようになってください。
何を間違えたのか、なぜ間違ったのか、あなたの心で知ってください。
次元移行という意識の流れを心で知ってください。

宇宙を思って瞑想をしましょう。

愛へ帰る道。母なる宇宙を心に呼び、喜び、喜びで次元を超えていく、すべて自分が切望してきたことでした。
肉がすべて、肉を本物として生きてきた過ちの人生。真っ暗闇の中へ落ちていくことしかできなかった過去。
過ちの人生、過ちの過去とともに帰っていく道を選んでください。厳しくて険しいけれど、本物の優しさ、温もり、喜びの世界を知っていくには、それしかありません。
思うは田池留吉を日々実践、実践です。肉の時間の終わるその瞬間まで、思うは田池留吉一筋の道を生きていきましょう。


なぜ、自分に肉という形を用意したのか、思いの世界にある自分をしっかりと学ぶためです。学んで間違い狂い続けてきた自分の世界から本来の明るい世界へ温もりと喜びの世界へ帰っていくために、全部自分で計画してきたことでした。
その自分の思いをいつ、どんなタイミングで心に感じていけるか、そのタイミングをいつまでもどこまでも逸すれば、もはや地獄の奥底の底のずっとずっと奥底から自らを浮き上がらせる術はなしです。打つ手なしです。



1730) 自分を学ぶために生まれてきて学びに繋がったということは、どういうことだと思いますか。その前に、自分を学ぶために生まれてきたと明確な目的を確認していますか。
何となく学びに触れているわけではないことを知ってください。
自分の明確な意思決定のもとに学びに繋がっていると、はっきりと心で感じられたならば、それを信じてその思いをしっかりと育んでいくべきです。
そうしていくことが喜びだと心は自ずと伝えてくるでしょう。
真っ暗闇の中から這い上がってきた自分に、本当の温もりと安らぎを伝えていけるチャンスが今という時です。
心のふるさと、愛へ帰ることをどんなに切望してきたか、母なる宇宙へ帰りたいとどんなに切望してきたか、真っ暗闇の中でもだえ苦しんでいる自分の叫びをしっかりと受け止められるように学びの一歩を進めてください。
ともに帰ろうといざない続けている波動の世界をしっかりと心に感じ、広げ、ひとつに溶け合う喜びと幸せを味わっていきましょう。

1731) 肝心要の世界が自分の中で確立しているかどうなのか、まずは自己診断をして、自己判断をして、そこから自ら出した答えに沿って生きていってください。自ずと取捨選択する道が定まっていくでしょう。
それでも肉に流れていく傾向があります。学びも肉も上手くバランスを取ってという考えは根深く心に残っているのではないでしょうか。
それはあまりにも浅はかです。バランスなんて取れません。肉は上手く渡り合っているつもりでも、それは意識の世界を軽く軽く見ているということだと私は思っています。
どんなに間違い続けてきた歴史が深いか。それを今世の学び始めから250年後の本番に向けて修正するという計画なのだから、それはそれはこれからの転生に自分を繋いでいく厳しさ、険しさは際立っていると感じています。
今世は千載一遇のチャンスという表現を心に叩き込んでください。
そんなことはない、次の転生もその次の転生もチャンスだ、そして何より250年後の本番があるではないかと思われているかもしれません。なるほどそうかもしれません。これからの転生はあなたにとってチャンスです。そして、どなたにも公平に250年後の本番に自分を用意しています。
しかし、それもこれも、今世学びに触れた意識にとっては、今世の学び如何によっては、事情が違ってくるということも決して見逃せないことなのではないでしょうか。本当にそうなのかどうなのか、それはあなたの中に聞いてみてください。

1732) 綿密に計画を立てそれを実行に移すという強くて固い決意、思いを抱えて今世生まれてきました。その思いはいつの瞑想の時も心に響き伝わってくる私自身の思いです。
田池留吉という温もりの世界に徹底抗戦してきたけれど、ようやくその温もりの世界から、真実の波動を受け取れる意識の世界が自分の世界だったことを学ばせていただきました。
徹底的に逆らって、くそ田池、死にさらせの思いを心の奥底の底から何度も何度も吐き出したからこそ、それを大きく包み込みただただ吸収してくれている温もりと出会えたのでした。それが辿り着いた自分の世界だったことを知り、心から懺悔でした。
心の体験は私の宝物です。皆さんもそうだと思います。どんなに真っ黒を垂れ流してきたか、どんなに宇宙を蹴散らしてきたか、感じて感じてください。感じていけばいくほどに、どんなに幸せ者の自分達だったかがはっきりと分かります。
幸せです。嬉しいです。心からありがとうです。母なる宇宙へ、愛へ帰りますという自分の思いをしっかりと確認してください。
確認すれば、その思いを愚かな肉に惑わされずに大切に育んでください。

1733) 肉が忙し過ぎるというのは、学んでいくあなたにとって決していい環境ではないでしょう。働き盛り、子育て真っ最中という年代は仕方がないとしても、そろそろ人生折り返しの年齢を迎える頃には、本気になって、自分の生きていく方向を見定めていこうという思いを自ら強くしないと、なかなかでしょう。肉を持つ時間が長いと肉の連鎖が諸々と生じてきます。そこから自分の学び一本に推し進めていくためには、やはり決断が要ります。
ご承知の通り、自分の基盤を変えていくには、それ相当のエネルギーが必要ですし、そんなに簡単なことではありません。
加えて体力、気力はもちろん年齢とともに低下していきます。
限られた肉を持つ時間です。何にエネルギーと時間を割いていくかということです。中途半端に学んでいませんか。中途半端な学び方は自分を苦しめるだけです。
結果を出しましょう。本当に自分が望んできた生き方を知り、250年後に向けての足掛かりを何としてでも今世、あなたの心に残してください。

1734) 私は特に何も必要としません。ゆったりとした静かな時間と空間の中で、思いを馳せる喜びと幸せを知っているからです。
元気溌剌とは言えないけれど、自分に用意した環境の中で、静かに自分を見る今が私には大変ありがたいです。
生きる目的を違えてきたこれまでの転生の数々。当然、本物とは本当の喜び、幸せの世界とはかけ離れた中にいました。
そこで何とか、何とか身も心も頭も使ってきたけれど、結果は地獄の奥底の底の底から自らを救い出すことはできなかったということでした。
真っ黒だけを垂れ流し、闘いのエネルギーを充満させてきた宇宙。
そんな宇宙にも、ようやく明るい兆しが見え始め、そこから一気に広がっていく喜びと温もり、安らぎの宇宙へ突き進んでいくという道筋を心に知りました。その意識の流れをしっかりと感じ、思いは次元移行です。
もちろん、すんなりとはいきません。肉を持てば大変です。
ただ意識の世界はストレート、真っ直ぐに突き進んでいくと伝えてきます。
はいと応えていくだけです。意識の流れのスピードを感じます。もうそういう段階なんだと感じます。肉とは何だろうかと思わざるを得ません。

1735) 何を求めてきたか、何を探してきたか、そして、どの方向に心を向けていけばいいのか、みんな自分の中に答えがあるから、その答えを紐解いていけるように学びなさいと伝えていただきました。
手順は母の反省、他力の反省、学びの動機の修正というふうな感じで、学びを進めてこられたと思います。
これらは互いに相乗効果をもたらします。まず母の反省、母を思う瞑想、ゼロ歳の瞑想を通して母の温もりを自分の中に確立していけば、他力の反省が捗ります。他力の反省が進んでいけば、動機の修正は自ずと進んでいくし、そうなっていけば、さらに温もりの世界が確立していきます。
そして、最後の詰めは瞑想、正しい瞑想の実践です。
瞑想を抜きにしては何も分かりません。瞑想とは目を閉じて思う、何を思うか、どの方向に心の針を向けて合わせていくか、いわゆる正しい瞑想を言います。
肉を持って正しい瞑想を励行していく難しさと喜びが同居する中で、その比重が自分の中でどのように変わっていますかということだと思います。
正しい瞑想を通して、宇宙を感じていく喜びを味わっていける肉を持つ時間。そんな人生、これまでの人生に一度もありませんでした。

1736) 出会いを喜んでください。喜んでいきましょう。たったひとつのふるさと、自分達のたったひとつのふるさとは、愛です。母なる宇宙です。
到底頭では分かりません。ですが、どなたの心にも響き伝わってくるんです。私達はひとつだからです。肉はバラバラ。一人、一人です。
そこからは真実の世界は何も見えてきません。その中で、私達は散々苦しんできました。己、己を掲げて自滅してきました。忘れましたか。どうぞ、しっかりと思い起こしてください。
そんな最低の低、ていたらくの自分達だった、自分達だ、まずそこからです。それを心で知れば知るほどに気付いていきます。愛に、本当の自分に引導されていることに。
それは初めからそうでした。初めから幸せだった、何もなくとも幸せだった、それが私達だった、そう気付くか気付けないか、その違いだけでした。
その違いは天と地ですが、ようやく、今世を境にして転換していく流れとなりました。いざないを素直にしっかりと真っ直ぐに受け取ってください。
私達は帰ります。愛へ、母なる宇宙へ帰ります。250年、300年かけてそのいざない、呼び掛けは怒涛の如くなされていきます。

1737) 田池留吉を思う、アルバートと呼ぶ、思える、呼べる、どんなに幸せなことなのか、どんなに喜びなのか。これはそれぞれがそれぞれの心で、体験実感しないと、到底分かるものではありません。
どんなにアルバートと出会いたかったか、田池留吉の肉を通してアルバートの波動の世界を学ばせていただいた私達は、どんなに幸せ者なのでしょうか。
私ははっきりとそう知っています。感じています。宇宙へ帰りたかったんです。ずっと苦しみの奥底に彷徨い沈み喘ぎながら、それでも待っていたんだと思います。だから何度も何度もチャンスを用意しました。だけど、そのチャンスを活かすことは叶いませんでした。
呼びました。求めました。ようやく、その思いが実現の方向へ動き始めたのだと思います。真実の世界から肉という形を持って、その形を通して学ぶという方向へ。
もうすごいと思いました。アルバートと出会った衝撃は、私の中を貫通しました。決して大げさな表現ではありません。それほどアルバートを待っていた、出会いたかったということだったんです。
だから、250年後のあと一回の転生はすごい展開になります。同時期に肉を持たせていただいて、エネルギーが出会いを持たせていただいて、そしてひとつになって次元を超えていく、壮大な計画に身震いします。

1738) 嬉しい。嬉しい。思いをキーで打ち込みます。それが嬉しい。田池留吉、アルバートとひとつの思いが嬉しい。
ただただ嬉しい。何も要らない。こうして出会いを持たせていただいている今があることに、ただただ嬉しさ、喜び、幸せを感じます。
瞑想をすると仲間が響き合ってきます。宇宙の仲間達です。ともにある喜びの中へ、ひとつになって進んでいける喜びだけです。
宇宙を思う瞑想。こうして私達はひとつだと互いに伝え合っていけるんです。形の世界は自ずと崩れていきます。
崩れていくことにどんな思いが飛び出していくか、そんなことには関係なく、形の世界の崩壊は続いていくでしょう。
何もない、だけどある。ここに、ここのところに行き当たるまで、肉という人間は、自分を肉だという思いから自分を救い出すことは不可能です。「そこから飛び出してきなさい、あなたの住んでいるところはそこではないんですよ。」絶えず、絶えず、そのいざない、呼び掛けは続いていきます。
「目を覚ましなさい。」愛というエネルギーが心の奥底から揺さぶりをかけ続けます。

1739) 心のふるさと、母なる宇宙へ。すべてはその思いの表れでした。苦しみ続けてきたけれど、ようやく、ようやく今世の肉を通して、自分の生きていくべき方向が定まりました。
あとは、肉を持っている間は肉の中で流れていくだけです。流されるのではなく、自分の中の流れに流れながら肉は肉の中に流れていくのです。
もちろん、自分の中の流れと肉の流れは違います。逆流を感じます。
ですが、自分の中の流れ、意識の流れに乗っている自分自身を感じる心には、何よりも力強い思いが存在します。ひとつだという思いです。この流れの中にひとつに溶け合って存在していくことだけが、喜びと幸せの道だと心に知っているから、ただひたすらに真っ直ぐです。
私達は肉ではありません。自分の中の自分へ、愛の自分へ蘇っていくことだけが、私達に残されたたったひとつの喜びの道です。

1740) 心ここにあらず。最近特にそんな思いが心に上がってきます。肉のことについて、強く心惹かれるものは何もなし。肉については、日々やるべきことを淡々と済ませていけば、もうそれで充分。
特にどこかへ行きたいわけでもなく、何か美味しいものを食べたいわけでもなく、購買意欲も生活必需品以外については随分弱まったという感じ。
と言ってさあこれから瞑想をしましょうと意気込んでいるわけでもなし。
瞑想をしましょうとしなくても、ふうっと思いを馳せる術を心得ているのかなあと思う。そんな中にいることがやはり心地いいから、肉は取り立てて何もしなくても、幸せ安らぎを感じます。
逆に段取りを整えて心と身体、頭を使う日常は何て哀しい日常なんだというふうに感じてきます。肉100%の時は、それが心地よかったけれど、こうして自分を学ばせていただく時間に恵まれている今は違います。
自分の本来の行き先を今、肉を持っている今、はっきりと確認できることが何よりも幸せです。私はともに帰ります。元あった私のところへ、喜びで帰ります。アルバートの波動が私の中を貫通した衝撃で目が覚めたのでした。それが今世の結果です。

1741) 自分の切なる思いを絶対に今世こそ実現する。固い決意のもと肉を用意してきたんです。私もあなたも同じです。ただその自覚があるかどうか、どの程度の自覚なのか、それはみんな違います。
自覚して、予定通り、計画通りに歩んでいると確信があれば幸いです。
全部用意してきました。それらを活用して意識の流れの中、次元移行を果たしていくという確たる思いを確認し、育んでいくことを学んでいます。
宇宙。宇宙へ帰る。心からの願いでした。この地球上に降り立った瞬間から、私達はその思いを秘めていたのでした。
それを心で感じ始めていくと、ただただ嬉しいだけです。なぜならば、ようやくその秘めたる思いが実現の方向へ進んでいると心で知るからです。
生きていく方向が定まり、思う方向が定まり、帰るべきところがあったことを知った、それは喜び以外のなにものでもありません。
あなたの心が知っています。どうぞ、正しい瞑想を始めてみてください。純度が上がってくると、どなたの心にも響いてくることです。
アルバート、そうアルバートを呼んでいるあなたの心が、あなた自身が心の奥底から突き上がってくるでしょう。

1742) 肉という狭い小さな中で自分が苦しみ続けていく愚かさに、一日でも早く心で気付いてください。
肉の中にいれば、どうしても目に見えて耳に聞こえるものに対して心が向きます。だから、肉を持ちながら、五官を閉じる瞑想の時間を確保することが必要となってきます。
その瞑想の時間を充分に活用してください。活用できる環境を整えてください。若いときは少々身体が疲れていても、気力が落ちることは殆どありません。自分の中の凄まじいエネルギーを受け止めていける体力、気力のあるうちに、自分の学びをしっかりとやってください。
そして、今世、肉のある間に様々な現象を体験して、それでも学びをひたすらに真っ直ぐに進めていけるかどうか、自分の心で学んでください。
肉、形の世界は悉く崩壊してまいります。崩壊し尽くしていく中で、それぞれがそれぞれの心を見て心に突き上がってくるエネルギーを、喜び、温もり、真なる波動の世界へと返していく喜びを味わいましょう。
肉、形を見ていては、自分を見失います。肉、形の世界を通して自分の世界を見る、感じる、自分の中の愛へ戻っていく、その道筋をきちんと確立してください。

1743) もう時間はありません。感じておられると思いますが、1年あっという間に過ぎ去っていきます。あなたは学びに触れて何年経ちますか。その結果、今どうですか。あなた幸せですか。向いていく方向、大丈夫ですか。
死後の自分から、そして再び肉を持ってくる自分から、今のあなたへ何を伝えてくれていますか。
それぞれにあと何回かの転生があると思います。厳しい転生です。その転生を経て、必ず250年後の再会、意識の再会を果たしてください。
安穏と暮らしていける転生ではないですが、その心の体験は、250年後の呼び掛けにしっかりと反応してくれるでしょう。
250年前、ここ日本の国でともに学んだことを思い出し、最終転生の残りの肉を持つ時間、意識と意識の出会いを大いに喜んで楽しんでまいりましょう。疲弊しきった心の奥底から噴き上がってくるエネルギーは、宇宙、母なる宇宙を目指します。喜びで喜びでただただ母なる宇宙、自分達のふるさとへ帰れることを伝え合ってきます。

1744) これまでと同じ轍を踏むことのないように、今世の肉を持って学ぶ時間を大切になさってください。自分のために大切になさってください。
それぞれの心の中に作ってきた闇黒の宇宙が本来の温もりの宇宙へ変わっていけることを信じてください。信を深めていくこと、喜びで信を深めていくこと、ただそれだけです。
「宇宙へ帰りたかった。宇宙へ帰ります。」心の叫びをしっかりと受け止めて、肉という壁を崩してください。
全部自分が堰き止めていることを心で知っていけば、ただただ嬉しいだけです。その堰き止めている思いを緩め弱めていけばいくほどに、心に喜びが幸せが安らぎが広がっていきます。
宇宙をさらに思える喜びと幸せの中にあることを感じ、どんどんその中に入っていきます。よかった、よかった、嬉しい、嬉しい、ただただそう響き伝わってくる思いの中で、肉という形を持っている今にありがとうだけです。この形ある私は私であって私でないんだ、その思いを大きく育てていってください。

1745) 何のために生まれてきたのか、やはりいつもそこに戻ってください。そこからいつも始めてください。
本当のこと、真実の波動の世界を心で知っていくためには、今の私達には肉が必要です。肉を通して自分の蓄えてきた闇黒のエネルギー、すなわち自分自身を知っていくという学びの段階です。
色々な出来事に遭遇します。色々な人との出会いがあります。日々の生活を通して、自分が生まれてきた本当の意味を心で知っていく時間。それが自分が自分に用意した肉を持つ時間、すなわちいわゆる人生と呼ばれる時間です。
人生の目的を大きく逸脱してきた私達のこれまでの転生だったと、あなたはどの程度、自分の心で分かっておられますか。
今世を自分の転換期にするということは、意識の転回に取りかかるということです。
学びは宗教ではないんです。自分の存在意義を見極めていく、つまり本当の自分を取り戻していくため、私達は生まれてくることをお忘れなく。

1746) 形の世界の総崩れ。これは意識の転回に必至の出来事です。形の世界が総崩れしていく、自分達のここは絶対に離せないというものが自分達の目の前から消え去っていく、そんな現実を目の前にして茫然自失の状態に自らを落としていく過程の中で、もう後がない状態の中で、ふわっと心に浮き上がってくるものがある、それは一体何なのでしょう。
肉、形を本物とする中では、そういう状態になれば自ら落ちていくしかありませんが、本当に学んでこられたかどうかの結果がそこで出てきます。
ポーンと飛び出ていく瞬間です。そこからが意識の世界のお勉強の始まり、始まりです。
その予習を今世、私達はさせていただいています。意識の流れに同化していくというフレーズが出てきます。頭では分かりません。説明などできません。ですが、そうしていくんだなあと心に感じます。本当の自分に帰る、愛に帰るとはそういうことだと感じます。
今の私達がすることは、思うは田池留吉、田池留吉一筋に生きていく、ゆったりと喜んで生きていく、それしかありません。

1747) 本気になって学びと取り組む、つまりは自分と取り組む、そんな思いを心に自ら感じてこなければ、学びを完遂することは難しいでしょう。
私達みんな過去より他力の道を歩いてきました。他力の道、欲の道です。
神の世界を求め仏の世界に帰依することとはどういうことなのか、全く、全く何も分からずにきた私達でした。真っ暗闇のドロドロの波動を垂れ流したまま、数限りない転生の機会を持たせていただいて今世に至っています。
このことをどう思っていますか。どういうことなのか、まだ心で分かりませんか。心で感じることができませんか。どんなに愚かな私達なのかということを心にしっかりとはっきりと感じることからすべてが始まるのではないでしょうか。
今世、私は心酔した宗教はないと言わないでください。肉のあなたには記憶はないかもしれませんが、あなたの心の中、意識の世界にずっしりと重なり合わさっている神、仏への思いを抱えて、今のその肉を自分に用意した事実は絶対に動かせません。
知っていきましょう。認めていきましょう。そうしないと、いつまで経っても何も変わりません。ただ心が少々敏感になっただけです。その敏感な心で、自分を本当に救い出していくことができますか。愛という本当の自分に目覚めていく道はそんなに生易しい道ではありません。
本当の自分の存在を信じず、信じられずでは、まだまだ真っ暗闇の中。それが偽らざる自分達の現実です。

1748) 闇に沈むのは簡単、というかまだまだ闇に沈んだ状態だというのが現実でしょう。厳しい査定で学びと取り組んでいきましょう。
肉から意識への転回の進捗度を試すチャンスがそれぞれに用意されています。まずはそういう時間がこれからの肉を持つ時間だということを確認です。
これからは肉を持って肉の人生を生きていくのではないということ、まず今世はそこを正していきましょう。生きる目的です。肉を持つ意味をはっきりと自覚できているかどうかです。
生きていく方向、見定めていく方向を確認、さらに確認してください。
皆さん、それぞれに学びの仲間達とともにお勉強する時間を持っておられるようです。その時間を有効に活用して、自分の学びを前に進めてください。学びはここまでというものではありません。
まだまだ、まだまだに違いないけれど、必ず、必ずという思いを持ち続けてください。諦めて投げ出せば、もうそこで自ら幕を引いていくことになります。そんな哀しい幕引きとは今世を限りに決別してください。

1749) 肉が必要だったんです。どうしても今世生まれたかった。それまでの転生以上に肉がほしいと申し出ました。何としても肉を持ち、そして出会うんだという思いを固く持ってきました。
強い非常に強い決意を感じる、そう田池先生からも言ってもらいました。出会うべくして出会った出会いを心から私は喜んでいます。
全部意識の流れの中の出来事です。その流れに逆らい続けてきたのがこれまでの転生でした。
幸せなど分かるはずはありませんでした。喜びとは程遠い世界に沈み込んできた自分の世界でした。
あなたも同じです。どんな環境でもいい、肉を持たせてくださいと願い出たことが心に響いてくれば、これからの厳しい転生も必ず乗り切れることを知ってください。
闇に沈むだけの転生はもう卒業です。まだまだ真っ暗闇の中かもしれないけれど、しかし、遠くに遠くに薄らぼんやりと灯っている灯りがあることを信じて、そして自分の中のその灯りを自ら消し去らないように、生きていきましょう。

1750) ともに行こうと呼び掛けています。ともに意識の流れからのメッセージに従って次元を超えてまいりましょうと、ただその思いでいます。
この次元を超えて、そして遥かなる宇宙を目指して、ともにともに生きていこうと、私達は今世という時に肉を自らに用意し、そして念願だった真実の波動の世界を学ぶチャンスに恵まれました。
田池留吉という一人の肉の人間を通し、その波動の世界を学ばせていただいた事実を、それぞれの心でしっかりとかみしめてください。
すごいことでした。そして今、その肉がない今ですが、心に響き伝わってくる波動をしっかりと受けて、自分達の心の向け先を合わせられるように精進してまいりましょう。
ああ、もうすぐです。三次元最終の学びの時間を経て、そしてともに生きていく喜びの流れの中に溶け込んでいきましょう。
道を大きく踏み外し自ら苦しんできたけれど、それもみんなようやく自分のこれからの糧にできることを心で確信して、今の肉を終えてください。

1751) みんな中がドロドロのまま転生を繰り返してきました。そんな意識が自らのドロドロをしっかりと確認しようと、今世、肉を用意し学びに集う計画を立ててきました。しっかりと確認しようとしつつ、同時に自らの過ちを認める口惜しさ、恐怖が、もちろんあったから、なかなかすんなりとは心で受けていくことはできない学びでした。肉は学ぼうとしても、中が徹底抗戦の構え、それを崩すということが難しかった。
ああ、こいつがそれを私達に促していくやつなんだ。肉はぼんくらでも中は知っていました。
私は、自分の中に蓄えてきた凄まじいブラックのエネルギーが、肉を突き破っていくだけでは大変な状態になるということを、中が素早く察知し、早く分かりたいとする肉の思いに、母の温もりを確立するまではと、自らに歯止めをかけていたことを知ったとき、ありがたいと思うと同時に、今世は本当に大切な時なんだと実感してきました。そしてまた、限りがある肉を通しての学びの時間だから、その時間内に今世は今世の予定を滞りなく終了させる計らいがあると感じてきました。そう田池留吉の意識の世界は語ってくれていました。肉をともにして学ばせていただいたことに感謝しかありません。
意識の流れに委ねていくだけなんだ、肉は何ほどのものでもない、そう思います。

1752) 自分の中の落ちた意識、自分を確認して、そして瞑想。それが幸せだと感じられるのは、自分のこれから先を心で知っているからです。
肉に生きてきたこれまでの時間はなかったことにはできないけれど、しかし、やり直し、生き直しができることを学ばせていただきました。
本来の自分の軌道に自分を乗せて、これからを生きていくと思えば、どこを向いていけばいいのかと、真っ暗闇の中を苦しみ続けてきた苦しみ、哀しみからようやく自分を解き放していける安堵感が自分を支えていると分かるから、幸せだと思います。
思いの世界に生きていた自分だったと本当に心から分かっていけば、その思いの世界が少しでも住み心地のいいところにしたいと思うはずです。どうすればそうなるのかと、色々と学ばせていただいているのが今世です。
健康で長生きしても、自分の本来生きていくべき方向を知らなければ、そしてそれに確信が持てなければ、空しい人生だとはっきりと感じます。

1753) 学びは誰彼の境なく積極的に勧めるというものではないと私は思っています。ましてや強制するものではありません。
肉一筋、肉一色で生きてきた意識にとって、肉から意識へ自分の基盤を変えていくことは生易しいものではありません。
相当の覚悟と決意が必要です。そして、それは自分で決めていくことです。
濁流の世の中の流れの中で、いかに自分の本意を極めていくか、あなたにはその自信がありますか。確信がありますか。
肉の中では人と人との繋がり、関わりがあります。そのなかで愛しく近しいとしている人達と生きていく方向が完全に違っているということであっても、あなたは、自分の信じた生き方を貫いていくことができますか。
肉は愛しく近しくても、生きていく方向、見ていく方向が違うということであれば、住む世界が違っているということです。その現実をはっきりと認識して生活をしてください。
自分に用意してきた肉を持つ時間、人生の時を大切にしていきましょう。肉に生きる生き方は苦しみです。しかし、それはそれぞれの心で気付いていく必要があります。心で気付いたならば、軌道修正に取り組むはずです。どんなに自分を粗末に、みんなを粗末に扱ってきたかを知るからです。

1754) みんな愛に、本当の自分に帰ることを切望しています。気付いているかいないかだけのことです。
心で気付いた方から軌道修正を始めればいいんです。自分の生きていく方向はこっちだと明確に心に響いてくれば、ただひたすらにその方向に心の針を向けて合わせていく作業を淡々とやっていくだけです。
自ずと幸せを感じます。喜び、嬉しさ、安らぎを感じます。
もちろん、自分の中に蓄えてきた凄まじいエネルギーも感じます。
しかし、もうそれによって、自分を苦しみの底に沈めていくことはないという確信もまた芽生えているから、どんどんその凄まじいエネルギーを吸収していけるんです。
一点は絶対に揺らがない。ぶれずにただ一点をしっかりと見て生きていくことが自然になってきます。
今世、肉を持って学びに繋がるという自分の計画が何を意味するのか、どんなにすごいことなのか、自分の心で分かってきたならば、ただただ嬉しいだけです。その嬉しさは何があっても揺らぐことはない、そういうものです。喜んでいるのに、いたのに、何かのきっかけでそれが崩れていく、それは喜びが違っていたのです。意識の世界ははっきりとしています。

1755) 「出会いをありがとうございます。」目を閉じて思いを向けると、そんな思いがいつも上がってきます。
今度こそはという思いとともに喜びで生まれてきたのに、喜びでは死ねなかった苦しい心の歴史が山積みです。
本当のことを知らずに真っ暗闇の中へ帰っていった数々の自分。
真っ暗闇の中に沈み込んでいくしかなかった転生だったけれど、今度こそはという思いが、今世ようやく実現の方向に動き出しました。
それもこれも、千載一遇の出会いを持たせていただいたからこそです。
自分の心に感じ響き伝わってくるということがなければ、250年後、300年後、次元移行と言われても、雲をつかむようなお話でしょう。
しかし、どんなに肉の中に生きようとしても、肉、形の世界は悉く崩れ去っていく総崩れの時を体験していけば、それも何度もそういう体験をすれば、何かが違っているのではないかというところに行き当たると思います。
「意識の流れは厳然としてある。そして粛々として仕事をしている。」
さらに目に見える形を通して証明されていきます。

1756) 肉の世界は複雑怪奇であっても、自分の住む意識の世界、思いの世界は出来るだけシンプルにしましょう。
出来るだけシンプルには、控えめな表現です。限りなくシンプルにを、心掛けてください。
意識の世界には選択肢などなく、ただ一点を目指して生きていくだけです。一点以外は、全部ブラックです。
あなたの中の田池留吉の世界に心の針を向けて合わせていって、心に広がっていく波動の世界、意識の世界を感じていれば、肉の心、表面的な部分は揺れることはあっても、修正は容易いです。一時揺れても、すうっとまた心の針のぶれを正していくはずです。
揺れっぱなし、ぶれっぱなしなどあり得ません。そのトレーニングを重ねていく時間が、今世の肉を持って学ぶ時間です。
中心棒の確立、自己確立、どの程度捗っていますか。
それぞれに自ら用意してきた教材を通して、しっかりと学ばせていただきましょう。

1757) 欲に塗れ、金に塗れ、神、仏の世界があると信じ、宇宙のパワーを追い求め、自分を見失ってきた結果を、これまでに嫌というほどに味わってきました。誰一人例外はありません。そんな自分の実態を知っていこうと勇気を振り絞って生まれてきたんです。学びに触れているんです。そこのところ、はっきりと心で知ってください。
今世、どんなに肉塗れの中で肉一色で生きてきたとしても、ひとたび学びに触れたその瞬間から、心から離すことなどできなかったのではないでしょうか。遅々として進まない学びかもしれませんが、これしかない、この学びだと心から突き上がってくること、しきりでしょう。
くそ田池と叫びながら何とも言えない喜び、嬉しさ、幸せを味わってきましたよね。
心の体験、大切になさってください。そして、田池先生とともに学ばせていただいた方は、とんでもない大きな宝物を自分に持たせたと心から喜んでください。その喜びの思いで、今世の肉ある限り喜んで自分を学んでいきましょう。そして、次の転生に自分を繋いでください。
「いざ行かん」250年後の出会いから力強い発信があります。心のど真ん中でしっかりと受け止めて、そして、そして、ともにともに帰りましょう。

1758) 心の体験を重ねてください。学びの場であるセミナーは、それぞれがそれぞれの心で感じ体験して、そして、そこから自分の歩みを前に進めていくということに重点を置いています。
もうひとつの学びの場は、それぞれの日常生活の中です。様々な出来事、人との関わりを通して、瞬時に自分の中に感じるエネルギーを確認して、そしてそのエネルギーの質の変換をする作業を淡々としていく、それが私達の日常の時間です。
お金儲け、人助け、世間からの評価を求める、家族の形成等々、それらは肉を持ってする本来の仕事ではありません。
はっきりとしてください。自分の中をはっきりとさせて、学びをするのかそれとも、肉一色のこれまでと同じ生き方をするのか、それぞれの心で選択してください。
あなたが自分の決断をするんです。自分の人生、自分の生きる道です。
その道がどんな道なのか、とっくりとこれからの時間をかけて自分に伝えてくれるでしょう。
自分が思いの世界に生きているということを、色々な形を通して自分に知らしめます。それが愛のパワー、愛ゆえの自分からのメッセージです。

1759) 心から叫んでいる自分自身をしっかりと受け止めて、そしてもう帰りましょう。散々自分を苦しめてきました。奈落の底で苦しみ喘いできた時間は長いです。長い、長過ぎました。自分は肉だとする真っ暗な中から抜け出して、明るくて温かい安らぎの空間に自らをいざなってください。
心の叫び、それは色々な事を通し、現象という形で自分に自分が伝えます。
その時、自分の心を見るということを知らなければ、つまり、心の針の向け先が自分の外ではなくて、中に向けるということを実践していなければ、今、自分に起こっている様々な事に対して、形の中で最善の処理をするという方向にのみ行きます。
もちろん、ある程度の対策は必要でしょうけれど、それで終わり、万全というのは違っています。
学びに触れた私達には、現象というのは心を見る、自分を見るチャンスなんです。肉として色々な苦痛、困難を伴う現象かもしれませんが、それ以上に意識の世界、心は悲痛な状態だということです。
思いを向けるその向け先が全部外だったことに、まず気付きましょう。
形の修復は副として、主は思う思いの向け先はどこなのかをしっかりと確認です。

1760) 私の中では明確な線引きがあります。できています。それは田池先生の肉がある間の学び、肉がなくなってからの学び。
その肉がある間に学ばせていただいた段階は、予定通り無事終了という認識でいます。それを土台に今自分の肉がある間の学びの段階に取り組んでいます。そして、その後、肉がない間の段階、再び肉を持って出会い、三次元最終段階の仕上げという計画です。
今世、同時期に肉を持たせていただき、ドンピシャの学びをさせていただきました。的に的中したという感覚です。
それを経て、あとは私の心掛けひとつです。三次元最終のお勉強を見事クリアして、そして、さらに意識の世界を学んでいく旅路は限りなく続いていく、そう思いを馳せれば、本当に幸せだと思います。
闇黒の宇宙に成り下がってきた意識の世界に巡ってきた千載一遇のチャンス。その自覚のもとに、それぞれの歩みをしっかりと前に一歩出していきましょう。
「ともに帰る、いざ行かん。」深く心に刻んでください。

1761) 自分が自分に用意した肉を持つ時間。本当の自分が偽物の自分に用意した肉を持つ時間。さて、あなたはどのようにその持ち時間を過ごしていますか。
偽物の自分の思いを少しでも本当の自分の思いに変えて、自分の中の壁を取っ払い隔たりをなくし、少しでも住み心地の良い、風通しの良い、安住の地を広げていけるような、そんな時間となれば幸せの道、喜びの道は自ずと見えています。
壁を作り閉鎖的なじめじめとした中にいたと分かるには、開けた明るい爽やかな空間を感じることが必要でしょう。
そんな空気、風を心に感じ始めれば、いかに閉鎖的な重苦しい中で固まるしかなかったかを心で知り、そんな自分にどんどん届けたくなります。
頭も五官も何も要らない。ただ目を閉じて思う思いの方向が定まってくれば、意識の世界が自ずと仕事をします。

1762) 田池留吉、アルバート、そして宇宙を思うことがどんなに喜びで幸せか、それは心で感じるということがなければ、到底分からないことです。分からないから信じられない、信じようとしない、そして結局は肉に逃げ帰っていくことになります。
もうそういうことは止めにしませんかとお伝えしています。
肉に逃げ帰る、何て失礼な、私は決してそんなつもりはない、私は私の人生これで大満足なんだということかもしれませんが、それは肉の世界しか知らないから、そんなことが言えるんだと思います。
本当に心で田池留吉、アルバート、どこまでも広がっていく温かな喜びを感じたならば、決してそんなことは言えないし、思えないはずなんですが、それは、それぞれがそれぞれの心で感じなければ仕方がありません。
自分の心で感じ感じたものを信じ、そこから自分の生きていく方向を自分で決定していってくださいということになります。
意識の流れは厳然として存在しているし、粛々として仕事をしていることは動かせない事実だから、それがやがて形となって、それぞれに公平に平等に割り当てられていくでしょう。
そこから心が何を受け取っていくか、どう自分が流れていくのか、決定権はそれぞれにあります。

1763)  UTAブックさんのホームページに掲載されていますが、10月17日、9時15分から15分程度、ともに瞑想をしていただく方を待っています。
基本的には短い原稿を送付された方達の中からということになりますが、物事には例外がありますので、そこはご了承ください。
基本は、UTAブックさん主催の「死ぬまで瞑想会」と考えています。
原稿送付という条件、その原稿送付がメール送付という条件、色々と条件がありますが、そういうことに関係なくあなたどうですかとお声掛けさせていただく場合があるかもしれません。
連絡させていただいてご都合よろしければ、ともに瞑想をしましょう。

1764) 一番大切な、いいえたったひとつの大切な大切なことを心で感じ知り得る、こんな幸せな転生は初めて、本当に幸せだと思います。
存在しない神、仏を追い求め、宇宙のパワーもまた然りでした。苦しい、苦しい転生の数々。自分を落とすことしかできなかった転生の数々。這い上がってきました。奈落の底の底から這い上がってきて、ようやく心に灯した灯りです。
心が叫びます。心の底から奥底から叫びます。「やっと、やっと、やっとだ。」
嬉しくてありがたくて、本当にこれは現実なんだと、長い時間を経てここに行き当たったことを実感しています。
もちろん、本当の自分へ愛へ帰る道はようやく始まったばかりです。しかし、ようやく巡り合えたことに何はさておいても喜びです。
ブラックのエネルギーだけを量産し垂れ流してきたことを、しっかりと心で反省し、それでもこうして生き直すことを待たれていると思えば、大きな大きな励みとなります。

1765) 宇宙を思う瞑想。果てしなくどこまでも広がっていく意識の世界に心を向けて合わせる。思いを馳せる、馳せられる今の幸せをどなたも心に深く感じてまいりましょう。
私達は、肉、形というちっぽけな世界の中に生きているのではありません。
そうかといって、肉を持って学ぶ時間を用意している今、やはり肉の法則にはある程度沿って生活をするということは必要です。
最低限度、肉の掟を守り、無用なトラブルは避け、自分に肉を用意してきた本当の意味を心からしっかりと味わい、本当に喜び喜びの人生の時を迎えていきましょう。
もう苦しみの奥底に沈み込んでいくだけの転生は終わりにしましょう。
ふわっと浮き上がって、そして遥かなる宇宙、温かい温もりの喜び、安らぎの宇宙を目指してそこへ自分を帰していきましょう。
ありがとう、本当にありがとうございましたと心から自分に伝えて、さらなる進化を果たしていくことが喜びです。

1766) 肉基盤と意識基盤は全く違います。瞑想をして感じる世界にその違いははっきりと表れます。
と言っても、意識の世界は目に見えない、形はない、色も匂いも何もない、ただそれぞれの心で感じ広げていく世界です。
だから、自分の心で感じそして感じたものを信じていく学びの姿勢が問われます。波動の世界を信じる信の強さがどの程度のものなのかということです。そしてその信が強く深くなってくれば、どうでしょうか、肉のことに思い、エネルギーを傾けていく生き方、考え方は自ずと弱まっているでしょう。
二足の草鞋では絶対に意識の世界、真実の波動の世界を進んでいくことはできません。肉はできると思っているんです。できません。そんなに意識の転回、真実の波動の世界を学んでいくことは簡単なことではありません。
肉、肉の中に生きてきた意識、私達にとって、それが現実です。
しかし、今世です。今世を転換期にということで、意識の流れがいよいよはっきりと顕在化してくるのです。そういうことを、瞑想の中で、自分の心に響いてくればいいと思います。あとはそれぞれの選択です。そしてその結果はもちろんそれぞれのものです。
ふるさと、たったひとつの自分達のふるさと、愛へ帰る道をともに歩いていきませんか。

1767) またひとつ、セミナーという学びの時間、空間を体験させていただきました。250年後の本番に向けて、どなたも自分を必ず繋いでください。
次元移行という意識の流れを心にしっかりと感じ、それぞれ、今の環境の中で、喜んで喜んで自分を学んでいきましょう。
あなたの中のたくさんの宇宙、闇黒に沈み込んできたたくさんの宇宙達が、250年後を待っている、心から待ち望んでいることを、今の肉を通して心に響いてきていますか。
異語が飛び出てきます。ともに帰ろうの思いで呼びかけています。
苦しい真っ暗な転生を繰り返し、宇宙に闇を振りまいてきたのはみんな同じです。しかし、今世を境にして変わっていけることを学ばせていただきました。伝えていただいた真実の波動の世界を心に育み、真っ直ぐに、田池留吉、アルバート、母なる宇宙を思う瞑想を楽しみます。
田池留吉の肉とともに学んだ大変貴重な時間と空間。
出会いたかったアルバートの波動の世界でした。心を貫通した衝撃は、そのまま250年後の来世の私に届き、まだ肉持たない来世の私が引導してくれています。

1768) 何を選び何を本当に自分の中心に据えて生きていこうとしているのか、どうぞ、肉を持って学びに触れている間に、自分にしっかりと問いかけていってください。
肉に生きる、今の目に見える形ある肉を自分だとして物事を推し量り、右へ左へと交わして生きていく生き方、そんな空しくて儚い生き方から、自分を取り戻していく一歩を踏み出していきましょう。
「どんな肉でもいい、どんな環境でもいい、とにかく私に肉をください。私をこの世に出してください。そして、真実の波動の世界を学ぶチャンスをください。」
そう切望してきた自分自身の思いに触れてみてください。そんな瞑想ができてくれば、心の奥底からの自分の叫びにしっかりと応えていこうという思いになります。自分を救い出したい、自分のこれからをしっかりと明るい方向へ向けていこう、そんな思いが次から次へと溢れ出てきます。
これは理屈ではありません。頭、肉の自分には到底理解できないことです。そして、肉はやはり愚かだから、肉の方向へ進んでいこうとします。ですが、一度感じた心の疼き、心のもやもやは、どうしても、どうしても、何としてもという思いに変わっていくでしょう。
温もりの中へ、喜びの世界へ自分を帰していこう、素直にしっかりと自分に宣言して、そして、その道を一歩進めていきましょう。

1769) 自分を学ぶために、そして、自分を地獄の奥底から救い上げたい、本当の自分の世界へ帰っていこう、そういう思いで、自分に肉という形を持たせたということです。瞑想を重ねその思いをしっかりと確認してください。
確認出来ていますか。正しい瞑想をしていくことが自分を救いゆくたったひとつの術であることを、今一度、いいえ何度も何度も確認してください。
肉に流れる、肉に流される、今までそうして生きてきたから、それは容易いことだし、心地よいかもしれません。
しかし、私は学びに触れた意識には、それは肉に逃げ帰ることだと思っています。自分に背を向けて自分を裏切っていく哀しい哀しいことだと感じます。
今世こそはという思いを、本当に今世こそ少しは現実のものとなさってください。
肉に生きても誰も責めはしません。ただ、本当の自分を裏切り続けても、どんなに自分を見限っても、愛の中にあるということは確かなことです。愛の中にある、愛が自分なのに、愛に反逆するエネルギーを噴き出していては、そこに大きな歪が生じていくのは自然なことです。それを、色々な形を通して自分にメッセージを送っている、というのが意識の世界の仕組みです。
「自分の中の愛をまたしても捨て去っていくのか。」これからも何度もそれぞれの心に問うてきます。

1770) 自分に用意した時間です。こんなありがたいことはありません。肉を用意して、自分の培ってきたエネルギーをつぶさに感じ取れる、そしてそのエネルギーの本来帰るべきところも感じている、こんな環境の中に自分を置いているなんて、本当に私達は幸せ者です。
何を選び取っていくかを自己選択し、その結果を自ら受けていけばいいんです。いたって公平で平等なことです。
正しい心の向け先も伝えていただきました。実践するかどうか、できるかどうかの問題ではありません。
意識の流れからのメッセージは確かに受け取ったのです。そういう学びの段階です。「確かに伝えました。」「はい、確かに受け取りました。」そういうやり取りがあっての今の学びです。
この道真っ直ぐに、思うは田池留吉一筋の道を淡々と歩いていくことが、自分の中で、粛々と意識の流れを遂行していくことになります。
その確信のもと、学びの輪が成長しています。学びの輪の中心、愛に向けて心をひとつにして、それぞれの予定を完遂してください。

1771) それぞれに今世、学びに触れ学び始め、学びの時間を経過してきました。その中で、何を選び何に重きを置いて自分に残された肉を持つ時間を費やしていくかは、それぞれの問題です。
互いに肉を持って学ぶ時間と空間を共有している学びの友が身近にいることについては、確かにいいことだと思います。
ただ、どういう状況にあろうとも、見るのは自分の心です。自分の心の針の向け先の管理を怠らずに、自分と自分の中で学びを進めてください。
すなわち、自己確立がどの程度捗っているのかということを、いつも心に留め置いてください。
肉体を離せば、つまり死ねば自分の世界が広がっているだけということが、はっきりとします。
それを肉を持っている今、自分の中ではっきりと認識できているかどうなのかを学んでいきましょう。
死は現実です。遠いお話ではありません。いつまでもあると思うな肉の時間ということを忘れずに、肉を持って何をしたかったのか、何をするべきなのか、心して学んでください。

1772) 意識の流れの顕在化。それは形の世界を崩していくことです。その勢いはスピードを増していきます。そこに働くエネルギーの大きさも私達が未体験のものになっていくでしょう。
すべては気付き、促し、警告です。そのエネルギーがプラスのエネルギーであることに気付いていかない限り、自分を落としていきます。自らを落としていくんです。なぜならば愛とは逆流の流れを自分の中に引き起こしていくことに気付いていないからです。
自分の中の愛。確かに確かに存在する愛のエネルギー。本当の自分。その自分に目覚めていきなさいという本当の自分からのメッセージ、それをどのタイミングで真っ直ぐに受け取っていけるか、ただそれだけです。
肉の人生云々の問題ではありません。本当に心が敏感であれば、肉からの脱却をする時期がすでに到来していることを受信し、その方向にどんどん自分を進めているはずです。
肉としてしか生きられない愚かさ、哀れさを、色々な形を通して、これからさらにさらに私達に教えてくれます。

1773) 嬉しいお話を聞かせていただきました。今学びに触れておられる方達のお子さん、若い世代ですね、そういう方達が近い将来セミナー参加ということになるかもしれません。
親御さんが無理に引っ張ってくるのではなくて、あくまでも本人達の意思でセミナー参加ということになれば、それは嬉しいです。
学びの道筋、250年後に至る道筋はすでに出来上がっていますが、学び発信の日本の国において、次世代へ引き継ぐということは嬉しい限りです。
もちろん、将来的に例え引き継ぎがあっても、その方向性は微妙にずれていくということは否めないけれど、とにかく学びの灯が消え去ることがないようにと思います。
とにかく、今世学びに触れる計画のある意識は、肉の老若男女に関わらず、その計画通りに遂行できれば万々歳です。いいえ、肉、形からは決して推し量れない意識の世界の計画に狂いはないので、学ぶ意識は学ぶということになるでしょう。

1774) 自分の本当の姿を見失い愚かに生き続けてきた私達です。どんなに苦しい中を生きてきたか。しかし、それはみんな自分の愚かさを自らに示していただけのことでした。
それが分からずに、分かる術もなく、今の今まで転生を繰り返してきました。地球という星を汚しに汚して、そして自分の中の宇宙もまた闇黒の中に沈めてしまいました。そんな長い長い時間を経て、ようやく、ようやく出会いがあったのです。千載一遇のチャンスの出会いです。
出会いをどんなに待ち望んできたか、そしてその出会いをどんなに喜んでくれたか、学びに触れた意識ならば、もうすでに自分の心で感じ味わっていることだと思います。
肉を持って学ぶという難しさをはるかに超えて、肉を持って学ばせていただける喜び、幸せがそれぞれの心に広がっていると思います。
帰ります。帰りたいのではなく、帰るんです。私達は帰れるんです。その道筋を、どうぞ、それぞれご自分の心の中に確立してください。そして、250年後の出会いを果たしていきましょう。

1775) 長く学ばれてきた学びの友の現状が耳に入ってきます。
大変厳しいです。大変厳しい現状、それはそれぞれの責任のもとで、自分の中で受けていくしかありませんが、私の心に上がってきている思いを、この際はっきりと申します。
学びの時間の長い人達。田池先生が命がけで伝えてくれた学びです。
真実の波動の世界を田池留吉というひとつの肉を通して学ばせていただきました。もちろん田池先生も約50年のブラックの時間を持っておられました。もちろん学びの中心部分は揺らがないものですが、ともに学ばせていただいた時間の中では色々とありました。
つまり、第一の危機、第二の危機等の中で、いわゆる学びの雑音部分が大きくなっていた時期があったようにお聞きしています。
中でも、第一の危機と言われるものに関与されてきた方達、たくさんおられるようですが、その方達の反省がまだまだおざなりになっているという現実が、今、それぞれに形となって表れている時期です。これもまた意識の流れの顕在化というところに起因していると思います。とにかく、歪み、正しくないものは修正を絶対に促されます。
第一の危機に私は関係ないとそっぽ向いておられる方もあるように思います。
それぞれの問題です。闇に心を落としたままでは、真実の波動の世界とひとつに溶け込むことは不可能です。
みんな、心して学んでいきましょう。学びはそんなに容易いものではありません。これから250年に向けて、さらに厳しい転生が用意されているということを、どの程度心で感じておられるのか分かりませんが、今という時、今世の学びをまずはしっかりとしてください。

1776) 肉から意識へ、私達に示された課題です。難しいけれど、そのハードルを飛び越えていくしかありません。飛び越えていって初めて見えてくる真実の世界です。
肉を基盤として蓄えてきたエネルギー、思いの世界を自分の中で解き放していくことにすべてがかかっています。
喜んで前向きに学んでいきましょう。間違い続けてきたのはみんな同じです。ただ、そこからどのように自分を真に正しい方向にいざなっていくかは、それぞれ次第です。今世に懸けてきた思いの強さを心に感じていけばいくほどに、もう後がないと心で知っていきます。
それは自分を追い詰めていくというのではなくて、ただただ本当に恵まれた幸せ者の自分達だと心に知っていくということです。後がない私達に用意してきたチャンスです。
だからこそ、ここで問題となるのは、学びに触れ学びを始めた今世に、田池留吉という意識の世界に真っ向から反逆のエネルギーで立ち向かっていったという事実です。その事実は決して見逃すことができない重要なことです。
たとえ、それが学びの過程だからであっても、仕方がなかったということでうやむやにはできません。
私は部外者だとしている方達も決して少なくはないと思います。本人が部外者だと思っているならば、当然反省は滞っています。その辺り、お心当たりのある方は、今一度精査してください。

1777) 本当の意味で賢い人になりましょう。頭がどんなに切れても、頭の回転かよくても、世間に通用する心得があっても、そんなものはほんのつかの間のものです。そんな儚い喜びや幸せはもういいんです。と私は思います。
一時の喜び、幸せでもいいですか。肉はなるほど心地良いかもしれません。色々なことに恵まれ、肉の思い通りに生きていければ、万々歳の人生だと本心から思っておられる人が圧倒的でしょう。
しかし、私達は肉という形を持っていないから、肉の喜びとか幸せをどんなに重ねようとも、私達の深部には届きません。
一瞬のうちに消え去っていく儚いものを追い求め、結果、呪いや恨みや、不安、恐怖、空しさ等の底なしの真っ暗闇へ自分を落としていった数々の転生を心にどっさりと抱えて、今世、大切なひとつの肉を自分に用意してきたという事実を、決して軽く受けてはなりません。
今世です。今世をあなたの転換期にしてくださいというメッセージを繰り返します。
私は、私達は帰ります。もうすでに250年後、300年後を射程距離に、母なる宇宙を目指していく喜びの中にあります。
どうぞ、ご自分の歩みを確かなものに。そして必ず、必ず、次元移行をともにしてまいりましょう。

1778) 先にも語りましたが、学びの灯は消え去ることなく、世代を超えて引継ぎが行われていくことに期待しますが、残念ながら、その方向は段々にずれていくという現実は確かにあります。
それでも、これから意識の顕在化がもたらす様々な現象を見て聞いて、体験しながら、心を田池留吉の指し示す方向に向けていこう、それしかないという声、思いは途切れることはないでしょう。
他力的にそういう声、思いが上がってくるのではなくて、学びに触れていく新たな意識達が、自分達の心の中から自ずと突き上がってくる声、思いをしっかりと心で受け止めていく方向に、それぞれがそれぞれの歩みを進めていかれるということになると思います。
自分の心で感じた波動の世界を信じ、そこから自分の歩みを進めていくという、すべてが自分の心の中で、自分と自分の中で学んでいく難しさはあるものの、しっかりと自己確立の道が見え始めたならば、こんな喜びで幸せなことはないと、しみじみ思う肉の時間となるでしょう。
そうして、自分に用意した肉持つ時間を過ごし、心を次の転生、その次の転生へと繋いでいければいいんです。
今世をあなたの転換期にという言葉をしっかりと心に刻んで、250年後の出会いに臨んでください。

1779) 宇宙を思って瞑想をしていますか。自分の中に母の温もりが確立しているとはっきりと感じておられる方は、どうぞ、宇宙に思いを向けてください。
闇黒の宇宙。まだまだ真っ暗闇に閉ざした中で苦しみ続けている闇黒の宇宙に、帰るところがあることをしっかりと伝えてください。もう帰ろうと心から伝えてください。
ただし、くれぐれも確認です。自分の中に母の温もりが確立しているということを確認です。不確実な方は、むやみやたらと宇宙に向ける瞑想をしないことです。
おそらくそういう方は、宇宙に向ける瞑想をすることに対して、不安とか恐怖の思いを感じておられると思います。
違うんです。宇宙は喜びです。どんなに闇黒の凄まじいエネルギーを噴き上げていても、それは喜びの雄叫びに必ず変わっていけると確信していれば、宇宙は喜び、その通りです。
闇黒の宇宙から喜びの宇宙にどんどん目覚めていく時期はすでに到来しています。意識の流れの顕在化です。形を本物とするブラックの世界は、そう遠くない時間の中で、総崩れです。粛々と意識の流れが流れている大きな証を、しっかりとそれぞれの心で喜んで受けていってください。
久々のライブ配信です。10月21日(月)午後2時に予定しています。

1780) あなたが幸せならばそれでいいんです。幸せ、あなたの思う幸せとは何ですか。物に溢れ金に満たされ人との繋がりがあってというそんなちっぽけなものではないことは分かっておられると思います。
どんなに肉が満たされようとも、それでは心の空洞を埋めることはできません。本のどこかに書いたように、真実を知らずに生きている人間は心に空洞を抱えています。それを埋めようと四苦八苦しているんです。肉を基盤としていては埋められないと知らずに必死にしているから、四苦八苦の人生となります。人生の目標を定めそれに向かってチャレンジ、あるいは夢を追う人生、聞こえはいいかもしれませんが、所詮四苦八苦の人生です。
あなたの心の空洞、今、どんな状態ですか。ふつふつと湧いてくる喜び、幸せで満たされていますか。それともまだ空洞のままですか。
心に空いた穴。空しくて苦しくて寂しくて、底知れぬ不安、恐怖、あるいは怒りのエネルギーが渦巻いているのではないですか。
真っ直ぐに自分と向き合う勇気、喜びに出会える人生にしていきましょう。
何かを手に入れなくても、もうすでに本来は満たされているのです。愛に満たされているんです。それを空洞と感じてしまっている愚かな偽物の自分が現存していることに心で気付いていけるようなそれぞれに蘇ってまいりましょう。

1781) 帰りたい、帰ろう、みんなどんな人もそんな心の叫びを抱えて肉をもらいます。ただその声、思いは、肉を持ち時間が経つにつれて自分の中に隠れていきます。その声、思いを引っ張り出してくれる現象は、人生の時間の中で数々あるけれど、所詮肉というものは愚かだから、そんなことではなかなか出会えません。
やはり、今世の学びに触れた意識のように、その愚かな肉を通して、何度も何度も繰り返し伝えていただかないと、肉に埋もれた中から、自分の切なる思いを拾い上げていくことは、殆ど不可能だと言えるでしょう。
ほんの一握りの人達かもしれません、今世学びに触れたのは。
そのほんの一握り人達も、自分の作ってきた他力の世界を自分の中で崩していくことは難しいという現実を目の前にして、本当にこの道、この道真っ直ぐに一本と生きていくと意識の世界を変えていっている人は数少ないです。
その今世の学びを踏まえて、これからそれぞれに大変厳しい転生が幾度か用意されています。果たして、250年後の本番に心を繋いでいけるかどうか不確実性のところもありますが、そういう個々の事情は意識の流れの前には微々たるものです。悠然と粛々として流れる意識の流れです。
そういう中で同時期に肉を用意し、ともに学ばせていただいていることを喜んで、どうぞ、自分の中の切なる思いをしっかりと現実のものとしていきましょう。
肉なき自分の世界を今、肉ある今、しっかりとはっきりと感じていけることを喜んでください。

1782) 「私は帰ります。」「どこへ。」「私のふるさと、母なる宇宙へ。」はっきりと自分の中で確認できていますか。
「帰りたい、帰ろうではないんです。帰ります。帰る道がすでに見えています。その道に沿って生きていくことが、たったひとつの喜びです。」自分に宣言できますか。
これらのことを自分の中で確認でき、宣言できているかどうか、学びの歩みのポイントです。
未だに肉のあれこれで悩み苦しみ、そんな中で学びをしていこうとしている現状であるのかどうなのか、精査が必要です。
本当の意味で敏感になりましょう。心の中に真っ直ぐに届く田池留吉、アルバート、母なる宇宙の波動の世界に生きていることを感じられる、そんな敏感な心を蘇らせていきましょう。
闇に、自分の作ってきた闇の世界に自らを落としていく苦しみ、辛さ、哀しみ、空しさ、哀れさ、どうぞ、今の肉を通してじっくり学んで、そして、心を次元移行へと繋いでいけるようなそれぞれに自分を成長させていってください。

1783) 学びの友からのメールです。少々長いですが一読ください。この学びで、あなたは一体何を信じていますか。学びに触れながら、田池留吉の意識の世界に反逆するエネルギーに同調する、それはどんなに愚劣なことなのか、心で分かりますか。

こんにちは。先日のホームページ1775の第一の危機、第二の危機の反省をというメッセージを読み、メールを送らせていただいています。
私は第一の危機、第二の危機を体験しました。私の歳で実際にこの危機を体験したのは私くらいではないかと思います。第一の危機は直接の体験、第二の危機は間接的な体験でした。
私にはしっかりこの二つの危機の当事者という思いがあります。折に触れ、反省を繰り返してきましたが、9月の本セミナーから、やはりまだまだ第一の危機、第二の危機の反省ができていない、自分の中にしっかりと根付く他力の反省をしなければという思いが強く強く湧き上がり、反省を始めたところに、1775のメッセージを通じて促しがありました。正直、これまで何度か反省を試みたものの、何が間違っていたのか、なぜ自分が第一の危機、第二の危機に向いていったのか、が明確にわかりませんでした。
田池留吉への反逆、逆賊、抵抗勢力等々、何度もセミナーで聞きました。反省もしました。でもわかっているようでいて、全くわかっていませんでした。欲一杯だったから、パワーが欲しかったから。早く何かを感じられる自分になりたかったから。力を得て、誰からも一目置かれる、認められる素晴らしい自分になりたかったから。田池先生の教えてくれる内容より、チャネラーならチャネリングしてくれて具体的でわかりやすいから。色々理由はありました。でも決定的な何かが欠けていました。
先日、心を見ていてふっと波動がわからなかったと思いました。自分がどこに向けていたのか、自分が向けた先にあるもの、その世界がどんな世界なのかが全くわかっていませんでした。だから、チャネリングの本当の意味もわかりませんでした。第一の危機、第二の危機を先導していたチャネラーの方たちがどんなエネルギー、波動を流していたか。自分が掴んでいった波動、エネルギーとはどんなものか。そして自分が流していた波動はどんなものか。そういうところがわかっていませんでした。
今日、母と妹と共に勉強する機会があり、自分のテーマとして1,2,3で第一の危機、第二の危機に向けてみました。凄まじかった。凄まじいとしか言いようがありませんでした。第一の危機に向けたときは瞑想中、ひたすら田池を殺せと叫んでいました。田池を殺せ、その思いしかなかった。
田池留吉を殺しにいく思い、その思い一色でした。槍を持ち、銃を持ち、ありとあらゆる武器を持ち、大群で押し寄せて田池留吉を殺しにかかるような、凄まじいエネルギーが心の底から吹き上がってきました。
第二の危機も同じようなエネルギーでした。咆哮、咆哮、咆哮。田池留吉を殺す思い、全てを破壊し、殺戮するエネルギー愛に真っ向から刃向かい、温もりを叩き潰すエネルギー。
言葉にできない程、それはそれは凄いエネルギーでした。そのエネルギーを体感して、やっと自分が向けてきた先、第一の危機、第二の危機という世界がどんなものかわかりました。波動の問題でした。頭での反省ではダメでした。第一の危機、第二の危機に向けた後、田池留吉に向けました。
波動がわかりましたか、とあなたが向けてきた世界がどんなものかわかりましたか、とこのエネルギーを握ったままで、愛に帰ることはできません、
母なる宇宙に帰ることはできませんと、はっきり伝わってきました。
納得です。愛とは相反するエネルギーです。田池留吉を真っ向から否定するエネルギーを抱えたままで田池留吉を真っ直ぐに呼ぶことなんてできません。心の針を合わせることなどできません。次元移行など、とてもとても、です。厳しい。瞑想を通じて大変厳しい自分の現実を確認しました。
しかし、それでもその凄まじいエネルギーとともに、瞑想と反省を重ねるしかありません。私の現実はとても厳しいのに、瞑想した後、なぜかとても清々しく、今までわからなかったものがすとんと落ちたような感じです。
今回、瞑想を通して確認できてよかったです。
(この感想を送ろうと読み返して誤字を確認していたら、心の底に蠢く、田池留吉を信じていない思い、侮る思い、見下げている思い等々がちらちら見えてきましたので引き続き、瞑想と反省を続けます)。反省の促し、ありがとうございました。

1784) 「ブラックのエネルギーがあるから、次元移行を伝える意識の流れは達成される。私の世界がいくら真実であっても、それだけでは難しい。すべては私の世界とブラックのエネルギーとが成していくことだ。」
一言一句そのままではないけれど、そういう意味のことを伝えてもらいました。だから出会いをどんなに喜んでいただいたか、待っていました、待っていたよ、そんな思いを感じさせていただきました。
意識の流れ。宇宙が変わっていく意識の流れなんだと、本当に心から喜びました。出会いを本当にありがとうございましたと、そんな波動の中でともに学ばせていただいた幸せ、喜びは、私を引導しています。
肉の愚かさに辟易することも多いですが、ふうっと思いを向ければ、道がしっかりと見えその道を歩いていることを感じるにつけ、肉の愚かさにただただありがとうです。
自分のこれからが見えている、感じている、それはただただ嬉しい限りです。今世の肉を持つ時間、250年後の肉を持つ時間、それはもうほんの僅かですが、楽しんでいきます。

1785) 宇宙に思いを向ける瞑想、楽しんで喜んでその肉のある限り継続してください。意識の世界は限りがありません。つまり、私達の世界はどこまでも続くどこまでも広がっていく世界です。
ちっぽけな限りのある肉、形の中に自分を押し込めていく苦しさは、もう本当に終わりにしましょう。
自分を解き放していきましょう。肉の中では無理です。限界があります。温かい安らぎの中に、何の縛りもなくゆったりと自分を解き放していけるのは、瞑想の中で、自分の世界をどんどん感じていくことに尽きます。
宇宙。私達のふるさと、母なる宇宙。長き時を経て、今世、ようやく自分の中に現実のものとして見えてきた道筋です。
アルバートの波動と出会いたかった心の叫びを、今世の肉を通して、ようやく表面に出せたこと、出会わせていただいたこと、嬉しく思います。
幸せです。アルバート、どんなにどんなにこの心の中に呼んできたことか。
田池留吉というひとつの肉が出会わせてくれました。出会いを本当にありがとう。

1786) アルバートの波動と出会ったこと、アルバートと心の底から奥底から喜びで、喜びで呼べること、250年後の予習を今世の肉はさせていただきました。
言うまでもなく、250年後の出会いは凄まじいものです。アルバートの目から発する波動の世界を、私の肉の目は真っ直ぐに受けます。
そのために、250年後の時を経て、同時期に肉を持つわけですから、それはそれは一瞬の出会いにより始まると言っても決して大げさではない出会いです。
「私がまずあんたの波動をキャッチする。」そうはっきりと田池留吉の肉は言いました。当時、「ほんとかな。ちゃんと私を見つけてくださいね。」そう私は返答したと思います。
お見事、この通りの展開になれば拍手喝采です。
とにかく、これから地球上は大変な時間を迎え、様変わりした地球上で、今一度出会いを持たせていただけることは嬉しい限りです。
心の奥底の底の底から喜びのブラックの雄叫びを噴き上げてまいります。
もう思うだけでただただ嬉しいです。本当にありがとう。ともに次元を超えていく喜びを感じています。

1787) 長い、長い、気の遠くなるような長い時間の中で、自分を落としに落としてきたけれど、けれど、そんな地に落ちた意識も今世、千載一遇の出会いを用意して、ようやくです。
ようやく夜明けを迎えたという感じです。肉、形の世界の総崩れは、文字通り、肉基盤で見れば、悲劇としてしか受け取れないけれど、意識を基盤とすれば、それは願ってもない喜びの、喜びの出来事だと言えるでしょう。本当の自分達は永遠に生き続ける生命だと、心で感じ始めたならば、もう言葉も何もありません。この道真っ直ぐに突き進むことのみが、自分達の幸せ、喜びの道だとはっきりと感じます。
肉、肉で生きてきた私達です。今世、学び始めるという自分の計画を計画通りに進めていくことはなかなか難しいです。
学び始めるというのは、肉からの脱却をひとつひとつ済ませていく過程にあって、そしてそれは意識の転回を意味しますが、そういう過程に自らの立ち位置があってということです。形の上で学び始めるというのとは違います。それらの実践を伴ってこそ、ようやく学び始めるということになるでしょう。肉からの脱却、意識の転回という実践です。
よって、どんなに意識を受けて、それを言葉に変換できても、つまりチャネリングができても、基盤が肉ならば、従来の宗教の世界と何ら変わりはないということになります。

1788) 私は、田池留吉の意識の世界の証し人です。それは確かなことです。それは自分が作ってきた闇黒の宇宙を心に感じ始めたことから始まりました。闇黒の宇宙を心で感じていけばいくほどに、そこからすうっと道が開いていったのです。一斉に叫ぶ声、思いはアルバートでした。目指すは一点だけでした。
あなたもすでに田池留吉の意識の世界の証し人だと思いますが、学びに繋がったからには、一人でも多くの方に、無数に存在する闇黒の宇宙に優しい思いを向けていただけたらと思います。
私は最初、それはどのくらい前か、20年くらい前か、学びに集いようやく自分の中のエネルギーが肉に届き始めた頃、宇宙を思うことは恐怖でした。
しかし、当時、UFOという感じがする、思いを向けてみたいと、田池先生にFAXしたのを憶えています。
その時の先生の返事は、今は時期尚早だということでした。それでも先生は、タイミングを見計らって、宇宙を思うことを学習させてくれました。
最初、恐怖、狂う恐怖というか、何か分からない恐怖の渦だったけれど、やがて、宇宙を思うことが嬉しくて、懐かしくてというふうに変わっていきました。ああ、私は遥か遥か彼方から、この地球にやってきたという感覚の中にありました。帰りたい、そう思いました。帰るために私はこうして学んでいるんだとも思いました。
宇宙と私達は切り離せない、そんなことを強く感じながら今に至っています。異語を発する時がやはり嬉しい、異語で語り合えることが嬉しいです。

1789) 地に足をつけて、着実に自分の学びの歩みを進めていくことが大切です。
生れてきた本当の意味を心で知り、喜びの中で自分の蓄えてきたエネルギーを感じ、そのエネルギー、自分自身が本来の自分に戻っていける今を喜んでいけること、これが最高に幸せな人生です。
肉、肉で生きてきた砂を噛むような虚しい人生、寂しい人生だけにはもうしたくない、中が叫びます。
今の肉だけが私ではない、私は私の時間は途切れることなくずっと続いていたんだ、これからもずっと続いていくんだ、しっかりとはっきりとこの思いを抱えて、みんなみんな学んでいきましょう。
ようやく、やっと、やっと巡り合えたという喜び、その実感をどうぞ、あなたもあなたの心で深く、深く味わってください。
宇宙、懐かしいあの宇宙へともに、ともに帰ろう。

1790) 出会うべくして出会ったことを確信していますか。偶然に、何となく、幸運にも、それらの表現は、田池留吉の意識の世界との出会いに関しては、どれも不適切です。私達は出会うべくして出会ったんです。そういう自覚があなたの中にありますか。自覚して確信になって、その確信が喜びを大きく広げていきます。
私の今世の肉は何ということもない、平々凡々の肉です。だからよかったんです。中途半端に肉の能力、特技等々を持って生まれてきたら、それを伸ばすというか、そこに固執するというか、それで人生を生きていくというか、そんな本当のルートから大きく道を外れた生き方をやはり選んでいくでしょう。向上心を持ち高めることをよしとしてきました。固執してきたと言ってもいいかもしれません。それは私一人だけではないと思います。それが人間、私達がこれまで生きてきた道筋において、何の疑問も抱かなかったことだと思っています。
違う、そうではなかったと、これまで正しいと思って生きてきた様々な生き方のどこがどう違っていたのかということを、今世の肉を通してはっきりと知るべきです。知って、自分の生きていく方向を真に正しい方向に変えていくことです。ただそれだけが待たれています。自分に待たれています。本当の自分に待たれています。愛である自分からのメッセージを聞いてください。そして素直に真っ直ぐに受けてください。

1791) どうしようもない地に落ちた意識だから、だから、今世の肉を通して、田池留吉を呼べる、アルバートを思えることが、ただただそれだけがただただ嬉しいです。
ブラックに沈んできた意識の世界に、手を差し伸べてくれて、それをようやっとしっかりととらえようという方向に自分の舵を切っていく計らいの中にありました。
何も持たずに、何も持てずに、しかし、出会いがありました。本当に出会いがありました。思う喜び、思える喜びの中に自分をいざなえる、そんな時間と空間を自分に用意してきたことに、ただただ感謝です。
アルバート、アルバート、心から呼びたかった。思いの丈をぶつけられる喜びを用意しました。250年後の肉を通し、真っ黒を噴き出します。
すべては次元を超えていく原動力です。それをはっきりと知ったから、肉のことなど本当に程々でいい。程々で十二分に幸せです。それよりも何よりも大切な大切な出会いを持たせていただいて、本当にありがとうしかありません。
ライブ配信予定日、10月31日(木)、午後2時です。

1792) 心の針を向ける、合わせる、このトレーニングに励みましょう。
日々、穏やかに生活をしているようでも、瞬間出すエネルギーを確認する機会は、皆さん多々あるでしょう。心中、決して穏やかでないことを確認です。確認して、ふっと思う、その繰り返しを訓練していますか。
そのうえで、それぞれの生活の中で、静かにゆったりと思う瞑想の時間を持つようにしましょう。
思うこと、思えること、それ自体がすでに喜びです。思う思いの向け先を伝えていただいた、何よりの何よりの幸せです。
信じる、信じられる喜びが仕事をすることを知っていますか。心で感じていますか。思うだけでいいんです。宇宙を思い、愛を思い、本当に心の向け先が合ってくれば、大きな喜びの仕事をしています。
言葉など要りません。ただ思うことです。そうやって、時が来るのを待てばいい。もちろん、大波、小波、肉を持てば様々ありますが、中心棒はぐらつかない、そういうことです。
そして、いよいよ250年後の時期到来となります。心から噴き上がってくるエネルギーとして出会える瞬間を、どうぞ、どなたも見逃さないでください。
今世、あなたはあなたの学びを進め、着実な一歩を歩んでください。
自分の中の愛、愛である自分を信じる信を強くしていってください。

1793) お互いに肉は愚かです。ただ、真の正しい方向へ自分をいざなっていくか否かの違いにより、互いに愚かな肉を携えてきたけれど、愚かな肉は愚かでなくなります。確かにこれは難しいです。今世瞑想を重ね、自分が肉を持ってきた意味を心で感じていくことが必要です。
生れてきた決意を、どこまで心で深く強く感じているかでしょう。ドロドロの中から肉を持ってきたことが明確に心で分かるまで、本当に心に響いてくるまで、肉に引きずられる時間となります。意識だといっても、肉優先の時間を費やしていくでしょう。
それでもいいんです。もがきながら、自分を褒めてください。自分を現す方向にいくのではなくて、自分の中で苦しんできた自分をしっかりと認めていきましょう。
誰からも何からも救いの手は届きません。届くのは真っ暗な自分の中からです。中がもう本当に求めていることを、本当の自分に戻っていきたいと求めていることを、真摯に受け止めて喜んで喜んで真っ暗な自分と生きていきましょう。
学びの友、肉あるなしに関わらず、ともに同じ方向を向いて生きていっているという実感、手ごたえがあれば、その喜びに勝る喜びはありません。

1794) 想定内、想定外を問わず、色々な出来事が起こってきます。それぞれに自分の心を揺さぶる現象が用意されています。
心は揺れるでしょう。大揺れに揺れる場合も多々あるでしょう。大変な時を迎えるわけですから、心が揺れないなんてことは考えられないことです。それでも、そんな中でも、心に感じた波動の世界を信じて、田池留吉、アルバートと思える、呼べる幸せと喜びへ自分を戻してください。
幸せも喜びも外に求めてきたことを心から知って、そうではなかった、自分の中へ戻っていこうと、自らの舵を切ってください。
もうすでに意識の流れは大いなる仕事をしています。みんな、みんな宇宙の友みんな、その意識の流れの中でともに行こうと喜び合える瞬間を、今か今かと待っています。
心で感じてください。宇宙を思う瞑想の中で、あなたの心に響いてきているはずなんです。もうすでにそういう時期を迎えています。
だから、真実の世界から、田池留吉というひとつの肉を持ってきてくれて、そして、今はその肉がない状態なんです。
ひとつの幕が下りました。最終の幕開けまで、幕間の学びを、しっかりと進めてまいりましょう。喜びで進めてまいりましょう。

1795) 私には選択肢がありません。意識の私の世界はもちろんもう言うまでもありません。そして、肉の私の世界にも選択肢がないんです。
まだまだ意識と肉の乖離という課題を抱えていますが、根本のところではもう肉は引いています。肉では決して推し量れない意識の世界を心に感じているから、日々の生活においても、非常にシンプルです。あれやこれやと触手を伸ばさない、伸ばす気がない、もう今の生活で十二分に満たされています。
田池留吉の意識の世界が打った布石の通りに学んでいくだけです。次元移行へ至る250年、300年の準備はすでに万端整えられています。
その波動の世界に触れ、そして波動の世界をしっかりとした足取りで進んでいく喜びと幸せを感じていきましょう。感じていけるそれぞれに蘇ってまいりましょう。
心の針を向けて合わせていけば、自ずと仕事をしていきます。思う思いの向け先の正確さと信の深さがすべてです。
これまでの転生の延長線上に今世を置かないでください。全く違う軌道を歩いていく第一歩に今世をしてください。
今世を自身の転換期に。繰り返します。今世は自身の転換期という位置づけを確かなものにしてください。

1796) 自分のこれからが見えている、心に感じられる、その喜びをあなたも、そしてあなたも味わっていますか。
もう言葉はありません。悪の限りを尽くしてきた意識にとって、こんな幸せ、喜びの道がずっと示されていたことを感じれば、もう何も言葉ありません。
真っ直ぐに続いていく愛へ帰る道。その道を今世の肉を通して、どうぞ、どうぞ、心で感じ始めてください、いつまでも肉、肉、肉の真っ暗な中に自分を沈めるのではなく、そこからふわっと、そしてしっかりと浮かび上がっていきましょう。
そういうチャンスが目の前にぶら下がっているんです。自分次第です。いつ、どこで、自分の生きていく方向を180度変えていくかです。
もちろん、学びに触れた人はみんなそうしたいと思っているはずです。これまでと同じ生き方ではダメだと感じていると思います。
それを、現実のものとするんです。強い、強い決意のもとで肉をいただいたこと、そして学びと出会わせていただいたこと、しっかりと自分の中で味わってください。

1797) 歩みをともにする喜びを心に広げていきましょう。心を向ける喜びと幸せを今世の肉を通して知りました。その喜びと幸せを、どんどん自分の中に広げていってください。
どんなにそれを待っているか。すんなりと受け取れない現実を目の当たりにしながらも、心の奥底から聞こえてくる本音をしっかりと受け取っていけばいいんです。もう苦しむのは止めよう、元あった安らぎの温かい温もりの中へ帰っていこう、しっかりと力強く伝えてください。
伝えていけるだけのものを自分の中で育んでください。一歩歩みを前に進めていく勇気は、喜びのエネルギーの中で育っていきます。喜びが自分の中に無尽蔵にあることを、無尽蔵にあるブラックから教えてもらったらいいんです。
それは嬉しいだけです。自分を見捨て切り裂いてきた自分自身に、ようやく、ようやく温かい安らぎの思いを向けられる機会に恵まれました。
温もりに背き、苦しみ抜いてきたけれど、全部自分で選び取っていっただけのことでした。
今ももちろんそうです。何を選ぶか、どう生きていくか、全部自分にかかっています。愛ゆえのこと、それが「自分は愛でした」の確たる証しです。

1798) ともに心を向ける喜びをあなたもどうぞ、しっかりと自分の中に育んでいってください。肉を持って今何をするべきなのか、心に問いかければ、もうすでに答えは出ているはずです。
肉に生きろと出てきても、あなたはそれが決して本心ではないことを知っています。それが抵抗勢力だとすでに、あなたの心は関知しているということです。
だから安心してどんどんその思いを受け止めていけばいいだけです。
肉は傀儡であってはならないんです。
「もう分かっているよ。あなたの思いを私はもうずっとずっと前から知っているよ。私達は愚かだから、その気付きを素直に受け止めていくことができなかったんだ。もう素直になろう。帰りたいんだろう。あそこは私達のふるさとだからね。あの温もりの中へ、喜びの中へ、いっしょに帰ろう。ようやく、そう伝えることができて嬉しいよ。だからあなたもこの嬉しさ、喜びを素直に受け止めて伝えてあげて。たくさんのたくさんの友が待っているんだ。それをいっしょにしていこう。そうすれば、遥か彼方と思っているふるさとはそうでもなかったことが分かってくると思うんだ。」こうして、あなたの中で呼び掛けてください。自分達がしてもらったように、どうぞ、どうぞ、心で伝え合ってください。

1799) 肉を持つ時間を自分に用意した、その喜びと幸せ、かけがえのない現実を、限りある肉持つ時間の中で味わって味わっていくだけです。
そして、250年後の肉にバトンタッチして、その肉を使って、宇宙とともに次元移行を果たす、壮大な意識の流れの中の計画を、私は着実に遂行していくことに徹していきます。
待ってくれている、喜びで待ってくれている、一足早く生まれてきて一足早く肉を置いていって、そして予定通りにという合図を発してくれます。
ありがとう、ありがとうしかありません。あなたの喜びは私の喜び、あなたの苦しみは私の苦しみ、そう伝えてくれました。ひとつだとしっかりと力強く伝えてくれた波動だけを信じて、私は私の勉強を推し進めていくだけです。
肉のあるなしに関わらず、たくさんの友がいる。真っ暗闇の中で苦しみ喘いできた友がいる。だから私達はもう私達のふるさとへ帰ろうとただただ呼び掛け合うことができます。それが嬉しくて幸せです。

1800) 250年後が待ち遠しいです。今が250年後、250年後は今、意識の世界はそうなんですけれど、けれど、やはり地球上の肉の時間を経て、互いに肉という形を用意して、そしてそこから発信していく喜びと幸せを味わい尽くしていこうというのが意識の流れの計画の一端です。
様変わりに変わっている地球という星にありがとうの思いを込めて、そして私達はさらなる世界へ旅立っていきます。
苦しい転生もすべてにありがとうの思いを伝えて、そして私達が目指す先、それはさらなる愛の世界です。限りなく限りなく広がっていく喜びと温もりの中へ、ともに行こうという合図で一斉に飛び立っていきます。
ただただただただ嬉しいです。三次元最終のお勉強をしっかりと遂行していくために、こうして、今、肉を持って学ばせていただいている私達です。今世をありがとう、本当にありがとう、肉に塗れてきた愚かな自分にただただただただその思いを伝え続けていくこれからの時間です。
どんなに形の世界が崩れ去っていっても、たったひとつの世界に私達は生きていることを、心にしっかりとはっきりと感じていく学びをしていきましょう。

1801) 何でもそうです。物事にはポイントというものがあります。枝葉のところでごちゃごちゃやっていても効率は上がりません。ごちゃごちゃするのもまた楽しからずやという方もおられると思いますが、学びについては、特に結果を出していくことが必要です。
いったい私達は何を学んでいるのか、学びのポイントはいったい何なのか、それをまずは明確にして、着実な足取りでそれぞれの学びを進めていくことが大切だと私は思います。
年月はあっという間に過ぎ去っていきます。2019年も残すところ50日余りです。それだけみんな体力も気力も減退していきます。若いうちの1年は何ということもありませんが、年齢を重ねていくと、1年、いいえ1か月の間に、どんどん肉の体力、気力は減退していきます。それに連れて自分の中の凄まじいエネルギーも減退、薄く弱くなっていけばいいけれど、なかなかそうはうまくいきません。凄まじいエネルギーは燃え盛るまま、その処置に肉はついていけない、それが現実ではないでしょうか。
それを踏まえて、やはり、いったい自分は何のために生まれてきたのか、学びはいったい何を伝えてくれているのか、いつもいつもそこに戻って、喜びながら学びましょう。厳しく厳しく自分を見ていく姿勢、生きる姿勢を失ってはいけないのではないでしょうか。

1802) 満を持して今世に臨んできたと心で感じられる、それが本当の意味で敏感な心と言えると思います。
どんなに何を感じても、根本の変革がなければ空しい結果となります。根本の変革、基盤を変える、意識の転回です。
そして、その上で、自分の行く先を確定して、その方向にしっかりと歩みを進めている今かどうかということだけが問われます。
満を持して今世に臨んできた、どの程度心で感じていますか。250年後が本番であることは確かですが、今世、学びに触れた意識にとって、今世の学びはその予習の時間をいただいているということなので、それをおざなりにして、次の転生、その次の転生へと自分を繋いでいくことは至難の業です。
肉を通して学ばせていただいた幸せにも関わらず、予習の時間をおざなりにするということは、一体どういうことなんでしょうか。その辺のところ、事の重大さに気付いていない人もまだまだ少なくないかと思います。
今世、学びに繋がっていない意識のほうが、あるいはひょっとしてということがあるかもしれません。
意識の流れの計画は壮大です。すべての意識を目覚めへといざなっていく大いなる流れです。頭脳を誇ってきた人間の哀れさ、愚かさをあらわにしていきます。それは自らの行先を決める正念場と言えるでしょう。

1803) あなたは今世の閉めに向けて学びを遂行していますか。今世をどのように閉めていくか、それぞれに大きな課題です。老いも若きも関係ありません。年齢に関係なく、今元気であるかどうか関係なく、みんな死に向かっていることは確かです。肉を持っている以上、肉を置く時が来ます。
今世、心で学んだことを自分の次の転生へと繋ぐことを念頭に置いて学んでください。250年後の最終時期まで、真実を肉を持って伝えることはありませんが、三次元最終のお勉強まで自分の中を整えていくことは、今世の学び方次第で可能です。
250年後の舞台設定はすでに整えられています。そこに予定通りに駒を進めていけるかどうかはそれぞれに係っています。舞台設定はすでに整えられていますから、駒不足の懸念はありません。意識の流れは計画通りに、予定通りに遂行されます。それを確認でき見届けたから、田池留吉という肉を使っての仕事は終了、一幕が下りたという段階だと前に語らせていただきました。
出会うべくして出会った今世の出会いでした。それをはっきりと心に知る意識の世界だけを見ていけばいいのだと伝わってきます。


あなたの愛のグッズ、オーリング硬いですか。時々点検してください。オーリング、正しくできますか。
☆愛の水、愛の水素水を飲んで、愛のリングに心を向けて、死ぬまで元気で楽しい嬉しい喜びの瞑想を継続していきましょう。
☆「私は愛である」、心の底の底の底、さらにその奥底のエネルギー、宇宙に点在する意識達、すべてが、この波動を待ち侘びていました。あなたはこのことが心で分かりますか。しっかりと心で感じられるあなたに蘇ってください。
☆宇宙を呼んでください。宇宙にどんどん思いを向けていきましょう。私達の帰る心のふるさと、宇宙の波動を心に呼び覚ましましょう。
今世を自らの大きな転換期にしてください。動かなかった心の針をほんの少しでも愛の方向へ向けてください。
☆愛へ帰る道は、それぞれの心の中にあります。その道と出会い、一歩、一歩歩んでいく喜びと幸せを広げてください。
☆自分の人生です。自分があるだけです。幸せ、喜びを広げていくのも自分。真っ暗な中に沈み込んでいくのも自分。正しい羅針盤がなければ、沈み込んでいるのも分かりません。いったいどこまで落ちてきたのでしょうか。そして、これからも落ち続けていくのでしょうか。
☆自己確立を目指してください。本当の自分の波動を感じられるようになってください。そうすれば安心立命です。それ以外は、狂いの道です。
☆あなたは自分を信じていますか。信じていると答えた人は、自分の何を信じていますか。あなたの流す波動があなたの答えです。あなたの外と中、一致していますか。
☆あなた、本当にこのまま死んでいっていいのでしょうか。心の叫びを拾い上げてください。そして伝えてください。ごめん。間違っていたと。
☆外へ向く習性のある心を内に、内に。エネルギーは内にじっと留めておくのではなく、確認すれば温もりの中へ解き放つ。それが心を内に、内にの作業です。
☆思う大切さ。ゆったりとして静かに思うこと、そして一瞬、瞬間的に思うこと、両者とも、学びそして会得していきましょう。その際、肝心なのは何かということ。もうお分かりですね。
☆今を喜んでいきましょう。どんなにすごい時間なのか、あなたの中は知っています。知らないのは肉を自分だと思っているあなただけです。
☆肉体細胞の思いを感じながら、ということは、本当の自分の思いを感じながら瞑想をする、瞑想ができる。そして、日々を過ごしていく。幸せな人生です。
☆愛へ帰る喜び、愛を思う喜び、しっかりとあなたの心に響いていますか。母の温もりはどうでしょうか。
☆250年後の出会いを簡単に思わないでください。今世、学びに触れた人達みんなと出会えればと思いますが、それはどうでしょうか。あなた、死後のあなたに聞いてみてください。そして、本当に自分に優しく、自分を大切にしてください。

ともに次元を超えていこう

愛はこっちだよと、いつも、いつもあなたの心の中で伝えている私(田池留吉)と出会ってください。出会えば変わります。必ず変わります。私(田池留吉)は愛。そして、私(田池留吉)はあなただから。

優しく母に抱かれてゆったりと幸せだった、すべてを託していたあなたは現存します。あなたは本当は優しいんです。本当の優しさも温もりも喜びも、みんなあなたの中にあります。ただ、外に求めたときから、あなたの苦しみは始まりました。

私はあなたの心の中にいます。ずっと、ずっと初めからいます。これからも、ずっと、ずっといます。ともにいます。私に心を向けてください。心を向けて広がっていきますか。ただただ嬉しい、ありがとうの思いが突き上がってきますか。いつも、いつも思えることが喜び、幸せだと分かっていますか。

素直になりましょう。そして、心をどんどん広げていきましょう。肉の心は狭いです。しかし、私達本来の心、本来の私達は限りなく広い。限りなく広がっていく温もりの中にあります。そこには何もない。だけどあるんです。それがひとつの世界です。

愛へ、心のふるさと、愛へ帰る道をともにともに進んでいこう。果てしなく長かったけれど、そしてこれからも果てしなく続いていくけれど、苦しみから喜びへ変わっていく今だと呼び掛けています。

田池留吉を思うことが嬉しくて嬉しくてたまらない。心の底からアルバートと呼んでいる。アルバートを呼ぶ意識達の思いをはっきりと心に感じる。瞑想の醍醐味です。

私達は最高に幸せだよ。お母さん、ありがとう。田池留吉と出会わせてくれてありがとう。気の遠くなるような時間ずっと、あなたに背を向けてきても、あなたは愛だと伝え続けてくれていました。あなたの思いをしっかりと受け止めました。もう二度とその波動を忘れることはありません。私達は、あなたの中に帰っていくだけです。

宇宙に向けて瞑想をすれば、ただただ異語とともに喜びが湧き起こります。ああ、待ってくれていたんだと。宇宙の友がたくさん、たくさんいます。ともに帰ろうと伝え合いましょう。そのためにこうして、今、肉を持っています。宇宙の波動を感じて、感じて、喜びと温もりの世界を共有していきましょう。

愛のエネルギーが深まれば深まるほど、明と暗が、はっきりくっきりします。これから益々はっきりくっきりしてきます。喜びは喜びをいざない、苦しみは苦しみの中に落ちていきます。どちらも自作自演です。それが意識の世界。限りなく広くて優しくて温かい世界です。そしてそれは本物だから厳しいのです。

宇宙は愛。愛のエネルギー。愛のエネルギーは私達。私達は愛。私達は宇宙。ひとつです。あなたの中で真実への扉を開いてください。

瞑想は喜びです。間違いなく喜びです。喜びでしかありません。温もりです。愛です。喜び、温もり、愛の波動をどんどん吸収してください。吸収して、そして、あなたの中で、喜び、温もり、愛の波動をどんどん循環させてください。淀みをそのままにしないでください。

生まれてきた意味を本当に心から知ってください。あなたの人生とはいったい何でしょうか。消えて無くなるものばかりを拾い上げている人生ではないでしょうか。

本当の優しさを知っていきましょう。本当の温もり、本当の喜びに出会ってください。それは私達の中にあります。それは私達なんです。愛の水道水の種水を思ってごらん。あなたの中の田池留吉は、そう語ってきませんか。

愛の種水は、あなたの外にありますか。それともあなたの中にありますか。

肉を持った意識達はみんな、真っ暗闇からの脱出を希っています。しかし、どうすればいいのかその手立てが分からずじまいです。今日も一人、そんな意識の世界を抱え持った方の思いを聞かせていただきました。今世、学びに触れたあなた、あなたの現実はどうでしょうか。

思うことがすべてでした。思えることがすべてでした。真実の波動はあなたの心の中に届いています。出会っていきましょう。どんどん出会っていきましょう。生まれてきて本当によかったと実感。そんなあなたを次の転生に繋いでください。

どうぞ、ともに歩みを進めませんか。愛の波動の中に存在していた私達だったと、心から、心から知っていきましょう。

ただ一点、田池留吉を思う。肉のある限り自分に徹底してください。それでも、肉を離せば大変難しいです。死後の自分をしっかりと感じてみてください。

千載一遇の出会い。そして千載一遇のチャンス。心に響き渡ってくる喜びの雄叫びを、あなたの心で感じられるあなたに蘇ってください。

「帰っておいで母なる宇宙へ。」「はい、帰ります。みんなといっしょに。」真っ直ぐに言えるあなたは幸せなはずです。

種水のレベルが確実に上がり、それを持続する方法は、自己供養を進めることです。では、自己供養を進めるには何が必要でしょうか。

ワン、ワン。ニャー、ニャー。彼らはこれで通じるのです。喜びと通じているのです。教えてくれています。愛の波動を。ありがとう。

愛を思い、愛の水道水、愛の水素水を飲み干そう。ごくごく飲もう。汗をしっかりとかき、また、愛を思い、愛の水道水、愛の水素水を飲み干そう。喜んでごくごく飲もう。そして、正しい瞑想を。

そうです。意識の流れはすこぶる順調です。次元移行へ向けて宇宙が始動した今世でした。今というこの時に、肉という形を持ってきたことに、ただただ感謝です。千載一遇の出会いを心から味わっていきましょう。

あなたの心にノックしています。どうぞ、しっかりと心を向けてください。愛に目覚めよの促しを喜んで受けてください。現象はみんな喜びです。喜びの波動をあなたに伝えてくれるのです。あなたがあなたに伝えてくれるのです。それはあなたが愛だからです。

田池留吉、ああ、私達は、この波動をずっと、ずっと、ずっと、ずっと前から知っていました。あなたの中はそう伝えてきませんか。

体力、気力がまだある間に、どんどん喜びと出会おう。そして、自分に、ごめんなさい、ありがとうと心から言える自分に生まれ変わりましょう。心は無限大に広がっていきます。

かけがえのない大切な時間です。素直に真っ直ぐに自分を愛していこう。そして、お母さんに伝えてください。信じて待っていてくれてありがとう、私は必ず帰りますと。

あなたは、心一つで存在している喜びと出会えていますか。周りはみんな影です。影をいつまで握っているのでしょうか。どうぞ、今、死後の自分と出会ってみてください。そして、本当の喜びと幸せは何か知っていきましょう。

肉体細胞の思いをいつも感じながら瞑想を継続してください。肉体細胞は最後の最後まで喜びでつきあってくれます。本当の仕事をしっかりとしていきなさいと伝えてくれています。

本当の自分に気付かなければ、生きても地獄。死んでも地獄。これ本当のことです。そして、私達人間は本当はみんなそのことを知っています。

田池先生、ありがとう、ありがとうございました。真っ直ぐにこの道を。その思いに応えていくだけです。ともにある喜びを伝えてくれました。伝え続けてくれています。

どうぞ、UTAの輪の中心、愛へ心をしっかりと向けていきましょう。向けていける喜びと幸せを共有しませんか。♪ともに、ともに帰ろう・・・。 ♪愛へ帰る喜び、愛を思う喜び・・・。

いつもいつもどんなときも、私、田池留吉を思っていてください。そして、私、田池留吉の世界を本当に知ってください。喜びがあなたです。本当のあなたへ帰っていきましょう。

田池留吉を思う瞑想、喜んでなさっていますか。田池留吉はあなた方の心のふるさと、愛です。心で分かっていますか。

愛へ帰る道は険しいけれど喜びの道です。さあ、みんな、私、田池留吉のもとに帰ってきてください。待っています。

愛へ帰ろう、宇宙へ帰ろう、母なる宇宙へ。母なる宇宙は私達のたったひとつのふるさとです。

サウンド 1.wav へのリンク

サウンド 1.mp3 へのリンク

ありがとう.mp3 へのリンク

意識の流れ
       
-田池留吉の磁場を思い瞑想をしよう-田池留吉からのメッセージ

1) 私は田池留吉です。どうぞ、残された肉の時間、それぞれに精一杯、喜んでご自分の心を見ていってください。私も自分の心を見ています。今という時、大切な、大切な時間です。私が何を伝えに来たのか、どうぞ、それぞれ、ご自分の心に問いかけてみてください。真実はあなたの中にあります。決して外にありません。あなたの中に愛が溢れています。温もりが溢れています。私はいつも、いつもともに行こうと呼び掛けています。
「私は愛。あなたも愛。ひとつ。」このメッセージをしっかりと受け止めてください。UTAの輪は波動です。その波動の中で、しっかりと学びを進めていってください。

2) いよいよ、私の肉の時間も残り少なくなりました。しかし、私は死ぬまで元気に自分の仕事を全うしていきます。ほぼ私がなすべき仕事は終えて、最後の詰めの段階を迎えています。他力の世界を心から離せない人達、もういいんです。と言いましても、私が切り捨てる、置き去りにするということではありません。他力のエネルギーから自分を解き放すことができない冷酷で己偉い自分が、自分を切り捨て、見捨てていくということを知ってください。ここにきて、もう無駄な時間、無駄なエネルギーは使いたくありません。この道を真っ直ぐに突き進んでいくことだけを考えています。

3) 皆さん、私が、今病室にて綴ったものに、目を通してみてください。私は田池留吉です。私は波動です。愛のエネルギーです。私はあなたです。あなたの中で、いつもこのように語っています。しっかりと私の波動と通じ合えるようになってください。私を無視して、私とは全く違う波動、エネルギーを流していることに、ご自分の心で気付いてください。一日も早く気付いてください。そして、素直に自らの過ちを認められるようなあなたに生まれ変わってください。私に認めろと詰め寄らなくても、あなたから愛のエネルギーが流れ出してくれば、私はあなたを認めていきます。どうぞ、日々しっかりと心を見てください。自分の中の愛のエネルギーに目覚めていってください。

4) 肉は愚かです。愚かな肉は争いを好みます。自分の主張を掲げて、どこまでも己というものを掲げていくのです。それが自分を操っているブラックのエネルギーであることに、なかなか、なかなか気付けません。そんな状態の中では、決して種水のレベル、非常に硬いという段階まで到達しません。
どうぞ、田池留吉の波動の世界、母なる宇宙の波動を、ご自分の心で本当に感じられるようになってください。当然、そうなってくれば、種水のレベルは非常に硬いです。瞬間的な作業、思うだけでいいということになってくるでしょう。もちろん、瞑想をすれば波動はどんどん伝わり響いてきて、ただただ幸せを感じるのです。

5) 私に残された肉の時間、有効に使っていこうと思っています。私は次元移行を伝えにやってきました。意識の流れというものを伝えさせていただきました。意識の転回をしてくださいと。あなたの中の愛のエネルギーに目覚めてくださいと。私達とともに、ともに次元を超えてまいりましょうと。
肉という形を持って、数限りない転生をしてきたあなた方には、とても難しいことだったと思います。しかし、私の仕事は、順調に捗っています。証し人も出ています。
どうぞ、今一度、ご確認を。波動は決して騙せません。誤魔化せません。波動こそがすべてです。

6) 私、田池留吉に心を向けられる喜びを、しっかりとそしてどんどんあなたの心で感じてください。私を呼んでください。しっかりと呼んでください。私はいつも、あなたの中で応えています。私は愛です。あなたも愛です。私達はひとつです。すべては愛でした。すべては喜びでした。それをすっかりと忘れ去ったから、肉を持った人間達の苦悩は深まるばかりでした。どんなにしても、幸せになれるはずはありませんでした。これから益々、世の中は混沌としていきます。しかし、私のほうに心を向けていれば、そして、私と合っていれば、あなたは何も憂うることはありません。あなたの心に広がっていく愛の世界をどんどん感じていってください。

7) 宇宙の法、田池留吉の世界の法の厳しさと優しさを心で分かってください。どんどん自分自身を愛へ愛へと進めてください。あるのは喜びだけです。温もりだけです。私達はひとつです。ともに行こうという呼び掛けに心から、心から素直に喜んで応えていってください。宇宙の友が待っています。どうぞ、あなたの心で感じられるようになってください。

8) 私、田池留吉の波動を、どうぞ、あなたの心で感じてみてください。私、田池留吉の波動を、遮っているのはあなた自身です。それは、あなたがまだまだ他力のエネルギーにがんじがらめの状態だからです。それをしっかりと、あなたが肉を持っている間に確認してください。私は、死後の自分を語れと申しました。死後の自分、つまり自分の今をしっかりと把握することが、とても大切なことです。殆どの方と言っていいほど、死んでから学ぶことは難しいです。心の針を向ける、田池留吉、お母さんを呼べる状態かどうか、今、しっかりと見極めて、自分をどうか大切になさってください。

9) 私は、今の環境の中で、自分を嬉しく見つめています。これまでのこと、これからのこと、私には、喜びで、喜びで自分の中に浮かんできます。
これまでたくさんの人達のお世話をいただいてきました。苦しくて暗いどん詰まりの時もありましたが、それもすべて私の中で喜びとして受け容れています。それは、私は私の仕事をするために、生まれてきたことを、知っているからです。喜びで私は仕事をしてまいりました。これからも、喜びで仕事をしてまいります。
すべての意識達に、ともに歩みを進めていこうと呼び掛け続けます。
私に心を向けてくださいと伝えさせていただいています。そうです。私に心を向けることがすべてです。あなたの心の針を私に向けて合わせていけばいくほどに、それがどんなに喜びであるのか、そして、それがあなたが本当に切望してきたことだったと、あなたの心で分かるのです。いいでしょうか。あなたの心で分かる、ここがとても大切なことです。あなたの頭では決して推し量れないのが、私がお伝えしている波動の世界です。波動、エネルギーはあなたの目には見えません。しかし、真実の波動、愛のエネルギーは、現存します。それは、あなたの心で感じる以外にないのです。
あなたは今、その肉体を持って存在しています。目に見えて、耳に聞こえて触れることができる世界だけがすべてだと生きてきた人達にとって、その肉体を離す、つまり、自分の死を考えることはやはり恐怖でしょう。しかし、生まれてきた人は、いずれ遅かれ早かれ、死を迎えます。突然死か、長患いか、それは人それぞれでしょうが、死を迎えることに違いはありません。死んでどうなるのか、殆どと言っていいほどみんなその部分が明らかではありません。しかし、みんな本当は死んでどうなるのか知っているのです。何度も死んだ体験がありますから。なのに、明らかでないというのは、その死んだ世界が、言葉では言えないものだからです。表現するとするならば、暗くて冷たくて寂しくて重い中に凝り固まってしまうということなんです。それがどういうふうなのか、その肉体を持っている間には、綺麗さっぱり忘れ去ってしまいます。考えたくもない、触れたくもない部分ということでしょう。
そんな死の体験を、今こそ、肉体を持っている今こそ、本当に活かしていただきたいと思っています。もう二度と、あの苦しいところで固まったままの状態はごめんだと、ではそうならないためには、どうすればいいのか、私は、それを学んでくださいと申し上げています。
肉体を持っている今という時間に、どうぞ、自分をしっかりと見つめていってください。心の世界、思いの世界に住んでいることをしっかりと認識してください。
心を見てくださいということがどれほどの優しさ、愛、温もりであるのか、あなたの心で感じてください。
私は、あなたの心の中にいつも、いつもいます。どうぞ、私に心の針を向けて、合わせていくことだけが、本当に自分を救うことだと、一人でも多くの方に心から知っていただきたいと思います。私の波動を心で感じて、そしてその感じたものをストレートに流してくださることをお伝えしております。
日々、正しい瞑想を心掛けて、いつも私とともにある喜びの世界を感じて、感じて、あなたはあなたの予定通りのコースを歩んでください。
それが私達の約束でした。心から、心からありがとうの思いで、あなたに、今お伝えしています。

10) 私は田池留吉の意識です。この肉体細胞とともにあることを喜んでいます。私のこれからをしっかりと見つめています。この意識の流れの中にある私の仕事、私がこの肉体を持ってこの世に出てきたことを振り返り、私は本当に嬉しく思っています。
 出会いがありました。大変難しいことを伝えたと思いますが、心で分かる人との出会いがありました。意識の世界をしっかりと見つめていこうとする思い、その思いは、とてもとても大きなエネルギーです。
 苦しい転生を繰り返してきた意識達に、私は、今こそ自分の心を見つめてくださいと、しっかりとはっきりと道しるべを示してきました。この道しるべの指す方向に、心を向けることがすべてです。
 あなた方の中に作ってきたブラックのエネルギー、他力の世界をどんどん崩していきなさい。崩して、崩して、間違ってきた自分を受け容れていけばいくほどに、喜びも温もりも優しさも、愛の世界が大きく、大きく自分の心に伝わってくる体験をしてくださいと伝えてきました。
私の指し示す方向に心を向けることがすべてです。肉を持つ意識達の難しさを、これまでたくさん感じてきましたが、私は私の仕事をやり遂げます。この世に出てきた田池留吉の肉体の最後の仕事です。
 苦しい転生はもういいんです。あなた方は愛です、優しさ、温もりですと、私は伝え続けます。私の中へ帰ってきなさい。心の世界をどんどん広げていきなさい。どうぞ、どうぞ、この喜びの波動を心に受け止められるようになってください。私からのメッセージを波動として伝えます。
 苦しい転生もすべては良かったんです。そのように私は伝え続けます。何も何もマイナスはありませんでした。すべてはプラス、プラス、喜びの世界です。心を見つめていくことがすべて。心を見ることが喜びです。
私はあなた、あなたは私、ひとつという世界を、心の中にどんどん広げていきましょう。私のように、私のように。そう、同じです。私はあなた、あなたは私、私達はひとつ。心の中から伝え続けます。波動の世界を伝え続けていきます。私の波動を受けていけるようになっていってください。すべての意識達にそのようにお伝えしています。

11) 私達は肉ではありません。私達はエネルギーとして存在しています。目に見えません。しかし、私達の心はいつも、いつも叫んでいます。愛に目覚めよと。愛に目覚めよという思いの中で、「私達はどれだけこの思いと出会いたかったか。」あなたの心に届いているでしょうか。
私はあなたに伝えています。心から、心から私を呼んでくださいと。
本当に心から呼んでいけば、私はあなたの中にすうっと、すうっと入っていくんです。あなたが他力のエネルギーを心に秘めたままでは、私はストレートにお伝えすることができません。心の中に歪曲して伝わってくる波動では、宇宙を変えることはできないと伝えています。
己の偉い心を見つめてくださいとも伝えてきました。甘過ぎるとも伝えてきました。どうぞ、メッセージをしっかりと心で受け止めてください。
心の中の田池留吉、アルバート。あなたの中の本当のあなた。その波動をしっかりとしっかりと心で見分けていけるようなあなたになってください。
愛を信じる方向に進んでいくあなたを私達は待っています。心の中からあなたに伝え続けます。どんなに、どんなに、事が起ころうが、あなたの中は愛。あなたは愛。変わらず愛。愛しかない。この世には愛しかない。私達はそのことをお伝えします。

12) 何よりも、何よりも、私を思うことを大切にしてください。田池留吉を思い、愛を思い、母の温もりを思い、次元移行を思い、瞑想をする時間を大切にしてください。
あなたにとって、私を思うことがすべてです。私はあなたの中でいつもそのように応えています。あなたにメッセージを送ります。波動を伝えています。田池留吉の世界を心にどんどん広げていくことがあなたの喜び。
ベッドに横たわっている姿は私の仮の姿です。私の本当の姿ではありません。私は意識、波動、エネルギー。愛のエネルギーです。心の中にそのように伝えています。私のほうに心を向けることがあなたの喜び。そのよう伝えています。私達はいつもいっしょ。ともに歩める喜びを心に感じ広げていけることがあなたの喜びです。私を呼びなさい。私に心を向けなさい。あなたの中はすべて、すべて真実の世界へといざなわれていることを知っています。真実はあなたの心の中にあります。愛はあなたの心の中にあります。あなたの口を通して私はそのように、繰り返し、繰り返し伝え続けるでしょう。それが真実だからです。
この日本の国で、ともに肉を持ち学ばせていただいたこと、私は本当に喜んでいます。たくさんの苦しみ、悲しみ、悔しさ、怒り、やるせない思い、空しさ、たくさんの思いを抱えてきた意識達とともに私は、愛へ進んでいこう、愛あるあなたに目覚めていこう、温もりの世界へ一歩踏み出していこうと伝え続けました。これからも伝え続けます。
「あなたの本当の姿は、愛です。愛を、愛を信じていってください。あなたの本当の姿は愛です。愛あるあなたを信じていってください。」
私に思いを向けたとき、どなたの心の中にも、私はこのメッセージを伝え続けます。私に思いを向けられるかどうかの違いだけです。私に思いを向け、私に心の針を合わせていけばいくほど、愛のエネルギーがあなたの中へ感じられます。愛のエネルギーは、すべての意識達に中にあります。
「愛を、愛を、愛を求めてきたあなた達でした。そして今、愛に目覚めていく今なんです。これから250年という時間の中で、厳しい転生が待っていますが、どうぞ、この優しさ温もりを心に呼び起こせるあなたとなってください。」
私はあなたの中からいつも、そのようなメッセージを送っています。形を本物とする思い、形にこそ真実があるとする思い、すべてすべてブラック。この世に真実を説いた者はおりませんでした。真実に目覚めた者はおりませんでした。田池留吉の肉が、この世に誕生して初めて真実に触れたのです。その事実をしっかりと感じていきなさい。そして、心に感じた波動、エネルギーをあなたの中で、さらにさらに深め、広げていくのです。宇宙はあなたとともにあります。宇宙の目覚めを誰よりも、誰よりも待っているのはあなた自身です。
苦しい転生。その中でようやく明かりが灯り始めた今世の出来事をしっかりと喜んで、喜んで心で受けてください。
たくさんの意識達を心に受けています。優しさ、温もりに飢えた、愛に飢えた闇黒の世界です。しかし、心の中の愛がその闇黒の世界を変えていけるんです。愛はパワーです。喜びはパワーです。私、田池留吉、アルバートのほうに心を向けてください。

13) 田池留吉の世界をあなたの心がどんどん感じていく喜び、それが私の喜び。私の喜びはあなたの喜び。あなたの喜びは私の喜び。ともに喜びを通じ合える、喜んでいけることを喜んでまいりましょう。
私の肉にありがとうと私は伝えています。田池留吉の意識の世界から、私は私の肉体細胞の思いにありがとうと伝えています。肉体細胞は愛でした。私の肉は愚かでした。しかし、私の世界を私は知っています。肉体細胞の喜びとともに私は私の世界へ帰ります。
私の世界から、これからもあなたを通して、メッセージを送ります。波動を流し続けます。あなたのするべきことは、私にただひたすら心を向けていくだけです。田池留吉に心の針を合わせ、私の中へどんどん突き進んでください。
私は田池留吉の意識。心からありがとう。出会いをありがとう。私の心の中へどんどん突き進んでください。田池留吉からのメッセージ、田池留吉の世界からのメッセージ、どんどん送り続けます。
私は250年後を見つめながら意識の世界からエネルギーを流し続けます。肉の次元の中で私を見ていた方達は、到底この学びについていけないでしょう。肉は肉の群れの中で、さらに奥底へ落ちてまいります。
明暗がはっきりくっきりしていくのです。どうぞ、それもすべて自己選択、自己責任です。心の針の向け先をしっかりとなさってください。
私は田池留吉。心の中の喜び、温もり、愛の世界。あなたの中にあることを伝え続けます。

14) すべてよし。すべてプラス。すべて愛。肉がどんな状態であっても私は伝えます。すべてが喜び。すべては愛。愛しか存在しない。この世には愛しか存在しない。私は伝え続けます。愛へ帰ることがすべてでした。
愛しかない世界があったんです。肉、形を本物とする思い、その闇の中から、どうぞ、どうぞ、一人でも多くの方、抜け出してください。
あなたの心の世界、意識の世界に灯りを灯してください。本当の優しさ、本当の温もり、愛ある自分に目覚めてください。私はこのように、絶えず伝え続けます。
すべては喜び。すべては愛。愛しか存在しない。この世には愛しか存在しない。この世には何もない。愛、愛、愛があるだけ。
私達のすべてが愛。愛があるから私達は存在している。この事実をしっかりと心で感じられるあなたに蘇ってください。

15) 愛を思う瞑想を続けましょう。田池留吉をただひたすら思える瞑想を続けましょう。私、田池留吉の世界を心に広げていけばいくほどに、あなたの存在も、またあなた自身心で分かってきます。素晴らしい、素晴らしい存在でした。
私達は愛の中でひとつなのだということを、あなたの心で一日も早く、少しでも多くの人が自分に目覚めていただきたい。私はその思いでいっぱいです。私、田池留吉の世界はただただ愛を伝えます。もちろん、250年後、アルバートとして私はこの日本で伝えた通りに、いいえ、それ以上に私は愛を伝える存在です。私は250年後、アルバートとしての肉を持ちます。「心の中の愛をしっかりと広げていきましょう。」そのように、私は全宇宙に呼び掛けてまいります。
心で分かり、心で感じ、心で共鳴し、心で共有していく仲間達が集ってきます。ともに歩みを進めていく仲間です。私はとても幸せです。この日本の国に肉を持ち、学びをしてきたこと、そして素晴らしい仲間と出会えたこと、私の思いは本当に喜び一色です。ともに歩めることを、あなたもそして、あなたもどうぞ、心から心から喜んでいってください。
「私達の中にあるのは愛。心のふるさと、愛へ帰りましょう。」あなたの中に絶えず、絶えず、メッセージを送り続けています。
私は、波動です。愛を流す波動です。波動の中に喜びを、温もりを、広がりを、幸せを、本当にひとつになって、心から心から田池留吉、アルバート、愛ある世界を思ってみてください。
これから、UTAの輪を通して、私はさらに愛を伝えてまいります。心の中の愛に目覚めていけるように、あなたもしっかりとUTAの輪の中で心を向けていくことをなさっていってください。私達の行く先はひとつ。愛の世界です。行く先と言ってもそれはあなたの外にあるのではありません。あなたの中から、私が伝えていることを、どうぞ、心でしっかりと感じていってください。

16) どうぞ、私を思う瞑想を楽しんでください。いつも、私と出会っている喜びと幸せを、心から心から味わってください。そうすればいいだけ。おわかりでしょうか。

17) 肉が自分だとする思いがどれだけちっぽけな思いなのか、どれだけちっぽけな世界なのか、それぞれの心の中にしっかりと感じていくことが待たれています。私達の本当の姿は波動、エネルギーなんです。私達は宇宙なんです。ともに、ともに帰っていくあの素晴らしい世界、それが私達の本当の姿です。愛は私達。私達の中に愛があったことを、私は肉を通して伝えました。今世、肉を通して伝えました。私の肉はないけれど、たくさんのたくさんの意識達に伝え続けていきます。これからも、どんどん伝え続けていきます。宇宙がどんどん、どんどん変わっていきます。私達の思いを、すべてすべて宇宙は知っています。心の中にしっかりと宇宙を呼びなさい。母なる宇宙、その優しさ、温もり、広がり、とてもとても頭では決して理解できない世界、波動の世界をそれぞれの心に感じていきなさい。心の中に私を呼び、私とともに歩んでいく喜びと幸せをどんどん心に感じていってください。私はあなたの中に、いつもそのように伝えています。心の中の田池留吉、アルバート。そして愛のエネルギー。あなたです。本当のあなたです。あなたがあなたに伝えていることを、どうぞ、それぞれの心の中で知ってください。私を素直に呼んでいけるかどうか、それはそれぞれに、係っています。たくさんの間違いを積み重ねてきた人類の心の中で、ようやく巡り合ったこの真実の波動の世界を今世、少しでも多くの人に、一人でも多くの方に伝えていきたいということで、私は三次元に肉体を持ってきました。そして、今は肉体がない中で、私は田池留吉の世界から伝えています。心の中に私を呼びなさい。田池留吉にしっかりと心の針を向け合わせて、あなたの中に広がっていく喜びの波動をしっかりと、しっかりと感じて、そして、今世を終えていくのです。あなた方の中にはたくさんのエネルギーが詰まっています。他力のエネルギーです。他力のエネルギー。肉を自分だとするちっぽけな世界、真っ黒にくすんで、淀んできた世界です。あなた方は自分を自分で見捨ててしまったのです。冷たい自分になり下がってしまったことを、しっかりと心で感じて、しかし、そこから必ず蘇ってください。優しい中にあった、温もりの中にあった、肉では決して到達できないこの世界の優しさ、本当の温もりをどうぞ、どうぞ、あなたの心で感じていってください。
私は田池留吉。中にある田池留吉。あなたの中にある田池留吉。今、ああ、私はこの思いを伝えます。

18) 愛が私達でした。
前を向いて愛に向かって、一歩、一歩前進しましょう。私達の中には喜び、温もりがたくさんたくさんあります。溢れるほどに、尽きることなく温もりと喜びのエネルギーを抱えてきた私達です。そのエネルギーをしっかりと感じていけるこれからなんです。しっかりと、心を田池留吉、アルバートに向けて存在していってください。肉は愚かです。肉を通して感じるエネルギー、そのエネルギーをこの愛のエネルギーの中に解き放していってください。そのエネルギーの中に埋没するのではなく、愛のエネルギーの中に解き放していくのです。ともに帰ろう、愛へ帰ろう。すべてはひとつ。愛の中にひとつということを、あなたの心を通して伝えていくのです。宇宙が待っていることを伝えなさい。愛は私達でした。愛を求めてきた私達。その愛を求めてきた私達の心が、あなたの心にもあります。
次元を超えていくのはすべての意識達です。この三次元にやってきた意識達だけではございません。すべての意識達が挙って、次元を超えていける今という時を共有している喜びを伝えていきましょう。
私、田池留吉に心の針を向けて合わせていけばいくほどに、あなたの心に響いてくる波動の世界があります。波動を感じて、波動を伝えて、あなたがさらなる一歩を進められることを、私達は待ち望んでいます。ありがとうございます。ありがとうございます。


ひとつ、ともにともに
          田池留吉(病室にて)

  
1) 田池留吉、アルバートのメッセージを受けている方、本当に田池留吉、アルバートからのメッセージか、厳しい検証をしてください。種水のレベルが9以上(すごく硬い)でなければ、受信できませんとお伝えしておきます。

2) 喜び、優しさ、温もり等々の波動を感じられるのは、種水のレベルが9及び8(すごく硬い)の人達だけです。常に心を内に向けて検証してください。
6(硬い)以下の人達は難しいと思います。水道水をいわゆる愛の水道水に変えられるのは、4、5、6の段階の人達でもできると思いますが、レベルの高い6のを作られて活用するように。レベルの高い愛の水素水は、レベル7以上の水道水を使って。なお、8以上のレベルの種水のミニボトルを使って作り、飲用するように。
少々、厳しくはっきりと伝えておきます。みなさん、甘い、甘い。レベルアップに努めてください。

3) 種水のミニボトルのレベルの一応の認定については、栗生啓子さんと久保明子さんに頼んでおきます。セミナー会場かクボハウスで認定を受けてください。11月以降のレベルアップの参加者は、9、8、7の方々とします。

4) みなさん方にお聞きします。田池留吉、アルバートをどの程度知っておられますか。殆どの方はあまり知らないで学びを進めていこうとしていませんか。それでは、前へ進むのは、なかなか難しいと思います。正しい瞑想の1をしっかりとやってください。

5) 種水のミニボトルの認定方法
  ①持参のミニボトルをオーリングする
  ②それをコップに入れた水道水に転写。その水を飲んでみる。
  ③6以下の方は、まず、田池留吉を思い、続いて、ミニボトルに向けて、「私は愛です。あなたも愛です。ひとつ。」と。続いて、そのミニボトルをオーリングする。
その結果を現在の認定値とする。

6) 心はいつも外へ向くようになってしまっています。地獄から出て地獄へ帰っていく転生を繰り返してきたからです。
何故でしょう。あなたの心、思いは、いつも、神、仏、金、権力に向いていませんか。あなたが信じた教祖はどうでしょうか。このようなことではダメです。いつまで続けるのでしょうか。今世も失敗、地獄ですか。心の向け先はたった一つです。それ以外は間違いです。私は愛、あなたも愛、ひとつですよ。

7) コロコロ変わる喜びとか優しさは本物ではありません。肉が基盤になっているからです。喜びを外に求めているからです。心の外の世界は偽。内の世界が真。
外のことは程々でいいのです。信じて素直に意識の転回を進めていきましょう。

8) 口は出すが金や物は出さない人。金や物は出すが、口をしきりに出してくる人。トラブルメーカーになっていませんか。
金や物や形はやがて無くなるもの。程々に。意識があって、金や物や形です。意識が現象化します。現象にとらわれていては、真実は見えてきません。
しかし、現象を拒否したり、無視しては、何も見えてきません。すべてを受け容れ、使っている思い、使ってきた思いを見るように。心の針がどこを向いていたか確認するようにしましょう。

9) 「ごめん、ありがとう」の思いは、相手を受け容れる心に通じていきます。明るい心、喜びの心、優しい心、温もりのある心に通じていきます。すべては愛。愛でないものは、ひとつとしてありません。肉体細胞に向けて実践、確認してみてください。

10) 田池留吉を思うことから一日が始まるように心掛けましょう。このことは頭脳で分かりません。心でしか分かりません。とにかく、実践の連続。確認できるように努めましょう。

11) できないこと、できていないことを、あたかもできているように言う人々に要注意。ないものをあるように言う人もです。例えば、神、仏を。

12) ベッタよし。トップよし。ベッタばっかり、トップばっかりの人を見かけたことありますか。
私はトップの経験、ベッタの経験、両方あります。今、よかったと思っています。人生、しんどくありません。優越感も劣等感も段々となくなってきました。
選民意識、特別意識を持っている人、決して賢くありません。しんどいと思います。神様、仏様の好きな人も同じです。幸せが分かりません。
しんどい、しんどい人生、もう止めにしませんか。誇り、喜び、嘘でしょう。

13) あなた、善人ですか。悪人ですか。誰がそのように言っているのですか。あなたは、現在紛れもなく悪魔です。鬼です。いわゆる愛が欠乏しているのです。心の中に愛が溢れているのに、どうしてですか。その訳に一刻も早く気付いてください。それを治せるのはあなただけです。一番大事なことを忘れていませんか。愛が流れ行かないように、堰き止めているのですよ、あなたは。あなたは愛。すべてが愛。ひとつです。

14) 田池留吉の意識の世界の法は大変厳しいです。そして、大変優しいです。この世界こそ、安心、平和、喜びの世界です。
厳しいのは嫌ですか。受け容れていってください。受け容れていけば、厳しさは優しさに変わっていきます。

15) 決して他人を殺してはいけません。自分自身を殺してもいけません。大人達は、子供達に語り継ぎ、教え続けてほしいと思っています。なぜ、肉体生命を今世いただけたのか、みなさん方は、明々白々ですね。でも現実はどうでしょうか。平和、戦争反対、みんな仲良くと言いながら、相も変わらず、人と人は争い続けています。それが現状です。どうしてでしょうか。もう大変難しくなってしまっているでしょうが、みなさん方だけでも、正しいプラス情報、そして波動、愛のエネルギーを流し続けていきませんか。老いも若きも、ともにともに、学びをどんどん進めていってください。仕事、私と同じ仕事を成し遂げていきましょう。
天変地異と死を正しく受け止めてまいりましょう。不安と恐怖はダメ。受け容れていきましょう。

16) 今日もほたる(犬)の目を見ています。小鳥のさえずりを聞いています。花が微笑んでいます。そして、父と母、学校の先生、友人と隣人を偲んでいます。「ごめん、ありがとう」と。
特に、父と母、H先生、T先生、H先生、M校長先生を毎日のように思っています。受けた情とか恩を大事にしています。楽しいです。ありがたいです。私は、これからも、ともに、ともに仕事をしっかりと遂行していきます。みなさん方もどうぞ。少々、肉の臭いがしますが、ごめん。

17) 肉に閉じこもっている人々、意識の世界へ一刻も早く、どうぞ。人を見下している人、自分は清く正しく美しいと思っている人、自分を偉いと思い上がっている人、未だに神、仏、金、権力と思っている人、どうしようもありません。田池留吉の世界、母なる宇宙にあなたの思いを向けてください。答えは簡単にあなたの心から届けられます。人を馬鹿にするな。喧嘩するな。泣くな。悲しむな。何も怖いことも、淋しいこともない。幻想。錯覚。生きる基盤、間違っていませんか。

18) 独りぼっちの老人を、みんなで大切にしましょう。ビジネスはダメ。ともに愛のエネルギーの中で生きていきましょう。
愛の水道水、愛の水素水を飲んで、正しい瞑想を続けながら、健康寿命を少しでも伸ばし、死ぬまで元気で自分の仕事を成し遂げられるよう、ともに生きていきましょう。

19) 命を懸けて、私、田池留吉(意識)にあなたの思いを向けてみませんか。私、田池留吉(肉)は何も求めません。命懸けで仕事をしてきました。肉は愚かですけれど。
甘い思い、他力の思いでは、何も前へ進めません。田池留吉の思いに素直になろうともしない母親が我が子に、「もっと素直になりなさい。お母さんの言うことを聞きなさい。」と言っているのをよく耳にします。これでは、子供が素直になれませんよ。こんな人、たくさん、たくさんいます。家庭が崩れ始めます。自分の間違った思いは、金や神では治すことは難しい。ふるさとの替え歌を歌ってみましょう。お母さんの温もり。心の針の向け先。正しい瞑想をもっともっと大切に。

20) ただ今入院、手術治療中。病名、胸部大動脈瘤切迫破裂疑い。腹部大動脈瘤。毎日気持ちよく過ごしています。みなさんにご心配かけてすみません。面会謝絶でお願いします。

21) 人生は喜び、プラス、愛。マイナスは受け容れる。反転、供養などで。マイナスはもともと存在しない。闇も悪魔も鬼も、もともと存在しない。あなたは愛です。私も愛です。ひとつ。信じて、信じて生きていける幸せ、喜び、温もり、優しさを、さらにさらに喜んで生きていきましょう。
癌も引きこもりも離婚もマイナスではありません。あなたがそう思っている間違った思いを流しているだけです。愛のエネルギー、あなた自身を信じて強く生きていきましょう。

22) 心の向け先を正しくして、正しい瞑想を。自己供養。自分が作ってきた闇、悪魔、鬼、肉を基盤とした肉の思いに向けて、「私は愛です。あなたも愛です。ひとつ。」「ともに、ともに、心のふるさと愛に帰ろう。」とあなたの愛を流してください。そのようにすれば、あなたからあなたの愛が、母なる宇宙、愛から流れていくのです。暗闇は喜びに変わっていくのです。マイナスの思いは、プラスの思いに変わっていきます。ああ、本当だ、すべてのものが愛だ、喜びだ、温もりだ、優しいと信じられるようになってきます。正しい瞑想は楽しい。積み重ねていこうとなってきます。あとは、ごめん、ありがとう、喜び、幸せとなってきます。信じて、信じて行じてください。待っています。待ち続けています。さあ、ともに、ともにですよ。

23) 言葉に真実はありません。金は大事なもの、肉体生命を保つために。ただそれだけのものです。物や形に真実はありません。ただ、自分の心の向け先を内に、愛に向けさせるものと心得てください。真実は、心の外にありません。心の中にあります。自己供養は愛です。喜びです。温もり、優しさです。断じて行っていけば、次元移行が現実のものとなってくるでしょう。決して単なる夢ではありません。このことに気付き、なしていくために、あなたは、お母さんの温もりに産んでもらったのです。

24) 種水のレベルアップ(硬い以上)。そして、転写、転写で楽しい毎日をどうぞ。そして、反転もどんどんやっていきましょう。

25) もうひとつ。愛のリングのレベルアップも。種水と両方を使って、健康で有効な瞑想を楽しんでください。


26)
 私の病名を見て怯みましたか。一瞬、学びから離れようと思いましたか。あなたの心をしっかりと見てください。一番大事なことは何だと思ってきましたか。自己選択、自己責任ですよ。他力の心、他力を離せない自分の心を確認してください。私は愛です。よろしく。

27) あなたは、世の為、人の為に役立つ仕事をするために生まれてきたのですか。それとも、金、名声、夢などの為ですか。では、あなたは、死んだらどうなると思っていますか。世の為、人の為に役立つ仕事って何でしょうか。

28) 人生色々、肉を基盤とすれば、そうでしょうが、意識を基盤、意識の転回が進んでくれば、人生は一つ。愛、喜び、温もりとなってきます。私は愛、あなたも愛、ひとつとなってきます。意識も色々あるように思っている人は、やはり、肉を基盤とした、いわゆる肉の思いが色々あるから、そのように思えるのです。みんなひとつ。愛でないものは存在しません。どうでしょうか。

29) 高学歴、高収入、そして、高級車に乗っておれば、幸せになれると、あなたは思っていますか。あなたが死んでしまえば、高学歴も、高収入も、高級車も無くなるんです。心の外に、いくら幸せを求めても、真の幸せを知ることはあり得ません。では、どうすればいいのでしょうか。もうお分かりですね。心の針の向け先を正しくしていきましょう。

30) 恐怖心や不安感、ありませんか。学びを進めるのに大変よくありません。私は、恐怖心や不安感を溢れて学びを伝える思いは全くありません。しかし、他力の心の強い人はどうでしょうか。そこで、水と瞑想です。正しくしっかりやってください。もちろん、母親の温もりが必要不可欠です。見下げる思い、軽視する思いはありませんか。己偉い心、あるかないか、しっかりと心を見つめてください。特別意識、選民意識も。

31) よいとこどり、自分、肉の自分にとって都合のよいものだけを取り入れる人、色々の教えのよいと思っているものを取り入れて学んでいる人、案外、たくさんいます。では、私が伝えてきたものはどうでしょうか。やっばり、肉が基盤、己が偉い。学びはなかなか進んでいかないのでは。
よいとこどり、色々の教えを集めて作り上げた教えは、如何なものでしょうか。はっきり、しっかりしましょう。

32) 愛の水道水は自然の恵み。愛の水素水は母親の温もり。どんな時もいっしょ。信じて、ともにともに真っ直ぐに、心のふるさとへ帰っていきましょう。信じる者は救われる、神をではないですよ。
とにかく、レベルアップ、レベルアップ。アップ、アップ。フレー、フレー。時と場合、生活環境などによっては、愛の水道水だけでいいですよ。水道水はどこにでもあるから。

33) 死後の世界、いわゆる色はないけれど、真っ暗闇・漆黒か、空(くう)・真っ青・光。あなたはいずれでしょうか。西方浄土とか極楽とか天上界といったものはどうでしょうか。死後の苦しみ、寂しさ、冷たさ、恐怖、不安とかいったものは、誰も何とかしてくれません。自分を救うのは自分。ただ愛だけが。

34) 種水のレベルについて。10を超えるもの。10。9.5。9。8。7。6。5以下。以上が判定値。レベルアップに参加していただく方は、6以上の方だけ。ただし、スタッフや登録してセミナーに参加し始めてから3年以内で、レベルアップが期待できる方は参加いただきます。

35) このたび、私の入院・手術・加療について、過労と警告。喜んで受け容れています。今日の秋の青空のような心境です。ごめん、ありがとう。安心。全託。

36) できるだけ自分のことは自分でするように。私の母の口癖でした。種水のレベルアップは自分達で。判定もレベルアップも。
現時点で6以上あると思う方だけ、栗生啓子さん、久保明子さんに申し出て判定してもらうようにしてください。5以上でない方は申し込まないように。

37) 身寄りのない独りぼっちの後期高齢者、おじいちゃん、おばあちゃんの下の世話をビジネスでなく、無償でお世話させていただこうと思っている人、応募に応えてください。その時はお願いします。

38) 陰険な戦い、いじめ、いじわる。俗に言う根性悪。肉の思いの戦いは止めましょう。身体にも心にも悪いから止めてください。

39) 60歳過ぎ頃から、現実は厳しい環境にあると思いますが、心の針を一点に合わせ、次元移行に向かって、一歩、一歩前進していただきたいと思っています。怒ったり、偉ぶったり、人を見下げたり、不平不満いっぱいで、ぶつぶつの毎日、止めにしていきましょう。病も不仲も自分の心を見るチャンス。心を内に向け、自分が使っている、使ってきた肉の思いをしっかりと見ていきましょう。

40) 種水のレベルアップについて
   1) 9月を迎えて、段階5と6の方が増え始める。
   2) 11月に入ると、段階5と6の方がさらに増え始め、段階7の方も出てくる。
   3) 12月のUTAの輪のセミナーを迎えて、段階5と6と7の方がさらに増え始める。
   4) 後は楽しみ。今年中に、段階8の方が出ればと。

41) 星のお話について
   UTAの輪S
0 塩川香世、自転公転。 S0の周りを自転公転する星群、S1、S2、S3・・・。 S1、S2、S3・・・の周りを自転公転する星群。S0からS1、S2、S3・・・と調和のとれた星群が、ここ20年以内に出来たらと夢。期待しています。肉のお話ですが。肉と意識は表裏一体と心得ています。更なる進化を夢見ている今日この頃です。

42) 8月28日、再入院しました。種水のミニボトルの判定作業が8月29日から始まります。申込み条件(種水のレベルが5以上)がありますが、自分の力で5以上になるようになって、どしどし申込んでください。念のために、5以上でない方は、何もこの学びは分かっていないことになります。

43) 真実、この道を貫け。愛はあなたの心の中に今もある。「私は愛。あなたも愛。ひとつ。」を信じて、信じて一歩前進を。

44) 種水のレベルの判定について
   レベルアップに回数を積んでください。レベルの判定は、栗生啓子さん、久保明子さんに任せてください。奥さんとしたらどうであったとか、学びをしていないが関心のある友達としたら硬かったとか言っている人がありますが、あまり参考にならない場合がありますから、要注意。

45) 反転力を高めるように努めてください。自分の心の針がどの程度田池留吉に向いているか、田池留吉の世界が分かっているか、自分が愛だとどの程度信じているか、参考になると思います。どうぞ、アップ、アップと高めていってください。「私は愛です。」と思ってやり続けてください。

46) ゆっくりしいやと言いたいところですが、千載一遇のチャンス。チャンスをものにしてほしいと思っています。種水のレベルが上がってくると、現象のとらえ方が変わってきます。受け容れられるようになってきます。ものの見方、考え方、感じ方が変わってくるということが分かってきます。

47) あなたの心の針はどこに向いているか。田池留吉ですか。愛ですか。それとも・・・。良いことをすれば良い結果が、悪いことをすれば悪い結果が出てくると思っている人が多いですが、さて、良いこととは何だと思っていますか。そして、悪いこととは。
このことは少し違っています。あなたが使っている思いが正しいかどうかです。では、使っている思いが正しいとはどういうことでしょうか。結局は波動ですね。波動はあなたの心の状態をはっきりと表示していきます。

48) この学びについて振り返ってみましょう。
   1)動機は。誰かの紹介で、UTAブックの本を読んで、いずれにしても、何を目指して仲間入りしてきましたか。今もまだ他力でやっていませんか。
   2)田池留吉をどう思っていますか。教祖、先生、それとも・・・。
   3)あなたは愛ですと伝えていますが、信じていますか。では、愛をどのように理解していますか。愛の存在をどのように確認していますか。

49) 愛の水道水、愛の水素水を毎日飲んでいますか。各水に対して、どのような思いで飲んでいますか。

50) 種水を常に身につけていますか。種水のレベル判定は如何ですか。レベルアップに努めていますか。現在は6以上ですか。

51) 種水のレベルアップを常にともにやっている友達はいますか。それとも独りぼっちですか。友達とともに成長していくようにしましょう。

52)
 お母さんを大事にしていますか。お母さんを喜ばせるようなレベルアップの勉強をしていきましょう。お母さんとともに愛に帰る生活を楽しんでいきましょう。お父さんも、夫も、妻も忘れないように。そして、友達も。お互いに心の中にある喜びを大きく育てていくような学びをしていきましょう。

53) 常にレベルアップを。説法はいいんです。真実を、愛を伝えていきましょう。笑顔を忘れた老人に、独りぼっちの老人に「あなたは愛ですよ。みんなひとつですよ。」と伝えていきましょう。愛を引き出し育てていくように。そして、笑顔を取り戻すように。ともに、ともに真実の道を進む喜びを。
年寄りの最大のプレゼントは愛です。喜びです。温もりです。最後までともに、正しい瞑想を心掛けていきましょう。

54) ひとつとして愛を流していないものはありません。すべて愛。愛の波動を伝えています。だから、すべてのもの、人、現象から気付いてください。あなたの心の中に愛が今も眠っていることを。暗い思いはもういいんです。明るい心、本来の心の復活で、一歩一歩愛を確認、信じて最後まで生きていきましょう。人と楽しんで楽しんで、ありがとうで終わりにしましょう。

55) 万象万物はひとつ。愛です。ともに愛へ帰りましょう。あなたの人生も私の人生も、究極は同じです。同じが嫌ですか。でも同じです。苦しむのは止めにしましょう。人生は喜びです。温もりです。安らぎです。戦うのは人生ではありません。ともに、連れもって愛に帰る道が本道です。ひとつです。

56) 私は優しい人間になりたい。あなたの心の針は田池留吉にしっかりと向いていますか。あなたは、ある日突然、冷たい人間になりませんか。冷酷、無慈悲。
私は強い人間になりたい。あなたは、常に田池留吉を思い、ひとつになっていますか。あなたは、ある日突然、ポキっと折れたりしませんか。挫折、失意、自殺。
本当の優しさ、強さとは、もう分かっていますね。

57) 適当な言葉が見つかりません。肉の思いのない思いを純粋と申しておきます。純粋な方しか、田池留吉に自分の心の針を合わせることは難しいです。ただ単に、田池先生は大好き、偉大な方だと思っている、どこまでもついていきますというだけでは純粋と言えません。
自分の心の中に、少しでも神、仏、教祖を掴んでいる人は不純。田池留吉を知ることは、不可能に近いです。もちろん、聖者とか賢者とかも同じです。全く次元が違います。ホームページやセミナーや反省やメッセージとおっしゃっても、純粋でなければ、心の針は田池留吉に合いません。種水のレベルで言えば、10超ということになります。しかし、10超でもという思いもあります。しかしです。田池留吉は、あなたの心の中にも、私の心の中にも厳然として存在していると思っています。
田池留吉を見捨て去った、忘れ去った肉の思いでは、今世は、田池留吉を知ることは、とても難しいことだと思います。
私は、純粋に近い状態の時に、自分に伝わってくる思いには、ハイと従ってきました。決断と断行と全託できました。それが今日の私に私を変えてきました。だから、私は、私を、田池留吉を信じて、信じて今日まできました。来世は、250年後は、アルバートという肉体をいただき、純粋な多くの人々との出会いを得て、次元移行を完遂してまいる思いです。アルバート、田池留吉の世界をもっと、もっと分かっていくと思っています。
皆さん方も、一応、250年後の出会いと次元移行を目指して、日夜精進していきませんか。大変厳しいですが、喜び、喜びの道です。

58) 第1回目の手術が終わって、1週間が経ちました。その間に、色々のことを学ぶことができました。肉眼で。脳で。
みんな何も分かっていないことも。分からない今も、段々暗く独りぼっちで冷たく重苦しい世界で固まっていることも分からず、救いを求めています。現在、肉体を持っている人々も、もうとっくに離れてしまっている人々も、ただただ帰るところが分からず彷徨っています。
もう肉のことはどうでもよいのではないですか。高学歴、高収入、高級車、身を立て名を上げることも、どうでもよいのではないですか。自分の死に真向かいになって、どう生きるべきか。誠実に真剣に自分の生を見つめ直していきましょう。

59) イエスも仏陀も小さい、小さい。空海も親鸞、日蓮、法然といった歴史上に名を残している名僧、高僧と言われている人もみんな、小さい、小さい。
本来の姿はみんな、もっと、もっと大きい。愛、ひとつです。さあ、みんな離して、もっと、もっと大きくなっていきましょう。

60) 自分の心の針が田池留吉に向いているか。心の針が合っているか。迷ったときは、田池留吉を心からしっかりと呼び続けるようにしましょう。継続と積み重ねが大事です。あなたの心の何かが変わってきます。そのことを少しでも喜んでいくようにしましょう。あなたの心の中にある喜びが段々と大きくなってきますでしょう。
心のふるさとに帰っていきましょう。愛へ帰る喜び、愛を思う喜びを、今世、実感していきましょう。
それにしても、現在のあなたは甘過ぎませんか。偉過ぎませんか。意識の転回にこれ努めていきませんか。首を長く長くして待っています。決断と断行でいきましょう。

61) 心が外へ向いている時は、肉のことばかり。心を内へ向けるように心掛けましょう。だから、正しい瞑想。一にも、二にもと励んでください。頭脳では、真実は見えてきません。頭は程々に。心で感じて、己を知る日々を過ごすようにしましょう。。単純、明快、矛盾のない生活を。

62) 今世の学びの成果を来世の学びに繋げていってください。そして、300年後の次元移行に繋いでいってください。それまでに超大変な体験をなさると思いますが、心の針の向け先をしっかりとさせて、一歩一歩前へ前へ学んでいってください。人生とはそういうものです。あなたは意識です。愛です。よろしいでしょうか。

63) 愛の世界は人間の頭脳では、とてもとても計り知れないもの。まさに無限大、永遠、形はなし。何もない。しかし、すべてをと思えます。私は、これからもずっと信じて信じて、皆さん方とともに、ともに進んでいきたいと思っています。10超の段階でもという世界です。未来永劫に、永遠の今に正直に、存在していきたいと思っています。

64) 人間は、まだまだ甘い。まだまだ偉過ぎます。だから、肉の次元の幸せを、自分を誤魔化し、誤魔化しながら追い求めているのではないでしょうか。儚いことです。朝露の如し。真実の道へ軌道修正して、正道をひたすらに進んでいきませんか。自分を信じて生きていきましょう。自分をですよ。神や仏や金ではありませんよ。

65) あなたは、いや人間達は自分を小さくとらえています。意識です。肉ではありません。無限、永遠の存在。神、仏やといったものは小さい、小さい。
ホームページを読んでいますか。本を読んでいますか。正しい瞑想を実践していますか。この学びを自分の都合のよいように考えてやっていませんか。
種水の判定を必ず受けてください。独りよがりは禁物。私も判定に参加して、皆さんの努力に応えていきたいと思っています。勇気を出して、判定会に。有馬、橿原のセミナーでいっしょに学んでいきましょう。

66) 死後の世界、影も形もありません。もちろん、極楽、地獄といった空間、場所があるわけではありません。あるのは、自分の思いの世界だけ。ところで、死後、あなたにとって一番大事なことは何ですか。それは、田池留吉に自分の心の針を合わせ、田池留吉を思い続け、呼び続けることです。あとは?。
ところで、自分の肉の思いは明るいですか。暗いですか。それはどうしてでしょうか。素直で優しく喜んで、毎日を生きていきましょう。それには?。

67) 自己供養。自己を供養するとは、どういうことでしょうか。まず、死後の自分の世界を知ることです。その世界は、明るいか、暗いかをはっきりとさせることが大事です。では、暗い、冷たい、寂しい、重い世界はどんな世界、思いの世界でしょうか。肉の思い、肉を本物とする思いは暗いです。苦界です。
では、明るい世界、思いの世界とは、どんな世界、思いの世界でしょうか。自分が使ってきた、使っている思いをしっかり検証してください。でないと、正しい自己供養はできません。まず、自分の死後の世界を間違いなく知ることが、学びを進めていくうえで、大変重要なことです。

68) 学びに参加されている方で田池留吉はすごいと言う方は少なくありません。私自身もそう思っています。信じています。しかし、あなたもです。ひとつとも言っています。問題は内容です。その内容如何によっては、大変な違い、光と闇ほどの違いがあります。よく自分の心、思いを見てください。心の針は田池留吉に本当に向いているでしょうか。闇の田池留吉の声を聞いているのではないでしょうか。波動に偽りはありません。あなたの種水の判定はいかがでしょうか。

69) これからは、Sさんを中心にした輪が進化していきます。もちろん、Xさん、Yさん、Zさん、Pさん、Qさん、Rさん・・・の輪もできてくるでしょう。
そして、Sさんの輪に同化して、たとえば、Sさん、Xさん、Yさん・・・などが中心となって輪がさらに進化していくでしょう。
全く別の輪を大きくしていくもの、消えてなくなるもの、離れていくもの、色々の輪ができてくるでしょうが、しっかりと何が本物かを見極めていかないと、大変困ったことになるでしょう。常に自分の心の針が本当の田池留吉に向いているかどうか検証しながら、学びを進めていきましょう。

70) 己の頭脳や環境を誇る人は、意識の転回の内容をうまく説明ができても、本当に理解できているかというと、なかなか難しいようです。
己を肉とする思いや、五官でしか理解できないものしか分からないようです。一にも二にも正しい瞑想でしか、真実に到達する道はありません。そうです。1です。1ができているかどうかです。素直に真っ直ぐに心の向け先を管理してください。
意識の流れ
UTAブック
NPO法人UTAの輪