UTAの輪の中でともに学ぼう

塩川香世

 

あなたはなぜ生まれてきたのでしょうか。
何をするために今という時間があるのでしょうか。
あなたは、本当の自分を知っていますか。
あなたはどういう存在でしょうか。
そして、死んだ後、どのような状態であるかご存じでしょうか。

UTAの輪。みんな、集まれ。集まれ。
肉を持つもの、持たないもの、宇宙の友よ、
みんな、みんないっしょに、愛 、心のふるさとへ帰ろう。

 
私達は、今、肉体を持っています。肉体という形を持っています。しかし、私達の本質は意識。愛、愛のエネルギーなんです。
波動の世界がすべてでした。私達は形の世界を本物として、ずっと、ずっと、長い間、気の遠くなるような長い間、転生を繰り返してきました。
すべて苦しい転生でした。間違った転生でした。真っ暗闇の転生でした。その中に真実は何もなかったんです。真実は心に届かなかった。
このことに、誰もこの地球上に転生してきた人達、誰一人として、心で気付いた人はいなかった。誰一人、真実を明らかにする人はいなかった。
しかし、今、こうして、私達が肉体を持っているこの三次元の中で、ようやく、ようやく、田池留吉、アルバートという真実の波動の世界と出会い、三十年の学びの時間を経て、私達は、真実の道、愛へ帰る道を、自分の心の中に見出し始めています。
だから、私達は呼び掛けます。宇宙に彷徨う私達の仲間、この三次元にやってこれなかった私達の仲間に呼び掛けます。
もちろん、肉を持ってこの地球上に転生してきた意識達にも、呼び掛けています。ともに、ともに、帰ろうと。
愛、心のふるさと、私達のふるさとです。私達の心のふるさとは愛でした。愛は、私達の心のふるさとでした。懐かしい、懐かしい母の温もりの中へ、喜びの中へ、ただただ広がっていく中へ帰ってまいりましょう。
私達は、これから、250年、300年かけて、この地球上に、そして宇宙に広がっている空間の中で、私達は、呼び掛けてまいります。
波動として、存在していることを、ただただ自分達の心の中で感じ合い、共鳴し合う喜びの道を、ともに歩いていきましょう。

あなたは目に見えません。あなたはエネルギーだからです。
日々の生活の中で、自分の作ってきたエネルギーを感じてください。
正しい瞑想をして、愛のエネルギーを心に感じられるようになってください。
何を間違えたのか、なぜ間違ったのか、あなたの心で知ってください。
次元移行という意識の流れを心で知ってください。

宇宙を思って瞑想をしましょう。

1150) 心に広がる思い、広がっていく喜びは、何度でも味わうことができます。
繰り返し、繰り返し、何度味わってもいいものです。決して消えない、薄れていきません。思えばそこへ通じていると感じられる喜び、幸せ、安心感です。周りがどんな状況であろうとも、自分の中にしっかりと広がりゆく世界が厳然としてあると確信していれば、心は右往左往しません。見て聞けば思いは出てきますが、その思いは瞬間温もりへ返していけばいいことだし、またそれをするために、今、肉を持っているわけだから、それは自分自身の大切な仕事です。だから、もうそういうことで自分が右往左往しないことが嬉しいとなってくるでしょう。それよりも、思いを向けて心に広がっていく世界、波動を感じる喜びと幸せに出会えている今に、ありがとう、嬉しいということです。
来世のあなたからのメッセージをどんどん受けて、過去のあなたとともに、来世のあなたとともに歩みをしてください。今のあなたがすべてです。今、しっかりと田池留吉、アルバートを呼べるあなたになってください。

1151) 欲に塗れ自分を見失ってきた過去とはもう本当に決別しましょう。肉を持てば欲は消えることはありません。ただ、欲に塗れる愚かなことを止めることはできます。汚れに汚れ切った自分の意識の世界だと知って、そしてそんな自分にも関わらず、見捨て見限ることなく、こうしてチャンスを用意してきたことも知ってください。しかも、もう残り少ないチャンスだとあなたは本当は知っています。
肉に生き自分を見失ったまま彷徨い苦しみ続けても、そんな自分を見捨てることなく見限ることのない本当の自分はずっとそこに存在していました。本当の自分からのメッセージはどんどん来るけれど、全く気付かずにいただけです。今世こそ、本当の自分と出会って、本当の自分に沿って生きていきませんか。幸せも喜びも全く次元が違っていたことを心から知っていきましょう。
間違い続けてきたことが喜びでした。間違い続けてきたから、どうしようもなかったから、今世、こんな素晴らしい計画を立ててきたんです。背水の陣です。もうあとはありません。しかし、必ず次元移行を達成すると私の中では目途はついています。どうぞ、ともに歩みを、歩みをともに。喜びと温もりの世界へ帰っていきましょう。

1152) 死んでも終わらない自分の世界です。死んで安らかに眠ってなんかいられません。安らかな眠りにつけるならば、死は恐怖でも何でもないではないですか。しかし、みんな自分の心で知っています。死んだあとの世界がどんな世界なのか、みんな心で知っているから、死のことは後回しにするんです。そして、安らかな眠り、天国で私達を見守ってくれている、そんな何の根拠もないものに自分の心を紛らわせて、ごまかしているだけです。
何の根拠もない。いいえ、今、私達肉を持っている私達ですが、死んだ自分の状態がどんな状態であるか、自分の心で分かる学びをしています。だから、何の根拠もないとは言えません。本当に自分の心を敏感にして、自分と真っ直ぐに向き合う勇気を持って、優しさを持って、今の自分に、過去の自分から、そして未来の自分から伝えてもらいましょう。
そして、今だ、今を変えていけば、過去も未来も、たくさんの私が変わっていくんだと知っていきましょう。そんなすごい学びに出会っている幸せを心にしっかりと感じてください。

1153) もうすぐ琵琶湖セミナーです。琵琶湖セミナーは、今は年に2回となってしまいましたが、関西の人達には根強い人気があります。やはり距離的、時間的に行きやすいということでしょうか。それだけではないように思いますが、特別な事情がない限り、長らくお世話になり、田池先生との思い出もたくさんありますので、琵琶湖セミナー、継続してやっていきたいと思っています。
喜んで楽しくともに心を向けてまいりましょう。ともに田池留吉、アルバートの波動の世界に心を向けて、そしてそれぞれ250年、300年に思いを馳せていきましょう。何を見ていくか、何を信じていくか、それぞれの心にしっかりと問いかけながら、流してきたエネルギーをしっかりと感じてください。みんな喜びでした。喜び以外何もなかったんです。だから、狂い続けてきたけれど、温もりも喜びも全部自分の中にあったことを知って、狂い続けてきた自分にしっかりと伝えてください。
ともに帰ることを約束してきたこと、必ず必ず現実のものとしてください。

1154) 宇宙と心から思える喜びと幸せ。今世初めてそんな喜びと幸せを知りました。宇宙に心を向けてみなさい、向けてごらん、そのいざないは私の中をどんどん開いていきました。どんどん宇宙が変わっていく不思議と驚き、そして喜び、嬉しさ、幸せ。繰り返し繰り返し感じ味わっていく楽しみがあります。ただただ、ともに帰れる喜びだけを感じています。真っ暗、真っ黒だからこそ喜びが大きくなっていきます。宇宙には喜び以外にないからです。喜びの宇宙から喜びを消し去っていったのは、私自身でした。私は消し去ったと思ってきたけれど、そうではありませんでした。喜びの宇宙はずっとそこにあったのです。私が見失っていただけでした。自分の目を覚ます以外に道はありませんでした。喜びの宇宙を呼び起こしていくのは自分でした。ありがとう。そう伝えていただいたことが本当に嬉しいです。「あなたを信じています。私達はひとつです。」と伝えていただいたことを真っ直ぐに受けていくことが喜びです。

1155) 思うは田池留吉です。思うはアルバートです。思うは宇宙、母なる宇宙、愛です。UTAの輪の中で、ともに心を向けてまいりましょう。決してUTAの輪から離れていくことのないように、しっかりと自分の心を見て、喜んで自分の流してきたエネルギーを受けていってください。
UTAの輪。それがどんな仕事をしていくか、そこから流れ出すエネルギーのすごさを、それぞれの心できっと感じられるこれからだと思います。宇宙。汚しに汚してきた宇宙ですが、本来の宇宙の輝きに戻っていけることを知りました。温もりと喜びの世界、そんな本当の宇宙にしっかりと心を向けられる私達に蘇っていきましょう。
ともに帰ろう、ともに、ともに、そんな呼び掛け、いざないは益々その勢いが増していきます。スピードアップして、そしてそのスピードもさることながら、パワーアップも目を見張るものがあります。
どうぞ、過去のあなたとともに、未来、来世のあなたとともに、今をしっかりと生きてください。思うは田池留吉です。思うはアルバートです。思うは宇宙、母なる宇宙、愛です。

1156) 宇宙に向ける瞑想が嬉しくて喜びで、宇宙を思うことができる今が本当にありがたくてというふうになってくればいいんです。宇宙は愛です。宇宙を思うということは、愛、自分を思うということです。そんな楽しくて嬉しくて喜びの瞑想を、肉終える最後の瞬間まで堪能していきましょう。そんな時間と空間を持つ、これほどの幸せはないでしょう。
宇宙、心からありがとうの思いが流れていきます。本当に出会いたかった。私の宇宙。どこまでも愚かで地に落ちてしまったけれど、ようやく、ようやく、目覚めのときをいただき、帰っていく、戻っていくことを実現できるチャンスをいただきました。このチャンスを逃すほど愚かではありませんでした。よかった、本当によかった。肉、肉、肉の力を信じて自分を鼓舞し誇ってきたけれど、本当の自分の世界からすれば、そんなものは本当に芥子粒のものでした。どうでもいいことばかりに躍起になっていた自分を振り返るチャンスの中で、本当によかった、ありがとう、今度こそ道を間違えずに生きていけると思っています。

1157) 琵琶湖セミナー、ありがとうございました。ワン・ツー・スリーの瞑想はもちろんですが、ふるさとの歌をみんなでともに歌いながら、喜びのエネルギーの中にあることを感じていくことも大きな、大きな喜びです。
大きな声でふるさとを歌ってください。心の中からどんどんエネルギーが飛び出てきます。「帰ろう、ふるさとへ。」そんな思いをしっかりと確認してください。狂いに狂い続けてきた私達に、帰ろう、帰ろうと呼び掛けてくる思い、波動の世界を、どうぞあなたの心で味わってみてください。
この学びは波動を学ぶ学びです。流し続けてきた波動がどんな世界を生み出してきたのか、どなたもご自分の心でしっかりと確認してください。確認して、そしてそれでもこうして肉を持たせていただいたことを喜んでいきましょう。私は異語を発します。異語は波動です。波動を受けてください。UTAの輪の中でともに学べる喜びと幸せを共有してまいりましょう。
「田池留吉、アルバート、私達は必ず必ずあなたとともに帰ってまいります。」固く約束してきたことをあなたの心で思い出してください。

1158) 250年後の出会いを楽しみにしています。みんなそれぞれに心は荒んで、もうどうしようもない状態の中で出会うのです。心に受ける衝撃は今世の比ではありません。一瞬心に電光が流れる、私はそんな出会いを自分に用意しています。瞬間的に私は今世の私を心に呼び起こします。来世の私はすばやい行動を取ります。中がもうすでに目覚めているからです。中の意識、そのエネルギーに肉は突き動かされ、どんどんどんどん自分の中で爆発が起こっていくんです。どんどんどんどん私は自分を開いていきます。エネルギーの噴射です。喜びのエネルギーにどんどん変えていくそんな出会いを、私は私に用意しています。ともに、ともに、愛のエネルギーとともに私達は移行してまいります。
今世の出会い、そして250年後の出会い。意識の流れの中の出会いでした。本当にありがとうございました。

1159) 田池留吉を思うことができる、アルバートを呼ぶことができる、幸せな自分と出会っています。やっと、やっとそんな自分と出会えた今世でした。
心から、心からありがとう。意識の流れを伝えていただいたから、その流れの中に生きていると伝えていただいたから、そしてそれを真っ直ぐに受け止めていける自分に変わらせていただいたから、田池留吉を思うことも、アルバートを呼ぶことも、最高に幸せなことだと、はっきりと分かります。田池留吉を思っていさえすればいい、そして、アルバートを呼ぶ心をしっかりと育てていけばいい、そうです、そうだったんです。
出会いを本当にありがとうございます。田池留吉、アルバート、ただただ、ただただ、そう心から言える、思える私自身が本当に嬉しいです。宇宙が変わっていくすごさは、喜びとともにしっかりと私の中に広がっていっています。宇宙が変わっていくから、次元移行が予定通り遂行されていくんだと感じます。次元移行は宇宙とともに、そう自分に伝えることができる喜びを感じています。

1160) 自分の心を見ることに尽きます。自分の流している思い、エネルギーを今、肉を持っている今、しっかりと確認してください。肉を持っている今だから確認できます。そしてその修正もできます。
私達は、形の世界に生きているのではありません。自分の流している思い、エネルギーの中に、つまり思いの世界に生きています。その世界を快適にすることが自分の幸せ、喜びです。形で示されて、たとえば物であるとか、人、言葉、態度、そういうものがなければ、感じられない幸せ、喜びは、本物ではありません。何はなくとも幸せ、喜びこそが本物なんです。では、どうすれば、どうなればそれが分かるのかということは、自分の心を見ていく必要があります。自分の中にしか本当のことはないことを知っていくことが待たれています。外ではありません。みんな自分の中にあったことを心で知っていけば、それはそのまま自分を本物の幸せ、喜びの世界へいざなっていくということです。

1161) 桜満開、春爛漫。満開も花吹雪も見ごたえがあります。四季折々の風景を楽しむことができる日本の国に肉を持ってきたことを喜びながら、しかしその一方で、気候のリズムも正常でなくなってきていることを感じています。すべては意識の流れの中の出来事です。その中に、今、肉を持っている私達は、ただただ自分の中に上がってくる思いとともに一日、一日を大切にしていきましょう。
生まれてきて、学びと出会って、自分の間違いに気づいていく、そして自分の歩むべき道を知っていく、そういう意識の流れの中で自ら用意したシナリオを淡々と遂行していくことをしてください。
喜びと温もりの中にあった私でしたと、私は愛でしたと、そう心から思える自分に巡り合っていきましょう。本当の自分に待たれているあなたであると、田池留吉の肉を通して、あなたがあなたに伝えたことを知ってください。

1162) ゆったりとゆっくりとそして喜んで、自分を感じてください。自分の生き方、思う方向、全部間違ってきたことをまず心で分かることが大事です。心で分かれば、真っ直ぐに素直に、思う方向を変えていくことができます。思う方向を変えていけば、自ずと、幸せな自分を感じてきます。心からありがとうと自分に伝えることができます。自分にありがとう、何て素晴らしい響きなんでしょうか。苦しむことしか知らなかった自分に自分がありがとうと言ってやれる、優しい中に温もりの中にあったことを知ったから、自然とそうなっていきます。そうなってくると、瞑想をして自分と対話することが嬉しい、本当に嬉しいとなってくるでしょう。ここに私は確かに生きている、確かな喜びと温もりの世界にあったことをさらに感じていきます。だから瞑想は喜び、そうなってくるんです。それが自然です。何も難しいことはありませんでした。みんなが幸せになる道はこの道しかありません。

1163) ともに、UTAの輪の中でともに学んでまいりましょう。UTAの輪を見失っては、愛へ帰る道は絶対に分かりません。真っ暗闇の中でどれだけの時へ経てきたか、もう同じ過ちを繰り返すのは本当に止めてください。真っ暗闇の中で薄らぼんやり灯された光を目指してください。それぞれの心に映る光の度合いは違うかもしれません。しかし、確かに一筋の鮮明な光の道が差し込んでいます。そして、その道は真っ直ぐにしっかりとついています。その道を一歩、一歩歩んでいくことがすべてだと心で分かります。懐かしいふるさとへ続いていく道は、歩みを進めていけばいくほどに、温もりと喜びに出会えます。母なる宇宙へ帰る道を真っ直ぐに突き進みましょう。250年後の出会い、本当に楽しみです。心から爆発するエネルギーは、宇宙とともに次元を超えていく私達の心の叫びです。雄叫びです。
アルバートと心から叫びながら、ともに、ともに次元を超えていく壮大なドラマが展開されていきます。本当に待ち遠しいです。準備万端整えて、その瞬間を待ちます。

1164) さあ自分の間違いを知っていこう、そして本当の自分と必ず出会うんだ、そんな思いを心に秘めながら、何もかも整った状態の中に肉体を持たせてもらったんだ、何度も何度も感じてきました。だから、私は幸せです。
切なる思いに触れ、切なる思いが実現の方向へ一歩、一歩近づいていく過程を学んできました。箸にも棒にも掛からぬ意識の世界に、ようやく届いた幸せ、喜びへの道でした。
田池留吉の思いを心から知りました。本当の私の思いをその肉を通して真っ直ぐに伝えてくれたことに言葉がありません。
反発、反逆を繰り返し、それでも信じて待ってくれていた思いを、その肉がない今、より鮮明に感じています。私は肉ではないよと伝えてくれた通り、その世界から変わらずに流れてくる波動の世界です。この波動とともに私は生きているんだと思えることは、ただただ喜びでしかありません。
三次元での出会いを本当にありがとうございました。本当にありがとうございました。

1165) 瞑想をして信じて待ってくれていた本当の自分の思いをどんどんそしてしっかりと感じてみてください。どんな思いで待っていたか、心に響いてくるはずです。絶対に裏切らない、決して見捨てない、そんな世界があったんです。本当にあったんです。裏切られ裏切り、そして見限り見捨て、見限られ見捨てられてきた世界ではなかったんです。心で知った今世の肉でした。そんな肉を自分に持たせた思いに触れています。大切にしています。どんなことがあってももう自分を見失ってはならないと、瞑想のたびに確認しています。それが喜びなんです。真っ暗闇の中でやっと、やっと出会った真実の自分自身の叫びでした。その叫びは、苦しいから叫んでいるんではなかったんです。帰れるところがあった、見つけたよ、本当にあそこへ帰ればよかったんだとはっきりと分かったから、もう叫ばずにはいられないんです。そんな自分の心の叫びがただもう嬉しくて、嬉しくてということです。あなたも見つけてください。しっかりと見つけてください。見つけたら、ただ真っ直ぐに進んでいくことです。そして、もう一度、必ず出会いましょう。今世感じた喜びの世界をともに行こうと、喜びの確認をともにしていきましょう。

1166) 学びの友のメールです。一読してみてください。
191回の朗読とともに瞑想しました。
意識の流れ「増補改訂版の朗読、59と60」を聞いた後に191回の朗読を聞かせて頂き瞑想しました。
静かに涙が流れます。凄い学びだった。長い間学びに集わせていただけた私達は、本当に手取り足取り学ばせて頂き、自分の足で一歩を踏み出すその瞬間まで、ともに学ばせて頂きました。今も学ばせていただいています。核の存在にありがとうしかありません。静かな中で心に溢れてくる思いでした。
本当に至れり尽くせりの中で学ばせて頂きました。自分で全てを整えてシナリオ通り、そう思える瞑想は本当に、田池留吉、お母さんありがとうございましたの思いでいっぱいです。琵琶湖セミナーを境にして、天変地異を思えば自分の奥深くに固まっていた、肉の別れの寂しさ、悲しさ、辛さ、苦しさ、悔しさ、空しさが凄まじい叫びとなって次から次に繰り返し出てきます。そんな中で必ず必ず「桜のように散り際を潔くしてまいりましょう。」と溢れてくるんです。ああそうだった。今世こそはと溢れてくるんです。厳しさの中の「桜の花のように散り際を潔く」本当のやさしい波動が心いっぱいに広がっていくのを感じています。
そんな中で191回の朗読を聞かせて頂きました。
「田池留吉の思いに心を向けてください」
「三次元での出会い、本当に本当にありがとうございました。」本当にその通りです。本当にその通りです。
今を変えていけば、過去も未来の私も、たくさんの私が変っていける。私から流れる波動が変っていくことの大切さを、苦しい自分が気付かせてくれる。ともに愛へ帰りたい。ともに愛に帰ろう。自分の中の喜びとともに天変地異を思い、次元移行に向かって歩き続けます。それが信じられる今を大切に、今があることが喜びです。
ありがとうございました。

1167) 心はみんな知っています。なぜ生まれてきたのかも、何をするために今ここにあるのかも、本当はみんな自分の心で知っています。知っていながら、知らないと思っているだけです。知らないと思っている壁を取り除けば、たちまちのうちああそうだった、そうだった、ごめん、ごめん、間違って生きてきたよ、でも嬉しい、嬉しい、こんな自分の世界と出会えて嬉しい、ありがとう、ありがとう、本当にありがとう、そんな思いが広がっていくんです。
しかし、壁と言った通り、分厚い壁で自分の世界を仕切ってしまいました。区切ってしまいました。その壁を取り除く、取り払う、風通しをよくする、日当たりをよくするということが大変なことなんです。
そして、大変な作業をしない限り、壁は取り除けません。知らずのうちになくなっているなんてことはないんです。誰が作ったのでもなく、紛れもなく自分が作り積み上げた壁です。母の温もりがその壁を撤去する唯一の手段です。母の温もりのパワーだけがそれを可能にします。そして母の温もりというパワーはすべての人がその心に持ち合わせています。
信じるか信じないかはあなたの選択です。だけど信じていただきたいと思います。そして、みんなみんな幸せへ、喜びへ帰っていきましょう。

1168) 自分の心で感じ分かっていく学びであり、よって、心で感じることを拒否したり、あるいは感じたものを信じ切ることができなければ、幸せとか喜びは分かってこないでしょう。偽りの幸せ、喜びの中で自分を見失っていくしかありません。自分を見失っていくことがどんなものなのか、みんな体験済みなのに、それでも肉を持てばきれいさっぱり忘れます。それほど肉の壁は分厚く高いということです。
それを突破するにはそれ相当の覚悟が要ります。それ相当の覚悟を決めて生まれてきたはずなのに、それもまたきれいさっぱり忘れてきた私達でした。それを思い起こすために、学びがありました。学びに集い自分の心を見る実践を促されました。温もりに徹底抗戦してきた自分の意識の世界をしっかりと確認して、生きていく、存在していく方向を変えていく以外に道はないことを学んだはずです。愛でした。愛の中にあるからこそ、修正が可能なんです。素直にしっかりと修正して、本来の軌道に自分を乗せていきましょう。

1169) ゆったりと流れていく時間を楽しんでいます。何をするのでもなく、ただゆったりとゆっくりと思える時間があれば、それは幸せだと言えるでしょう。何を思う患うことなく、何を求めるわけでもなく、ただ思う時間。そんな中に自分を漂わせて、そして思うんです。それが本当に幸せで喜びなんて、学びに出会えなかったら、絶対に思いもしなかったことでした。
学びに出会えていなかったらなんて思う必要はないけれど、出会えていなかったら、永遠に本当のことは分からず、闇のまた闇奥深くに自分を沈み込ませて二度と浮き上がってくることはなかったでしょう。
深遠な闇のまた闇奥深くから、こうして出会いを持たせていただいたことにただただ感謝してありません。出会うべくして出会った出会いですが、千載一遇のチャンスだと伝えていただき、意識の流れの計画、仕事を伝えていただきました。田池留吉の肉とともに学ばせていただいた約22年の時間。そして来世の肉が肉をともにする時間を加えて、三次元での学びを終了します。

1170) 箸にも棒にも掛からぬ意識と表現しました。自分のふるさと宇宙を汚しまくってきた意識の世界でした。それは、今世の肉を通して、真実の波動と出会うというチャンスがなければ、全く気付けないことでした。箸にも棒にも掛からぬ意識の世界なのに、我の宇宙は素晴らしいと本当に思ってきたのだから、本当にお粗末でした。それでもこうしてチャンスを何度も何度も用意して、ようやく、ようやくそのチャンスを活かすことができたことは事実です。厳粛にそして喜びで受け止めて、来世の肉を思います。来世、必要不可欠の肉を用意して、自分の歩みを一歩、一歩進め、次元を超えていく喜びとともにある計画を立てたことに感謝しかありません。
250年後はすでに始まっており、ともにある喜びだけをしっかりと見つめています。田池留吉、アルバート、その意識の世界からのメッセージを忠実に実践することがすべてだと心得ています。

1171) 真っ直ぐに思えば思うほどに応えてくれる世界です。喜びと温もりしかない世界には、欲の思いは一切通用しないけれど、ただひたすら純粋に思えば思うほどに確実に広がっていく喜びと温もりがあります。
欲に塗れた中にずっとあった私達の心には、純粋ということは縁遠いことかもしれませんが、瞑想をする時間を持って、ゼロ歳の自分に戻っていけることを確認しましょう。そういう意味においても、瞑想をする時間はとても大切な時間です。肉から意識へ転回していくにおいて欠かせないものです。自分の中に真実の世界があったんだ、ここに帰ればいいんだ、その思いは宇宙に喜びのエネルギーとしてしっかりと流れていきます。肉は何もできません。特別に何もしなくていいんです。ただ、自分の中に針を向けて、自分の中をしっかりと確認して、喜びと温もり、愛のエネルギーの中にあった自分を知っていけばいいんです。そんな自分を思っていれば、そこから流れ出していきます。愛のエネルギーを流す器になりましょう。
闇のエネルギーばかり流してきたけれど、学ばせていただきました。変わっていきましょう。

1172) 昨日、南河内UTAの輪勉強会の第22回を聞かせていただきました。私は、南河内の住民ではありませんので、その勉強会には参加していませんが、当時、録音していただいたものを聞かせてもらったように記憶しています。昨日、久々に先生の肉声を聞いたからか、大変よかったと思いました。田池先生ご自身、南河内の住民として参加されていた勉強会もこれで最後ということがあったのかもしれませんが、非常によくまとめられた内容でした。先生の講和、これ一つで十二分と感じました。翌年12月に亡くなられるまで、本当にぎりぎりまで、その肉体を通して、私達に波動の世界を伝えていただいたことを改めて嬉しく思います。先生の肉がそこにあって、宇宙に向ける瞑想を体験できたこと、心からありがとうです。
皆さんも一度聞いてみてください。そして、あなたの学びに対する姿勢、生き方、存在の仕方を再度確認してください。

1173) 本当に心から学んでいこう、なぜ自分は生まれてきたのか、なぜ色々な苦しみや悲しみがあるのか、真実はいったい何なのか、そういったものにしっかりとした回答を見出そう、真摯に素直に真っ直ぐに学びと向き合う方達とともに歩みを進めていく喜びと幸せがあればいいと、私は思っています。たくさんの人達が学びに参加されることはいいことだし、嬉しいことですが、大事なのは、ともに同じ方向を向いて学んでいこうとする思いだと思います。次元移行を伝える意識の流れは厳然としてあるんです。その意識の流れに沿って、意識の流れとともに生きていく思いを育んでいる、あるいは育んでいこうとする仲間が一人、二人と増えていけばこんな嬉しいことはありません。育んでいきたいではなく、育んでいく強い意志を持ってください。
数は問題にしていません。その中身です。ともに行こうという思いの実践です。言いました。250年後はすでに始まっていますと。

1174) 瞑想を楽しんでください。楽しんでいきましょう。肉あればこそ楽しめるんです。今、しっかりと自分の世界を感じていきましょう。心から心から、本当に心から、田池留吉、アルバートを思えるかです。心からというのは、何の思いもなくということです。思いの向け先には何もありません。ただ嬉しいから、思うことが喜び、思うことがすべて、そんな中で、ようやく田池留吉、アルバートと呼べる今を、肉を持っている今を存分に楽しんでください。真実の道、愛へ帰る道をひたすらに進んでいきましょう。
そういう意味において、ポッドキャストも活用してください。
以下、学びの友からのメールを紹介しておきます。
ポットキャスト 191回 田池留吉の思いに向けての瞑想、聞こえてきました、「あなたも一つ、私も一つ、みんなみんなみんな一つの世界にあります。」と。
ポットキャスト 192回 250年後の私から「待っています、待ってきました、ずっとずっと、ずっとこの日を待ち続いてきました。どうぞ受け止めてください、心を広げて私を受け止めてください。」
嬉しいしか出て来ません、ありがとうございましたしか出て来ません。

1175) 意識の世界の変革をよろしく。なぜ生まれてきたのか、真剣になって自分に問いかけてください。自分の思いをごまかさず、自分の思いから逃げずに、自分に問いかけてください。学びに触れ、母の反省をした人ならば、すでに答えは出ているはずです。あとは、自分の中で導き出した答えにどれだけ素直に真摯に従っていけるかどうかです。それは自己選択、自己責任のもとでやってください。
そして、これだけは言っておきます。今世、学びに触れたにも関わらず、学びをやろうとしない人、学びから離れていった人は、学びを知らずに、肉、肉で生きている人よりも、罪深いということです。自分を裏切る行為を平然とやってのけたんです。それは何を意味するのか、否が応でも思い知る時が必ずやってきます。それは、逆に言えば、今世、学びに集ってきた自分の思いがいかほどのものかということを証明しているんです。決死の覚悟で生まれてきて、決死の覚悟で田池留吉との出会いを用意してきた自分の思いを、今世もまた蹴散らしていくその心はどんな心なのでしょうかと、私の中から出てきます。しかし、それもまた自己選択、自己責任です。

1176) 小さな枠の中に自分を押し込めず、もっと広い中にある自分の世界を感じていきましょう。無限に広がっていく中にあることを心で感じていけば、目を開けて同じ風景を見ていても、自分の中に映るものは違っているでしょう。どこがどうということは分からずとも、心の軽さを感じるのではないでしょうか。心の軽さ、それは心の解放感とも言えると思います。本当に幸せで安らいでいて、委ねていける喜びの中にあると心で感じ始めたら、繰り返し何度でも味わっていこうとします。自然とそうなってくるんです。それは同時に、諸々のものにこだわり、諸々のものをつかみ、握っていた思いが段々と緩んで弱まっていくという方向になっていきます。
いい循環がそこに生まれてきます。いい循環の中で、流れをスムーズにしていきましょう。意識の流れです。自分の中の意識の流れ、スムーズに流していきましょう。澱むことなく、どんどん流れていくその流れの中で、喜びと幸せを共有していきましょう。

1177) 思う喜び、思える喜びを知りました。思うことは喜びなんだ、そう知りました。何を思うか、思えるか、それを今世の肉を通して学ばせていただきました。思いの世界が私自身なんだとはっきりと知ったとき、その思いの世界に生きている自分を大切にしていきたい、いこう、それがたったひとつの喜びの道なんだと自ずと分かりました。
あと一度の転生を残すのみとなって、嬉しさ、喜びの中に細心の注意を払って今世の時間を大切にしていこうと改めて感じています。
次元移行。意識の流れの中で粛々と遂行される大きな仕事です。ともに次元を超えていこうといざないを受けて、それを真っ直ぐにしっかりと受け止めて、ともにある喜びだけを見つめていく生き方に徹していく喜びと厳しさを感じています。思いを向けていくこと、合わせていくこと、ただそれだけです。

1178) 苦しみの奥底へさらに奥底へ沈んでいくか、それとも苦しみの奥底の底から浮き上がってくるか、ふたつにひとつです。そして、それは全部自己選択、自己責任です。誰も何も救ってくれない、助けてくれません。
いいえ、もうすでに浮き上がっていく手立ては示されています。それが今世、今という時でした。「愛であるあなたに気付いてください。」ストレートにメッセージを聞きました。こんな幸せな転生はなかったはずです。
道を外し、自ら落ちていった過去。今を変えていきましょう。今を変えれば、過去も未来も変わっていきます。意識の世界には今しかないからです。
過去、肉を持った、そして未来に肉を持つ、けれど、数々の肉に関わらず、自分の世界はひとつしかありません。ひとつ、それは私は愛だという確信です。私達は目覚めるために、肉を持ってきます。だから、肉は苦しみではなく、喜びだと、意識を転回していけば、そう言えるでしょう。
田池留吉の世界がその肉を通して、意識の世界の本当の喜びはもちろん、肉の世界の本当の喜びも伝えてくれました。

1179) ただひたすらに真っ直ぐに、田池留吉、アルバートを思う。それは簡単なようで難しいことです。思えないものをどっかりと握ってきたからです。その心の歴史が、何の思いもなく、ただひたすらに真っ直ぐに思うということを困難にしてしまいました。絶えず思いの先には欲の渦が大きく広がっています。思うということがどんなにすごいことなのかを全く知らずに、ただどす黒い欲望の渦だけを広げてきたということでしょう。
欲を欲とも思わずに、思えずに生きてきたこと、大きな過ちでした。それなりに一生懸命、精一杯生きてきたかもしれません。これが喜びの道、幸せの道、そう自分に言い聞かせ、信じて行じてきた人生も数え切れないほどあるでしょう。そんな過去の決していい加減な人生とは思えない、思いたくない人生が全部、全部間違い、過ちだったと心で分かりますか。断ち切れますか。
過去、喜びの道、幸せの道、そう自分に言い聞かせ、信じて行じてきた、しかし、それはもしかしたら、今も同じなのではないかとふと思っていませんか。どこがどう違うのか、はっきりと自分の中で感じておられるでしょうか。

1180) 次元移行という意識の流れを心で知り感じ、そして日々の生活を淡々と送っていく、こんな肉の時間が多くあれば幸せです。
愛の中にあった自分を知り感じ、愛へ帰っていこうと自分をいざなっていく作業の中で、肉を持っている今を愛しく思い、日々の生活を淡々と送っていく、こんな肉の人生最高に幸せな時間です。
何もかもすべてが整えられていることを感じ、馬鹿な肉も、意識の世界のすごさをはっきりと知るでしょう。
肉で頭で何とかしようとしている間は、あまりうまくいきません。何とかできると思っているから、その肉で何とかという思いを緩め弱めていくことができないからです。それを緩め弱めていくと、見えてくるものがあります。本当のあなたが少しずつ顔を出してくるのです。心を思いを離していくほどに、それが感じられます。ここに任せていけばいいんだ、委ねていけばいいんだ、どっちになったってすべてよかったんだと自然に思えるんです。楽に生きていきましょう。そして、心の針を向けて合わせていくことは真剣にひたすら真っ直ぐに、そんな生き方を学んでいきましょう。

1181) 落ち込んでいる暇はないんです。ぶつぶつ言っている時間はないんです。泣いても悔やんでも仕方がありません。自分にもっと優しくなっていきましょう。そこに今その肉体を持っているんだから、それを大いに活用して明るく温かい開けた自分の世界に出ていきましょう。
みんな待っています。あなただけが暗い穴蔵に自分を閉じ込めていることに気付きましょう。みんながみんな苦しんでいると思ったら大間違いです。
広い、広い、どこまでも広がっていく温かい温もりの中へ飛び立とうとしています。心からありがとうの思いを流し、さあ行こう、どんどん行こう、中から急き立てる喜びのエネルギーのすごさに嬉しさと驚きを禁じ得ないと感じているかもしれません。
少なくとも、私自身はもうすでに250年後に自分を繋ぎ、次元移行という意識の流れが粛々として仕事をしていることを心に感じています。
250年後の来世の肉とともにある喜びを、今心に感じながら、今世の肉の時間をしっかりと予定通り生きていこうといつも確認しています。

1182) 学び一本、あなたに強制しません。ただ、私が私の中に思いを向けて、田池留吉の世界からのメッセージを聞く私にはそう伝わってきます。
「学び一本で生きてください。」田池留吉の肉がある間も、折に触れ、あんたは学び一本やでと肉声で直接に言われました。
あんたはこれからより一層厳しく自分を見なあかんとも言ってもらいました。意識の流れを遂行していく力強い思いとともに発する言葉なんだと、ありがたく受けてきました。真実の世界が、肉を持つ必要のない世界の意識が、今世、肉を持ってきたという事実は非常に重いものです。どうか、それぞれの心でそのことをしっかりと受け止めてください。
何度も転生を繰り返し、間違いを山ほど積み上げてきた私達には、大変難しいことです。意識を肉から転回していくことは大変なことです。現に肉という形を持って、形を本物とする濁流の中にあるわけですから、しっかりとした中心棒が自分の中になければ、学び一本で生きていくことは難しいでしょう。それでも、それでも、ともに学んでまいりましょう。
絶対に変わらない、何があっても、どんなに時が流れ去ろうとも、絶対に変わらないものがありました。心で感じ知ってください。

1183) 「あなたは幸せですか。」何度となく自分に聞くことを勧めています。あなた自身が本当に幸せだと答えられない限り、何もどうすることもできません。
自分を自分で幸せにいざなっていく、元々幸せな自分を知っていく、それをするために、今肉体を持ってそこにいることを忘れてはいけません。
自分の本当の姿、自分の中に愛があった、私は愛ですと心で分かることが、みんなを幸せにできるんです。あなたから流れる波動が仕事をします。多くを語らなくても、立派なことを語らなくても、あなたの心の針が、本当にあなたの中の愛に合っていれば、愛というエネルギーが流れるんです。それがあなた、私達です。それを本当に心で分かるために、こうして肉体という形を持っているということ、それをいつも心に留め置いて、そして自分に確認してください。「今、あなたは幸せですか。」
自分には決して嘘はつけないことを知るでしょう。真っ直ぐに本当に真っ直ぐに存在していく喜びを知ってください。

1184) 学びの友よりメールです。単純によかった、ありがとうと思いました。シンプルに生きていきましょう。シンプルにそして本当の自分に真っ直ぐに生きていきましょう。
ともに瞑想会、ありがとうございました。波動のお勉強、ただただすごかったです。委ねて行けばよかった・・・こうして委ねて、委ねて、あふれる思いをみていけばよかったんだ。心地よい時間でした。自分に「ごめんね」そして「ありがとう」  お母さんに「ありがとう」タイケトメキチ「ありがとう」帰宅して、夫が嬉しそうに、「おかえりー」 ほんとに波動でした。波動は喜びでした。なにも気張らなくても、すうっと流れていく。「私嬉しい」それだけでした。ありがとうございました。

1185) 日々、日本各地で世界各地で事件、事故が起こります。自然災害が頻発します。現象界、形ある世界が揺れ、崩れ去っていくことによって、あるひとつのメッセージを発しています。
正しく受け取ってください。受け取れる私達なんです。肉から意識へ転回していくことが絶対条件です。肉、形の基盤は跡形もなく崩れ去っていく現象が、次から次へと起こります。次から次へと起こってくるそれらの現象によって、否が応でも何かに気付いていくようになっています。根底から揺さぶられていくこれからの時間。その時間の中で、何度転生の機会を持つでしょうか。まさに愛の仕事がこれからこの地球上で展開されていくのでしょう。ともに歩みを、ともにある喜びをというあなたの中の田池留吉からのメッセージをきちんと受けてください。きちんと受けて、きちんと自分と向き合ってください。それが自分に対する愛です。自分に誠実に素直に生きていく生き方が心から待ち望まれています。

1186) 色々な面において恵まれている環境にあります。恵まれているというのは、自分を知るという学びの計画を遂行するにあたって特段の支障がないという意味です。自分の思い通りに学びが遂行されていく喜びの中にあります。
一番望んできたことは、真実の道を見つけ、その道を真っ直ぐに突き進んでいくことでした。その望み通りに事は遂行してきましたし、これからも何の狂いもなく、私の中の意識の流れは流れていきます。そう約束して、肉を去った田池留吉、アルバートの思いをありがたく受け止めています。
もちろん、今世において、学びに集う前という肉の時間があります。真っ暗な真っ黒なエネルギーを流すことしかできなかったから、それは全部自分に返ってきます。返ってくるけれど、もうそれで苦しみは膨らませません。意識の世界の変化を嬉しく思っています。間違い狂い続けてきたけれど、ようやくありがとうという思いがどんなにすごい思いなのかを知るに至りました。恵まれた環境をありがとう、はっきりと言える今世の幸せを味わっています。

1187) 思う喜び、思える喜びと表現していますが、本当にそれでした。田池留吉を思う思える、アルバートを思う思える、今こんな時間を用意していることがすごいとしか思えません。形で示されなければ喜びを感じられなかった。喜びが自分の中から湧いて出てくるなんて、とてもとても信じられなかった。思うこと、思えることが喜びだなんて、今世の肉を通して初めて知り得たことでした。
貧しい本当に貧しい意識の世界に落ちていったけれど、自分のふるさとを目指して這い上がってきたんだと、今世はっきりと知りました。だから、這い上がってきた思いにきちんと応えていかなければ、いくべきだと、ただそう思っています。
見ていく方向を180度変えていくことを喜びで、ただひたすらに喜びでやっていけば、自ずと道は開けてくるし、明るい温かい日差しも差し込んできます。心地よい風も吹いてくる、視界が広がっていく、そんな中で、自分を知っていけば感じていけばということでしょう。本当の優しさ、愛に目覚めよと、田池留吉の世界が、ひとつの肉を持ってきてくれたことに、心からありがとうをお伝えします。

1188) 今月最終の日曜日に、南河内のかなんぴあというところで、学びの友とともに瞑想をする時間を持ちます。私は初めて行かせてもらう場所です。80名参加予定と聞いています。みんな私より若くて元気溌剌です。もちろん、意識の世界には年齢など関係がありませんが、肉を持って学ぶということで、自ずと、体力気力はある程度、考慮しなければならないでしょう。そういう点において、体力気力の充実している時期に、しっかりと学びの基礎を固めるというのは、願ってもないことです。
私自身、30代前半で学びに集いました。学ばせていただいた年月を懐かしく振り返り、その幸せをかみしめながら、ただ前を向いて自分の予定のコースをしっかりと歩んでいこうと思っています。
友よ、ともに歩みを。ともに同じ方向を向き、幸せ、喜びを共有し、そしてアルバートを心から呼んでいきましょう。愛、私達のふるさと愛、母なる宇宙へ心を馳せてまいりましょう。

1189) 肉として肉で生きてきた過去。どんなに幸せになりたかったか。だけど、どんなにしても幸せになれなかった。ありとあらゆることをやってきました。一時期は幸せを感じたかもしれませんが、それは決して死ぬまでそうだったということはあり得ませんでした。幸せの裏側に悲しみや苦しみがあることを感じながらということでした。
不幸せを望む人など存在しません。どうすれば、どうなれば、幸せな人生を送れるのか、誰しも一度は考えると思います。一度きりの人生だと思ってきました。ずっと、ずっとそう思ってきました。転生を知らなかったわけではないけれど、それぞれ別物でした。プツン、プツンと切れて、本当に死んだら終わりとそれしかありませんでした。
そんな中でずっと生きてきたんだから、その基盤を180度変えていくことは、相当自分の中で感じるものがなければ難しいでしょう。確たるものが自分の中で広がっていかない限り、肉を本物とする思い、そのエネルギーがずっとずっと優勢のままだと思います。そうではないんだと思いつつ、自分の基盤を変える大変さはどなたも感じておられるのではないでしょうか。ですが、そこを突破することを、それぞれみんな自分に伝えています。突破しなければということを伝えています。突破する色々な場面を自分に用意しているということです。その最たるものが天変地異です。

1190) あなたの中にいい循環を作ってください。そのためには、まず素直になることです。素直に学びと向き合うことです。解釈、持論、屁理屈、言い訳、そんなものは通用しません。空っぽにして、自分の生きていく方向、歩んでいく方向をしっかりと見定めていこうと、学びの道しるべに沿って学んでください。それ以外に幸せになる道、幸せな自分、喜びの自分と出会える道はありません。漆黒の中に沈み込んでいく道だけが残されています。田池留吉の肉は道しるべでした。こっちですとはっきりと指し示してくれました。その方向以外の方向は、漆黒の闇の中へ落ちていくんです。すべては自己選択、自己責任です。
学びの中で、すべては自己選択、自己責任ですという表現がたびたび出てきます。突き放したような言い方と感じる人は、本当にそうであるのか、自分の心、他力の心をしっかりと見直してください。

1191) 学びは波動です。波動を学んでください。今現在、私は、年四回の本セミナーその他、学びの友とともに瞑想をする時間と空間を用意していただいています。私の肉は愚かですが、ともに瞑想をしましょうと私が声掛けをするにはするだけの意味があります。そこのところ、それぞれの心を本当に敏感になさって感じていただけたらと思います。
一度どこかのセミナー会場で言ったと思いますが、田池先生から、セミナーをしなさいと言われた人は、私以外にありませんということです。もし、田池先生から直接にそのように言われた人があるならば、申し出てください。セミナーの真似事はできる人はいるでしょうけれど、それはセミナーであってセミナーでないと断言しておきます。セミナーの真似事では、意識の流れが伝える次元移行をそれぞれの中で達成することはできません。その真偽のほどはそれぞれの心で確認してください。すべては自己選択、自己責任のもとでやってください。
ただ、どうかUTAの輪から離れていくことがないようにとだけ言っておきます。

1192) UTAホール志摩セミナー、ありがとうございました。笑顔でお別れできるセミナーをまたひとつ終えることができました。よかった、ありがとうという思いを心に広げて皆さん帰っていかれたのではないかと思います。セミナーの最後に言いましたように、日々心を見る、そして瞑想という地道な作業を繰り返していきましょう。
ともに歩みを、ともに同じ方向を向いて一歩、着実な一歩を歩み出そう、私はそのような思いでともに学ばせていただいています。一筋縄ではいかない意識達が肉を持って今世、学びをしているんです。田池留吉の肉がない今、その肉がある間に隠し持っていたものが表面に出てきます。色々なルートを通して私の耳にも入ってきます。ですが、私はそういうことには、殆ど無頓着です。250年、300年に至る計画はすでに出来上がっており、そういうどうでもいいことで道草を食っている暇がないからです。ただ真っ直ぐに自分の決めてきた予定のコースをこなし、250年後の出会い、そして次元移行へということなので、どうぞ、皆さんも自己確立に勤しんでください。
ともに歩みを、ともに同じ方向を向いて一歩、着実な一歩を歩み出そう、その思いを波動として流しています。

1193) 苦しむだけ苦しんだらいいんです。悩むだけ悩んだらいいんです。苦しみ悩んだ分だけ、意識を転回すれば喜びは大きく大きく広がっていくからです。楽して真実の道と出会えるはずはありません。苦しみ悩み、落ちて落ちて絶望の淵から這い上がってきたことを自分が自分に教えてくれるんです。どこまでも信じている本当の自分との出会い、これほど喜びはありません。幸せはありません。その喜びも幸せも自分で捨て去ってきたと分かることが何よりの喜びです。分かればあとは真っ直ぐ一直線にその喜びとともに生きていけばいいのです。
ありがとう、本当にありがとう、そう自分に伝えてください。苦しみ悩み絶望の奥底に沈んできた自分にありがとうと伝えることができるなんて、すごいことだと思いませんか。自分の世界が180度変わっていくんです。変わっていけばいくほどに、喜びが温もりが尽きることなく湧いて出てくることを知る、そんな意識の世界に元々あったことを感じていくことが、愛へ一歩近づいていくことだと感じています。

1194) 私はアルバートの波動と出会うために肉を持ってきたんです。狂い続けてきたけれど、その思いを心にしっかりと秘めて、今世この世に出てきました。必ず田池留吉の学びに出会うと肉の環境を整えました。田池先生からは、あんた主人を殺したなとはっきりと言われましたが、まさにその通りです。若くして突然の死の宣告があったから、私の中からの何が何でもこれではいけないというメッセージが肉に届いたのです。
そうでもしなければ、のほほんと適当に肉の生活を楽しみ、そして今世もまたそれで終わりでした。そしてそれで今世を終えていたら、私はもう二度と暗闇の奥底から抜け出すことはできませんでした。そんなこんなを、学びに集い、自分のエネルギーを知ることによって、そして心が本当の意味で敏感になったから、自分の中の思いをストレートに知ることができました。
宇宙を制覇してきた私が、田池留吉の世界に屈することは屈辱だと何度も感じてきましたが、本当に無駄な抵抗でした。私とあなたはひとつだと伝えてくれた思いを、ようやく、今世の肉を通して真っ直ぐに受けていくことができた私は、もう自分を見失うことなく、予定通り、次元移行遂行の仕事を果たしていきます。喜びの道を歩き始めた今世は、本当に転換期となりました。私の歩みは行きつ戻りつではありません。心に感じたからです。

1195) それぞれに生活があり、生活パターンが違います。思い方、考え方、ものの見方、価値基準、肉を基盤とする中においては、千差万別です。幸せ、喜びもそうだと思います。
そんな中において、学びに触れた私達はではどのように生きていけばいいのでしょうか。答えはもうみんな知っています。頭では分かっています。すでに知っている、頭で理解していることを、素直に実践できるかどうかです。それは、その人がどれだけ波動の世界の真実を心で感じているかによって違ってきます。
肉塗れの中から、そこから抜け出していくのにはどうすればいいのかということになりますが、千載一遇の時という言葉を何度も、何度も思い起こして、どうぞ、自分が本当に心から望んできたことを実現できるようにしていただきたいと思います。
自分の中の切なる思いをどうぞ叶えてください。今世を境にして、もう変わっていきましょう。母の思いに素直に真摯に応えてください。それぞれが選んでいくことです。しかし、いつも言いますように、それとは関係なく意識の流れは粛々として流れています。だから、その流れに乗っていくことがたただひとつの選択なんですということをお伝えしておきます。

1196) 新緑が目を癒してくれます。つつじが咲き乱れています。アジサイももうすぐですね。第11回NPO法人UTAの輪のセミナーの受付も始まりました。2018年も足早に過ぎ去っていきます。本当に時間の経つのが速いです。10年、20年、250年、あっという間です。ですが、心はゆったりとして、いつもいつも田池留吉を思い、アルバートを思い、宇宙を思って、日々の時間を大切に、自分を大切にしていきましょう。
「生まれてきてよかった、本当によかった、ありがとう、ありがとう、お母さんありがとう、私、帰ります。私のふるさと、母なる宇宙へ帰ります。」
そんな思いが繰り返し、寄せては返す波のように自分の中に沸き起こってくる瞑想の時間を、たくさん、たくさん持ってください。
そんな喜びの幸せの時間を自分に用意してきたことを心から感謝できるあなたになってください。

1197) 自分に自分が用意したもの、肉、環境、時間、それらを総動員して、必ず自分の決めてきた予定を滞りなく遂行してください。自分の決めてきた予定、それは肉のことを言っているのではなく、意識の世界の変革です。
それぞれに予定、計画を立ててきました。その自分が設定したハードルを超えて、次の段階に進んでいく準備を滞りなくこなしていくことが喜びの道を一歩前に踏み出すということです。次元を超えていくという大きな仕事があります。肉から意識へ基盤を変えて、そして、真実の道を一歩、また一歩進んでいきましょう。
意識の転回です。意識の転回を遂行していくことがすべての始まりです。
肉、形を本物としてきた思いから、その思いを緩め弱めていこうとする思いへ、そしてそれでもなかなかつかんで握っている手を離すことはできないけれど、最終的にはポーンと飛び出していく必要があります。
ポーンと飛び出していけば、見えてくる世界がどんどん広がっていくでしょう。

1198) 何はなくとも嬉しい。ただ嬉しい。思える自分がここにあることが嬉しい。そんな意識の世界を確認、そして確信して、日々の生活を淡々としていけばいいだけでした。すべてが整っている中に今、自分はあることを知ったとき、どんなに幸せな存在なのか、元々幸せだったと伝えていただいたことに自然とそうですと頷けます。
あれがほしい、これもほしい、こうなりたい、こうでなければならない、こうすべきだ、これが人生というものだ、これが幸せ、喜びと、様々な思いを流してきました。しかし、どれもこれも全部違っていました。
今はもちろん、肉を持っていますということで、自分の中から過去、自分が作ってきた自分が出てくる時間というわけですから、それはしっかりと確認して元の自分へ戻していくことをやっています。そういうことができる今が、ただただありがたいです。苦しみだけの中でした。苦しみから喜びへ帰っていくことを知った今、帰っていけることを知った今、思う思える自分がここにあることがただ嬉しいとなっています。

1199) ともに歩く道、ともに生きる道を伝えてくれました。その喜びと幸せを伝えてくれました。もう自分を裏切らないと誓ってきた自分に誠実に、ただ素直に生きていこうと、瞑想の中で確認、確認しています。
田池留吉、その意識の世界、波動の世界を、こうして肉を持って知ったから、これほどの幸せも喜びもないでしょう。自分の心で感じている世界を大切に、大切に育んで広げていくことがすべてです。
限りのない中にある喜びです。目を閉じて思いを向けていくことがすべてであり、だからどこに思いを向けていけばいいのか知らず、分からずでは、苦しみの中から抜け出すことはできません。どんなにしても苦しみの中にいます。思いの向け先を知る、それがただひとつの大切なことです。喜び、幸せの自分へいざなうただひとつの手立てです。

1200) 私のゴールデンウィークの始まりは、思わぬパソコンの不具合となりました。パソコン操作に不慣れですので、何か問題があるといつもUTAブックさんのお世話になっています。UTAブックさんもそうですが、私の周りでは学びの友が色々と好意的に動いてくれています。これもみんな田池先生が残してくださったのだと感謝しかありません。ありがとうございます。みんな仲良くともに学んでいくんやでといつも背中を押されているように思います。
まだ私のデスクトップパソコンは整備中です。なかなかスムーズに作業がいってくれませんが、家に来てくださった技術者の方、同居の母に心を見させてもらう時間なんだと思っています。

1201) 自分が自分に用意した時間、環境、肉を通して、しっかりと自分が流してきたエネルギーを知ってそしてそのエネルギーを本来の私のエネルギーに変換していく楽しみを味わっています。
私は幸せです。真っ暗真っ黒のエネルギーに渦まれてきたけれど、そんな中で、本当の光、温もり、喜び、安らぎの世界が、本当に自分の中にあった、この世界が私なんだ、私だったんだと自分に伝えたからです。私を信じていくことがあなたの喜び、幸せだと、自分にしっかりと伝え、それを現実のものとしているから、私の歩みはもう後戻りは絶対にしません。ただ前を向いて、次元移行へ向かって突き進んでいくだけだと、瞑想をする中で感じています。この感じている世界は私のものです。私は、私の信じた道をただ歩いていくのみです。喜びと幸せを共有できるということは、その道を歩くということなだと、私は理解しています。
ともに同じ方向を向き、ともにある喜びと幸せをあなたもごいっしょにどうですか。アルバートの波動の中にある私達です。ともにアルバートを心から呼んでまいりましょう。 

1202) 南河内のかなんぴあというところで、学びの友とともに瞑想をさせていただきました。私は初めて訪れたところですが、ゆったりとした会場でよかったと思いました。
仕事に子育てに忙しいと思いますが、まだまだ若いということをフルに活用して、どうぞ、自分の決めてきた愛へ帰る道を今度こそ見失わずに、自分を裏切らずに、一歩、一歩、着実な一歩を歩んでください。参加された友も言っていました。若いっていいなと。その通りです。体力、気力のある限られた時間を大切に、苦しみ悩みながらも、自己確立に専念してください。
ともに歩みを。250年、300年へと、そしてその先、永遠に続く愛へ帰る道が見えている、感じている肉から発する言葉は、時として、あなたにそこまで言って大丈夫かという思いを持たせるかもしれませんが、それはあなた自身が、自分の心で波動の世界をどんどん感じ広げていけば、そんな思いは雲散霧消するでしょう。セミナー会場において、私を肉の目で見ることはお止めください。肉の目で見て頭で判断していては、結局は疑心暗鬼に陥り、何も分からずまま年齢を重ね、今世を終えていくことになります。それだけは避けてください。今世は千載一遇のチャンスです。しかも体力、気力のある間は限られています。その間に自己確立の道を育んでください。

1203) 心はどこを向いているか、いつもいつも確認しましょう。日々の生活の中では色々とあると思います。あって当たり前です。何もかも思い通りというわけにはなかなかいきません。ですが、そんな中においても、何が今の自分にとって大切なことなのか、絶えず確認することです。
確認です。確認とは自分の中に聞くということです。田池留吉を思い、心の針を合わせて聞いてください。
取捨選択をきちんとして、自分を見失わないことです。自分の生きていく方向を見失わないことです。肉でどんなに頑張ったとしても、それは本来の生きていく方向とは違います。肉でどんなに満足のいく結果、評価を得ようとも、自分の心はノーと叫んでいます。ノーと叫んでいる声に、思いに耳を傾け、心を傾けていく優しさ、強さが待ち望まれています。
優しさ、強さです。真実の道を歩くことは強くなければできません。強い、それは本当の優しさと温もり、喜びに支えられている強さです。

1204) ともに真実の道を歩いていきましょう。喜びの道、愛へ帰る道、母の温もりの中へ戻っていく道です。
肉、影の世界には、それ以外の道がたくさんあります。選択肢がいくつもあります。
真実の世界には、選択肢がありません。ただ一つの道しかないんです。
その道が自分の中で確認、確信できなければ、漆黒の闇の中ということです。漆黒です。明るさも温もりも安らぎも何もなく、真っ暗で寒くて重圧感に満ち満ちています。固まっていくしかありません。苦しみの奥底に沈み込んでいくしかありません。
そんな中から這い上がってきたことを、あなたは忘れましたか。思い出してください。どんな思いで這い上がってきたか。肉をくださいと切望してきた思いを、しっかりと思い出して、そしてその思いに必ず応えてください。凍え切った自分の心をあなたの中の温もりで溶かしていけることに目覚めてください。

1205) ゴールデンウィーク後半スタートです。デスクトップパソコンも無事回復し、5月の志摩セミナー、第11回NPO法人UTAの輪セミナーに心を向けて、色々と調整していきます。
ともに瞑想ができることがただ嬉しいと思っています。瞑想の基本は一人でするということですが、こうして同時期に肉を持って学びに集わせていただいた友とともに、田池留吉を思い、アルバートを思い、そして母なる宇宙を思う時間と空間を共有できることが幸せです。
それぞれに自己確立の道をしっかりと育んでください。そして250年後に必ず繋ぐという意思を強く持って、今世の学び、今世の人生を終えていきましょう。
あなたはどの程度感じておられるか定かではありませんが、私達は本当に地に落ちてしまった意識の状態でした。状態です。そんな私達に心を見なさいと伝えてくださったことは、本当にすごいことなんです。
自分を見限り裏切り続け、自分を苦しみのどん底に突き落としてきたんです。今世、肉を持ってそして学びに集うということはそういうことでした。千載一遇のチャンスということを肝に銘じて、自分を救い上げてください。

1206) あなたは本当の喜びを知っていますか。本当に今幸せですか。自分が生まれてきたことを心から喜んでいますか。肉を持たせた自分の思いに触れていますか。心に響いていますか。
まだまだ他にも色々とあるでしょうけれど、たとえば、このようなことをチェック項目として自分なりに作って、いつも自分の今を確認してみてください。
自分と自分の学びです。自分に問いかけ、自分で答える、つまり自問自答しながら、歩みを進めていくという学びの姿勢を大切にしてください。
すべては自分の中にあると知っていますか。感じていますか。信じていますか。自分の心で感じるものを信じていく確かさは、どの程度でしょうか。
心から、心から、何の思いもなく、ただ真っ直ぐに田池留吉を思い、アルバートを呼べる喜びはどうでしょうか。アルバートとともに、この思いの喜びと幸せを、どうぞあなたも自分の中に広げていってください。
そうです。アルバートとともに私達はありました。

1207) 喜びと幸せの道、この道一本で突き進んでいく準備、用意を滞りなく進めていきましょう。愛へ帰る道、アルバートとともに、全宇宙とともに、母なる宇宙へ帰る道、この道一本です。
あなたの心にもこのメッセージが届いているはずです。すでに届いています。どうぞ、真摯に受け取ってください。もう自分を愚弄するのは止めましょう。肉が自分だとする思いは、自分を徹底的に排除していく思いです。真実の波動の世界に生きていることを否定しているからです。
肉、形の中に生きているという思いは、すべてを破壊していきます。天変地異のエネルギーは、愛のエネルギーは、そのことを私達に示してくれます。真っ直ぐに指し示してくれます。
帰ろう、帰ろう、愛へ帰ろう、そんな大号令がもうまもなく地球全土に満ち溢れてまいります。

1208) 鹿児島、宮崎スカイブ瞑想会、ありがとうございました。最初、音声のエラーが少々ありましたが、それも程なく解消して無事予定通り終了でした。
様々な理由から、セミナー参加が難しい人が何人かおられましたが、どうぞ、今世は千載一遇のチャンスだということを、繰り返し自分の中で思い起こし、日々、喜んでそして淡々と心を見ること、田池留吉を思う瞑想の継続をしてください。
今回のスカイプ瞑想会を、それぞれのきっかけにしていただければいいなあと思いました。どうぞ、自分の中の思いを大切に、それぞれが今世、肉を持ってきた意味をしっかりと自分の中で確認してください。

1209) 田池留吉の肉が指し示した方向にしっかりと自分の心の針を向けて合わせて、喜んで自分が作ってきた宇宙を崩していきましょう。
崩れ去っていく宇宙の中から、喜びと温もりのエネルギーが一気に溢れ出てきます。そしてそれがさらに闇黒の宇宙を開いていきます。
ともに行こう、力強い呼び掛け、いざないのエネルギーは次から次へと闇黒の宇宙を目覚めさせていきます。
私達が戻っていく、帰っていける母なる宇宙をしっかりと目指して、ともに、ともに全宇宙が歩んでいく、そんな壮大な意識の流れです。
今、ひとつの肉を携えて、意識の流れの中にあったことを確認できる喜びと幸せの瞬間です。
肉、肉、肉がすべてと苦しみ喘いできた数え切れない過去。今、大きく転換していくチャンス。すべてが元あったところへ帰っていくことを、心の底から感じてまいりましょう。
「愛へ帰る。愛へ帰ろう。」力強い呼び掛け、いざないに素直に応えてください。

1210) 肉を離すその瞬間まで、自分に責任を持って生きていきましょう。生き抜いていきましょう。もう二度と自分を裏切らないと誓ってきた思いを心に、愛へ帰るたったひとつの生き方を選び取ってください。
どんなにしても分からなかった喜び、温もり、幸せでした。影をつかみ影に泣いて影を恨んできた人生でした。
間違っているとはっきりと伝えていただいたけれど、それをすんなりとは受け入れられなかったことも事実です。今もなお抵抗勢力に自分を苦しめているあなたかもしません。それでも、そんなあなたを信じて待ち続けてくれている本当のあなたがいるということもまた事実です。
自分に今世肉を持たせた思い、これからも肉を持たせる思いは、いったいどんなメッセージをあなたに発信しているのでしょうか。
静かに真っ直ぐに自分に問うていくことが大切なことだと思います。

1211) 田池留吉の意識の世界が、ひとつの肉を持ってきて、そして真実の波動の世界を伝えてくれた、次元移行という意識の流れを伝えてくれた、これは揺らがない事実です。
そして伝えてくれたこの事実をしっかりと心で受け止めさせていただいたのも決して揺らがない事実です。
学びの核をきちんとして、田池留吉の意識の世界はひとまず肉を離しました。本番前の準備を滞りなく済ませるという仕事を終え、あとは仕上げに余念がないということだと思います。
その思いは、現象界にきちんと形として示されていきます。次元移行という意識の流れは、粛々として流れています。どうぞ、肉から意識への転回をそれぞれの中できちんと果たして、そして次元を超えてまいりましょう。
次元を超えて、いついつまでもともに歩いていく、生きていく道をあなたの意識の世界がしっかりと選び取ってください。

1212) 田池留吉、アルバート、そう本当に心から思い、心から呼べる幸せと喜びで自分の中を広げていきましょう。広げていけばそれにつれて、闇のエネルギーもまた飛び出してきます。それは嬉しいことです。温もりの中で、どんどんこの仕事をしていきましょう。
喜びの仕事です。闇が喜びへ、愛へ帰っていく様は、何度感じても嬉しいだけです。嬉しい心の叫びをどんどん出していきましょう。解き放っていきましょう。宇宙へ帰れる、母なる宇宙へ帰れる喜びをただただ伝えてください。
限りない意識の世界です。あるのは喜びだけです。温もりだけです。私達は、この中にずっとずっとあったことを知っていく喜びを体験してみてください。

1213) 本当のことははっきりと言わなければなりません。言葉を濁してはいけません。それが相手にとって厳しいことであっても、学びに関することは、いい加減では済まされません。意識の世界は、1+2=3です。1+2≒3は通用しません。肉、形の世界とは全く違います。
正しい瞑想を重ねていけば分かります。厳しいけれど、厳しいからこそ信じていけるんです。絶対に変わらない世界は、田池留吉、アルバートの波動の世界だけです。盲目的に、闇雲に信じるのではなくて、正しい瞑想ができてくれば、信じるも信じないもない、そんな次元の話ではないことが自分の心で分かります。
だから、まず正しい瞑想ができる状態にすることです。なぜ生まれてきたのか、何をするために生まれてきたのか、学びは難しい、分からないと逃げずに、きちんと自分と向き合ってください。
向き合えない思いはいったい何なのか、それが肉が本物だとしてきた他力のエネルギーです。

1214) あなたは学びに出会ったんです。どんなルートを辿ってそうなったのかは問いません。学びに集い、心を見ることを伝えていただきました。なぜあなたは生まれてきたのかということを心で知ってくださいということでした。
「人生の本当の目的を今世こそしっかりと知って、本当の人生を生きていきましょう。本物を心で知ったからこそ肉もまた喜びなんです。」
このようなメッセージは、あなたの心にすでに繰り返し届いているはずです。
あなたの中の本当のあなたの思いに、メッセージに、しっかりと沿って、その肉の人生を終えてください。肉の人生は終わっても、本当のあなたはあなたといつもいっしょです。それが私達です。
「あなたと私は一つです。文字通り一体となっていきましょう。」これもまた本当のあなたからのメッセージです。

1215) 最近に始まったことでもないですが、特に近頃は、えげつない事件を目にします。耳にします。えげつないというのは関西弁だから、なじみがないかもしれません。要するに常軌を逸したまさに人間の狂った思いが、様々な現象として頻繁に起こってくるのでしょう。
そこまでするか、何を思っているのか、思わず出る思いです。ですが、決して他人事ではないということ、環境、条件が整えば、自分の心からもふいに飛び出してくるエネルギーなんだということだと思います。
暴走するエネルギーを暴走する前に歯止めをかけるには、そのエネルギーの転換を速やかに、自分の中でする以外にありません。それは思いを抑え封じ込めるというのではなく、そのエネルギーをしっかりと確認して温もりの中へ解き放していけるかどうかということです。
みんなすごいエネルギーを蓄えてきたんです。その自覚を持って、人と接していく、生活をしていくことが大切なことだと思います。

1216) 心で決めてきた道でした。自分の心の針の向け先を確認、生きていく方向、歩いていく方向をしっかりと見定めて、そして自分に問いかけながら、この道を真っ直ぐにということです。
アルバートの波動と出会う、心待ちしていたこの思いを大切に、愚かな肉を通して学べる今を喜んでいます。
同時期に肉を持ち学びに触れた友が、それぞれの環境の中で田池留吉を思い、アルバートを思い、そして意識の流れを思う、それが日本の国であろうとアメリカであろうと、そして年齢、性別に関係なく、今、思う時間を持っていると思うと、ただ嬉しいです。
ともに歩みを、ともに同じ方向に生きていこう、そんないざないの中にあることが感じられる瞑想は、ただただ幸せです。

1217) 決して綺麗ごとでは済まされません。はっきりとしっかりとした思いのもとで、生きていく方向を見定めていくことが要求されます。基盤の変換を徹底的に要求されます。それをクリアしない限り道はないと、それぞれの心の中に届きます。それがこれからの250年、300年の転生です。
自分が自分に伝えるメッセージを速やかに受け取り、本来の軌道に自分を乗せていく喜びの道を歩んでいきましょう。
肉を持つ時間は限られています。自分のその肉を終える最後の瞬間まで、しっかりと田池留吉を思い、アルバートを思い、ただひたすら本当の自分、愛に帰っていく道を思いましょう。
思うは田池留吉です。思うはアルバートです。ただそれだけです。ただそれだけをしっかりとやっていけばいいんです。肉でない私達が肉の人生にのみエネルギーを注いでいく愚かさに、一日も早く気付いていくことです。

1218) 学んでいこう、心からそう真剣に思う人達だけが学んでいく、形として見ればそういうことになっていくと思います。
自分の中にどの程度中心棒が確立しているかによって、自分直接の現象、自分の周りに起こってくる現象を通して、学びの一歩を前に進めていけるか、あるいはその反対に学びを捨てていくか、ふたつに分かれていきます。
今世、同時期に肉を持ち学びに触れた人は一人残らず、ともに歩んでいただきたいという思いに変わりはありませんが、それは強制することではありませんので、それぞれに任せます。
ただ、私は私自身は、はっきりと道が見え自分の中に中心棒が確立していますので、それらの情勢には左右されずに、この道一本で突き進んでいくことだけは確かです。意識の流れは順調に粛々と流れていることを心で感じ、田池留吉、アルバートの波動の中にひとつに溶け合っていく喜びを広げていきます。
5月の志摩セミナーも終わりました。一つひとつ予定をこなし、我が道を行く喜びを感じさせていただいています。

1219) セミナー等が終われば、ともに瞑想をした学びの友からメールをいただいたりしています。そのうちのひとつです。一読してみてください。
落ちて落ちて落ちまくって、狂い続けてきた私は、心からお母さんを呼びたいと思いました。本当の自分に帰りたいと思いました。お母さんなんかいらない、温もりなんか信じない。決して、決してそうではありませんでした。そんな冷たいことを私は自分に言い続けてきました。そのことを地獄の底の底の自分が伝えてくれました。本当に地獄の底から生まれてきたこと、どれだけ破壊と殺戮の思いを流し続けてきた自分だったのかと知った時、私が何としてでもしたかったことは、お母さんと呼ぶことでした。ずっとずっとお母さんに帰りたかった、素直になりたかった。
お母さんを捨てていいわけがなかった、温もりなんて信じなくていいわけがなかった。今の環境を通して、私は自分と出会わせていただいています。真っ黒な暗黒の宇宙の中に生き続けてきた自分が、この時に肉を持って、なぜ苦しいのか、なぜ間違ってきたのか、どうすればいいのか知ることが出来るこの千載一遇のチャンスをどれだけ望んできたのか。今突き上げてくる真っ黒な自分が教えてくれました。
狂いに狂ってきた自分を感じて初めて、肉の幸せでは絶対に幸せにはなれないという事が分かりました。お母さんでした。温もりでした。ただただその一点に私は向いていけばいいのだと思いました。それ以外に自分を救う道はない。だからお母さんを伝えていただいたことがどれだけ幸せなことだったのか。その思いでセミナーに参加しました。
私が作り出してきた暗黒の宇宙アマテラスとともに、私はお母さんを呼んでいきます、お母さんに帰ります。お母さんの温もりに帰っていきます。そんな思いで自分の中のアマテラスを思うことが嬉しかったです。
思う先は温もりだけ、思うのは温もりだけ。お母さんだけ。

「思うは田池留吉」の瞑想をさせていただいた時、見えてくるのはただ一つの道でした。向ける先はただただその一点だけでした。これからどんな自分が出てきても、思うは田池留吉・アルバート、お母さんの温もりです。これだけでよかった。これだけだった。温もりのない世界で、もうどうしたらわからなかった私に、あなた間違っていますよ、帰っておいでと伝えてくれました。帰りたい、帰ろう、どれだけやさしい誘いなのか。思う先、お母さんの温もり、田池留吉を伝えていただいた私は、ただただ幸せです。この思いを自分に伝えていきます。セミナーありがとうございました。

1220) 瞑想の喜び、瞑想の楽しみを心で知っていますか。それを知っていたら、思いを向ける喜びと幸せを知っていたら、あと肉の雑多な用事は、それなりにぼちぼち程々にやっておけばいいのではないでしょうか。
自分のするべき仕事をせずに、肉のことばかりに東奔西走してみても、結果は分かっています。そうはっきりと言える今世となったから、今世はやはりすごいと思います。
肉の中で、肉として生きて、肉の人生のみを見て考えて思って時間を過ごしてきた過去の転生。
その過去の転生とは全く違う転生でなければならないんです、今世は。
思いの向け先を180度変え、そしてただひたすらにその方向を向いて存在していくことを、はっきりと自分に伝えてください。
向け先を180度変えていくことは今世だけでは無理でも、その決意をしっかりと確認する今世であっていただきたいと思います。
自ずと取捨選択に取り掛かるでしょう。もう時間は残されていないとひしひしと感じる中において、賢い選択をしてください。

1221) 私の人生、いったい何だったのだろうか。あなたがその肉を置いていくとき、よもやこんな思いが自分の中から出てくることはないでしょうね。
今世、生まれてきて学びと出会ったのだから、そんな哀しい幕切れだけは絶対にならないように、しっかりと自分を学んでください。自分に用意してきた肉の時間です。自分の愚かさを心でしっかりと知って、そして喜びの自分を信じられるように肉を持っている間、最大限学びましょう。
自分に対する優しさ、それは宇宙を思う優しさです。その優しさこそが本物の優しさです。自分達の世界は、限りなく広いんだと知っていくことが、何よりも何よりも幸せなことです。

1222) アルバートとともに、ここに思いを向けて瞑想です。あなたの心に突き上がってくる叫び、雄叫び、それはそれは待ちに待った喜びの叫びです。
どうぞ、あなたもその心の中でこの体験を重ねていってください。
アルバートとともに、どんなに嬉しいことか。こうしてはっきりと道筋を自分に伝えることができる、本当に幸せなんです。
闇黒の宇宙が一斉に、アルバートとともにと雄叫びを上げていくこれからなんです。
アルバートとともに、初版の意識の流れの副題がこれでした。何の躊躇もなく、アルバートとともにというフレーズが出てきた当時を思います。
アルバートの波動と出会いたかった。心から心からそう願ってきた私の意識の世界でした。その意識の世界を田池留吉の眼力は見逃しませんでした。
あんたより私はあんたを知っていると言われた言葉が心に残っています。

1223) 肉を持って肉を喜ばせたり楽しませたり、色々とあると思います。もちろん嬉しい楽しいことばかりではないかもしれないけれど、泣いたり怒ったりイライラする時よりも、笑って楽しく過ごす時が多いほうがいいに決まっています。ただ、心から笑っているかどうかということがありますが。
とにかく心地よく暮らしていきましょう。本当の意味で風通しよく日の当たる温かな場所を自分の中に広げていくこと、それが心地よく暮らすということです。
肝心要のことをおざなりでは、心地よく暮らすことはできないです。自分の本当の姿を知っていきましょう。偽物の自分はどんなにしても偽物です。飾っても化けても剥がれてきます。それならば偽物の自分を自ら剥ぎ取って、本物の自分を出していけばいいのではないでしょうか。
心地よく爽やかな風の中、温かい温もりの中、伸び伸びと自分を広げていける、そんな中にあることを、それがあなたの世界だということを、田池留吉、アルバートの波動は伝えてくれています。

1224) 肉を持って自分を感じる喜びです。自分を感じる、自分の流すすさまじいエネルギー、一瞬にして飛び出てくるすさまじいエネルギーを感じることは喜びなんです。苦しみではなくて喜びなんです。あなたもそのように自分の中の変化を確認していますか、楽しんでいますか。
すでに愛に帰れることを知っているから、すさまじいエネルギーは喜んで喜んで出てきます。苦しみのブラックのエネルギーを垂れ流すのではなくて、愛へ帰るために、喜びの自分に帰るために飛び出てきます。
今、肉を持ってそのことを自分の中で確認できることが喜びです。
中心棒の確立、いわゆる自己確立がきちんと出来てくれば、どんな状況、どんな場面にあっても、絶対に自分を見失うことはない、自分の中の愛を信じるということはそういうことです。

1225) 日々の生活の中で自分が発するエネルギーを確認して、日々思いを向けて、そしてホームページを読んだりその他学びの教材を活用したりして、自宅学習を淡々とこなしていく。そして何よりも大切なことは、セミナー参加を試みて波動の世界を体験する。
これらをそれぞれの生活のパターンの中で、練って練って練りこんで、今、肉を持っている今という時間、自分を学ぶことに喜んで使っていく。
これが最大唯一の幸せの肉の人生の過ごし方です。
どなたもみんなあと肉を持つ、持てる回数は数回です。その数回へ経て、自分の行き先を決定するということをお忘れなく。
この次元移行という意識の流れに乗り切れず、宇宙のもくずとなって苦しみの奥底に沈んでしまったあとは、どれだけの時を経るか分かりません。
どうぞ、それもこれもみんなあなたの心で知っていけるということを学んでください。

1226) 明確な生きる目的を心で感じている人は、本当の意味で強いです。明確な生きる目的、それは言うまでもなく、肉を基盤としたものではありません。
肉を基盤とした生きる目的は、肉がなくなってしまえば、泡のように消えていきます。肉は影、当然その基盤の目的も影です。影は影でしかありません。実体がありません。
意識を基盤にして生きる。その中で明確な目的を知っていく。意識は永遠不滅です。決して消え去ることはありません。
その意識の世界をマイナスからプラスへ変換していけばいいんです。プラスへ変えて、喜びと幸せを増幅させていきましょう。自らの愛の世界を大きく広く厚く広げてまいりましょう。それが私達の存在する明確な目的です。


あなたの愛のグッズ、オーリング硬いですか。時々点検してください。オーリング、正しくできますか。
☆愛の水、愛の水素水を飲んで、愛のリングに心を向けて、死ぬまで元気で楽しい嬉しい喜びの瞑想を継続していきましょう。
☆「私は愛である」、心の底の底の底、さらにその奥底のエネルギー、宇宙に点在する意識達、すべてが、この波動を待ち侘びていました。あなたはこのことが心で分かりますか。しっかりと心で感じられるあなたに蘇ってください。
☆宇宙を呼んでください。宇宙にどんどん思いを向けていきましょう。私達の帰る心のふるさと、宇宙の波動を心に呼び覚ましましょう。
今世を自らの大きな転換期にしてください。動かなかった心の針をほんの少しでも愛の方向へ向けてください。
☆愛へ帰る道は、それぞれの心の中にあります。その道と出会い、一歩、一歩歩んでいく喜びと幸せを広げてください。
☆自分の人生です。自分があるだけです。幸せ、喜びを広げていくのも自分。真っ暗な中に沈み込んでいくのも自分。正しい羅針盤がなければ、沈み込んでいるのも分かりません。いったいどこまで落ちてきたのでしょうか。そして、これからも落ち続けていくのでしょうか。
☆自己確立を目指してください。本当の自分の波動を感じられるようになってください。そうすれば安心立命です。それ以外は、狂いの道です。
☆あなたは自分を信じていますか。信じていると答えた人は、自分の何を信じていますか。あなたの流す波動があなたの答えです。あなたの外と中、一致していますか。
☆あなた、本当にこのまま死んでいっていいのでしょうか。心の叫びを拾い上げてください。そして伝えてください。ごめん。間違っていたと。
☆外へ向く習性のある心を内に、内に。エネルギーは内にじっと留めておくのではなく、確認すれば温もりの中へ解き放つ。それが心を内に、内にの作業です。
☆思う大切さ。ゆったりとして静かに思うこと、そして一瞬、瞬間的に思うこと、両者とも、学びそして会得していきましょう。その際、肝心なのは何かということ。もうお分かりですね。
☆今を喜んでいきましょう。どんなにすごい時間なのか、あなたの中は知っています。知らないのは肉を自分だと思っているあなただけです。
☆肉体細胞の思いを感じながら、ということは、本当の自分の思いを感じながら瞑想をする、瞑想ができる。そして、日々を過ごしていく。幸せな人生です。
☆愛へ帰る喜び、愛を思う喜び、しっかりとあなたの心に響いていますか。母の温もりはどうでしょうか。
☆250年後の出会いを簡単に思わないでください。今世、学びに触れた人達みんなと出会えればと思いますが、それはどうでしょうか。あなた、死後のあなたに聞いてみてください。そして、本当に自分に優しく、自分を大切にしてください。

ともに次元を超えていこう

愛はこっちだよと、いつも、いつもあなたの心の中で伝えている私(田池留吉)と出会ってください。出会えば変わります。必ず変わります。私(田池留吉)は愛。そして、私(田池留吉)はあなただから。

優しく母に抱かれてゆったりと幸せだった、すべてを託していたあなたは現存します。あなたは本当は優しいんです。本当の優しさも温もりも喜びも、みんなあなたの中にあります。ただ、外に求めたときから、あなたの苦しみは始まりました。

私はあなたの心の中にいます。ずっと、ずっと初めからいます。これからも、ずっと、ずっといます。ともにいます。私に心を向けてください。心を向けて広がっていきますか。ただただ嬉しい、ありがとうの思いが突き上がってきますか。いつも、いつも思えることが喜び、幸せだと分かっていますか。

素直になりましょう。そして、心をどんどん広げていきましょう。肉の心は狭いです。しかし、私達本来の心、本来の私達は限りなく広い。限りなく広がっていく温もりの中にあります。そこには何もない。だけどあるんです。それがひとつの世界です。

愛へ、心のふるさと、愛へ帰る道をともにともに進んでいこう。果てしなく長かったけれど、そしてこれからも果てしなく続いていくけれど、苦しみから喜びへ変わっていく今だと呼び掛けています。

田池留吉を思うことが嬉しくて嬉しくてたまらない。心の底からアルバートと呼んでいる。アルバートを呼ぶ意識達の思いをはっきりと心に感じる。瞑想の醍醐味です。

私達は最高に幸せだよ。お母さん、ありがとう。田池留吉と出会わせてくれてありがとう。気の遠くなるような時間ずっと、あなたに背を向けてきても、あなたは愛だと伝え続けてくれていました。あなたの思いをしっかりと受け止めました。もう二度とその波動を忘れることはありません。私達は、あなたの中に帰っていくだけです。

宇宙に向けて瞑想をすれば、ただただ異語とともに喜びが湧き起こります。ああ、待ってくれていたんだと。宇宙の友がたくさん、たくさんいます。ともに帰ろうと伝え合いましょう。そのためにこうして、今、肉を持っています。宇宙の波動を感じて、感じて、喜びと温もりの世界を共有していきましょう。

愛のエネルギーが深まれば深まるほど、明と暗が、はっきりくっきりします。これから益々はっきりくっきりしてきます。喜びは喜びをいざない、苦しみは苦しみの中に落ちていきます。どちらも自作自演です。それが意識の世界。限りなく広くて優しくて温かい世界です。そしてそれは本物だから厳しいのです。

宇宙は愛。愛のエネルギー。愛のエネルギーは私達。私達は愛。私達は宇宙。ひとつです。あなたの中で真実への扉を開いてください。

瞑想は喜びです。間違いなく喜びです。喜びでしかありません。温もりです。愛です。喜び、温もり、愛の波動をどんどん吸収してください。吸収して、そして、あなたの中で、喜び、温もり、愛の波動をどんどん循環させてください。淀みをそのままにしないでください。

生まれてきた意味を本当に心から知ってください。あなたの人生とはいったい何でしょうか。消えて無くなるものばかりを拾い上げている人生ではないでしょうか。

本当の優しさを知っていきましょう。本当の温もり、本当の喜びに出会ってください。それは私達の中にあります。それは私達なんです。愛の水道水の種水を思ってごらん。あなたの中の田池留吉は、そう語ってきませんか。

愛の種水は、あなたの外にありますか。それともあなたの中にありますか。

肉を持った意識達はみんな、真っ暗闇からの脱出を希っています。しかし、どうすればいいのかその手立てが分からずじまいです。今日も一人、そんな意識の世界を抱え持った方の思いを聞かせていただきました。今世、学びに触れたあなた、あなたの現実はどうでしょうか。

思うことがすべてでした。思えることがすべてでした。真実の波動はあなたの心の中に届いています。出会っていきましょう。どんどん出会っていきましょう。生まれてきて本当によかったと実感。そんなあなたを次の転生に繋いでください。

どうぞ、ともに歩みを進めませんか。愛の波動の中に存在していた私達だったと、心から、心から知っていきましょう。

ただ一点、田池留吉を思う。肉のある限り自分に徹底してください。それでも、肉を離せば大変難しいです。死後の自分をしっかりと感じてみてください。

千載一遇の出会い。そして千載一遇のチャンス。心に響き渡ってくる喜びの雄叫びを、あなたの心で感じられるあなたに蘇ってください。

「帰っておいで母なる宇宙へ。」「はい、帰ります。みんなといっしょに。」真っ直ぐに言えるあなたは幸せなはずです。

種水のレベルが確実に上がり、それを持続する方法は、自己供養を進めることです。では、自己供養を進めるには何が必要でしょうか。

ワン、ワン。ニャー、ニャー。彼らはこれで通じるのです。喜びと通じているのです。教えてくれています。愛の波動を。ありがとう。

愛を思い、愛の水道水、愛の水素水を飲み干そう。ごくごく飲もう。汗をしっかりとかき、また、愛を思い、愛の水道水、愛の水素水を飲み干そう。喜んでごくごく飲もう。そして、正しい瞑想を。

そうです。意識の流れはすこぶる順調です。次元移行へ向けて宇宙が始動した今世でした。今というこの時に、肉という形を持ってきたことに、ただただ感謝です。千載一遇の出会いを心から味わっていきましょう。

あなたの心にノックしています。どうぞ、しっかりと心を向けてください。愛に目覚めよの促しを喜んで受けてください。現象はみんな喜びです。喜びの波動をあなたに伝えてくれるのです。あなたがあなたに伝えてくれるのです。それはあなたが愛だからです。

田池留吉、ああ、私達は、この波動をずっと、ずっと、ずっと、ずっと前から知っていました。あなたの中はそう伝えてきませんか。

体力、気力がまだある間に、どんどん喜びと出会おう。そして、自分に、ごめんなさい、ありがとうと心から言える自分に生まれ変わりましょう。心は無限大に広がっていきます。

かけがえのない大切な時間です。素直に真っ直ぐに自分を愛していこう。そして、お母さんに伝えてください。信じて待っていてくれてありがとう、私は必ず帰りますと。

あなたは、心一つで存在している喜びと出会えていますか。周りはみんな影です。影をいつまで握っているのでしょうか。どうぞ、今、死後の自分と出会ってみてください。そして、本当の喜びと幸せは何か知っていきましょう。

肉体細胞の思いをいつも感じながら瞑想を継続してください。肉体細胞は最後の最後まで喜びでつきあってくれます。本当の仕事をしっかりとしていきなさいと伝えてくれています。

本当の自分に気付かなければ、生きても地獄。死んでも地獄。これ本当のことです。そして、私達人間は本当はみんなそのことを知っています。

田池先生、ありがとう、ありがとうございました。真っ直ぐにこの道を。その思いに応えていくだけです。ともにある喜びを伝えてくれました。伝え続けてくれています。

どうぞ、UTAの輪の中心、愛へ心をしっかりと向けていきましょう。向けていける喜びと幸せを共有しませんか。♪ともに、ともに帰ろう・・・。 ♪愛へ帰る喜び、愛を思う喜び・・・。

いつもいつもどんなときも、私、田池留吉を思っていてください。そして、私、田池留吉の世界を本当に知ってください。喜びがあなたです。本当のあなたへ帰っていきましょう。

田池留吉を思う瞑想、喜んでなさっていますか。田池留吉はあなた方の心のふるさと、愛です。心で分かっていますか。

愛へ帰る道は険しいけれど喜びの道です。さあ、みんな、私、田池留吉のもとに帰ってきてください。待っています。

愛へ帰ろう、宇宙へ帰ろう、母なる宇宙へ。母なる宇宙は私達のたったひとつのふるさとです。

サウンド 1.wav へのリンク

サウンド 1.mp3 へのリンク

ありがとう.mp3 へのリンク

意識の流れ
       
-田池留吉の磁場を思い瞑想をしよう-田池留吉からのメッセージ

1) 私は田池留吉です。どうぞ、残された肉の時間、それぞれに精一杯、喜んでご自分の心を見ていってください。私も自分の心を見ています。今という時、大切な、大切な時間です。私が何を伝えに来たのか、どうぞ、それぞれ、ご自分の心に問いかけてみてください。真実はあなたの中にあります。決して外にありません。あなたの中に愛が溢れています。温もりが溢れています。私はいつも、いつもともに行こうと呼び掛けています。
「私は愛。あなたも愛。ひとつ。」このメッセージをしっかりと受け止めてください。UTAの輪は波動です。その波動の中で、しっかりと学びを進めていってください。

2) いよいよ、私の肉の時間も残り少なくなりました。しかし、私は死ぬまで元気に自分の仕事を全うしていきます。ほぼ私がなすべき仕事は終えて、最後の詰めの段階を迎えています。他力の世界を心から離せない人達、もういいんです。と言いましても、私が切り捨てる、置き去りにするということではありません。他力のエネルギーから自分を解き放すことができない冷酷で己偉い自分が、自分を切り捨て、見捨てていくということを知ってください。ここにきて、もう無駄な時間、無駄なエネルギーは使いたくありません。この道を真っ直ぐに突き進んでいくことだけを考えています。

3) 皆さん、私が、今病室にて綴ったものに、目を通してみてください。私は田池留吉です。私は波動です。愛のエネルギーです。私はあなたです。あなたの中で、いつもこのように語っています。しっかりと私の波動と通じ合えるようになってください。私を無視して、私とは全く違う波動、エネルギーを流していることに、ご自分の心で気付いてください。一日も早く気付いてください。そして、素直に自らの過ちを認められるようなあなたに生まれ変わってください。私に認めろと詰め寄らなくても、あなたから愛のエネルギーが流れ出してくれば、私はあなたを認めていきます。どうぞ、日々しっかりと心を見てください。自分の中の愛のエネルギーに目覚めていってください。

4) 肉は愚かです。愚かな肉は争いを好みます。自分の主張を掲げて、どこまでも己というものを掲げていくのです。それが自分を操っているブラックのエネルギーであることに、なかなか、なかなか気付けません。そんな状態の中では、決して種水のレベル、非常に硬いという段階まで到達しません。
どうぞ、田池留吉の波動の世界、母なる宇宙の波動を、ご自分の心で本当に感じられるようになってください。当然、そうなってくれば、種水のレベルは非常に硬いです。瞬間的な作業、思うだけでいいということになってくるでしょう。もちろん、瞑想をすれば波動はどんどん伝わり響いてきて、ただただ幸せを感じるのです。

5) 私に残された肉の時間、有効に使っていこうと思っています。私は次元移行を伝えにやってきました。意識の流れというものを伝えさせていただきました。意識の転回をしてくださいと。あなたの中の愛のエネルギーに目覚めてくださいと。私達とともに、ともに次元を超えてまいりましょうと。
肉という形を持って、数限りない転生をしてきたあなた方には、とても難しいことだったと思います。しかし、私の仕事は、順調に捗っています。証し人も出ています。
どうぞ、今一度、ご確認を。波動は決して騙せません。誤魔化せません。波動こそがすべてです。

6) 私、田池留吉に心を向けられる喜びを、しっかりとそしてどんどんあなたの心で感じてください。私を呼んでください。しっかりと呼んでください。私はいつも、あなたの中で応えています。私は愛です。あなたも愛です。私達はひとつです。すべては愛でした。すべては喜びでした。それをすっかりと忘れ去ったから、肉を持った人間達の苦悩は深まるばかりでした。どんなにしても、幸せになれるはずはありませんでした。これから益々、世の中は混沌としていきます。しかし、私のほうに心を向けていれば、そして、私と合っていれば、あなたは何も憂うることはありません。あなたの心に広がっていく愛の世界をどんどん感じていってください。

7) 宇宙の法、田池留吉の世界の法の厳しさと優しさを心で分かってください。どんどん自分自身を愛へ愛へと進めてください。あるのは喜びだけです。温もりだけです。私達はひとつです。ともに行こうという呼び掛けに心から、心から素直に喜んで応えていってください。宇宙の友が待っています。どうぞ、あなたの心で感じられるようになってください。

8) 私、田池留吉の波動を、どうぞ、あなたの心で感じてみてください。私、田池留吉の波動を、遮っているのはあなた自身です。それは、あなたがまだまだ他力のエネルギーにがんじがらめの状態だからです。それをしっかりと、あなたが肉を持っている間に確認してください。私は、死後の自分を語れと申しました。死後の自分、つまり自分の今をしっかりと把握することが、とても大切なことです。殆どの方と言っていいほど、死んでから学ぶことは難しいです。心の針を向ける、田池留吉、お母さんを呼べる状態かどうか、今、しっかりと見極めて、自分をどうか大切になさってください。

9) 私は、今の環境の中で、自分を嬉しく見つめています。これまでのこと、これからのこと、私には、喜びで、喜びで自分の中に浮かんできます。
これまでたくさんの人達のお世話をいただいてきました。苦しくて暗いどん詰まりの時もありましたが、それもすべて私の中で喜びとして受け容れています。それは、私は私の仕事をするために、生まれてきたことを、知っているからです。喜びで私は仕事をしてまいりました。これからも、喜びで仕事をしてまいります。
すべての意識達に、ともに歩みを進めていこうと呼び掛け続けます。
私に心を向けてくださいと伝えさせていただいています。そうです。私に心を向けることがすべてです。あなたの心の針を私に向けて合わせていけばいくほどに、それがどんなに喜びであるのか、そして、それがあなたが本当に切望してきたことだったと、あなたの心で分かるのです。いいでしょうか。あなたの心で分かる、ここがとても大切なことです。あなたの頭では決して推し量れないのが、私がお伝えしている波動の世界です。波動、エネルギーはあなたの目には見えません。しかし、真実の波動、愛のエネルギーは、現存します。それは、あなたの心で感じる以外にないのです。
あなたは今、その肉体を持って存在しています。目に見えて、耳に聞こえて触れることができる世界だけがすべてだと生きてきた人達にとって、その肉体を離す、つまり、自分の死を考えることはやはり恐怖でしょう。しかし、生まれてきた人は、いずれ遅かれ早かれ、死を迎えます。突然死か、長患いか、それは人それぞれでしょうが、死を迎えることに違いはありません。死んでどうなるのか、殆どと言っていいほどみんなその部分が明らかではありません。しかし、みんな本当は死んでどうなるのか知っているのです。何度も死んだ体験がありますから。なのに、明らかでないというのは、その死んだ世界が、言葉では言えないものだからです。表現するとするならば、暗くて冷たくて寂しくて重い中に凝り固まってしまうということなんです。それがどういうふうなのか、その肉体を持っている間には、綺麗さっぱり忘れ去ってしまいます。考えたくもない、触れたくもない部分ということでしょう。
そんな死の体験を、今こそ、肉体を持っている今こそ、本当に活かしていただきたいと思っています。もう二度と、あの苦しいところで固まったままの状態はごめんだと、ではそうならないためには、どうすればいいのか、私は、それを学んでくださいと申し上げています。
肉体を持っている今という時間に、どうぞ、自分をしっかりと見つめていってください。心の世界、思いの世界に住んでいることをしっかりと認識してください。
心を見てくださいということがどれほどの優しさ、愛、温もりであるのか、あなたの心で感じてください。
私は、あなたの心の中にいつも、いつもいます。どうぞ、私に心の針を向けて、合わせていくことだけが、本当に自分を救うことだと、一人でも多くの方に心から知っていただきたいと思います。私の波動を心で感じて、そしてその感じたものをストレートに流してくださることをお伝えしております。
日々、正しい瞑想を心掛けて、いつも私とともにある喜びの世界を感じて、感じて、あなたはあなたの予定通りのコースを歩んでください。
それが私達の約束でした。心から、心からありがとうの思いで、あなたに、今お伝えしています。

10) 私は田池留吉の意識です。この肉体細胞とともにあることを喜んでいます。私のこれからをしっかりと見つめています。この意識の流れの中にある私の仕事、私がこの肉体を持ってこの世に出てきたことを振り返り、私は本当に嬉しく思っています。
 出会いがありました。大変難しいことを伝えたと思いますが、心で分かる人との出会いがありました。意識の世界をしっかりと見つめていこうとする思い、その思いは、とてもとても大きなエネルギーです。
 苦しい転生を繰り返してきた意識達に、私は、今こそ自分の心を見つめてくださいと、しっかりとはっきりと道しるべを示してきました。この道しるべの指す方向に、心を向けることがすべてです。
 あなた方の中に作ってきたブラックのエネルギー、他力の世界をどんどん崩していきなさい。崩して、崩して、間違ってきた自分を受け容れていけばいくほどに、喜びも温もりも優しさも、愛の世界が大きく、大きく自分の心に伝わってくる体験をしてくださいと伝えてきました。
私の指し示す方向に心を向けることがすべてです。肉を持つ意識達の難しさを、これまでたくさん感じてきましたが、私は私の仕事をやり遂げます。この世に出てきた田池留吉の肉体の最後の仕事です。
 苦しい転生はもういいんです。あなた方は愛です、優しさ、温もりですと、私は伝え続けます。私の中へ帰ってきなさい。心の世界をどんどん広げていきなさい。どうぞ、どうぞ、この喜びの波動を心に受け止められるようになってください。私からのメッセージを波動として伝えます。
 苦しい転生もすべては良かったんです。そのように私は伝え続けます。何も何もマイナスはありませんでした。すべてはプラス、プラス、喜びの世界です。心を見つめていくことがすべて。心を見ることが喜びです。
私はあなた、あなたは私、ひとつという世界を、心の中にどんどん広げていきましょう。私のように、私のように。そう、同じです。私はあなた、あなたは私、私達はひとつ。心の中から伝え続けます。波動の世界を伝え続けていきます。私の波動を受けていけるようになっていってください。すべての意識達にそのようにお伝えしています。

11) 私達は肉ではありません。私達はエネルギーとして存在しています。目に見えません。しかし、私達の心はいつも、いつも叫んでいます。愛に目覚めよと。愛に目覚めよという思いの中で、「私達はどれだけこの思いと出会いたかったか。」あなたの心に届いているでしょうか。
私はあなたに伝えています。心から、心から私を呼んでくださいと。
本当に心から呼んでいけば、私はあなたの中にすうっと、すうっと入っていくんです。あなたが他力のエネルギーを心に秘めたままでは、私はストレートにお伝えすることができません。心の中に歪曲して伝わってくる波動では、宇宙を変えることはできないと伝えています。
己の偉い心を見つめてくださいとも伝えてきました。甘過ぎるとも伝えてきました。どうぞ、メッセージをしっかりと心で受け止めてください。
心の中の田池留吉、アルバート。あなたの中の本当のあなた。その波動をしっかりとしっかりと心で見分けていけるようなあなたになってください。
愛を信じる方向に進んでいくあなたを私達は待っています。心の中からあなたに伝え続けます。どんなに、どんなに、事が起ころうが、あなたの中は愛。あなたは愛。変わらず愛。愛しかない。この世には愛しかない。私達はそのことをお伝えします。

12) 何よりも、何よりも、私を思うことを大切にしてください。田池留吉を思い、愛を思い、母の温もりを思い、次元移行を思い、瞑想をする時間を大切にしてください。
あなたにとって、私を思うことがすべてです。私はあなたの中でいつもそのように応えています。あなたにメッセージを送ります。波動を伝えています。田池留吉の世界を心にどんどん広げていくことがあなたの喜び。
ベッドに横たわっている姿は私の仮の姿です。私の本当の姿ではありません。私は意識、波動、エネルギー。愛のエネルギーです。心の中にそのように伝えています。私のほうに心を向けることがあなたの喜び。そのよう伝えています。私達はいつもいっしょ。ともに歩める喜びを心に感じ広げていけることがあなたの喜びです。私を呼びなさい。私に心を向けなさい。あなたの中はすべて、すべて真実の世界へといざなわれていることを知っています。真実はあなたの心の中にあります。愛はあなたの心の中にあります。あなたの口を通して私はそのように、繰り返し、繰り返し伝え続けるでしょう。それが真実だからです。
この日本の国で、ともに肉を持ち学ばせていただいたこと、私は本当に喜んでいます。たくさんの苦しみ、悲しみ、悔しさ、怒り、やるせない思い、空しさ、たくさんの思いを抱えてきた意識達とともに私は、愛へ進んでいこう、愛あるあなたに目覚めていこう、温もりの世界へ一歩踏み出していこうと伝え続けました。これからも伝え続けます。
「あなたの本当の姿は、愛です。愛を、愛を信じていってください。あなたの本当の姿は愛です。愛あるあなたを信じていってください。」
私に思いを向けたとき、どなたの心の中にも、私はこのメッセージを伝え続けます。私に思いを向けられるかどうかの違いだけです。私に思いを向け、私に心の針を合わせていけばいくほど、愛のエネルギーがあなたの中へ感じられます。愛のエネルギーは、すべての意識達に中にあります。
「愛を、愛を、愛を求めてきたあなた達でした。そして今、愛に目覚めていく今なんです。これから250年という時間の中で、厳しい転生が待っていますが、どうぞ、この優しさ温もりを心に呼び起こせるあなたとなってください。」
私はあなたの中からいつも、そのようなメッセージを送っています。形を本物とする思い、形にこそ真実があるとする思い、すべてすべてブラック。この世に真実を説いた者はおりませんでした。真実に目覚めた者はおりませんでした。田池留吉の肉が、この世に誕生して初めて真実に触れたのです。その事実をしっかりと感じていきなさい。そして、心に感じた波動、エネルギーをあなたの中で、さらにさらに深め、広げていくのです。宇宙はあなたとともにあります。宇宙の目覚めを誰よりも、誰よりも待っているのはあなた自身です。
苦しい転生。その中でようやく明かりが灯り始めた今世の出来事をしっかりと喜んで、喜んで心で受けてください。
たくさんの意識達を心に受けています。優しさ、温もりに飢えた、愛に飢えた闇黒の世界です。しかし、心の中の愛がその闇黒の世界を変えていけるんです。愛はパワーです。喜びはパワーです。私、田池留吉、アルバートのほうに心を向けてください。

13) 田池留吉の世界をあなたの心がどんどん感じていく喜び、それが私の喜び。私の喜びはあなたの喜び。あなたの喜びは私の喜び。ともに喜びを通じ合える、喜んでいけることを喜んでまいりましょう。
私の肉にありがとうと私は伝えています。田池留吉の意識の世界から、私は私の肉体細胞の思いにありがとうと伝えています。肉体細胞は愛でした。私の肉は愚かでした。しかし、私の世界を私は知っています。肉体細胞の喜びとともに私は私の世界へ帰ります。
私の世界から、これからもあなたを通して、メッセージを送ります。波動を流し続けます。あなたのするべきことは、私にただひたすら心を向けていくだけです。田池留吉に心の針を合わせ、私の中へどんどん突き進んでください。
私は田池留吉の意識。心からありがとう。出会いをありがとう。私の心の中へどんどん突き進んでください。田池留吉からのメッセージ、田池留吉の世界からのメッセージ、どんどん送り続けます。
私は250年後を見つめながら意識の世界からエネルギーを流し続けます。肉の次元の中で私を見ていた方達は、到底この学びについていけないでしょう。肉は肉の群れの中で、さらに奥底へ落ちてまいります。
明暗がはっきりくっきりしていくのです。どうぞ、それもすべて自己選択、自己責任です。心の針の向け先をしっかりとなさってください。
私は田池留吉。心の中の喜び、温もり、愛の世界。あなたの中にあることを伝え続けます。

14) すべてよし。すべてプラス。すべて愛。肉がどんな状態であっても私は伝えます。すべてが喜び。すべては愛。愛しか存在しない。この世には愛しか存在しない。私は伝え続けます。愛へ帰ることがすべてでした。
愛しかない世界があったんです。肉、形を本物とする思い、その闇の中から、どうぞ、どうぞ、一人でも多くの方、抜け出してください。
あなたの心の世界、意識の世界に灯りを灯してください。本当の優しさ、本当の温もり、愛ある自分に目覚めてください。私はこのように、絶えず伝え続けます。
すべては喜び。すべては愛。愛しか存在しない。この世には愛しか存在しない。この世には何もない。愛、愛、愛があるだけ。
私達のすべてが愛。愛があるから私達は存在している。この事実をしっかりと心で感じられるあなたに蘇ってください。

15) 愛を思う瞑想を続けましょう。田池留吉をただひたすら思える瞑想を続けましょう。私、田池留吉の世界を心に広げていけばいくほどに、あなたの存在も、またあなた自身心で分かってきます。素晴らしい、素晴らしい存在でした。
私達は愛の中でひとつなのだということを、あなたの心で一日も早く、少しでも多くの人が自分に目覚めていただきたい。私はその思いでいっぱいです。私、田池留吉の世界はただただ愛を伝えます。もちろん、250年後、アルバートとして私はこの日本で伝えた通りに、いいえ、それ以上に私は愛を伝える存在です。私は250年後、アルバートとしての肉を持ちます。「心の中の愛をしっかりと広げていきましょう。」そのように、私は全宇宙に呼び掛けてまいります。
心で分かり、心で感じ、心で共鳴し、心で共有していく仲間達が集ってきます。ともに歩みを進めていく仲間です。私はとても幸せです。この日本の国に肉を持ち、学びをしてきたこと、そして素晴らしい仲間と出会えたこと、私の思いは本当に喜び一色です。ともに歩めることを、あなたもそして、あなたもどうぞ、心から心から喜んでいってください。
「私達の中にあるのは愛。心のふるさと、愛へ帰りましょう。」あなたの中に絶えず、絶えず、メッセージを送り続けています。
私は、波動です。愛を流す波動です。波動の中に喜びを、温もりを、広がりを、幸せを、本当にひとつになって、心から心から田池留吉、アルバート、愛ある世界を思ってみてください。
これから、UTAの輪を通して、私はさらに愛を伝えてまいります。心の中の愛に目覚めていけるように、あなたもしっかりとUTAの輪の中で心を向けていくことをなさっていってください。私達の行く先はひとつ。愛の世界です。行く先と言ってもそれはあなたの外にあるのではありません。あなたの中から、私が伝えていることを、どうぞ、心でしっかりと感じていってください。

16) どうぞ、私を思う瞑想を楽しんでください。いつも、私と出会っている喜びと幸せを、心から心から味わってください。そうすればいいだけ。おわかりでしょうか。

17) 肉が自分だとする思いがどれだけちっぽけな思いなのか、どれだけちっぽけな世界なのか、それぞれの心の中にしっかりと感じていくことが待たれています。私達の本当の姿は波動、エネルギーなんです。私達は宇宙なんです。ともに、ともに帰っていくあの素晴らしい世界、それが私達の本当の姿です。愛は私達。私達の中に愛があったことを、私は肉を通して伝えました。今世、肉を通して伝えました。私の肉はないけれど、たくさんのたくさんの意識達に伝え続けていきます。これからも、どんどん伝え続けていきます。宇宙がどんどん、どんどん変わっていきます。私達の思いを、すべてすべて宇宙は知っています。心の中にしっかりと宇宙を呼びなさい。母なる宇宙、その優しさ、温もり、広がり、とてもとても頭では決して理解できない世界、波動の世界をそれぞれの心に感じていきなさい。心の中に私を呼び、私とともに歩んでいく喜びと幸せをどんどん心に感じていってください。私はあなたの中に、いつもそのように伝えています。心の中の田池留吉、アルバート。そして愛のエネルギー。あなたです。本当のあなたです。あなたがあなたに伝えていることを、どうぞ、それぞれの心の中で知ってください。私を素直に呼んでいけるかどうか、それはそれぞれに、係っています。たくさんの間違いを積み重ねてきた人類の心の中で、ようやく巡り合ったこの真実の波動の世界を今世、少しでも多くの人に、一人でも多くの方に伝えていきたいということで、私は三次元に肉体を持ってきました。そして、今は肉体がない中で、私は田池留吉の世界から伝えています。心の中に私を呼びなさい。田池留吉にしっかりと心の針を向け合わせて、あなたの中に広がっていく喜びの波動をしっかりと、しっかりと感じて、そして、今世を終えていくのです。あなた方の中にはたくさんのエネルギーが詰まっています。他力のエネルギーです。他力のエネルギー。肉を自分だとするちっぽけな世界、真っ黒にくすんで、淀んできた世界です。あなた方は自分を自分で見捨ててしまったのです。冷たい自分になり下がってしまったことを、しっかりと心で感じて、しかし、そこから必ず蘇ってください。優しい中にあった、温もりの中にあった、肉では決して到達できないこの世界の優しさ、本当の温もりをどうぞ、どうぞ、あなたの心で感じていってください。
私は田池留吉。中にある田池留吉。あなたの中にある田池留吉。今、ああ、私はこの思いを伝えます。

18) 愛が私達でした。
前を向いて愛に向かって、一歩、一歩前進しましょう。私達の中には喜び、温もりがたくさんたくさんあります。溢れるほどに、尽きることなく温もりと喜びのエネルギーを抱えてきた私達です。そのエネルギーをしっかりと感じていけるこれからなんです。しっかりと、心を田池留吉、アルバートに向けて存在していってください。肉は愚かです。肉を通して感じるエネルギー、そのエネルギーをこの愛のエネルギーの中に解き放していってください。そのエネルギーの中に埋没するのではなく、愛のエネルギーの中に解き放していくのです。ともに帰ろう、愛へ帰ろう。すべてはひとつ。愛の中にひとつということを、あなたの心を通して伝えていくのです。宇宙が待っていることを伝えなさい。愛は私達でした。愛を求めてきた私達。その愛を求めてきた私達の心が、あなたの心にもあります。
次元を超えていくのはすべての意識達です。この三次元にやってきた意識達だけではございません。すべての意識達が挙って、次元を超えていける今という時を共有している喜びを伝えていきましょう。
私、田池留吉に心の針を向けて合わせていけばいくほどに、あなたの心に響いてくる波動の世界があります。波動を感じて、波動を伝えて、あなたがさらなる一歩を進められることを、私達は待ち望んでいます。ありがとうございます。ありがとうございます。


ひとつ、ともにともに
          田池留吉(病室にて)

  
1) 田池留吉、アルバートのメッセージを受けている方、本当に田池留吉、アルバートからのメッセージか、厳しい検証をしてください。種水のレベルが9以上(すごく硬い)でなければ、受信できませんとお伝えしておきます。

2) 喜び、優しさ、温もり等々の波動を感じられるのは、種水のレベルが9及び8(すごく硬い)の人達だけです。常に心を内に向けて検証してください。
6(硬い)以下の人達は難しいと思います。水道水をいわゆる愛の水道水に変えられるのは、4、5、6の段階の人達でもできると思いますが、レベルの高い6のを作られて活用するように。レベルの高い愛の水素水は、レベル7以上の水道水を使って。なお、8以上のレベルの種水のミニボトルを使って作り、飲用するように。
少々、厳しくはっきりと伝えておきます。みなさん、甘い、甘い。レベルアップに努めてください。

3) 種水のミニボトルのレベルの一応の認定については、栗生啓子さんと久保明子さんに頼んでおきます。セミナー会場かクボハウスで認定を受けてください。11月以降のレベルアップの参加者は、9、8、7の方々とします。

4) みなさん方にお聞きします。田池留吉、アルバートをどの程度知っておられますか。殆どの方はあまり知らないで学びを進めていこうとしていませんか。それでは、前へ進むのは、なかなか難しいと思います。正しい瞑想の1をしっかりとやってください。

5) 種水のミニボトルの認定方法
  ①持参のミニボトルをオーリングする
  ②それをコップに入れた水道水に転写。その水を飲んでみる。
  ③6以下の方は、まず、田池留吉を思い、続いて、ミニボトルに向けて、「私は愛です。あなたも愛です。ひとつ。」と。続いて、そのミニボトルをオーリングする。
その結果を現在の認定値とする。

6) 心はいつも外へ向くようになってしまっています。地獄から出て地獄へ帰っていく転生を繰り返してきたからです。
何故でしょう。あなたの心、思いは、いつも、神、仏、金、権力に向いていませんか。あなたが信じた教祖はどうでしょうか。このようなことではダメです。いつまで続けるのでしょうか。今世も失敗、地獄ですか。心の向け先はたった一つです。それ以外は間違いです。私は愛、あなたも愛、ひとつですよ。

7) コロコロ変わる喜びとか優しさは本物ではありません。肉が基盤になっているからです。喜びを外に求めているからです。心の外の世界は偽。内の世界が真。
外のことは程々でいいのです。信じて素直に意識の転回を進めていきましょう。

8) 口は出すが金や物は出さない人。金や物は出すが、口をしきりに出してくる人。トラブルメーカーになっていませんか。
金や物や形はやがて無くなるもの。程々に。意識があって、金や物や形です。意識が現象化します。現象にとらわれていては、真実は見えてきません。
しかし、現象を拒否したり、無視しては、何も見えてきません。すべてを受け容れ、使っている思い、使ってきた思いを見るように。心の針がどこを向いていたか確認するようにしましょう。

9) 「ごめん、ありがとう」の思いは、相手を受け容れる心に通じていきます。明るい心、喜びの心、優しい心、温もりのある心に通じていきます。すべては愛。愛でないものは、ひとつとしてありません。肉体細胞に向けて実践、確認してみてください。

10) 田池留吉を思うことから一日が始まるように心掛けましょう。このことは頭脳で分かりません。心でしか分かりません。とにかく、実践の連続。確認できるように努めましょう。

11) できないこと、できていないことを、あたかもできているように言う人々に要注意。ないものをあるように言う人もです。例えば、神、仏を。

12) ベッタよし。トップよし。ベッタばっかり、トップばっかりの人を見かけたことありますか。
私はトップの経験、ベッタの経験、両方あります。今、よかったと思っています。人生、しんどくありません。優越感も劣等感も段々となくなってきました。
選民意識、特別意識を持っている人、決して賢くありません。しんどいと思います。神様、仏様の好きな人も同じです。幸せが分かりません。
しんどい、しんどい人生、もう止めにしませんか。誇り、喜び、嘘でしょう。

13) あなた、善人ですか。悪人ですか。誰がそのように言っているのですか。あなたは、現在紛れもなく悪魔です。鬼です。いわゆる愛が欠乏しているのです。心の中に愛が溢れているのに、どうしてですか。その訳に一刻も早く気付いてください。それを治せるのはあなただけです。一番大事なことを忘れていませんか。愛が流れ行かないように、堰き止めているのですよ、あなたは。あなたは愛。すべてが愛。ひとつです。

14) 田池留吉の意識の世界の法は大変厳しいです。そして、大変優しいです。この世界こそ、安心、平和、喜びの世界です。
厳しいのは嫌ですか。受け容れていってください。受け容れていけば、厳しさは優しさに変わっていきます。

15) 決して他人を殺してはいけません。自分自身を殺してもいけません。大人達は、子供達に語り継ぎ、教え続けてほしいと思っています。なぜ、肉体生命を今世いただけたのか、みなさん方は、明々白々ですね。でも現実はどうでしょうか。平和、戦争反対、みんな仲良くと言いながら、相も変わらず、人と人は争い続けています。それが現状です。どうしてでしょうか。もう大変難しくなってしまっているでしょうが、みなさん方だけでも、正しいプラス情報、そして波動、愛のエネルギーを流し続けていきませんか。老いも若きも、ともにともに、学びをどんどん進めていってください。仕事、私と同じ仕事を成し遂げていきましょう。
天変地異と死を正しく受け止めてまいりましょう。不安と恐怖はダメ。受け容れていきましょう。

16) 今日もほたる(犬)の目を見ています。小鳥のさえずりを聞いています。花が微笑んでいます。そして、父と母、学校の先生、友人と隣人を偲んでいます。「ごめん、ありがとう」と。
特に、父と母、H先生、T先生、H先生、M校長先生を毎日のように思っています。受けた情とか恩を大事にしています。楽しいです。ありがたいです。私は、これからも、ともに、ともに仕事をしっかりと遂行していきます。みなさん方もどうぞ。少々、肉の臭いがしますが、ごめん。

17) 肉に閉じこもっている人々、意識の世界へ一刻も早く、どうぞ。人を見下している人、自分は清く正しく美しいと思っている人、自分を偉いと思い上がっている人、未だに神、仏、金、権力と思っている人、どうしようもありません。田池留吉の世界、母なる宇宙にあなたの思いを向けてください。答えは簡単にあなたの心から届けられます。人を馬鹿にするな。喧嘩するな。泣くな。悲しむな。何も怖いことも、淋しいこともない。幻想。錯覚。生きる基盤、間違っていませんか。

18) 独りぼっちの老人を、みんなで大切にしましょう。ビジネスはダメ。ともに愛のエネルギーの中で生きていきましょう。
愛の水道水、愛の水素水を飲んで、正しい瞑想を続けながら、健康寿命を少しでも伸ばし、死ぬまで元気で自分の仕事を成し遂げられるよう、ともに生きていきましょう。

19) 命を懸けて、私、田池留吉(意識)にあなたの思いを向けてみませんか。私、田池留吉(肉)は何も求めません。命懸けで仕事をしてきました。肉は愚かですけれど。
甘い思い、他力の思いでは、何も前へ進めません。田池留吉の思いに素直になろうともしない母親が我が子に、「もっと素直になりなさい。お母さんの言うことを聞きなさい。」と言っているのをよく耳にします。これでは、子供が素直になれませんよ。こんな人、たくさん、たくさんいます。家庭が崩れ始めます。自分の間違った思いは、金や神では治すことは難しい。ふるさとの替え歌を歌ってみましょう。お母さんの温もり。心の針の向け先。正しい瞑想をもっともっと大切に。

20) ただ今入院、手術治療中。病名、胸部大動脈瘤切迫破裂疑い。腹部大動脈瘤。毎日気持ちよく過ごしています。みなさんにご心配かけてすみません。面会謝絶でお願いします。

21) 人生は喜び、プラス、愛。マイナスは受け容れる。反転、供養などで。マイナスはもともと存在しない。闇も悪魔も鬼も、もともと存在しない。あなたは愛です。私も愛です。ひとつ。信じて、信じて生きていける幸せ、喜び、温もり、優しさを、さらにさらに喜んで生きていきましょう。
癌も引きこもりも離婚もマイナスではありません。あなたがそう思っている間違った思いを流しているだけです。愛のエネルギー、あなた自身を信じて強く生きていきましょう。

22) 心の向け先を正しくして、正しい瞑想を。自己供養。自分が作ってきた闇、悪魔、鬼、肉を基盤とした肉の思いに向けて、「私は愛です。あなたも愛です。ひとつ。」「ともに、ともに、心のふるさと愛に帰ろう。」とあなたの愛を流してください。そのようにすれば、あなたからあなたの愛が、母なる宇宙、愛から流れていくのです。暗闇は喜びに変わっていくのです。マイナスの思いは、プラスの思いに変わっていきます。ああ、本当だ、すべてのものが愛だ、喜びだ、温もりだ、優しいと信じられるようになってきます。正しい瞑想は楽しい。積み重ねていこうとなってきます。あとは、ごめん、ありがとう、喜び、幸せとなってきます。信じて、信じて行じてください。待っています。待ち続けています。さあ、ともに、ともにですよ。

23) 言葉に真実はありません。金は大事なもの、肉体生命を保つために。ただそれだけのものです。物や形に真実はありません。ただ、自分の心の向け先を内に、愛に向けさせるものと心得てください。真実は、心の外にありません。心の中にあります。自己供養は愛です。喜びです。温もり、優しさです。断じて行っていけば、次元移行が現実のものとなってくるでしょう。決して単なる夢ではありません。このことに気付き、なしていくために、あなたは、お母さんの温もりに産んでもらったのです。

24) 種水のレベルアップ(硬い以上)。そして、転写、転写で楽しい毎日をどうぞ。そして、反転もどんどんやっていきましょう。

25) もうひとつ。愛のリングのレベルアップも。種水と両方を使って、健康で有効な瞑想を楽しんでください。


26)
 私の病名を見て怯みましたか。一瞬、学びから離れようと思いましたか。あなたの心をしっかりと見てください。一番大事なことは何だと思ってきましたか。自己選択、自己責任ですよ。他力の心、他力を離せない自分の心を確認してください。私は愛です。よろしく。

27) あなたは、世の為、人の為に役立つ仕事をするために生まれてきたのですか。それとも、金、名声、夢などの為ですか。では、あなたは、死んだらどうなると思っていますか。世の為、人の為に役立つ仕事って何でしょうか。

28) 人生色々、肉を基盤とすれば、そうでしょうが、意識を基盤、意識の転回が進んでくれば、人生は一つ。愛、喜び、温もりとなってきます。私は愛、あなたも愛、ひとつとなってきます。意識も色々あるように思っている人は、やはり、肉を基盤とした、いわゆる肉の思いが色々あるから、そのように思えるのです。みんなひとつ。愛でないものは存在しません。どうでしょうか。

29) 高学歴、高収入、そして、高級車に乗っておれば、幸せになれると、あなたは思っていますか。あなたが死んでしまえば、高学歴も、高収入も、高級車も無くなるんです。心の外に、いくら幸せを求めても、真の幸せを知ることはあり得ません。では、どうすればいいのでしょうか。もうお分かりですね。心の針の向け先を正しくしていきましょう。

30) 恐怖心や不安感、ありませんか。学びを進めるのに大変よくありません。私は、恐怖心や不安感を溢れて学びを伝える思いは全くありません。しかし、他力の心の強い人はどうでしょうか。そこで、水と瞑想です。正しくしっかりやってください。もちろん、母親の温もりが必要不可欠です。見下げる思い、軽視する思いはありませんか。己偉い心、あるかないか、しっかりと心を見つめてください。特別意識、選民意識も。

31) よいとこどり、自分、肉の自分にとって都合のよいものだけを取り入れる人、色々の教えのよいと思っているものを取り入れて学んでいる人、案外、たくさんいます。では、私が伝えてきたものはどうでしょうか。やっばり、肉が基盤、己が偉い。学びはなかなか進んでいかないのでは。
よいとこどり、色々の教えを集めて作り上げた教えは、如何なものでしょうか。はっきり、しっかりしましょう。

32) 愛の水道水は自然の恵み。愛の水素水は母親の温もり。どんな時もいっしょ。信じて、ともにともに真っ直ぐに、心のふるさとへ帰っていきましょう。信じる者は救われる、神をではないですよ。
とにかく、レベルアップ、レベルアップ。アップ、アップ。フレー、フレー。時と場合、生活環境などによっては、愛の水道水だけでいいですよ。水道水はどこにでもあるから。

33) 死後の世界、いわゆる色はないけれど、真っ暗闇・漆黒か、空(くう)・真っ青・光。あなたはいずれでしょうか。西方浄土とか極楽とか天上界といったものはどうでしょうか。死後の苦しみ、寂しさ、冷たさ、恐怖、不安とかいったものは、誰も何とかしてくれません。自分を救うのは自分。ただ愛だけが。

34) 種水のレベルについて。10を超えるもの。10。9.5。9。8。7。6。5以下。以上が判定値。レベルアップに参加していただく方は、6以上の方だけ。ただし、スタッフや登録してセミナーに参加し始めてから3年以内で、レベルアップが期待できる方は参加いただきます。

35) このたび、私の入院・手術・加療について、過労と警告。喜んで受け容れています。今日の秋の青空のような心境です。ごめん、ありがとう。安心。全託。

36) できるだけ自分のことは自分でするように。私の母の口癖でした。種水のレベルアップは自分達で。判定もレベルアップも。
現時点で6以上あると思う方だけ、栗生啓子さん、久保明子さんに申し出て判定してもらうようにしてください。5以上でない方は申し込まないように。

37) 身寄りのない独りぼっちの後期高齢者、おじいちゃん、おばあちゃんの下の世話をビジネスでなく、無償でお世話させていただこうと思っている人、応募に応えてください。その時はお願いします。

38) 陰険な戦い、いじめ、いじわる。俗に言う根性悪。肉の思いの戦いは止めましょう。身体にも心にも悪いから止めてください。

39) 60歳過ぎ頃から、現実は厳しい環境にあると思いますが、心の針を一点に合わせ、次元移行に向かって、一歩、一歩前進していただきたいと思っています。怒ったり、偉ぶったり、人を見下げたり、不平不満いっぱいで、ぶつぶつの毎日、止めにしていきましょう。病も不仲も自分の心を見るチャンス。心を内に向け、自分が使っている、使ってきた肉の思いをしっかりと見ていきましょう。

40) 種水のレベルアップについて
   1) 9月を迎えて、段階5と6の方が増え始める。
   2) 11月に入ると、段階5と6の方がさらに増え始め、段階7の方も出てくる。
   3) 12月のUTAの輪のセミナーを迎えて、段階5と6と7の方がさらに増え始める。
   4) 後は楽しみ。今年中に、段階8の方が出ればと。

41) 星のお話について
   UTAの輪S
0 塩川香世、自転公転。 S0の周りを自転公転する星群、S1、S2、S3・・・。 S1、S2、S3・・・の周りを自転公転する星群。S0からS1、S2、S3・・・と調和のとれた星群が、ここ20年以内に出来たらと夢。期待しています。肉のお話ですが。肉と意識は表裏一体と心得ています。更なる進化を夢見ている今日この頃です。

42) 8月28日、再入院しました。種水のミニボトルの判定作業が8月29日から始まります。申込み条件(種水のレベルが5以上)がありますが、自分の力で5以上になるようになって、どしどし申込んでください。念のために、5以上でない方は、何もこの学びは分かっていないことになります。

43) 真実、この道を貫け。愛はあなたの心の中に今もある。「私は愛。あなたも愛。ひとつ。」を信じて、信じて一歩前進を。

44) 種水のレベルの判定について
   レベルアップに回数を積んでください。レベルの判定は、栗生啓子さん、久保明子さんに任せてください。奥さんとしたらどうであったとか、学びをしていないが関心のある友達としたら硬かったとか言っている人がありますが、あまり参考にならない場合がありますから、要注意。

45) 反転力を高めるように努めてください。自分の心の針がどの程度田池留吉に向いているか、田池留吉の世界が分かっているか、自分が愛だとどの程度信じているか、参考になると思います。どうぞ、アップ、アップと高めていってください。「私は愛です。」と思ってやり続けてください。

46) ゆっくりしいやと言いたいところですが、千載一遇のチャンス。チャンスをものにしてほしいと思っています。種水のレベルが上がってくると、現象のとらえ方が変わってきます。受け容れられるようになってきます。ものの見方、考え方、感じ方が変わってくるということが分かってきます。

47) あなたの心の針はどこに向いているか。田池留吉ですか。愛ですか。それとも・・・。良いことをすれば良い結果が、悪いことをすれば悪い結果が出てくると思っている人が多いですが、さて、良いこととは何だと思っていますか。そして、悪いこととは。
このことは少し違っています。あなたが使っている思いが正しいかどうかです。では、使っている思いが正しいとはどういうことでしょうか。結局は波動ですね。波動はあなたの心の状態をはっきりと表示していきます。

48) この学びについて振り返ってみましょう。
   1)動機は。誰かの紹介で、UTAブックの本を読んで、いずれにしても、何を目指して仲間入りしてきましたか。今もまだ他力でやっていませんか。
   2)田池留吉をどう思っていますか。教祖、先生、それとも・・・。
   3)あなたは愛ですと伝えていますが、信じていますか。では、愛をどのように理解していますか。愛の存在をどのように確認していますか。

49) 愛の水道水、愛の水素水を毎日飲んでいますか。各水に対して、どのような思いで飲んでいますか。

50) 種水を常に身につけていますか。種水のレベル判定は如何ですか。レベルアップに努めていますか。現在は6以上ですか。

51) 種水のレベルアップを常にともにやっている友達はいますか。それとも独りぼっちですか。友達とともに成長していくようにしましょう。

52)
 お母さんを大事にしていますか。お母さんを喜ばせるようなレベルアップの勉強をしていきましょう。お母さんとともに愛に帰る生活を楽しんでいきましょう。お父さんも、夫も、妻も忘れないように。そして、友達も。お互いに心の中にある喜びを大きく育てていくような学びをしていきましょう。

53) 常にレベルアップを。説法はいいんです。真実を、愛を伝えていきましょう。笑顔を忘れた老人に、独りぼっちの老人に「あなたは愛ですよ。みんなひとつですよ。」と伝えていきましょう。愛を引き出し育てていくように。そして、笑顔を取り戻すように。ともに、ともに真実の道を進む喜びを。
年寄りの最大のプレゼントは愛です。喜びです。温もりです。最後までともに、正しい瞑想を心掛けていきましょう。

54) ひとつとして愛を流していないものはありません。すべて愛。愛の波動を伝えています。だから、すべてのもの、人、現象から気付いてください。あなたの心の中に愛が今も眠っていることを。暗い思いはもういいんです。明るい心、本来の心の復活で、一歩一歩愛を確認、信じて最後まで生きていきましょう。人と楽しんで楽しんで、ありがとうで終わりにしましょう。

55) 万象万物はひとつ。愛です。ともに愛へ帰りましょう。あなたの人生も私の人生も、究極は同じです。同じが嫌ですか。でも同じです。苦しむのは止めにしましょう。人生は喜びです。温もりです。安らぎです。戦うのは人生ではありません。ともに、連れもって愛に帰る道が本道です。ひとつです。

56) 私は優しい人間になりたい。あなたの心の針は田池留吉にしっかりと向いていますか。あなたは、ある日突然、冷たい人間になりませんか。冷酷、無慈悲。
私は強い人間になりたい。あなたは、常に田池留吉を思い、ひとつになっていますか。あなたは、ある日突然、ポキっと折れたりしませんか。挫折、失意、自殺。
本当の優しさ、強さとは、もう分かっていますね。

57) 適当な言葉が見つかりません。肉の思いのない思いを純粋と申しておきます。純粋な方しか、田池留吉に自分の心の針を合わせることは難しいです。ただ単に、田池先生は大好き、偉大な方だと思っている、どこまでもついていきますというだけでは純粋と言えません。
自分の心の中に、少しでも神、仏、教祖を掴んでいる人は不純。田池留吉を知ることは、不可能に近いです。もちろん、聖者とか賢者とかも同じです。全く次元が違います。ホームページやセミナーや反省やメッセージとおっしゃっても、純粋でなければ、心の針は田池留吉に合いません。種水のレベルで言えば、10超ということになります。しかし、10超でもという思いもあります。しかしです。田池留吉は、あなたの心の中にも、私の心の中にも厳然として存在していると思っています。
田池留吉を見捨て去った、忘れ去った肉の思いでは、今世は、田池留吉を知ることは、とても難しいことだと思います。
私は、純粋に近い状態の時に、自分に伝わってくる思いには、ハイと従ってきました。決断と断行と全託できました。それが今日の私に私を変えてきました。だから、私は、私を、田池留吉を信じて、信じて今日まできました。来世は、250年後は、アルバートという肉体をいただき、純粋な多くの人々との出会いを得て、次元移行を完遂してまいる思いです。アルバート、田池留吉の世界をもっと、もっと分かっていくと思っています。
皆さん方も、一応、250年後の出会いと次元移行を目指して、日夜精進していきませんか。大変厳しいですが、喜び、喜びの道です。

58) 第1回目の手術が終わって、1週間が経ちました。その間に、色々のことを学ぶことができました。肉眼で。脳で。
みんな何も分かっていないことも。分からない今も、段々暗く独りぼっちで冷たく重苦しい世界で固まっていることも分からず、救いを求めています。現在、肉体を持っている人々も、もうとっくに離れてしまっている人々も、ただただ帰るところが分からず彷徨っています。
もう肉のことはどうでもよいのではないですか。高学歴、高収入、高級車、身を立て名を上げることも、どうでもよいのではないですか。自分の死に真向かいになって、どう生きるべきか。誠実に真剣に自分の生を見つめ直していきましょう。

59) イエスも仏陀も小さい、小さい。空海も親鸞、日蓮、法然といった歴史上に名を残している名僧、高僧と言われている人もみんな、小さい、小さい。
本来の姿はみんな、もっと、もっと大きい。愛、ひとつです。さあ、みんな離して、もっと、もっと大きくなっていきましょう。

60) 自分の心の針が田池留吉に向いているか。心の針が合っているか。迷ったときは、田池留吉を心からしっかりと呼び続けるようにしましょう。継続と積み重ねが大事です。あなたの心の何かが変わってきます。そのことを少しでも喜んでいくようにしましょう。あなたの心の中にある喜びが段々と大きくなってきますでしょう。
心のふるさとに帰っていきましょう。愛へ帰る喜び、愛を思う喜びを、今世、実感していきましょう。
それにしても、現在のあなたは甘過ぎませんか。偉過ぎませんか。意識の転回にこれ努めていきませんか。首を長く長くして待っています。決断と断行でいきましょう。

61) 心が外へ向いている時は、肉のことばかり。心を内へ向けるように心掛けましょう。だから、正しい瞑想。一にも、二にもと励んでください。頭脳では、真実は見えてきません。頭は程々に。心で感じて、己を知る日々を過ごすようにしましょう。。単純、明快、矛盾のない生活を。

62) 今世の学びの成果を来世の学びに繋げていってください。そして、300年後の次元移行に繋いでいってください。それまでに超大変な体験をなさると思いますが、心の針の向け先をしっかりとさせて、一歩一歩前へ前へ学んでいってください。人生とはそういうものです。あなたは意識です。愛です。よろしいでしょうか。

63) 愛の世界は人間の頭脳では、とてもとても計り知れないもの。まさに無限大、永遠、形はなし。何もない。しかし、すべてをと思えます。私は、これからもずっと信じて信じて、皆さん方とともに、ともに進んでいきたいと思っています。10超の段階でもという世界です。未来永劫に、永遠の今に正直に、存在していきたいと思っています。

64) 人間は、まだまだ甘い。まだまだ偉過ぎます。だから、肉の次元の幸せを、自分を誤魔化し、誤魔化しながら追い求めているのではないでしょうか。儚いことです。朝露の如し。真実の道へ軌道修正して、正道をひたすらに進んでいきませんか。自分を信じて生きていきましょう。自分をですよ。神や仏や金ではありませんよ。

65) あなたは、いや人間達は自分を小さくとらえています。意識です。肉ではありません。無限、永遠の存在。神、仏やといったものは小さい、小さい。
ホームページを読んでいますか。本を読んでいますか。正しい瞑想を実践していますか。この学びを自分の都合のよいように考えてやっていませんか。
種水の判定を必ず受けてください。独りよがりは禁物。私も判定に参加して、皆さんの努力に応えていきたいと思っています。勇気を出して、判定会に。有馬、橿原のセミナーでいっしょに学んでいきましょう。

66) 死後の世界、影も形もありません。もちろん、極楽、地獄といった空間、場所があるわけではありません。あるのは、自分の思いの世界だけ。ところで、死後、あなたにとって一番大事なことは何ですか。それは、田池留吉に自分の心の針を合わせ、田池留吉を思い続け、呼び続けることです。あとは?。
ところで、自分の肉の思いは明るいですか。暗いですか。それはどうしてでしょうか。素直で優しく喜んで、毎日を生きていきましょう。それには?。

67) 自己供養。自己を供養するとは、どういうことでしょうか。まず、死後の自分の世界を知ることです。その世界は、明るいか、暗いかをはっきりとさせることが大事です。では、暗い、冷たい、寂しい、重い世界はどんな世界、思いの世界でしょうか。肉の思い、肉を本物とする思いは暗いです。苦界です。
では、明るい世界、思いの世界とは、どんな世界、思いの世界でしょうか。自分が使ってきた、使っている思いをしっかり検証してください。でないと、正しい自己供養はできません。まず、自分の死後の世界を間違いなく知ることが、学びを進めていくうえで、大変重要なことです。

68) 学びに参加されている方で田池留吉はすごいと言う方は少なくありません。私自身もそう思っています。信じています。しかし、あなたもです。ひとつとも言っています。問題は内容です。その内容如何によっては、大変な違い、光と闇ほどの違いがあります。よく自分の心、思いを見てください。心の針は田池留吉に本当に向いているでしょうか。闇の田池留吉の声を聞いているのではないでしょうか。波動に偽りはありません。あなたの種水の判定はいかがでしょうか。

69) これからは、Sさんを中心にした輪が進化していきます。もちろん、Xさん、Yさん、Zさん、Pさん、Qさん、Rさん・・・の輪もできてくるでしょう。
そして、Sさんの輪に同化して、たとえば、Sさん、Xさん、Yさん・・・などが中心となって輪がさらに進化していくでしょう。
全く別の輪を大きくしていくもの、消えてなくなるもの、離れていくもの、色々の輪ができてくるでしょうが、しっかりと何が本物かを見極めていかないと、大変困ったことになるでしょう。常に自分の心の針が本当の田池留吉に向いているかどうか検証しながら、学びを進めていきましょう。

70) 己の頭脳や環境を誇る人は、意識の転回の内容をうまく説明ができても、本当に理解できているかというと、なかなか難しいようです。
己を肉とする思いや、五官でしか理解できないものしか分からないようです。一にも二にも正しい瞑想でしか、真実に到達する道はありません。そうです。1です。1ができているかどうかです。素直に真っ直ぐに心の向け先を管理してください。
意識の流れ
UTAブック
NPO法人UTAの輪