UTAの輪の中でともに学ぼう

塩川香世

 

あなたはなぜ生まれてきたのでしょうか。
何をするために今という時間があるのでしょうか。
あなたは、本当の自分を知っていますか。
あなたはどういう存在でしょうか。
そして、死んだ後、どのような状態であるかご存じでしょうか。

UTAの輪。みんな、集まれ。集まれ。
肉を持つもの、持たないもの、宇宙の友よ、
みんな、みんないっしょに、愛 、心のふるさとへ帰ろう。

 
私達は、今、肉体を持っています。肉体という形を持っています。しかし、私達の本質は意識。愛、愛のエネルギーなんです。
波動の世界がすべてでした。私達は形の世界を本物として、ずっと、ずっと、長い間、気の遠くなるような長い間、転生を繰り返してきました。
すべて苦しい転生でした。間違った転生でした。真っ暗闇の転生でした。その中に真実は何もなかったんです。真実は心に届かなかった。
このことに、誰もこの地球上に転生してきた人達、誰一人として、心で気付いた人はいなかった。誰一人、真実を明らかにする人はいなかった。
しかし、今、こうして、私達が肉体を持っているこの三次元の中で、ようやく、ようやく、田池留吉、アルバートという真実の波動の世界と出会い、三十年の学びの時間を経て、私達は、真実の道、愛へ帰る道を、自分の心の中に見出し始めています。
だから、私達は呼び掛けます。宇宙に彷徨う私達の仲間、この三次元にやってこれなかった私達の仲間に呼び掛けます。
もちろん、肉を持ってこの地球上に転生してきた意識達にも、呼び掛けています。ともに、ともに、帰ろうと。
愛、心のふるさと、私達のふるさとです。私達の心のふるさとは愛でした。愛は、私達の心のふるさとでした。懐かしい、懐かしい母の温もりの中へ、喜びの中へ、ただただ広がっていく中へ帰ってまいりましょう。
私達は、これから、250年、300年かけて、この地球上に、そして宇宙に広がっている空間の中で、私達は、呼び掛けてまいります。
波動として、存在していることを、ただただ自分達の心の中で感じ合い、共鳴し合う喜びの道を、ともに歩いていきましょう。

あなたは目に見えません。あなたはエネルギーだからです。
日々の生活の中で、自分の作ってきたエネルギーを感じてください。
正しい瞑想をして、愛のエネルギーを心に感じられるようになってください。
何を間違えたのか、なぜ間違ったのか、あなたの心で知ってください。
次元移行という意識の流れを心で知ってください。

宇宙を思って瞑想をしましょう。

愛へ帰る道。母なる宇宙を心に呼び、喜び、喜びで次元を超えていく、すべて自分が切望してきたことでした。
肉がすべて、肉を本物として生きてきた過ちの人生。真っ暗闇の中へ落ちていくことしかできなかった過去。
過ちの人生、過ちの過去とともに帰っていく道を選んでください。厳しくて険しいけれど、本物の優しさ、温もり、喜びの世界を知っていくには、それしかありません。
思うは田池留吉を日々実践、実践です。肉の時間の終わるその瞬間まで、思うは田池留吉一筋の道を生きていきましょう。


なぜ、自分に肉という形を用意したのか、思いの世界にある自分をしっかりと学ぶためです。学んで間違い狂い続けてきた自分の世界から本来の明るい世界へ温もりと喜びの世界へ帰っていくために、全部自分で計画してきたことでした。
その自分の思いをいつ、どんなタイミングで心に感じていけるか、そのタイミングをいつまでもどこまでも逸すれば、もはや地獄の奥底の底のずっとずっと奥底から自らを浮き上がらせる術はなしです。打つ手なしです。



1890) 自分に用意してきた肉、環境、その他本当の自分に帰る道を確立するために用意してきたもの、それらを今世こそしっかりとその目的に沿って最大限に活用して、予定通り、望み通り、250年後の三次元最終のお勉強に備えましょう。
次元を超えてやってきた私達です。再び次元を超えて、自らの愛の世界をしっかりと広げていく学びを計画しているはずです。肉、欲ではなく、自分の中の切なる思いに沿って、その計画をそれぞれに進めてください。
三次元のお勉強、大変、大変難しかったです。まだまだ道遠し、道半ば、そういう表現が適切だと思います。
しかし、意識の流れの計画では、それもあと僅かです。それぞれに自分の中で結果を出して、その出した結果を自ら受けていくという意識の世界は、何も変わりはありません。
全部自分で選んでいくことです。その中で自分は何を本当に望んできたのか、今世、明確に自分に伝えています。今という時、今世の肉を通して、意識の世界の岐路に差し掛かっていることを感じてください。

1891) 自分の決めてきた予定通りの道を歩いている今か、それぞれに検証が必要です。自己判断のもと、これからの生きていく方向がきちんと定まっていれば、それでいいです。検証もせずに、自己判断もおぼつかなくて、自分の行く方向に靄がかかっている状態ならば、自分はなぜ何をするために生まれてきてここにこうしているのか、真剣に自分に問うてください。
分からないという答えで自分から逃げすに、自分の今を目を逸らさずに見てください。感じてみてください。自分の中の切なる思い、心からの叫び、呻きに心を傾けられる自分に蘇ってください。ひとつの肉を以てそれを自分だとしてしまう哀しみ、愚かさを、しっかりと心に感じていける今世にしていきましょう。
必ず、これからの転生を繋いで250年後の出会いを果たすという強い意志のもと、今世の肉を持つ時間を大切に、大切にしてください。

1892) かけがえのない時間、空間、そして肉、環境です。本当の自分と出会うために、すべて自分で用意してきた今です。
やっと、今世、そのことを明確に自分に伝えられる運びとなったこと、喜んでいきましょう。愚かにも、自分を深い深い闇の中に落とし込めてきた私達です。それでも自分を救っていける、本当の意味で救っていける手立てを伝えていただきました。
本当に幸せ者です。私達は本当に幸せ者です。何も要らないではありませんか。もうすべて大切なことは自分の中にあることを感じておられるでしょう。外へ外へ向けてきた心を自分の中に向けて生きていく喜び、幸せを心から感じていきましょう。安らぎの道を歩いていきましょう。みんなみんな全部自分の中の出来事でした。だから、思いの向け先を変えれば、もうそこは全く違う世界になるということです。意識の世界のすごさ、ありがたさを心に感じて、自分をどんどん解き放していく喜びを味わう時間を重ねてください。

1893) 学びをしていけば形が整ってくるということを、自分はどのようにとらえているか、それもまた自分の中の他力のエネルギーを確認するのにいい問いかけだと思います。
肉で何もなければ、確かに気分よく学びをしていこうと前向きになるでしょう。けれど、肉で何もないことはないんです。表面に出てきているか、水面下かということで、いずれは形を通して自分の心に自分が伝えてきます。
肉で何かがあるからいいんです。学びをしていれば、そこで自分なりに立ち止まって色々と思いを馳せていくでしょう。学びをしていない人は、心を外に向けるだけです。そこが違います。心を外に向けていくのと、中へ向けていく大切さ、喜びを知っているのとでは、同じような現象があっても、そこから思い描く世界が違ってくるということです。
それを本当に喜んでいけるかどうか、やはり肉、形で言うところのプラスだけをプラスとして捉えたいとしているのか、そこに他力のエネルギーが見え隠れしています。
思うは田池留吉一筋の道。それだけが喜びの道ですが、極めて難しいということも、それぞれの時間の中でしっかりと学び取ってください。

1894) 本当のことを知ってその道をしっかりと生きていこうとしているのか、それとも、まだまだ肉、形ある世界に思いの比重を傾けている、いいえ、やはり形あるものから抜け出せないでいるのか、見た目は同じようであっても、全く違う世界に別れていきます。
思い、意識の世界は目に見えません。目に見え実感できるものだけを信じてきた長い時間があります。肉という魔物の世界。そこから自分を解き放していく難しさをまだまだしっかりと自分の心で体験しなければならないでしょう。
そんなに意識の転回は容易いものではありません。けれど、不可能ではありません。だからこそ、田池留吉の意識の世界が肉を持ってきたし、私達もまた相当の決意で生まれてきたのです。
肉の喜び、幸せ、楽しみは本当に程々にして、全く違う生き方をしていきましょう。本当の意味で自分を大切にする生き方を今世始めましょう。

1895) あなたにはあなたの、私には私の愛へ帰る予定のコースがあります。ともに今世、肉をもらって学びに集わせていただきました。どうぞ、自分の予定のコースを遂行してください。みんな本当のことが知りたかったはずです。
「何が本当のことか分からないけれど、どこかに真実は絶対にある。」
この自分の思いを私は、ようやく現実のものとして今世とらえることができました。確かにありました。真実はありました。ここをしっかりと心に抱えて私はこれから生きていけばいいんだと思える学びをしてまいりました。
肉は愚か。本当にバカです。愚かで下らないし、何の取柄もありません。だからよかったんです。今世の肉に秀でたところがひとつでもあれば、学び一本に生きていくことは難しかったでしょう。肉に何の取柄もないのと同じく、私は大して敏感ではありません。ただ、私は、宇宙を思うとき、本当にアルバートを求めてきた自分をしっかりと感じています。これが私の望んできたことだったんだということを知っています。
私の愛へ帰る道は、これまで闇黒の宇宙を作り続けてきた超極悪ですから、厳しいです。まだまだ甘い、甘いと自分から叱咤されています。
それでも行先は見えています。次元移行へ至る道筋が感じられる心とともにある喜びと幸せは本物だと言えるから、急斜面の道もまた楽しからずやです。
自分の切望してきた道を絶対に見失わないと心に秘めて存在していくだけです。

1896) 真実に目覚めていこう、本当の自分に帰っていこう、そう思いを決めた意識とともに歩みを進めていく、私の中はそうです。
他力はもういいです。欲で学びをしても、自分の思いを本当の自分の思いを叶えることはできません。自分のふるさとへ帰りたい、帰っていこうとする切なる思い、心の奥底から絞り出すような思いで今世を迎え、学びに集ってきたことを、心でしっかりと知ってください。
誰のためでもない、自分のために生きていきましょう。それが結局は本当の幸せになっていくのです。
肉ではできません。肉は影だからです。影は影です。実体がありません。あるとしてきた大きな思い違い、間違いに気付き、愚かにもずっと自分を粗末にしてきたことを自分に詫びてください。
詫びれば詫びるほどに嬉しくなってきます。ようやく、やっと、やっと私というものを知っていこうとしているんだね、信じてください、信じてください、待っています、いつまでも待っています、そんな思いが繰り返し返ってくるだけです。本当の喜び、幸せは、本当の自分の世界へ帰ることです。今世、その一歩を歩み出しましょう。

1897) 2020年4月以降の「ともに瞑想会」についてです。
現在、大阪会場として利用しているセミナーホールに参加ご希望の方はすべて原則として抽選となります。よって、「ともに瞑想会」の元メンバーというのは、3月で無くなります。また、介護等の優先枠の条件も大幅に縮小します。
なるべく特別枠を設けずにやっていこうと思います。また、自分のお住いの近くに学びの場が定期的に設けられている方は、どうぞ、そちらのほうをまず優先してください。そのうえで、余力のある方でともに学ぼうと思われる方は参加してみてください。許容人数の関係から、抽選ということになるかもしれませんが、私としましては、できるだけ抽選をせずにいければそれに越したことはないと思っています。
数よりも学び一本に生きていこうという思いを共有したいというのが本音です。

1898) 心を向ける、向けられる喜びをどんどん感じていますか。瞑想をする時間を生活の中で確保してくださいとお伝えしています。そういう生活習慣の中に身を置くということは、学びをしていくについて絶対に必要なことです。そして、瞑想をするのが当たり前ということになっていけば、あと何をしていても、ふっと瞬間思うというのも当たり前となってきます。
友と歓談していても、テレビを前にしていても、スマホを片手に持っていても、例え仕事、家事等で忙しくしていても、ふうっと思える瞬間は絶対にあります。そういう瞬間を大切にそして楽しんでください。
何を思うか、思えばいいのか、心で分かってきたならば、元々自分は幸せだったんだと自ずと分かります。
肉に生きて、あれもこれもと触手を伸ばし、ああでなければこうでなければと自分勝手に苦しみの中へ落ちていった私達だったと言えると思います。肉の自分を高め、肉の世界を極めていけばいいという生き方は、決して自分が望んできた生き方ではなかったと言えるのではないでしょうか。
帰りたかった。もう帰っていこう。自分の中でその思いをしっかりと聞いてください。

1899) あなたの周りの人達、世の中の人達が何を語り、どんな思いで日々生活をしようとも、あなたの心の向け先は自分の中です。自分の中の自分、本当の自分をしっかりと知って、そしてその本当の自分と向き合う時間を過ごしましょう。
本当の自分と向き合うということは、偽物の自分と向き合う、偽物の自分をどんどん本当の自分に吸収させていくということです。
それが自分と自分の中で生きていく醍醐味です。これこそが肉を持ってするたったひとつの仕事です。
その喜びと幸せ、そこからくる充実感、これは形ある世界からは決して出会えないものです。
どんなにお金を持っていても、形の世界での立派な看板を背負っていても、絶対に喜び人生とはならないことを、今世こそしっかりと心で知っていく、そんな今世としてください。
それでなければ、今世生まれてきた意味がありません。今世をそのように位置付けてください。そして、心から望んできた本当の自分との出会いを心で果たしていくというこれからの転生を大いに楽しんでいきましょう。

1900) 肉から意識への転回。250年、300年の時間を必要とするでしょう。激動の時間。肉の思いをきっちりと転回していく喜びの時間でもあります。
それがなければ、次元を超えていくことはできません。三次元から自分を解き放つことができないということで、もはや今のように肉を持つ環境もなく、肉を持つことさえできないところで、暗闇の奥底に自分を沈めていくしかないということになります。
宇宙のもくずと表現しています。しっかりと現実を心でとらえていきましょう。何も恐れるとはありません。ただ、自分の帰るべきところを心で知って、その方向に自分を合わせていけばいいだけです。
素直に喜んで温もりの世界へ、愛である自分を目指してともに帰ろうの呼び掛け、いざないに応じてください。

1901) 真剣に、真摯に、素直に、ただひたすらに、という表現しか出てきません。愛、心のふるさと愛へ帰る道は険しくて厳しくて、けれど喜びです。いいえ、喜びだけなんです。険しい、厳しいと感じるのは、それだけ私達が本来の軌道から遠くに外れたところにあるということでした。
もう帰らなければなりません。心がそう叫んでいます。これからの時間の中で、さらにその叫びは大きく強くなっていくでしょう。
それが私達の本当に望んできたことだからです。意識である私達は意識の流れの中にひとつになって存在していくことが自然なんです。自然に逆らっては何も見えてきません。真っ暗闇の中に自ら沈んでいくだけです。
はっきりとしています。意識の世界ははっきりとしています。目を覚ましましょう。肉、形の世界から自分を解き放していく勇気は喜びです。喜びの世界へ飛び込んでいく喜び。その喜びこそが私達のあるべき世界でした。

1902) 今世、始まったばかりだと伝えました。愛、心のふるさとへ帰る道筋を今世の肉を通して、初めて示されたのでした。
難しいはずです。気の遠くなるような間違いだらけの道を歩いてきたのだから、方向転換をしていきましょうと伝えていただいても、なかなかすんなりとはできないというのが現実のお話です。
それでも、それでも、瞑想をして田池留吉を思い、アルバートを思い、来し方を思えば、もうどれだけ間違ってきた自分だったかということは、どなたの心にも響いてきているはずです。
間違ってきたけれど、帰るべきところがあったということが心で感じられて、ただただ何とも言えない喜びと安らぎを感じているということも事実だと思います。
やっていこう。みんなみんな間違ってきたのは同じです。真っ暗闇の奥底からようやっと這い上がってきたのも同じです。同じならば、みんなみんな本当の意味で、素直になって喜んで、愛へ帰る道、自分のふるさとへ帰る道を歩いていきましょう。決めるのはあなたです。決断をしてください。心の中にすべてがあったから、見ていくのはその自分の心だけだということを知っていきましょう。

1903) 次の反省文を一読ください。
徹底的に膿を出す。心の底から膿を吐き出す。決して綺麗ごとでは済まされない。今、肉を持っている今だからこそ、自分の闇の世界と対峙できる。千載一遇のチャンスだ。私はこれを望んできた。地獄の奥底の底の底のまだまだずっと奥底から這い上がってきた。自分をしっかりと見ていけと自らそう背中を押した。どんな環境でもどんな肉でもよいと言った。
生ぬるい中で学びを進めてきたことを知った。私は本当に地に落ちた意識だと、さらに自ら自覚を持って学ばなければならない。それが目の前の肉を通して自分に伝えているメッセージだ。
ありがとうと言えるか。本当に生まれてきてよかったと心からそう思えるか。生ぬるい中で学んできたのではないかと自分に問う。
もっと真摯に素直に喜びで自分を見ていく。
肉を持たせてくれたからこそ、産んでもらったからこそ、自分を知っていけるのではないか。自分の地獄を苦しんできた真っ黒けのけの自分を見つめていけるのではないか。
心を吐露する喜び。心から吐き出す安心感。決して自分を責めずに落ち込まずに、ただ前を向いて自分で決めてきた予定のコースを淡々と歩く。
それが喜びなんだと思う。私は私であればいいと思う。肉は互いに愚か。愚かな肉を通して、愚か過ぎる自分を知る。
嬉しいではないか。ありがとうと言える。そう、相手に闘いを挑むのではなく、ただ淡々と自分から出る思いを見ていこう。それが肉を持つ私のたったひとつのできることだ。私は意識の私の存在を知っている、信じている。意識の世界に存在している私だけをただ真っ直ぐに見ていけばいい。それをしっかりとやりなさいと自らに告げる。すごいと思う。
肉の言動を見て聞いて、そしてそこから色々と対処方法を模索するのではなく、ただ自分が今どんな心の状態なのかをしっかりと確認すればそれでいい。あとは自分の中の田池留吉、本当の自分がしっかりと仕事をする。
そういう意識の世界をあなたは自分の中に知っているかと問いかけます。

1904) 苦しみながらもがきながら、自分の中で必死になって答えを見つけ出していく、あっちにぶつかりこっちにぶつかり、絶望を幾度も味わいながら、それでも自分の中の思いに応えていこうとする、粘り強くそれを遂行していこうと転んでは立ち上がる、あなたもそんな学びの過程を経てきましたか。私は、そういうことを繰り返してきました。徹底的に抵抗しました。死んでもお前の言うことなど信じない、腸が煮えたぎるそんな思いで、温もりに闘いを挑んできました。
それでも、それでも、びくともしなかった。ただ、待っていますと伝えてくるだけだった。信じられなかった。信じられなかった。何だこれは。そんな思いが駆け巡った挙句、心の底の底の奥底から突き上がってくる申し訳ありませんでしたという思いに、私はびっくりしたのでした。
そんな学びの時間をいただいたから、もう四の五の言っている暇などないと私は思っています。自分の行く末をきっちりと見定めていきましょう。それにはどうすればいいのか、それぞれに答えは出ているはずです。

1905) どんな自分でも許されてきました。受け入れてもらってきました。けれど、愚かな肉は許さない、受け入れない、認めないと叫び続けてきました。
その苦しみ辛さ、心で感じていますか。苦しことでした。辛いことでした。哀しいことでした。愚かなことを繰り返し繰り返しやってきたんだということ、自分の中でしっかりと知っていきましょう。
誰一人例外はありません。真っ黒だから、どうしようもないから、肉を自分に持たせてくるんです。苦しみから自分を救い上げたいと心からそう望んで生まれてきます。何でそれを綺麗さっぱり忘れ去ってしまうのか、本当にそこのところを学びに繋がった今世こそ、しっかりと自分に問いかけて、そしてはっきりとした答えを出していくべきでしょう。もうその時期はすでに来ています。
学びを進めていけば、いつまでも真っ黒を垂れ流し状態がどういうことなのか、心で感じるでしょう。その結果を自ら受けてきたけれど、もうその軌道を変えていこうと決断が待たれています。
ともに行こうという呼び掛け、いざないをしっかりと受けてください。

1906) 頭がいいと思っている人は、頭が納得しない限り、学びの中で伝えていただいていることは半信半疑だと思います。半信半疑というのは、半分信じて半分疑っているということでしょうが、学びについては全部疑っているということになります。
頭では分からない、肉では分からないと何度聞かされても、心で感じる本当の喜びとか幸せに巡り合っていないから、どうしても、頭、肉が先行します。納得、納得というのは頭が納得ということです。
胸落ちという言葉を知っていますか。目から鱗という言葉はどうですか。
頭で納得が先行する人は、瞑想で、または現象参加で例えばそういう体験があれば少しは、学びの本質に触れていこうと素直に思えるかもしれません。ただ、実際のところ、頭でっかちの人は、瞑想で現象参加でそういうことを体験するのは難しいでしょう。むしろ、日常でということのほうが確率は高いかもしれません。
一方、敏感がいいということでもないと思います。敏感なだけに難しいという場合もあります。正しく敏感であれということです。敏感イコール意識を受ける、受けられるということではありません。敏感で意識を受けても、つまり色々と感じられても、正しく敏感でなければ、過去と同じ轍を踏む可能性は高いです。似て非なる学び方になるということです。
過去において、神の声を聞いてきた私達です。その過去を引きずらずに、互いに自己管理に努め、細心の注意を払って学んでまいりましょう。

1907) ただ一点を思い、その一点とともに肉を流していく生き方を始めましょう。今世が初めてだから大変難しいけれど、やっと何をするために自分は生まれてきたのかということを心で知ったならば、そういう生き方に自ずとなっていきます。自分に肉を持たせたということ、その思いに触れてみてください。全く違った観点から生まれてくるということを思っていけるようになっていきましょう。そこを変えていかなければ、これまでの転生と何ら変わることのない転生です。あっという間に年月が流れ、年老いて肉体細胞の機能も低下してまた真っ暗闇の奥底に沈んでいく経路をたどっていくでしょう。
心で自分の声を聞いてください。なぜ自分は今ここにこうして肉を持っているのかと。肉がどんなに恵まれ喜び幸せの時間を持っても、どうでしょうか、自分の中の切なる思いを叶えられなかったならば、どんな思いでその肉を離していくかということです。その思いを心で感じられるあなたに今、変わっていってください。宇宙が、たくさんの宇宙の友が待っています。あなたが変わっていけば、たくさんの宇宙が変わっていきます。ともに生きていきましょう。

1908) 一回でも多くともに瞑想をする時間と空間を共有したいという思いで、2月志摩セミナーも終了しました。セミナーの時間と空間を本当に大切にしていこうと思います。
田池留吉の意識の世界が伝えてくれていることを、真摯に素直に真っ直ぐに自分の中で遂行していこうという決意をどなたも固めてください。固く固く約束してきたこと、自分の中でしっかりとはっきりと知って、そして肉を持っている今というときを、それぞれに大切になさってください。
肉に生きる生き方ではなく、自分の中の切なる思いを、どんなにおぞましくむごたらしくても、自分の心の叫びを、しっかりと受け止めてそして、本来の軌道に戻していく生き方を真っ直ぐに選び取ってください。
待たれています。どんなに裏切り続けても、どんなに背を向けても、ただ信じて待ってくれている本当の自分との出会いを果たしてください。

1909) 学びに触れさせていただいたこと、繋がったこと、これが何よりも何よりも幸せなことでした。自分が計画してきたことですが、本当に見事に的中したありがたさを感じずにはいられません。
宇宙へ帰りたい、帰ろう、帰ります、やっと心の中の思い、叫びが現実のものとなってきた流れを感じ、喜びで思える時間にありがとうしかありません。
思う喜び、思える喜びを味わい、肉の時間を終えていく今世にしていきましょう。今世を転換期にして、生きていく方向を変えてください。
学びに触れさせていただいたこと、繋がったこと、その幸せを心にしっかりと感じ、自分を大切に大切にしてください。そして、肉から意識へ自分を転回していきましょう。それは思うは田池留吉一筋の道を生きていこうということです。たったひとつの喜びの道、幸せの道です。それぞれの心で感じてください。感じていける自分に復活してください。

1910) 愚かな自分を知っていくことが嬉しい、そういうふうに心が広がっていますか。道理が通っていて、物分かりがよくて、何でも器用にこなして日常生活卒なく送っていても、そして、この世的にはいわゆるいい人であっても、心の中に蓄えてきたエネルギーはみんな凄まじいということを知っておきましょう。
愛を捨てた、本当の自分を捨てた、捨てて真っ暗闇の自分を作り上げてきた歴史がどなたの心の中にもどっさりとあります。
だから、環境、条件が揃ってくれば、それらの真っ暗闇のエネルギーが一気に噴き上がります。収拾がつかない、歯止めが利かない状態が続きます。頭を駆使した対処、対策は根本的な解決にはならないことは、学びをしている人ならばもうお分かりだと思います。
それぞれの心の中に、安心して思いを吐露する環境を育て、そして、その中で愚かな自分を抱きしめていこうとしない限り、真っ暗闇の深遠な闇の世界から自分を解き放つことはできません。
心の針をしっかりと合わせていこう、向けていこう。
今、その向け先をそれぞれがしっかりと学ぶという千載一遇のチャンスをいただいています。肉から意識へ自分を転回です。自分との約束、果たしていきましょう。

1911) 「宇宙を呼びたかった。宇宙を思いたかった。」どうでしょうか、あなたの心にこの思いが響いてきていますか。闇黒の宇宙を作り続けてきたけれど、私達は今の肉を通して、温もりの宇宙、喜びの宇宙の思いに触れさせていただいたのです。だから、帰りたい、帰りたいと、どんどんどんどん心の中にその思いを訴えてきます。宇宙の友はあなた自身です。あなたがあなたに訴えているんです。それを心で感じてくれば、ともにともに帰ろうということがどういうことなのか、どんなに嬉しい呼び掛けなのか、心で分かります。
肉は何もできません。ただ自分の心の叫びをしっかりと聞いてあげてください。肉のあなたが肉のことで忙し過ぎては、それもままなりません。
色々と事情があると思いますが、できるだけゆったりとした中に肉を置いて、そして自分の中の宇宙を呼ぶことをやってみてください。
ただし、欲の思いは禁物です。これは宇宙を思う瞑想に限りません。欲で学びをしないでください。帰りたい、帰ろう、帰りますの思いが、自然と心から突き上がってきたら、そこからしっかりと自分が本当に帰るべき方向を目指して学びをしてください。

1912) 今世をラストチャンスととらえてください。今世の学びを通して自分の心に感じたものを足掛かりにして、それぞれにこれからの転生を迎えます。
何度かあります。それらの転生を経て、必ず自分を250年後に繋ぐという確信を持って、今の肉を置いていってください。
それが今世、ラストチャンスだと言っている意味です。今世、自分の中に足掛かりをつけることなしに、250年後の出会いは難しいと思ってください。
厳しいと思うならば、どうぞ、正しい瞑想をしてこのことが厳しいことなのかどうなのか、自分の心で確認してください。
あなたの中の本当の自分、田池留吉の世界はどう語ってくるのか、それを参考にして、自身の生きる方向を定めていってください。
次元移行という意識の流れは粛々と仕事をしているというのは確かなことです。これもまたそれぞれの心で確認できればと思います。

1913) ともに行こう、ともに生きていこう、そんな力強い呼び掛け、いざないに心で応えていける喜びと幸せを存分に味わっていきましょう。今の肉を通してどんどん伝わり響いてくる波動、エネルギーの世界があります。
目を閉じてしっかりと自分の心の針を向けて合わせて、そしてその波動、エネルギーを受け止めてください。もちろん、それはあなたの外からくるものではありません。あなたの中からどんどん湧き起り噴き上がってくる喜びのエネルギーです。
そのエネルギーはあなたの中の間違った真っ暗闇のエネルギーをしっかりと伝えてくれます。帰ろう、帰ってきなさいと自分が自分に伝えている様を、しっかりと心で感じそして、伝わってくる波動の世界、エネルギーを楽しんでいきましょう。よかった、嬉しい、ありがとう、そんな思いで、自分の中の宇宙、自分自身が本当に喜んでいることを感じてください。苦しみではなかった。真っ暗闇の中にいたけれど、まだまだ真っ暗闇だけど、それがたまらなく嬉しいということでしょう。なぜならば、帰るべきところを知ったからです。みんなとともに宇宙の友とともに帰れる喜びと幸せにようやく巡り合った感触があるからではないでしょうか。

1914) よかった、嬉しかったです、そう笑顔で言って帰っていかれるのが嬉しいです。色々と学びの友のご協力をいただくから、「ともに瞑想会」が開催できます。全部お膳立てをしていただいて、本当にありがとうございます。
基本的には、土、日、祝日に会場予約をするということですが、抽選なので、月によっては平日になる場合があります。
また、「ともに瞑想会」=大阪という感じが肉の私にありますので、その辺のところもご理解ください。もちろん、意識の世界では、そういうことは一切ございません。どこにいようが、思えば通じる世界です。ただ、肉が不器用で、あっちもこっちもと気を配ることができず申し訳ないなあという思いがあります。
色々とありますが、「ともに瞑想会」に思いを向けてみてください。ともに成長していきましょう。いい会場です。100名来てくだされば私は大満足です。その方達がよかった、嬉しいと笑顔で帰っていかれたら、それでいいんです。そんな時間と空間を共有できれば、最高に幸せです。あとは何も要りません。肉としてでもそう思います。意識の世界は言うまでもありません。「ともに瞑想会」に参加させていただきありがとうございます。

1915) 肉を持って生活をしていく中には、それこそ色々とあります。形の上で、肉の思いとして、これはいいこれはだめと振り分けて、自分の思い通りになっていけばそれでよかった、嬉しい、幸せだと単純に生きてきたのが私達だと思います。
学びをしてきたから、形も整ってきたんだと、思っていますか。確かにそれはあるかもしれません。学びに出会わなかったなら、私は今頃どうなっていたか分からないと、学びに触れたことを喜んでという反省文もたくさん目にするし、話も聞きます。
いつまでも暗い心のままでいるよりも、少しでも喜んで前向きに学んでいくことは何よりも大切です。
ただ、自分に対する信、たったひとつの真実とともに生きていこうとする信を、これからそれぞれに何度も何度も問いかけてくるでしょう。心の揺さぶりを自らにしていきます。学びをした成果として、段々肉のほうも整ってきますという言葉を掴んで、他力の土壌のまま私は学んでいますと思い込んでいるのではないか、さらに厳しく自分に問いかけてください。
自分の中の本当の自分、真実の世界に目覚めていくということで、今世、肉を用意し学びに触れさせていただいたという事実を心で味わっていきましょう。思うは田池留吉一筋の道。これ以外に自分を救い出す道はありません。

1916) 母なる宇宙へ帰る、温もりの喜びの中にひとつに溶け合っていく喜びと幸せ、それを私達は切望してきました。本当なんです。宇宙に思いを向けてみてください。どんなに帰りたいと叫んでいるか。帰ろう、帰れるんだと伝えていけば、本当に帰れるのか、本当なのかと何度も何度も聞いてきます。
本当に帰るところがあるのか、あったのか、そんな思いが響き伝わってくる様を心で感じていけば、もう何とも言えない思いです。
そうだよ、そうだよと私達が帰るところは、私達のふるさとはあったんだ、帰ってきなさいと伝えてくる温もりの中に、喜びの中に、みんなみんな飛び込んでいこう、そうやってどんなに真っ黒な宇宙でも、必ず帰っていけることを、繰り返し繰り返し思ってください。
もう嬉しいだけです。肉を用意して、アルバートの波動を伝えていただいた意識は、最高に幸せです。アルバート、心から待ち望んできた出会いが、本当に現実のものとして心に広がっていく、そんな時間と空間を持たせていただいたことに、感謝しかありません。

1917) 愚か過ぎる肉はもうどうでもいいというのではないけれど、周りと無用なトラブルさえ引き起こさなければ、ある程度許されていると思っています。愚か過ぎる肉だとしっかりと自覚していれば、もう自分のすることはたったひとつなんだと思えてきます。
たったひとつ、それはそれは難しいことだけど、自分の中がそう切望してきたから、これは何としてでも果たしていこうという思いは、決して揺らがないでしょう。心に感じさせていただいた波動、思い、ここから自分を逸らせるわけはありません。心に寄せては引く波のように響き伝わってくる波動の世界です。ああ、私は私達はこの中に生きている、いざなわれている、はっきりと感じられます。
呼び掛け、いざない、心の中に強く強く伝わってくる今ではないでしょうか。みんな真っ暗闇の底の底の奥底のまだまだずっと奥底から這い上がってきた意識だったということを自覚して、それでもこうして喜びの中に、温もりの中に帰っておいでと呼び掛けてもらっている、いざないを受けている、自分で自分に指し示していることを本当に心から分かれば、愚か過ぎる肉にもまたありがとうしかないと思います。

1918) 肉からの脱却。難しいことだけど、そうできる道筋を伝えてもらい、学ばせていただいてきました。宇宙を思う、宇宙を呼ぶ瞑想が私には最高に幸せな瞑想です。宇宙を呼びたかった。宇宙に思いを向けて、帰りたいと本当に心の底から叫んでいる自分と何度も何度も出会わせていただきました。
田池留吉の肉があったからこそ、私は自分の中に宇宙を思える喜びと幸せを味わってきました。母なる宇宙と心から出てきて、本当に嬉しかった当時を思い起こします。
250年後の集大成に向けて、今世の肉は可能な限り心を合わせていきます。
肉を持たずに存在する時間を経て、再び、この世に肉を持たせていただく環境を整えています。アルバートと心から叫べる私が嬉しい。ただただ嬉しい。帰ろうと心から呼び掛け、そして、私達はさらに意識の世界を歩んでまいります。

1919) 2月の志摩セミナーの終了するときに、一回でも多くともに瞑想をする時間と空間を共有したいと思うという思いを語らせていただきました。
くしくも、3月のUTAホール志摩セミナーは中止になり、今月半ばの琵琶湖セミナーも、状況次第ではというところです。
一堂に会し、ともに学べる喜びを一回でも多く味わっていこうという思いで、私はセミナーに集っています。これから、今回のように、そういうことが難しくなっていく事態は起こってくるでしょう。
もちろん、そういう場合であっても、ネットでという手段もあります。ですが、そのネットさえうまく機能できない事態も起こってくるでしょう。
色々な場合を想定して、しっかりと本腰を入れて、自分と自分の学びをしていきましょう。
真実は自分の中にあります。田池留吉の世界、本当のあなたがあなたにいつもいつも、伝えてくれています。その安心感、幸福感、しっかりと自分の中で成長させていってください。心の針が外に向いていては、学んでいるとは言えません。常に針は中に。
すでに、自分に対する信を問いかける局面にあることをご自覚ください。

1920) 心からありがとう。そう言って思って瞑想をしていける喜びと幸せ、あなたは今、満喫していますか。肉でどんなに満たされようとも、心の中は荒み荒れ狂っている、寂しさの中で狂っている、そんな自分の世界を、今、肉を持っている今、しっかりととらえていきましょう。
そうしていくことが、どんなに喜びであるか、幸せであるか、あなたはもう感じていることでしょう。目を逸らさずに、思いを逸らさず、自分の中をしっかりと見て、その自分と向き合っていく勇気が必要です。自分の中に、自分のふるさと、愛へ、母なる宇宙へ帰りたいとする思いを真正面からとらえていけば、肉を持って、今、自分の中を感じていけることが本当に喜びだと、何にも代えがたい幸せだということが歴然としています。
それでも、肉を持っているから、どうしても肉のほうに思いを向けて誤魔化し、蓋をしようとしていく心癖、どなたにも根深く、根強くあると思います。
それでもです。ともに生きていこう、ともに帰ろうの呼び掛け、いざないをしっかりと受けてください。受けていきましょう。私達の帰るところはひとつ、そうはっきりと知ってください。知って信じられるあなたに復活してください。

1921) 何も特別に望まない。何も特別に欲するものもない。ただ、これからの自分の行く末をしっかりと見定めていく喜びと幸せ、充実感、そこだけに思いを集中していこうとすることに、中がそうだそうだと一斉に叫ぶ。
意識の世界に生きていることを、今世の肉を通して学ぶチャンスを得ました。なぜ苦しみ続けてきたのか、何を間違えてきたのか、真っ直ぐに自分に問いかけていく学びに触れました。
肉、形を基盤とするところからは何も見えないことを、徹底的に伝えていただきました。自分を肉から意識へ180度転回していく難しさはあるものの、帰ってきなさいという本当の自分からのメッセージをもう決して反故にはできないでしょう。
それしか自分を救い出す手立てがないことは、もうすでにそれぞれの心で感じておられると思います。
本物の優しさ、温もり、喜びの世界へもう帰っていこうという思い、決意をそれぞれがそれぞれの心でしっかりと確かめていける今です。
形の世界が崩れていくからこそいいんです。これだけは、ここだけはは、全く通用しない流れに突入しています。これからさらに、意識の流れの本領発揮という時間を迎えていくと思います。

1922) 離していこう。しがみつく、死守する、その思いをしっかりと見ていきましょう。文字通り身軽になっていきましょう。
散々自分を落とし込め、苦しめてきたことを心から知り、そんな自分に詫びていってください。自分に懺悔です。本当の自分に懺悔です。懺悔は喜びです。間違ってきましたと心から知っていけば、どんどん喜びが幸せが広がっていきます。その体験を何度も何度もしてください。ここまで、これでいいということにはいきません。それほど、間違い続けてきた私達だからです。それでもただ待っていてくれていたと心で感じます。信じて待ってくれていた、こんなこと肉、形の世界では絶対に味わえないです。
裏切り続てきたんです。切り捨て、見限り、足蹴にしてきたんです。
それなのに、ただ信じて待ってくれていたんです。形ある世界で、誰が何がそんなことをしてくれますか。
やられたらやり返せを合言葉に闘い抜いてきた心に、本物の優しさ、温もり、喜びを伝えていきましょう。根気よく抵抗勢力に伝えていきましょう。

1923) 肩の力を抜いて瞑想をしましょう。ゆったりとゆるりとただ思うことをやってください。幸せでしょう。嬉しいでしょう。ふうっと思える喜びの中にあります。心の中から響いてきませんか。思う喜び、思える喜び、心の針を向ける喜び、合わせていこうと思える喜び、たくさん、たくさん、何度も何度も味わってください。
肉を持てたからこそ、学ぶチャンスに恵まれたからこそできる体験です。
みんな真っ黒けのけ。みんな愚か。みんな自分を知らずに生き続けてきました。
けれど、その生き方の軌道を変えることはできます。変えていきましょうとの呼び掛けをいただきました。肉から意識へ軌道を変える、基盤を変える、喜びで喜びでそのことを成していきましょう。

1924) 環境、条件が整い揃えば瞬時に飛び出すエネルギー。殺戮のエネルギー。決して他人事ではありません。
闘って闘って闘いの中でずっと生きてきた意識の世界。その意識の世界を根底から覆す難しさがあります。180度転回していく難しさです。けれど、喜びだけだった、喜びが自分達の本当の姿でしたと分かっていく流れがあります。
私は愛でしたと心から知っていく道です。愛。愛が分からなかったから、愛を間違え続けてきたから、闘いの中に自らを沈めるしかありませんでした。
闇黒の宇宙。私達が垂れ流してきたエネルギーの塊があります。それが私達でした。そして、私達は、今世の肉を通して学びに繋がりました。闇黒の宇宙を際限なく広げてきた中で、喜びの世界があなたの世界ですとメッセージを受け取りました。
「喜びへ帰ろう。温もりへ帰っていこう。」形の世界が総崩れの中で、ただその呼び掛け、いざないだけが、響き伝わってきます。
三次元最終時、UTAとともに次元を超えてまいりましょう。

1925) 4月から始まる予定の「ともに瞑想会」の参加ご希望の方達の名簿、途中経過ですが、その報告を受けました。すうっと名前掲載のページを見るだけで私は嬉しいです。ありがとうございます。

1926) 見逃せない心、思いの世界。しっかりと肉を持っている今、自分の中で確認してください。思いを逸らさず、蓋をせずに、きちんと自分と向き合う勇気を持ちましょう。
みんな真っ黒けのけ。みんな愚か。それでもその真っ黒、愚かを互いの肉を通して見ていく喜びがあります。真っ黒な自分、愚かな、愚か過ぎる自分、どうしようもない自分をしっかりと確認していきましょう。
落ち込む必要はありません。ただ嬉しいだけです。ただ幸せなだけです。宇宙一大バカ者が宇宙一幸せだったと心で感じてください。お金で神で幸せになれるなら、とっくの昔になっています。今頃、愛の人、愛の人で溢れています。もちろん、肉を持つ必要などありません。なぜ形がない私達に肉があるのか、その根本に地球人類みんな触れていかなければなりません。まずは今世の肉を通して学びに触れた意識からです。特別意識は捨ててください。真っ暗闇の地獄の奥底から這い上がってきた意識だとご自覚ください。そして、そこから、波動の世界に生きている、真実の波動の世界に生きている、それこそが自分達の本当の世界、そのことに心で知っていく心で分かっていく道筋を一歩進めていきましょう。

1927) アルバートの波動との出会い。揺るぎのない事実、現実。もうそれがすべてでした。心から呼びたかった、出会いたかった、その思いが一気に噴き出し、闇黒の宇宙の世界が動き始めました。
ただ嬉しかった。狂い続け、苦しみの奥底の底の底を這いずり回ってきたけれど、自分の中の真実を垣間見たから、自分に詫びることしかありませんでした。我の宇宙は素晴らしい、よく言えたものでした。
肉を持ってアルバートの波動を伝えにきてくれた、次元を超えていきましょう、ともにあるんですよ、ひとつですと伝えにきてくれた、はっきりと知ったから幸せです。
なぜ生まれてきたのか、何をするために今があるのか、やはりここが一番大切なポイントです。ここが分かれ道でしょう。それぞれの心から導き出して、それを自分の中心に据えていってください。自己確立をしてくださいと、繰り返しメッセージを出しています。
自分と自分の中で学ぶ、正しい方向に舵を切って、喜び喜びの本道を突き進む、速やかにその体制を整えていきましょう。
コロナウイルスも応援してくれています。じっくりとゆったりと自分と真向かいになる時間と空間を楽しんでください。喜んでいきましょう。

1928) 自分に対する信、思うは田池留吉一筋で生きていくのかどうなのかが問われます。自分と自分があるだけだということをお忘れなく。
肉と肉がツーカーと分かり合っていると思っても、それは所詮肉の世界のこと。意識の世界ではどうでしょうか。
ゆったりと自分の世界を楽しんでください。おどろおどろしい世界でしょう。そんな世界を立派だ、我を見よと威張り散らしてきた滑稽な自分だったと分かっていきましょう。本当は苦しい、哀しい、辛い、寂しいと叫びたかったけれど、それを許さない自分があったと分かりますか。
もういいんです。叫びましょう。解き放していきましょう。自分の中で、自分の中の温もりの中で、しっかりとさらけ出してください。
何も求めなくてもすでに満たされていました。それが分からなかった、信じられなかったから、地獄の苦しみから自分を救い上げることができなかったと、今世学ばせていただいたのではないでしょうか。
みんな、みんな帰れるところがあった、温もりの世界へ喜びの世界へ、元々あった中にもう帰っていこうと、自分に伝えていきましょう。

1929) 今、コロナウイルスという意識の世界からのメッセージで、それぞれにみんなゆったりと瞑想をする時間があります。セミナーもいいけれど、そして学びの友と瞑想をする時間もいいけれど、文字通り一人ゆったりと自分と自分の世界を思う時間も同様に、いいえそれ以上にいいものです。
自分の学びに対する姿勢、生き方、これからの自分、色々と思いを馳せる時間としましょう。
4月以降もどうなるか不透明な状況かもしれません。ですが、自分に対する信、自己確立の道がきちんとあれば、何も案ずることはありません。
自分と自分の学びです。田池留吉、アルバート、母なる宇宙の波動の世界に生きている自分達だと心で知れば、本当に何も案ずることはありません。
呼べばいいんです。思えばいいんです。喜びも温もりも幸せも全部全部自分の中にあった、今の肉を持っている間にしっかりと学んでいきましょう。

1930) 心の針を自分の中に向ける、思いをしっかりと見ていく、そのためには、ある程度ゆったりとした時間とある程度の体力気力が必要となってきます。
肉に流れていくのは本当に容易いです。それをずっとしてきたから、そこに馴染んできたから、本当に容易いことです。
中心棒の確立、自己確立をお急ぎください。あとどの程度肉を持つ時間があるか、それを念頭に、ただ自分との約束を今世こそ反故にしないという思いで、日々の生活を送っていきましょう。
自分に今用意されている、用意している中で、どうぞ、しっかりと瞑想をしていきましょう。思いを向ける、向けられる喜びと幸せを味わって、そして、自分を大切に、今という時を大切に、肉を持つ本当の意味を心から感じてください。

1931) 私達は本当に幸せ者です。宇宙一幸せ者と言っても決して言い過ぎではありません。なぜならば、田池留吉という真実の波動の世界を学ぶチャンスに出会ったからです。このことが、まだいまいちピンとこない人は、自分達がどんなに間違ってきたか、いいえ間違ってきたことさえもまだまだ心から分かっていないかもしれません。いいえきっとそのはずです。
肉を自分だとすること、これって本当に間違いだった、狂ってきたとどの程度心で感じていますか。
自分を捨てたんです。本当の自分を捨て去ったんです。足蹴にしてきたから苦しみの奥底に沈んだのも当たり前だったけれど、こんな苦しい人生と、あいつがこいつが、これがあれがといつもいつも責任転嫁していった愚か者、卑怯者が私達人間と呼ばれる生き物でした。
もう、生きる方向を変えていきましょう。180度転回していきましょう。
自分の心の奥底から突き上がってくる叫び、悲鳴に心を傾けてください。
もちろん、肉で生きろ、肉がお前だという思いも当然の如く、怒涛のように来ます。ですが、ですが、その真意をしっかりと組んであげてください。
組んであげられる私達なんです。信じていきましょう。

1932) 肉で生きていく時間は、さらに先行き不透明な時間となってきます。肉の安全、安心を求め、心は右往左往します。当然です。そんな転生を繰り返してきました。
肉を捨てろ、肉の思いを捨てろと言われも、肉を持っている以上難しいです。ただ弱めていく、緩めていくことは可能です。それも修行的な思いではなくて、自然にそうなっていくんです。なぜならば、自分の心に響き伝わってくる波動の世界があるからです。その波動の中にずっと生かされていた、存在していた自分達だったと心で感じ始めてくると、もういい、もう自分を苦しみの中へ落としていくのは止めにしよう、ごめんね、自分を知らずに生きてきましたと、自然にそんな思いが湧いて出てきます。それはどこから、それは自分の中からです。そう思えてくるんです。肉、肉と肉にしがみついてきた自分の哀れさ、愚かさを感じるから、今世こそ自分を本当に温もりの中へ喜びの中へいざなっていこうと心の中から突き上がってきます。
そういう時間をしっかりと持って、今世を転換期に本道、愛へ帰る道、本当の自分の世界へ帰っていく道を歩き出してください。ともにともにということを心に、一歩歩みを踏み出していきましょう。

1933) 学びは本物の自分と偽物の自分との学びです。まずは本物の自分と偽物の自分があることに気付いていく必要があります。肉、形を本物として生きてきた自分は紛れもなく、偽物の自分です。その偽物の自分の思うこと、言うことに沿って日々の生活を送っているというのが、この世の常識です。その常識の中で、肉、形の世界は影の世界だとは決して思えないです。
目に見え耳に聞こえ手に取れる実感があります。到底影なんて思えるものではありません。けれど影です。
心の目を覚ましていきましょう。そして、覚ました目を通して、自分の生き方、存在の仕方を自分に問いかけていく方向に学んでいきましょう。
生れてきたことにどんな思いを持っているか、本気になって真剣に自分に問いかけてください。
ライブ配信予定日、3月14日(土) 午後2時

1934) 日々、瞑想をしていますか。正しい瞑想の純度は上がっていますか。
すべて自己診断です。自分で判断してその結果を自分で受けて、そしてまた自分の中を歩いていく、限りなくどこまでも。
自分の生き方、あり方、しっかりと精査して喜びの人生としましょう。
苦しみの中に自ら落ちていくことを止めるだけです。難しいことだけれど、喜びを幸せを求めて自らを苦しみの中に沈めてきた事実、現実をはっきりと知ることです。
誰のせいでもない、何のせいでもない。自分を本物の自分を見失い捨て去ったからでした。だから元あったところへ戻っていけばいいだけです。帰るところはここだよと伝えてくれている思いに、素直に沿って生きていけばいいだけです。ただし、肉を本物とする抵抗勢力のすごさを心得てください。半端なことでは元あったところへ戻れないし、本物の自分の思いに素直に沿って生きていくことはできません。
日々、どんな思いで瞑想をしていますか。正しい瞑想とはどんな瞑想か心で分かっていますか。

1935) 何が本当のことなのか、色々なところで形の世界が崩れていくことによって、それぞれみんな何かを考え始めると思います。
何かおかしい、何かがおかしい、どう生きていけばいいのか、もしかしたら、何かとんでもない間違いをしてきたのだろうか、さらにさらに形の世界が崩れていくことによって、祈りを救いを求める思いも増幅するけれど、その一方で、何かがおかしいと感じ始めると思います。
何かがおかしい、そうおかしいんです。狂った心、意識の世界が形として表れているというところまで、地球人類が行き着くには、まだまだ時間と総崩れという現象が必要ですが、それはきちんと成してきます。
意識の流れがあるからです。意識の流れ、その流れに沿って、その中に溶け込んでいくことしかないと心で分かるまで、どんどんどんどんさらにさらに形の世界は崩れていきます。必然のことです。間違った世界は正される、ただそれだけのことです。
それだけのことですが、肉を本物とするところからは、それは到底分からないことです。つまりは肉から意識へ自分を転回していって初めてその通りだとなってくるのです。

1936) 同じ映像を見ても、同じ音声を聞いても、感じ方は違います。映像、音声、それらは形の世界のことです。それを心が意識がどのように受け取り、そこから何に心を、意識を向けていくか、それによって住む世界が違ってきます。時間空間は同じかもしれませんが、向いている先が違えば生きていく方向が違うということになってきます。
肉、形の世界を取っ払って、そしてただ自分の今ある世界に思いを向けていくことを、日常の中で繰り返し学んでまいりましょう。
肉を持ちながら、目をしっかりと開け、耳をしっかりと開き、そこから感じる世界をまず自分の中で確認していくことが大切です。
その世界に流される、沈むのではなく、確認したものを自分の中の喜びと温もりへ返していく、そうすることが肉を持っている意味であり、そうできることが自分の喜びである、そんな時間を重ねていきましょう。
そして、目を閉じます。思います。呼びます。田池留吉、アルバート、本当の自分、愛、心のふるさと、母なる宇宙と思いを向けていきます。
限りなく広がっていく喜びと温もりの世界にある自分だったことの確認作業、肉を持ちする瞑想の醍醐味です。

1937) 自分がなぜ生まれてきたのか、本当は何をするために生まれてきたのか、それを心で知る、分かるということ、そこのところが分かれ道になります。そこのところが違えば、たとえ、夫婦、親子その他近しい関係であっても、生きていく方向、歩いていく方向は違います。今世、縁あって近しい間柄になったのだから、できれば、生きていく方向、歩いていく方向が同じであればと思います。
それはさておき、学びに触れた私達です。自分自身が、まずしっかりと学びましょう。
なぜ生まれてきたのか、何をするために生まれてきたのかを、いつも問いかけて心の針の向け先をいつも確認しましょう。確認できる今が幸せです。
どんなに間違ってきても、自分の中で間違ってきたことに気付いていければ、自分の生きていく方向、軌道を修正できます。軌道修正に取りかかってください。

1938) 思う喜び、思える喜び。私はやはりこれに尽きると感じています。何を思うか、思えるか、そして思ったらどうなるのか、どんな世界が広がっていくのかを学ばせていただいています。学びに触れ30年近くになりますが、本当によかったと思っています。
幸せってこうだったんだ、私は喜び、温もりの中にあったんだ、私は私を知らずに、いいえ信じられずにずっと生きてきたんだと、学ぶ時間をいただきました。
出会いをありがとう、瞑想をすればいつも応えてくれます。そう伝えてくれます。これって何だ、すごいなあともうそれが嬉しくてありがたくてという瞑想の時間を重ねています。
次元を超えて、私は私のふるさとへ、愛の自分へ帰っていく道を突き進んでいきますと確認できる今が嬉しいです。
ともにある喜びと幸せ。ともに生きていける喜びと幸せ。
愚かな肉を携えて、いいえ携えることができたから、今世に出会いがあったと確信しています。

1939) 私は私との約束を果たす、ただそれだけです。苦しみの奥底からようやっと這い上がり、自分を信じていこう、これが最後、必ず自分との約束を果たす、そう自分に誓ってきたから、学びに繋がったのです。
夫を殺してきたなという田池留吉の意識の世界からの一言に、私の確たる決意が表れていました。
喜び少ない、夫を殺した、短いフレーズだけで充分でした。
それならばお前、お前が言うところの真実とやらを私に示せ、そう決死の思いで学び始めてから30年近くの年月が流れました。
田池留吉の意識が肉を持っている間に、ほぼ予定通り今世の学びを進め、あとは自分の心の針の向け先をいつも確認して、肉は愚かだから細心の注意を払って、三次元最終のお勉強へと進むことだけを思っています。
選択肢はひとつ。肉での希望、要望はなし。ただ意識の流れに忠実に自分を乗せていく、極めてシンプルな生き方があるのみです。

1940) 何を思って死ねるのか。どんな状況で肉を置いていく時が来ようとも、死ぬ瞬間、心の針を合わせていけると確信していますか。
肉ではできません。肉でそうしようと思っていても、その時、肉体的に苦痛を伴っているかもしれません。意識が朦朧としている中かもしれません。
心の針を合わせていける確信とはいったいどういうことを言うのでしょうか。
肉では決して推し量れない意識の世界です。ただ、肉でできることはいつも思うことを忘れないようにするということだけかもしれません。
日々、色々とある中で、どんなに忙しくまた心が乱れても、それでもふうっと思える瞬間があります。平時ではもちろんのこと、いつも思うは田池留吉の姿勢で肉を持つ時間を過ごすということになるかと思います。
形の世界を死守することはできません。影は死守できません。初めから何もなかったんです。総崩れというけれど、元々何もなかった世界へ戻していくだけです。何もない。だけどあります。ともにある喜びと幸せは永遠に無くなりません。

1941) コロナウイルスで世の中は忙しいけれど、見て聞いて流れていく時間の中に自分を埋没させることなく、今ある喜びを心でしっかりと受け止めていきましょう。肉に思いを向ければ心ここにあらず、これからもそういう現象が目の前に展開していくと思います。
中心棒はありますか。中心棒はぐらついていませんか。肉を救う、肉の心を救うのではなく、もっと根本的な救いの手を自分に差し伸べていきましょう。
そうすることが、そうできることが、ただただ嬉しい、ありがとう、幸せ、嬉しい涙とともに心からありがとうの思いが満たされていく、宇宙が喜んでいる、宇宙とともにあった自分達だったということを、それぞれの心の中で、意識の中で味わってください。
肉の喜び、幸せも本来の喜びと幸せにしていってください。肉あればこそ、真実の波動の世界に触れる、その中に生き続けてきた自分達だったと知ることができる、こんな喜び、幸せの人生はありませんでした。

1942) 肉で肉として生きていく苦しさ、空しさ等々、今世の肉を通してしっかりと学んでいきましょう。そうやって過去繰り返し、繰り返し自分を苦しめてきました。もうその苦しみから自分を解き放していきませんか。
肉、肉、肉、もういいではありませんか。間違ってきたことを心でしっかりと感じ分かってきたならば、そこから一刻も早く自分を本来の自分の軌道に戻すことを始めてください。
心で気付いた方から始めてください。宇宙が変わっていく喜びを自分の中で味わい、味わい尽くし、今世の肉の時間を終えていくとしましょう。
はっきりとしっかりと自分のするべきことを知り、歩いていく方向、生きていく方向をきちんと定めていけるように、肉を持つ時間、大切に有効に使ってください。肉、つまり偽物の自分を生かすために肉を使うのではなく、本物の自分を信じていけるように、肉を肉の時間を使っていきましょう。

1943) ともにある喜びと幸せ、心で感じてください。田池留吉、アルバートとともに、本当の自分とともに、いつもいつもあることを、ただそれだけをしっかりと自分の中心に据えてください。
他力的な思いではなく、ただそう思えることが嬉しい、心からありがとうの思いが噴き上がってくる、幸せだ、嬉しい、ありがとう、そんな心を向ける時間をたくさん、たくさん持つようにしましょう。
一回の時間は短くても、日々ふうっと思う、思える時間を増やしてください。
「私はあなたの中にいます。ずっとずっと初めからあなたの中にいます。私はあなたです。あなたは私です。ひとつです。」
この思いとともにいつもいつも生きていきましょう。
肉、形の世界は、さらに混迷の度を増してきます。だからと言って、自分の中に逃げ込むのでなく、その様子をしっかりと心で受け止めていきましょう。そうしてこそ、自分の中の中心棒のありがたみがさらに深みを増してきます。きっぱりと自分の行く方向が見えてくることに、ただただよかった、嬉しい、ありがとうだけだと思います。

1944) 学びの友からのメールです。一読ください。
ある現象に心が引っかかっている時、ふっと、私は目に見える現象を一生懸命塗り替えようと苦心惨憺してきたんだなあと思った。映し出された影を一生懸命に消そう、変えよう、自分の想うとおりに塗り替えようとしてきた。元はこちらなのに...と。この今まで何百回と聞かされてきたこのことが、ストンと自分の心の中に納まった。
なんと愚かな自分かと思った。本当に、無知とはこういうものかと、あっけにとられるぐらいの感覚やった。映像を変えようとする他力の思いと、自分の心を見つめていこうとする本道とは、まったく相いれない、全く違う道だと思った。全く違う学びということにようやく気付き始めた今日この頃、今まで学んでいると思っていた学びは、まったく学べていなかったのです。でもしかし、この間違いに気付いていくための私の道のりだったのでしょう、だから間違ってきた自分にもありがとうの思いでいます。よかった、これからやね、厳しいけど、やっていかなな。
ただ思う、ただ心を向けてみる、肉では説明ができへんけど、この効用というのか、ここに大きなポイントがあるように思えてくる。ありがとうございました。

1945) 一人静かにゆったりと今を思うことに尽きます。それが唯一の幸せ、喜びの時間だと感じます。今、自分というものが肉という形を持ってここにある意味を深く味わう時間と空間は、大変大切なものだと思います。
目を開け言葉を発し、肉、形の中でどんなに思いを馳せても、それはやはり、肉、肉の世界のこと。それよりも、目を閉じるんです。目を閉じるだけでいいとは言えませんが、まずは、ゆったりとする、身も心もゆったりとできる環境をほんの少しでも作るということを、肉としての努力目標にしてください。
肉でできることはそれくらいしかありません。心を見ることはもちろん最重要なことだけれど、それもまた肉基盤では、やはり自分が正しいというところから見てしまうということになっているかもしれません。すべてをご破算にして、心を見る難しさがあります。
他力の中に生き続けてきた私達にとって、どれだけそれを意識へ、本当の世界へ転回していくのが難しいことなのか痛感されているところだと思います。それでも、それぞれの心でしっかりと学ぶ姿勢を継続しましょう。継続できるか否か、それはそれぞれの心に感じた、感じている波動の世界が左右するでしょう。忘れられない、ここへ戻ろう、そういうことだと思います。

1946) 4月志摩セミナー開催、微妙です。今の状況からしておそらく中止の方向にいくのではないかと思います。その先の予定も未定です。
いいではありませんか。肉、形の世界のことは不確実、不安定です。今更というわけではありませんが、コロナウイルスの現象がそれを証明してくれています。けれど、私達が住んでいる意識の世界はそうではありません。確実、安定です。
自分の中に帰る、戻る、その喜びと幸せさえ確立していれば、それを淡々と進めていけばいいだけです。自己確立の重要性、自己確立の喜び、きちんと自分の中で確認していけるよう学びをして、今世の肉を置いていきましょう。

1947) 今世、始まったばかりの真実へ帰る道。そうです、愛を知っていく、本当の自分を知っていく学びは今世始まりました。その今世始まった学びも、田池留吉という意識の世界が肉を置いた時点で、場面が変わりました。
250年に至る三次元最終段階へと学びの歩みを進めていく準備は滞りなく整えられたから、田池留吉という意識の世界は肉を一旦置いたのでした。もう少し、その肉とともにお勉強をという思いはありましたが、意識の世界からは、その必要なしということだったのでしょう。
あとは、それぞれの心の中で、田池留吉の意識の世界との交信をして、真実へ帰る道を進めていく段階です。
ともにある喜びと幸せ。初めからともにあったという確信。あなたの中の宇宙とともに私の元に帰ってきなさいと、いつもいつも呼び掛けてくれている波動の存在。
肉を持てた喜びと幸せ。肉を持つことの意味。日々、苦しみもがきながらも、正しい瞑想の中で、しっかりと感じてそして、自分に本当のことを伝えていきましょう。
ライブ配信予定日、3月28日(土)午後2時

1948) 自分と自分の中での学びです。自分の生きていく方向をきちんと正しい方向に定めていけるように、すべて自分が用意して整えてきた肉の、形の世界でした。それが分かりませんでした。全く分りませんでした。今世の肉を通して学ぶということがあったから、ようやくそうだったんだという、本当にお粗末な自分の世界でした。
肉、肉の世の中の流れの中で、自分の中に意識の世界を呼び覚まし、そしてその流れに乗って存在していくという中心棒の確立が何としても必要です。それがなければ、形としては学んでいるだけで、自分の中は殆ど何も変わってはいない、それが現実だと思います。
肉ではない、肉、形の世界は影だ、そう自分に言い聞かせても、自分の根本が変わらなければ、それは空しい言葉の響きだけを残していきます。
だけど、切なる思い、叫びがあります。だから、未曽有の天変地異が必然的に起こってきます。地軸が動く、想像の範疇は超えていますが、どういうことなのか、あなたの意識の世界はすでにご承知です。

1949) 何が起きてもおかしくない局面にすでに突入していることを、しっかりと心で感じてください。肉、肉で何とかする、何とかできるという思いは捨てていきましょう。何もできない、ただ呆然と立ち尽くすだけ、そういう場面にこれからそれぞれが立ち会っていくでしょう。
そのとき、そのとき、心に何を思うのでしょうか。どこに心を向けられるでしょうか。すべてをご破算にしてということがなければ、そしてポーンと飛び出していくことがなければ、自分の世界は、何も変わりはしないということです。
そのチャンスを自ら用意しています。飛び出していこうと固く思っているからです。飛び出して、そして、自分の軌道を変えていくという決意に触れてください。しっかりと正しい瞑想を重ね、その決意を確認して、そして本来の自分の元に帰っていきましょう。
千載一遇のチャンス。これを軽く受け止めることなく、心から自分を大切に、そして宇宙を、帰るべき宇宙を深く深く思って生きていきましょう。

1950) 元あったところへ帰るだけです。その思いを今世の肉を通して確認させていただきました。元あったところを捨ててきたけれど、飛び出してきたけれど、何もいいことはありませんでした。捨てて飛び出て、もっと素晴らしい世界を手に入れようとしてきた、何とも幼稚で愚劣な中にどっぷりと生き続けてきたんです。
形がないのに、形を持てばそれを自分だとしてしまう、何でこんな愚かな自分達になり果ててしまったのか、ようやく今世、そのことに触れる、学ぶチャンスを用意しました。
もう限界だったのでしょう。あまりにも苦しく切なくやり切れない中でもがき苦しんできた自分に最後のチャンスを用意したのでしょう。
それが今世だと私は思っています。後はありません。剣が峰と表現してきました。何はさておき、学ぶべき時にできる限り学んできました。旬を逃さない。そうしてきたと自負しています。その結果を踏まえて、これから250年に至る道を歩いていくということになっています。
心で受け止め、受け止めた心が生きる方向を定めていく、意識の流れに乗って、元あったところへ帰っていく、それだけが本道、喜びの道だと私は知っています。

1951) 昨日のライブ配信、僅か2分ほどで遮断されました。色々と規制があって、ネットの世界も大変です。ですが、その2分の中で、今回語りたいことを語らせていただきました。あとは、それぞれが自己確立の道を着実に進めていけばいいだけだという学びの段階になったということです。
1週間後の土曜日に、違う方法でネットを通してまたともにお勉強できることを心待ちしています。
できれば、セミナー会場でともに瞑想をというスタイルをと思っていますが、それもこれもまた意識の世界の計らいに沿っていくだけです。私達は日々正しい瞑想をしっかりと遂行していくだけです。

1952) 楽しいです。嬉しいです。肉では色々とあっても、そして身体の調子がいまひとつでも、ふうっと思える喜びと幸せの中に私は生きていると感じられることが、楽しい、嬉しいです。
宇宙、宇宙を思い瞑想です。宇宙を呼びたかった、宇宙に思いを馳せたかった。なぜならば、私は宇宙からやってきたから、宇宙は私のふるさとだから、そんな思いが、私の中に響き伝わってきます。
それが私の瞑想の時間です。異語が止めどもなく出てきます。涙とともに異語が出る、爽快です。
時間にすればそんなに長くはない。ただアルバートと呼べる私が嬉しい、何とも心地良いです。肉という形を纏っている私は、私の世界に心を向けられる今がありがたくて幸せです。肉の安全、安定を思う思いももちろん出てきます。だけど、私は今感じている波動の中にある、この波動とともにあることを私は知っている、感じている、そこは絶対に揺らがないです。
心に感じているものを大切に、大切にというメッセージを発します。

1953) 守ろうと思えば思うほど、苦しみの中に埋没していきます。そんな転生を数限りなく体験してきたはずです。もう止めましょう。守ろう、その手を、その思いを離していきましょう。離していく方向に自分を進めてください。
そうしないと、自ら闇の真っ暗闇の中に落ちていくだけです。そのことはもうすでに心でお分かりだと思いますが、分かっているけれど止められないと自分を誤魔化してきたんです。
守るべきものなんてないんです。自分の心を、本当の自分を、愛を捨てた私達に一体何を守って、どう生きていくのか、聞いてみてください。
馬鹿だ、大馬鹿だ、だけどもう帰ろう、本当の自分のところへ帰ろう、素直になろう、本当の喜び、本当の温もり、本当の安らぎの中へ帰ろうと伝えてくるはずです。
そんな自分の中の切なる思い、必死の思い、必死の叫びに応えていってください。それが優しさです。温もりです。喜びです。ともに生きていこう、ともに歩いていこう、今も、今もあなたの中から呼び掛けてくれている思い、波動にしっかりと応えていきましょう。

1954) 肉ある今を喜んでそして、真剣に素直に自分を思ってください。自分を思うんです。自分のこれからを、意識の流れの中にあり、その流れに沿って生きているかを真剣に思ってみてください。
肉を持っている時間、どれだけ真剣に生きているのでしょうか。肉を中心に据えて、やはり肉というものに心を残している現実が浮き彫りになっていませんか。そう感じて学びをしているからと後ろめたい思いもあるけれど、正直それに違和感もなく、肉の幸せ、安定をやはり望んでいるという実情ではないでしょうか。実情は実情でいいんです。学んでいますという姿勢を押し出していくよりも、現状把握をしっかりとして、そしてそこから、さて自分はどうしていくべきか、ということを自分なりに真剣に学んでいきましょう。
今、世の中はコロナウイルスで揺れています。心にある不安、恐怖を炙り出し、先行きの見えないこれからを伝えてくれています。
完全に間違って生きてきた人類に、これからも矢継ぎ早に警鐘が鳴らされます。肉基盤の思いからすれば、現象はみんな警鐘です。ですが、思いを向けるということを学んでいるならば、そこから伝わってくる波動を感じてください。波動を読み取ってください。そして、思いの向け先はひとつだと、自分の心で感じ広げていってください。ともにある喜びの波動がなせる業です。

1955) 意識の流れはスピードを上げています。意識の流れの仕事は着実に粛々と、ということには変わりはありませんが、そのスピードは250年に至る三次元最終時期を目指し、喜びで喜びで加速していきます。ボーっと生きてんじゃねえーよということではありませんが、気を引き締めて、しかしゆったりと喜びの思いで、今を過ごしていきましょう。
なぜ生まれてきたのか、何をするために生まれてきたのか、もう心で分かっていますね。それをただ淡々と実行してください。心の針の向け先をいつも確認して、ともにある喜びの世界をどんどん自分の中に広げていきましょう。出会えるんです。思いを向ければ、いつも、いつでもともに生きています、ともにあります、私はあなた、あなたは私、ひとつです、そんな波動の中にあることを感じるでしょう。
喜びではないですか。こんな喜びで幸せな時間と空間に自らをいざなっている、今世、この計画を立ててきたことに、真っ暗な自分に感謝しかありません。間違い続け狂い続け、おぞましいエネルギーの塊の自分に感謝です。ありがとう、その思いを宇宙に広げていきましょう。

1956) Zoomウェビナー、どうでしたか。4日の14時、楽しみにしています。何も考えていません。ただ学びの友、宇宙の友とともに思いを向ける時間、空間を楽しんでいくだけです。
田池留吉の学びに触れさせていただきました。その思いを大切に、喜んで今の肉を終えていきます。まだまだこれから、250年に至る喜びの時間、空間が待っています。
必ずや、次元移行の呼び掛けに応えていきましょう。
肉は私達の本当の姿ではありません。ただひたすらに田池留吉、アルバートの波動の世界とひとつになる道を生きてまいりましょう。険しいです。厳しいです。しかし、この道しかありません。証し人になってください。

1957) 何が間違いだったのか、今もなぜ間違い続けているのか、心で気付き始めた方から、修正です。気付いた方からやり始めればいいんです。誰のためでもない、それが私達が本当に望んできたことでした。愛へ帰る、心のふるさと、愛、母なる宇宙へ帰る、実行してください。
繰り返します。あなたの頭など何の役にも立ちません。意識の世界のあなたを知っていくのに、あなたの頭を使わないでください。
それは自分を愚弄する行為です。その思いの底に眠るエネルギーを感じられたならば、もう何もありません。どんなに愚劣な自分だったかが、手に取るように分かるからです。
意識の流れを自分の中に呼び起こし、そしてその流れの中でしっかりと自分の行く末を感じてください。
もう待ったなしです。私は、私達は帰ります。私のふるさと、愛へ、母なる宇宙へ帰ります。そのために今の肉があり、田池留吉、アルバートの意識、波動の世界との出会いがありました。
あなたは手ごたえを感じていますか。今世肉を用意して、学んできた手ごたえを感じていますか。自分に伝えることができていますか。250年後の出会い、必ず果たしてください。自分の中で確認をしてください。

1958) 淡々と自分が決めてきた道を歩んでいく、生きていく喜びと幸せを心でかみしめていきましょう。
今世をあなたの転換期にというメッセージ、味わっていますか。
これまでの転生と同じでは、自分を苦しみの中から救い出すことはできません。肉として生き、肉として死んでいく転生。散々苦渋を舐めてきました。たったひとつの帰るところを心に確かめ、自分を大切にしていきましょう。
肉を持つ最後の最後まで、思うは田池留吉の道です。
ともにある喜びと幸せがしっかりと信じられるように、ただひたすらに真っ直ぐに自分の心と、真っ黒な自分と真向かいになっていこうとしてください。

1959) 肉を持っている今、今を本当に大切にしましょう。自分を大切にする、自分の思い、切なる思いを大切にして、そして、その切なる思いを、今世を境にして実現する方向へ舵を切っていきましょう。
なぜ生まれてきたのか、このことが自分の中で本当に分かるということが、待たれています。
肉、肉の中で、肉、形を本物とする中で、どんなに努力しても、生命と財産を守るためにあらゆる手段を尽くしても、ダメなんです。
ダメだということを、これからの時間、僅か250年、300年かけて自らに知らしめる、そんな意識の流れの計画が遂行されていきます。
これは止められません。ただ流れの中でどのように自分の思いを変えていくか、つまりは本当の自分に目覚めていくか、それだけです。
あとは、何もありません。300年の猶予期間があります。それを逃したら、肉を持てない環境の中で、どのように存在していくのか、それぞれの心で知っていってください。
厳しいようだけれど、しかしあるのは喜びだけです。本当の自分達の世界へ戻っていこう、帰ろうという呼び掛け、いざないの思いに、その波動の世界に触れてみたら分かります。どんなに待ってくれているか、信じて信じて待ってくれている思いを、どうぞ、あなたも本当にその心で感じ深く味わってください。

1960) 弥生三月も、コロナウイルスであっという間に過ぎ去っていきました。家の近くの公園の桜等々、人間以外の世界は淡々と喜びで時の移ろいの中にあります。
私達人間だけです、目の前の出来事に右往左往して、大切な時間を無駄にしていくのは。その中で、自分達が生まれてきた本当の意味を心で学ぶ機会に恵まれた方達は、その喜びと幸せを存分に心で味わっていける時間としていきましょう。
思うは田池留吉一筋の道を歩いてください。肉を持てば色々とあります。心は様々なエネルギーを感じ、発します。けれど、その中に埋没することなく、感じ発したエネルギーを思い、そしてさらにそのエネルギーとともに、思うは田池留吉、アルバートです。
肉を持つ今だからこそ、そのお勉強ができるんです。自分にとって本当に何が一番大切なことなのか、繰り返し繰り返し学んでください。何度も何度もです。これでいいということはありません。
肉のある限り、本当の自分の思いに精一杯応えていきましょう。そして切なる思いをぜひ実現する方向へ。それが私達の喜び、幸せの道です。この道をともにともに歩いていきましょう。

1961) ぶれずに学びを進めてください。学びとは、セミナーに参加することではありません。スカイプやZoomのネットを駆使していくことではありません。どんな思いで学びを進めているか、本当に瞑想をしているのか、どんな思いで瞑想をしているのか、田池留吉、アルバートを思っているのか、宇宙を思っているのか、いくらでも自分に問いかけて、自分と自分の中で学んでいくことができます。
何もなくていいんです。自分の中にすべてがあるんですから。肉という形だけを見れば、同じでしょう。しかし、心の向け先、針の向け先を知らなければ、肉のみ。肉の中で苦しみが続いていきます。形としては同じように見えても、たとえば、コロナウイルスで大変な状態であっても、そういう状態になるのに猶予期間があります。その間に、心の針の向け先を知っているか否か、向ける度合いがどの程度なのかということが判定できます。
あとは肉の中にある肉という形は、その中に流れていくだけです。肉から離れた意識の行き先が違ってくるということになります。
肉は肉の法則に従っていかざるを得ません。ただ私達が学んでいるのは、私達人間は、意識、波動、エネルギーだということであって、肉の法則とは無縁です。思う喜び、思える喜びを自分のものにしてください。

1962) ゆったりと真っ直ぐに自分の行く末を思う、そして、思いを馳せられる今を思いましょう。何もなくても何があってもただ嬉しい、ありがとう、そんな中に生き続けていたんだ、じっくりと心で感じていきましょう。
肉に走っている間は、そんな喜びと幸せとは縁遠いです。そして、いつの間にか年齢を重ねてしまいます。けれど、その間に、何度か自分の人生とはいったい何だろうかと思うチャンスがどなたにもあったはずです。
そのチャンスを本当の意味で活かすことなく、死を迎える、肉という形を置いていく時がやってくる、それが殆どの方でしょう。
それではダメだということを、私達は学んでいます。
本当の人生を生きる、生まれてきた本当の意味を心で知る、分かる、その分かったことに沿って肉を使っていく、これまでの転生とは全く違う転生としましょうと学んでいます。
学びに触れたこと、どのように思っていますか。自分をどのように思っていますか。自分の人生、肉を持っている今どのように思っていますか。
肉を置いていくまでに自分の中でしっかりと心を決めてください。


 
あなたの愛のグッズ、オーリング硬いですか。時々点検してください。オーリング、正しくできますか。
☆愛の水、愛の水素水を飲んで、愛のリングに心を向けて、死ぬまで元気で楽しい嬉しい喜びの瞑想を継続していきましょう。
☆「私は愛である」、心の底の底の底、さらにその奥底のエネルギー、宇宙に点在する意識達、すべてが、この波動を待ち侘びていました。あなたはこのことが心で分かりますか。しっかりと心で感じられるあなたに蘇ってください。
☆宇宙を呼んでください。宇宙にどんどん思いを向けていきましょう。私達の帰る心のふるさと、宇宙の波動を心に呼び覚ましましょう。
今世を自らの大きな転換期にしてください。動かなかった心の針をほんの少しでも愛の方向へ向けてください。
☆愛へ帰る道は、それぞれの心の中にあります。その道と出会い、一歩、一歩歩んでいく喜びと幸せを広げてください。
☆自分の人生です。自分があるだけです。幸せ、喜びを広げていくのも自分。真っ暗な中に沈み込んでいくのも自分。正しい羅針盤がなければ、沈み込んでいるのも分かりません。いったいどこまで落ちてきたのでしょうか。そして、これからも落ち続けていくのでしょうか。
☆自己確立を目指してください。本当の自分の波動を感じられるようになってください。そうすれば安心立命です。それ以外は、狂いの道です。
☆あなたは自分を信じていますか。信じていると答えた人は、自分の何を信じていますか。あなたの流す波動があなたの答えです。あなたの外と中、一致していますか。
☆あなた、本当にこのまま死んでいっていいのでしょうか。心の叫びを拾い上げてください。そして伝えてください。ごめん。間違っていたと。
☆外へ向く習性のある心を内に、内に。エネルギーは内にじっと留めておくのではなく、確認すれば温もりの中へ解き放つ。それが心を内に、内にの作業です。
☆思う大切さ。ゆったりとして静かに思うこと、そして一瞬、瞬間的に思うこと、両者とも、学びそして会得していきましょう。その際、肝心なのは何かということ。もうお分かりですね。
☆今を喜んでいきましょう。どんなにすごい時間なのか、あなたの中は知っています。知らないのは肉を自分だと思っているあなただけです。
☆肉体細胞の思いを感じながら、ということは、本当の自分の思いを感じながら瞑想をする、瞑想ができる。そして、日々を過ごしていく。幸せな人生です。
☆愛へ帰る喜び、愛を思う喜び、しっかりとあなたの心に響いていますか。母の温もりはどうでしょうか。
☆250年後の出会いを簡単に思わないでください。今世、学びに触れた人達みんなと出会えればと思いますが、それはどうでしょうか。あなた、死後のあなたに聞いてみてください。そして、本当に自分に優しく、自分を大切にしてください。

ともに次元を超えていこう

愛はこっちだよと、いつも、いつもあなたの心の中で伝えている私(田池留吉)と出会ってください。出会えば変わります。必ず変わります。私(田池留吉)は愛。そして、私(田池留吉)はあなただから。

優しく母に抱かれてゆったりと幸せだった、すべてを託していたあなたは現存します。あなたは本当は優しいんです。本当の優しさも温もりも喜びも、みんなあなたの中にあります。ただ、外に求めたときから、あなたの苦しみは始まりました。

私はあなたの心の中にいます。ずっと、ずっと初めからいます。これからも、ずっと、ずっといます。ともにいます。私に心を向けてください。心を向けて広がっていきますか。ただただ嬉しい、ありがとうの思いが突き上がってきますか。いつも、いつも思えることが喜び、幸せだと分かっていますか。

素直になりましょう。そして、心をどんどん広げていきましょう。肉の心は狭いです。しかし、私達本来の心、本来の私達は限りなく広い。限りなく広がっていく温もりの中にあります。そこには何もない。だけどあるんです。それがひとつの世界です。

愛へ、心のふるさと、愛へ帰る道をともにともに進んでいこう。果てしなく長かったけれど、そしてこれからも果てしなく続いていくけれど、苦しみから喜びへ変わっていく今だと呼び掛けています。

田池留吉を思うことが嬉しくて嬉しくてたまらない。心の底からアルバートと呼んでいる。アルバートを呼ぶ意識達の思いをはっきりと心に感じる。瞑想の醍醐味です。

私達は最高に幸せだよ。お母さん、ありがとう。田池留吉と出会わせてくれてありがとう。気の遠くなるような時間ずっと、あなたに背を向けてきても、あなたは愛だと伝え続けてくれていました。あなたの思いをしっかりと受け止めました。もう二度とその波動を忘れることはありません。私達は、あなたの中に帰っていくだけです。

宇宙に向けて瞑想をすれば、ただただ異語とともに喜びが湧き起こります。ああ、待ってくれていたんだと。宇宙の友がたくさん、たくさんいます。ともに帰ろうと伝え合いましょう。そのためにこうして、今、肉を持っています。宇宙の波動を感じて、感じて、喜びと温もりの世界を共有していきましょう。

愛のエネルギーが深まれば深まるほど、明と暗が、はっきりくっきりします。これから益々はっきりくっきりしてきます。喜びは喜びをいざない、苦しみは苦しみの中に落ちていきます。どちらも自作自演です。それが意識の世界。限りなく広くて優しくて温かい世界です。そしてそれは本物だから厳しいのです。

宇宙は愛。愛のエネルギー。愛のエネルギーは私達。私達は愛。私達は宇宙。ひとつです。あなたの中で真実への扉を開いてください。

瞑想は喜びです。間違いなく喜びです。喜びでしかありません。温もりです。愛です。喜び、温もり、愛の波動をどんどん吸収してください。吸収して、そして、あなたの中で、喜び、温もり、愛の波動をどんどん循環させてください。淀みをそのままにしないでください。

生まれてきた意味を本当に心から知ってください。あなたの人生とはいったい何でしょうか。消えて無くなるものばかりを拾い上げている人生ではないでしょうか。

本当の優しさを知っていきましょう。本当の温もり、本当の喜びに出会ってください。それは私達の中にあります。それは私達なんです。愛の水道水の種水を思ってごらん。あなたの中の田池留吉は、そう語ってきませんか。

愛の種水は、あなたの外にありますか。それともあなたの中にありますか。

肉を持った意識達はみんな、真っ暗闇からの脱出を希っています。しかし、どうすればいいのかその手立てが分からずじまいです。今日も一人、そんな意識の世界を抱え持った方の思いを聞かせていただきました。今世、学びに触れたあなた、あなたの現実はどうでしょうか。

思うことがすべてでした。思えることがすべてでした。真実の波動はあなたの心の中に届いています。出会っていきましょう。どんどん出会っていきましょう。生まれてきて本当によかったと実感。そんなあなたを次の転生に繋いでください。

どうぞ、ともに歩みを進めませんか。愛の波動の中に存在していた私達だったと、心から、心から知っていきましょう。

ただ一点、田池留吉を思う。肉のある限り自分に徹底してください。それでも、肉を離せば大変難しいです。死後の自分をしっかりと感じてみてください。

千載一遇の出会い。そして千載一遇のチャンス。心に響き渡ってくる喜びの雄叫びを、あなたの心で感じられるあなたに蘇ってください。

「帰っておいで母なる宇宙へ。」「はい、帰ります。みんなといっしょに。」真っ直ぐに言えるあなたは幸せなはずです。

種水のレベルが確実に上がり、それを持続する方法は、自己供養を進めることです。では、自己供養を進めるには何が必要でしょうか。

ワン、ワン。ニャー、ニャー。彼らはこれで通じるのです。喜びと通じているのです。教えてくれています。愛の波動を。ありがとう。

愛を思い、愛の水道水、愛の水素水を飲み干そう。ごくごく飲もう。汗をしっかりとかき、また、愛を思い、愛の水道水、愛の水素水を飲み干そう。喜んでごくごく飲もう。そして、正しい瞑想を。

そうです。意識の流れはすこぶる順調です。次元移行へ向けて宇宙が始動した今世でした。今というこの時に、肉という形を持ってきたことに、ただただ感謝です。千載一遇の出会いを心から味わっていきましょう。

あなたの心にノックしています。どうぞ、しっかりと心を向けてください。愛に目覚めよの促しを喜んで受けてください。現象はみんな喜びです。喜びの波動をあなたに伝えてくれるのです。あなたがあなたに伝えてくれるのです。それはあなたが愛だからです。

田池留吉、ああ、私達は、この波動をずっと、ずっと、ずっと、ずっと前から知っていました。あなたの中はそう伝えてきませんか。

体力、気力がまだある間に、どんどん喜びと出会おう。そして、自分に、ごめんなさい、ありがとうと心から言える自分に生まれ変わりましょう。心は無限大に広がっていきます。

かけがえのない大切な時間です。素直に真っ直ぐに自分を愛していこう。そして、お母さんに伝えてください。信じて待っていてくれてありがとう、私は必ず帰りますと。

あなたは、心一つで存在している喜びと出会えていますか。周りはみんな影です。影をいつまで握っているのでしょうか。どうぞ、今、死後の自分と出会ってみてください。そして、本当の喜びと幸せは何か知っていきましょう。

肉体細胞の思いをいつも感じながら瞑想を継続してください。肉体細胞は最後の最後まで喜びでつきあってくれます。本当の仕事をしっかりとしていきなさいと伝えてくれています。

本当の自分に気付かなければ、生きても地獄。死んでも地獄。これ本当のことです。そして、私達人間は本当はみんなそのことを知っています。

田池先生、ありがとう、ありがとうございました。真っ直ぐにこの道を。その思いに応えていくだけです。ともにある喜びを伝えてくれました。伝え続けてくれています。

どうぞ、UTAの輪の中心、愛へ心をしっかりと向けていきましょう。向けていける喜びと幸せを共有しませんか。♪ともに、ともに帰ろう・・・。 ♪愛へ帰る喜び、愛を思う喜び・・・。

いつもいつもどんなときも、私、田池留吉を思っていてください。そして、私、田池留吉の世界を本当に知ってください。喜びがあなたです。本当のあなたへ帰っていきましょう。

田池留吉を思う瞑想、喜んでなさっていますか。田池留吉はあなた方の心のふるさと、愛です。心で分かっていますか。

愛へ帰る道は険しいけれど喜びの道です。さあ、みんな、私、田池留吉のもとに帰ってきてください。待っています。

愛へ帰ろう、宇宙へ帰ろう、母なる宇宙へ。母なる宇宙は私達のたったひとつのふるさとです。

サウンド 1.wav へのリンク

サウンド 1.mp3 へのリンク

ありがとう.mp3 へのリンク

意識の流れ
       
-田池留吉の磁場を思い瞑想をしよう-田池留吉からのメッセージ

1) 私は田池留吉です。どうぞ、残された肉の時間、それぞれに精一杯、喜んでご自分の心を見ていってください。私も自分の心を見ています。今という時、大切な、大切な時間です。私が何を伝えに来たのか、どうぞ、それぞれ、ご自分の心に問いかけてみてください。真実はあなたの中にあります。決して外にありません。あなたの中に愛が溢れています。温もりが溢れています。私はいつも、いつもともに行こうと呼び掛けています。
「私は愛。あなたも愛。ひとつ。」このメッセージをしっかりと受け止めてください。UTAの輪は波動です。その波動の中で、しっかりと学びを進めていってください。

2) いよいよ、私の肉の時間も残り少なくなりました。しかし、私は死ぬまで元気に自分の仕事を全うしていきます。ほぼ私がなすべき仕事は終えて、最後の詰めの段階を迎えています。他力の世界を心から離せない人達、もういいんです。と言いましても、私が切り捨てる、置き去りにするということではありません。他力のエネルギーから自分を解き放すことができない冷酷で己偉い自分が、自分を切り捨て、見捨てていくということを知ってください。ここにきて、もう無駄な時間、無駄なエネルギーは使いたくありません。この道を真っ直ぐに突き進んでいくことだけを考えています。

3) 皆さん、私が、今病室にて綴ったものに、目を通してみてください。私は田池留吉です。私は波動です。愛のエネルギーです。私はあなたです。あなたの中で、いつもこのように語っています。しっかりと私の波動と通じ合えるようになってください。私を無視して、私とは全く違う波動、エネルギーを流していることに、ご自分の心で気付いてください。一日も早く気付いてください。そして、素直に自らの過ちを認められるようなあなたに生まれ変わってください。私に認めろと詰め寄らなくても、あなたから愛のエネルギーが流れ出してくれば、私はあなたを認めていきます。どうぞ、日々しっかりと心を見てください。自分の中の愛のエネルギーに目覚めていってください。

4) 肉は愚かです。愚かな肉は争いを好みます。自分の主張を掲げて、どこまでも己というものを掲げていくのです。それが自分を操っているブラックのエネルギーであることに、なかなか、なかなか気付けません。そんな状態の中では、決して種水のレベル、非常に硬いという段階まで到達しません。
どうぞ、田池留吉の波動の世界、母なる宇宙の波動を、ご自分の心で本当に感じられるようになってください。当然、そうなってくれば、種水のレベルは非常に硬いです。瞬間的な作業、思うだけでいいということになってくるでしょう。もちろん、瞑想をすれば波動はどんどん伝わり響いてきて、ただただ幸せを感じるのです。

5) 私に残された肉の時間、有効に使っていこうと思っています。私は次元移行を伝えにやってきました。意識の流れというものを伝えさせていただきました。意識の転回をしてくださいと。あなたの中の愛のエネルギーに目覚めてくださいと。私達とともに、ともに次元を超えてまいりましょうと。
肉という形を持って、数限りない転生をしてきたあなた方には、とても難しいことだったと思います。しかし、私の仕事は、順調に捗っています。証し人も出ています。
どうぞ、今一度、ご確認を。波動は決して騙せません。誤魔化せません。波動こそがすべてです。

6) 私、田池留吉に心を向けられる喜びを、しっかりとそしてどんどんあなたの心で感じてください。私を呼んでください。しっかりと呼んでください。私はいつも、あなたの中で応えています。私は愛です。あなたも愛です。私達はひとつです。すべては愛でした。すべては喜びでした。それをすっかりと忘れ去ったから、肉を持った人間達の苦悩は深まるばかりでした。どんなにしても、幸せになれるはずはありませんでした。これから益々、世の中は混沌としていきます。しかし、私のほうに心を向けていれば、そして、私と合っていれば、あなたは何も憂うることはありません。あなたの心に広がっていく愛の世界をどんどん感じていってください。

7) 宇宙の法、田池留吉の世界の法の厳しさと優しさを心で分かってください。どんどん自分自身を愛へ愛へと進めてください。あるのは喜びだけです。温もりだけです。私達はひとつです。ともに行こうという呼び掛けに心から、心から素直に喜んで応えていってください。宇宙の友が待っています。どうぞ、あなたの心で感じられるようになってください。

8) 私、田池留吉の波動を、どうぞ、あなたの心で感じてみてください。私、田池留吉の波動を、遮っているのはあなた自身です。それは、あなたがまだまだ他力のエネルギーにがんじがらめの状態だからです。それをしっかりと、あなたが肉を持っている間に確認してください。私は、死後の自分を語れと申しました。死後の自分、つまり自分の今をしっかりと把握することが、とても大切なことです。殆どの方と言っていいほど、死んでから学ぶことは難しいです。心の針を向ける、田池留吉、お母さんを呼べる状態かどうか、今、しっかりと見極めて、自分をどうか大切になさってください。

9) 私は、今の環境の中で、自分を嬉しく見つめています。これまでのこと、これからのこと、私には、喜びで、喜びで自分の中に浮かんできます。
これまでたくさんの人達のお世話をいただいてきました。苦しくて暗いどん詰まりの時もありましたが、それもすべて私の中で喜びとして受け容れています。それは、私は私の仕事をするために、生まれてきたことを、知っているからです。喜びで私は仕事をしてまいりました。これからも、喜びで仕事をしてまいります。
すべての意識達に、ともに歩みを進めていこうと呼び掛け続けます。
私に心を向けてくださいと伝えさせていただいています。そうです。私に心を向けることがすべてです。あなたの心の針を私に向けて合わせていけばいくほどに、それがどんなに喜びであるのか、そして、それがあなたが本当に切望してきたことだったと、あなたの心で分かるのです。いいでしょうか。あなたの心で分かる、ここがとても大切なことです。あなたの頭では決して推し量れないのが、私がお伝えしている波動の世界です。波動、エネルギーはあなたの目には見えません。しかし、真実の波動、愛のエネルギーは、現存します。それは、あなたの心で感じる以外にないのです。
あなたは今、その肉体を持って存在しています。目に見えて、耳に聞こえて触れることができる世界だけがすべてだと生きてきた人達にとって、その肉体を離す、つまり、自分の死を考えることはやはり恐怖でしょう。しかし、生まれてきた人は、いずれ遅かれ早かれ、死を迎えます。突然死か、長患いか、それは人それぞれでしょうが、死を迎えることに違いはありません。死んでどうなるのか、殆どと言っていいほどみんなその部分が明らかではありません。しかし、みんな本当は死んでどうなるのか知っているのです。何度も死んだ体験がありますから。なのに、明らかでないというのは、その死んだ世界が、言葉では言えないものだからです。表現するとするならば、暗くて冷たくて寂しくて重い中に凝り固まってしまうということなんです。それがどういうふうなのか、その肉体を持っている間には、綺麗さっぱり忘れ去ってしまいます。考えたくもない、触れたくもない部分ということでしょう。
そんな死の体験を、今こそ、肉体を持っている今こそ、本当に活かしていただきたいと思っています。もう二度と、あの苦しいところで固まったままの状態はごめんだと、ではそうならないためには、どうすればいいのか、私は、それを学んでくださいと申し上げています。
肉体を持っている今という時間に、どうぞ、自分をしっかりと見つめていってください。心の世界、思いの世界に住んでいることをしっかりと認識してください。
心を見てくださいということがどれほどの優しさ、愛、温もりであるのか、あなたの心で感じてください。
私は、あなたの心の中にいつも、いつもいます。どうぞ、私に心の針を向けて、合わせていくことだけが、本当に自分を救うことだと、一人でも多くの方に心から知っていただきたいと思います。私の波動を心で感じて、そしてその感じたものをストレートに流してくださることをお伝えしております。
日々、正しい瞑想を心掛けて、いつも私とともにある喜びの世界を感じて、感じて、あなたはあなたの予定通りのコースを歩んでください。
それが私達の約束でした。心から、心からありがとうの思いで、あなたに、今お伝えしています。

10) 私は田池留吉の意識です。この肉体細胞とともにあることを喜んでいます。私のこれからをしっかりと見つめています。この意識の流れの中にある私の仕事、私がこの肉体を持ってこの世に出てきたことを振り返り、私は本当に嬉しく思っています。
 出会いがありました。大変難しいことを伝えたと思いますが、心で分かる人との出会いがありました。意識の世界をしっかりと見つめていこうとする思い、その思いは、とてもとても大きなエネルギーです。
 苦しい転生を繰り返してきた意識達に、私は、今こそ自分の心を見つめてくださいと、しっかりとはっきりと道しるべを示してきました。この道しるべの指す方向に、心を向けることがすべてです。
 あなた方の中に作ってきたブラックのエネルギー、他力の世界をどんどん崩していきなさい。崩して、崩して、間違ってきた自分を受け容れていけばいくほどに、喜びも温もりも優しさも、愛の世界が大きく、大きく自分の心に伝わってくる体験をしてくださいと伝えてきました。
私の指し示す方向に心を向けることがすべてです。肉を持つ意識達の難しさを、これまでたくさん感じてきましたが、私は私の仕事をやり遂げます。この世に出てきた田池留吉の肉体の最後の仕事です。
 苦しい転生はもういいんです。あなた方は愛です、優しさ、温もりですと、私は伝え続けます。私の中へ帰ってきなさい。心の世界をどんどん広げていきなさい。どうぞ、どうぞ、この喜びの波動を心に受け止められるようになってください。私からのメッセージを波動として伝えます。
 苦しい転生もすべては良かったんです。そのように私は伝え続けます。何も何もマイナスはありませんでした。すべてはプラス、プラス、喜びの世界です。心を見つめていくことがすべて。心を見ることが喜びです。
私はあなた、あなたは私、ひとつという世界を、心の中にどんどん広げていきましょう。私のように、私のように。そう、同じです。私はあなた、あなたは私、私達はひとつ。心の中から伝え続けます。波動の世界を伝え続けていきます。私の波動を受けていけるようになっていってください。すべての意識達にそのようにお伝えしています。

11) 私達は肉ではありません。私達はエネルギーとして存在しています。目に見えません。しかし、私達の心はいつも、いつも叫んでいます。愛に目覚めよと。愛に目覚めよという思いの中で、「私達はどれだけこの思いと出会いたかったか。」あなたの心に届いているでしょうか。
私はあなたに伝えています。心から、心から私を呼んでくださいと。
本当に心から呼んでいけば、私はあなたの中にすうっと、すうっと入っていくんです。あなたが他力のエネルギーを心に秘めたままでは、私はストレートにお伝えすることができません。心の中に歪曲して伝わってくる波動では、宇宙を変えることはできないと伝えています。
己の偉い心を見つめてくださいとも伝えてきました。甘過ぎるとも伝えてきました。どうぞ、メッセージをしっかりと心で受け止めてください。
心の中の田池留吉、アルバート。あなたの中の本当のあなた。その波動をしっかりとしっかりと心で見分けていけるようなあなたになってください。
愛を信じる方向に進んでいくあなたを私達は待っています。心の中からあなたに伝え続けます。どんなに、どんなに、事が起ころうが、あなたの中は愛。あなたは愛。変わらず愛。愛しかない。この世には愛しかない。私達はそのことをお伝えします。

12) 何よりも、何よりも、私を思うことを大切にしてください。田池留吉を思い、愛を思い、母の温もりを思い、次元移行を思い、瞑想をする時間を大切にしてください。
あなたにとって、私を思うことがすべてです。私はあなたの中でいつもそのように応えています。あなたにメッセージを送ります。波動を伝えています。田池留吉の世界を心にどんどん広げていくことがあなたの喜び。
ベッドに横たわっている姿は私の仮の姿です。私の本当の姿ではありません。私は意識、波動、エネルギー。愛のエネルギーです。心の中にそのように伝えています。私のほうに心を向けることがあなたの喜び。そのよう伝えています。私達はいつもいっしょ。ともに歩める喜びを心に感じ広げていけることがあなたの喜びです。私を呼びなさい。私に心を向けなさい。あなたの中はすべて、すべて真実の世界へといざなわれていることを知っています。真実はあなたの心の中にあります。愛はあなたの心の中にあります。あなたの口を通して私はそのように、繰り返し、繰り返し伝え続けるでしょう。それが真実だからです。
この日本の国で、ともに肉を持ち学ばせていただいたこと、私は本当に喜んでいます。たくさんの苦しみ、悲しみ、悔しさ、怒り、やるせない思い、空しさ、たくさんの思いを抱えてきた意識達とともに私は、愛へ進んでいこう、愛あるあなたに目覚めていこう、温もりの世界へ一歩踏み出していこうと伝え続けました。これからも伝え続けます。
「あなたの本当の姿は、愛です。愛を、愛を信じていってください。あなたの本当の姿は愛です。愛あるあなたを信じていってください。」
私に思いを向けたとき、どなたの心の中にも、私はこのメッセージを伝え続けます。私に思いを向けられるかどうかの違いだけです。私に思いを向け、私に心の針を合わせていけばいくほど、愛のエネルギーがあなたの中へ感じられます。愛のエネルギーは、すべての意識達に中にあります。
「愛を、愛を、愛を求めてきたあなた達でした。そして今、愛に目覚めていく今なんです。これから250年という時間の中で、厳しい転生が待っていますが、どうぞ、この優しさ温もりを心に呼び起こせるあなたとなってください。」
私はあなたの中からいつも、そのようなメッセージを送っています。形を本物とする思い、形にこそ真実があるとする思い、すべてすべてブラック。この世に真実を説いた者はおりませんでした。真実に目覚めた者はおりませんでした。田池留吉の肉が、この世に誕生して初めて真実に触れたのです。その事実をしっかりと感じていきなさい。そして、心に感じた波動、エネルギーをあなたの中で、さらにさらに深め、広げていくのです。宇宙はあなたとともにあります。宇宙の目覚めを誰よりも、誰よりも待っているのはあなた自身です。
苦しい転生。その中でようやく明かりが灯り始めた今世の出来事をしっかりと喜んで、喜んで心で受けてください。
たくさんの意識達を心に受けています。優しさ、温もりに飢えた、愛に飢えた闇黒の世界です。しかし、心の中の愛がその闇黒の世界を変えていけるんです。愛はパワーです。喜びはパワーです。私、田池留吉、アルバートのほうに心を向けてください。

13) 田池留吉の世界をあなたの心がどんどん感じていく喜び、それが私の喜び。私の喜びはあなたの喜び。あなたの喜びは私の喜び。ともに喜びを通じ合える、喜んでいけることを喜んでまいりましょう。
私の肉にありがとうと私は伝えています。田池留吉の意識の世界から、私は私の肉体細胞の思いにありがとうと伝えています。肉体細胞は愛でした。私の肉は愚かでした。しかし、私の世界を私は知っています。肉体細胞の喜びとともに私は私の世界へ帰ります。
私の世界から、これからもあなたを通して、メッセージを送ります。波動を流し続けます。あなたのするべきことは、私にただひたすら心を向けていくだけです。田池留吉に心の針を合わせ、私の中へどんどん突き進んでください。
私は田池留吉の意識。心からありがとう。出会いをありがとう。私の心の中へどんどん突き進んでください。田池留吉からのメッセージ、田池留吉の世界からのメッセージ、どんどん送り続けます。
私は250年後を見つめながら意識の世界からエネルギーを流し続けます。肉の次元の中で私を見ていた方達は、到底この学びについていけないでしょう。肉は肉の群れの中で、さらに奥底へ落ちてまいります。
明暗がはっきりくっきりしていくのです。どうぞ、それもすべて自己選択、自己責任です。心の針の向け先をしっかりとなさってください。
私は田池留吉。心の中の喜び、温もり、愛の世界。あなたの中にあることを伝え続けます。

14) すべてよし。すべてプラス。すべて愛。肉がどんな状態であっても私は伝えます。すべてが喜び。すべては愛。愛しか存在しない。この世には愛しか存在しない。私は伝え続けます。愛へ帰ることがすべてでした。
愛しかない世界があったんです。肉、形を本物とする思い、その闇の中から、どうぞ、どうぞ、一人でも多くの方、抜け出してください。
あなたの心の世界、意識の世界に灯りを灯してください。本当の優しさ、本当の温もり、愛ある自分に目覚めてください。私はこのように、絶えず伝え続けます。
すべては喜び。すべては愛。愛しか存在しない。この世には愛しか存在しない。この世には何もない。愛、愛、愛があるだけ。
私達のすべてが愛。愛があるから私達は存在している。この事実をしっかりと心で感じられるあなたに蘇ってください。

15) 愛を思う瞑想を続けましょう。田池留吉をただひたすら思える瞑想を続けましょう。私、田池留吉の世界を心に広げていけばいくほどに、あなたの存在も、またあなた自身心で分かってきます。素晴らしい、素晴らしい存在でした。
私達は愛の中でひとつなのだということを、あなたの心で一日も早く、少しでも多くの人が自分に目覚めていただきたい。私はその思いでいっぱいです。私、田池留吉の世界はただただ愛を伝えます。もちろん、250年後、アルバートとして私はこの日本で伝えた通りに、いいえ、それ以上に私は愛を伝える存在です。私は250年後、アルバートとしての肉を持ちます。「心の中の愛をしっかりと広げていきましょう。」そのように、私は全宇宙に呼び掛けてまいります。
心で分かり、心で感じ、心で共鳴し、心で共有していく仲間達が集ってきます。ともに歩みを進めていく仲間です。私はとても幸せです。この日本の国に肉を持ち、学びをしてきたこと、そして素晴らしい仲間と出会えたこと、私の思いは本当に喜び一色です。ともに歩めることを、あなたもそして、あなたもどうぞ、心から心から喜んでいってください。
「私達の中にあるのは愛。心のふるさと、愛へ帰りましょう。」あなたの中に絶えず、絶えず、メッセージを送り続けています。
私は、波動です。愛を流す波動です。波動の中に喜びを、温もりを、広がりを、幸せを、本当にひとつになって、心から心から田池留吉、アルバート、愛ある世界を思ってみてください。
これから、UTAの輪を通して、私はさらに愛を伝えてまいります。心の中の愛に目覚めていけるように、あなたもしっかりとUTAの輪の中で心を向けていくことをなさっていってください。私達の行く先はひとつ。愛の世界です。行く先と言ってもそれはあなたの外にあるのではありません。あなたの中から、私が伝えていることを、どうぞ、心でしっかりと感じていってください。

16) どうぞ、私を思う瞑想を楽しんでください。いつも、私と出会っている喜びと幸せを、心から心から味わってください。そうすればいいだけ。おわかりでしょうか。

17) 肉が自分だとする思いがどれだけちっぽけな思いなのか、どれだけちっぽけな世界なのか、それぞれの心の中にしっかりと感じていくことが待たれています。私達の本当の姿は波動、エネルギーなんです。私達は宇宙なんです。ともに、ともに帰っていくあの素晴らしい世界、それが私達の本当の姿です。愛は私達。私達の中に愛があったことを、私は肉を通して伝えました。今世、肉を通して伝えました。私の肉はないけれど、たくさんのたくさんの意識達に伝え続けていきます。これからも、どんどん伝え続けていきます。宇宙がどんどん、どんどん変わっていきます。私達の思いを、すべてすべて宇宙は知っています。心の中にしっかりと宇宙を呼びなさい。母なる宇宙、その優しさ、温もり、広がり、とてもとても頭では決して理解できない世界、波動の世界をそれぞれの心に感じていきなさい。心の中に私を呼び、私とともに歩んでいく喜びと幸せをどんどん心に感じていってください。私はあなたの中に、いつもそのように伝えています。心の中の田池留吉、アルバート。そして愛のエネルギー。あなたです。本当のあなたです。あなたがあなたに伝えていることを、どうぞ、それぞれの心の中で知ってください。私を素直に呼んでいけるかどうか、それはそれぞれに、係っています。たくさんの間違いを積み重ねてきた人類の心の中で、ようやく巡り合ったこの真実の波動の世界を今世、少しでも多くの人に、一人でも多くの方に伝えていきたいということで、私は三次元に肉体を持ってきました。そして、今は肉体がない中で、私は田池留吉の世界から伝えています。心の中に私を呼びなさい。田池留吉にしっかりと心の針を向け合わせて、あなたの中に広がっていく喜びの波動をしっかりと、しっかりと感じて、そして、今世を終えていくのです。あなた方の中にはたくさんのエネルギーが詰まっています。他力のエネルギーです。他力のエネルギー。肉を自分だとするちっぽけな世界、真っ黒にくすんで、淀んできた世界です。あなた方は自分を自分で見捨ててしまったのです。冷たい自分になり下がってしまったことを、しっかりと心で感じて、しかし、そこから必ず蘇ってください。優しい中にあった、温もりの中にあった、肉では決して到達できないこの世界の優しさ、本当の温もりをどうぞ、どうぞ、あなたの心で感じていってください。
私は田池留吉。中にある田池留吉。あなたの中にある田池留吉。今、ああ、私はこの思いを伝えます。

18) 愛が私達でした。
前を向いて愛に向かって、一歩、一歩前進しましょう。私達の中には喜び、温もりがたくさんたくさんあります。溢れるほどに、尽きることなく温もりと喜びのエネルギーを抱えてきた私達です。そのエネルギーをしっかりと感じていけるこれからなんです。しっかりと、心を田池留吉、アルバートに向けて存在していってください。肉は愚かです。肉を通して感じるエネルギー、そのエネルギーをこの愛のエネルギーの中に解き放していってください。そのエネルギーの中に埋没するのではなく、愛のエネルギーの中に解き放していくのです。ともに帰ろう、愛へ帰ろう。すべてはひとつ。愛の中にひとつということを、あなたの心を通して伝えていくのです。宇宙が待っていることを伝えなさい。愛は私達でした。愛を求めてきた私達。その愛を求めてきた私達の心が、あなたの心にもあります。
次元を超えていくのはすべての意識達です。この三次元にやってきた意識達だけではございません。すべての意識達が挙って、次元を超えていける今という時を共有している喜びを伝えていきましょう。
私、田池留吉に心の針を向けて合わせていけばいくほどに、あなたの心に響いてくる波動の世界があります。波動を感じて、波動を伝えて、あなたがさらなる一歩を進められることを、私達は待ち望んでいます。ありがとうございます。ありがとうございます。


ひとつ、ともにともに
          田池留吉(病室にて)

  
1) 田池留吉、アルバートのメッセージを受けている方、本当に田池留吉、アルバートからのメッセージか、厳しい検証をしてください。種水のレベルが9以上(すごく硬い)でなければ、受信できませんとお伝えしておきます。

2) 喜び、優しさ、温もり等々の波動を感じられるのは、種水のレベルが9及び8(すごく硬い)の人達だけです。常に心を内に向けて検証してください。
6(硬い)以下の人達は難しいと思います。水道水をいわゆる愛の水道水に変えられるのは、4、5、6の段階の人達でもできると思いますが、レベルの高い6のを作られて活用するように。レベルの高い愛の水素水は、レベル7以上の水道水を使って。なお、8以上のレベルの種水のミニボトルを使って作り、飲用するように。
少々、厳しくはっきりと伝えておきます。みなさん、甘い、甘い。レベルアップに努めてください。

3) 種水のミニボトルのレベルの一応の認定については、栗生啓子さんと久保明子さんに頼んでおきます。セミナー会場かクボハウスで認定を受けてください。11月以降のレベルアップの参加者は、9、8、7の方々とします。

4) みなさん方にお聞きします。田池留吉、アルバートをどの程度知っておられますか。殆どの方はあまり知らないで学びを進めていこうとしていませんか。それでは、前へ進むのは、なかなか難しいと思います。正しい瞑想の1をしっかりとやってください。

5) 種水のミニボトルの認定方法
  ①持参のミニボトルをオーリングする
  ②それをコップに入れた水道水に転写。その水を飲んでみる。
  ③6以下の方は、まず、田池留吉を思い、続いて、ミニボトルに向けて、「私は愛です。あなたも愛です。ひとつ。」と。続いて、そのミニボトルをオーリングする。
その結果を現在の認定値とする。

6) 心はいつも外へ向くようになってしまっています。地獄から出て地獄へ帰っていく転生を繰り返してきたからです。
何故でしょう。あなたの心、思いは、いつも、神、仏、金、権力に向いていませんか。あなたが信じた教祖はどうでしょうか。このようなことではダメです。いつまで続けるのでしょうか。今世も失敗、地獄ですか。心の向け先はたった一つです。それ以外は間違いです。私は愛、あなたも愛、ひとつですよ。

7) コロコロ変わる喜びとか優しさは本物ではありません。肉が基盤になっているからです。喜びを外に求めているからです。心の外の世界は偽。内の世界が真。
外のことは程々でいいのです。信じて素直に意識の転回を進めていきましょう。

8) 口は出すが金や物は出さない人。金や物は出すが、口をしきりに出してくる人。トラブルメーカーになっていませんか。
金や物や形はやがて無くなるもの。程々に。意識があって、金や物や形です。意識が現象化します。現象にとらわれていては、真実は見えてきません。
しかし、現象を拒否したり、無視しては、何も見えてきません。すべてを受け容れ、使っている思い、使ってきた思いを見るように。心の針がどこを向いていたか確認するようにしましょう。

9) 「ごめん、ありがとう」の思いは、相手を受け容れる心に通じていきます。明るい心、喜びの心、優しい心、温もりのある心に通じていきます。すべては愛。愛でないものは、ひとつとしてありません。肉体細胞に向けて実践、確認してみてください。

10) 田池留吉を思うことから一日が始まるように心掛けましょう。このことは頭脳で分かりません。心でしか分かりません。とにかく、実践の連続。確認できるように努めましょう。

11) できないこと、できていないことを、あたかもできているように言う人々に要注意。ないものをあるように言う人もです。例えば、神、仏を。

12) ベッタよし。トップよし。ベッタばっかり、トップばっかりの人を見かけたことありますか。
私はトップの経験、ベッタの経験、両方あります。今、よかったと思っています。人生、しんどくありません。優越感も劣等感も段々となくなってきました。
選民意識、特別意識を持っている人、決して賢くありません。しんどいと思います。神様、仏様の好きな人も同じです。幸せが分かりません。
しんどい、しんどい人生、もう止めにしませんか。誇り、喜び、嘘でしょう。

13) あなた、善人ですか。悪人ですか。誰がそのように言っているのですか。あなたは、現在紛れもなく悪魔です。鬼です。いわゆる愛が欠乏しているのです。心の中に愛が溢れているのに、どうしてですか。その訳に一刻も早く気付いてください。それを治せるのはあなただけです。一番大事なことを忘れていませんか。愛が流れ行かないように、堰き止めているのですよ、あなたは。あなたは愛。すべてが愛。ひとつです。

14) 田池留吉の意識の世界の法は大変厳しいです。そして、大変優しいです。この世界こそ、安心、平和、喜びの世界です。
厳しいのは嫌ですか。受け容れていってください。受け容れていけば、厳しさは優しさに変わっていきます。

15) 決して他人を殺してはいけません。自分自身を殺してもいけません。大人達は、子供達に語り継ぎ、教え続けてほしいと思っています。なぜ、肉体生命を今世いただけたのか、みなさん方は、明々白々ですね。でも現実はどうでしょうか。平和、戦争反対、みんな仲良くと言いながら、相も変わらず、人と人は争い続けています。それが現状です。どうしてでしょうか。もう大変難しくなってしまっているでしょうが、みなさん方だけでも、正しいプラス情報、そして波動、愛のエネルギーを流し続けていきませんか。老いも若きも、ともにともに、学びをどんどん進めていってください。仕事、私と同じ仕事を成し遂げていきましょう。
天変地異と死を正しく受け止めてまいりましょう。不安と恐怖はダメ。受け容れていきましょう。

16) 今日もほたる(犬)の目を見ています。小鳥のさえずりを聞いています。花が微笑んでいます。そして、父と母、学校の先生、友人と隣人を偲んでいます。「ごめん、ありがとう」と。
特に、父と母、H先生、T先生、H先生、M校長先生を毎日のように思っています。受けた情とか恩を大事にしています。楽しいです。ありがたいです。私は、これからも、ともに、ともに仕事をしっかりと遂行していきます。みなさん方もどうぞ。少々、肉の臭いがしますが、ごめん。

17) 肉に閉じこもっている人々、意識の世界へ一刻も早く、どうぞ。人を見下している人、自分は清く正しく美しいと思っている人、自分を偉いと思い上がっている人、未だに神、仏、金、権力と思っている人、どうしようもありません。田池留吉の世界、母なる宇宙にあなたの思いを向けてください。答えは簡単にあなたの心から届けられます。人を馬鹿にするな。喧嘩するな。泣くな。悲しむな。何も怖いことも、淋しいこともない。幻想。錯覚。生きる基盤、間違っていませんか。

18) 独りぼっちの老人を、みんなで大切にしましょう。ビジネスはダメ。ともに愛のエネルギーの中で生きていきましょう。
愛の水道水、愛の水素水を飲んで、正しい瞑想を続けながら、健康寿命を少しでも伸ばし、死ぬまで元気で自分の仕事を成し遂げられるよう、ともに生きていきましょう。

19) 命を懸けて、私、田池留吉(意識)にあなたの思いを向けてみませんか。私、田池留吉(肉)は何も求めません。命懸けで仕事をしてきました。肉は愚かですけれど。
甘い思い、他力の思いでは、何も前へ進めません。田池留吉の思いに素直になろうともしない母親が我が子に、「もっと素直になりなさい。お母さんの言うことを聞きなさい。」と言っているのをよく耳にします。これでは、子供が素直になれませんよ。こんな人、たくさん、たくさんいます。家庭が崩れ始めます。自分の間違った思いは、金や神では治すことは難しい。ふるさとの替え歌を歌ってみましょう。お母さんの温もり。心の針の向け先。正しい瞑想をもっともっと大切に。

20) ただ今入院、手術治療中。病名、胸部大動脈瘤切迫破裂疑い。腹部大動脈瘤。毎日気持ちよく過ごしています。みなさんにご心配かけてすみません。面会謝絶でお願いします。

21) 人生は喜び、プラス、愛。マイナスは受け容れる。反転、供養などで。マイナスはもともと存在しない。闇も悪魔も鬼も、もともと存在しない。あなたは愛です。私も愛です。ひとつ。信じて、信じて生きていける幸せ、喜び、温もり、優しさを、さらにさらに喜んで生きていきましょう。
癌も引きこもりも離婚もマイナスではありません。あなたがそう思っている間違った思いを流しているだけです。愛のエネルギー、あなた自身を信じて強く生きていきましょう。

22) 心の向け先を正しくして、正しい瞑想を。自己供養。自分が作ってきた闇、悪魔、鬼、肉を基盤とした肉の思いに向けて、「私は愛です。あなたも愛です。ひとつ。」「ともに、ともに、心のふるさと愛に帰ろう。」とあなたの愛を流してください。そのようにすれば、あなたからあなたの愛が、母なる宇宙、愛から流れていくのです。暗闇は喜びに変わっていくのです。マイナスの思いは、プラスの思いに変わっていきます。ああ、本当だ、すべてのものが愛だ、喜びだ、温もりだ、優しいと信じられるようになってきます。正しい瞑想は楽しい。積み重ねていこうとなってきます。あとは、ごめん、ありがとう、喜び、幸せとなってきます。信じて、信じて行じてください。待っています。待ち続けています。さあ、ともに、ともにですよ。

23) 言葉に真実はありません。金は大事なもの、肉体生命を保つために。ただそれだけのものです。物や形に真実はありません。ただ、自分の心の向け先を内に、愛に向けさせるものと心得てください。真実は、心の外にありません。心の中にあります。自己供養は愛です。喜びです。温もり、優しさです。断じて行っていけば、次元移行が現実のものとなってくるでしょう。決して単なる夢ではありません。このことに気付き、なしていくために、あなたは、お母さんの温もりに産んでもらったのです。

24) 種水のレベルアップ(硬い以上)。そして、転写、転写で楽しい毎日をどうぞ。そして、反転もどんどんやっていきましょう。

25) もうひとつ。愛のリングのレベルアップも。種水と両方を使って、健康で有効な瞑想を楽しんでください。


26)
 私の病名を見て怯みましたか。一瞬、学びから離れようと思いましたか。あなたの心をしっかりと見てください。一番大事なことは何だと思ってきましたか。自己選択、自己責任ですよ。他力の心、他力を離せない自分の心を確認してください。私は愛です。よろしく。

27) あなたは、世の為、人の為に役立つ仕事をするために生まれてきたのですか。それとも、金、名声、夢などの為ですか。では、あなたは、死んだらどうなると思っていますか。世の為、人の為に役立つ仕事って何でしょうか。

28) 人生色々、肉を基盤とすれば、そうでしょうが、意識を基盤、意識の転回が進んでくれば、人生は一つ。愛、喜び、温もりとなってきます。私は愛、あなたも愛、ひとつとなってきます。意識も色々あるように思っている人は、やはり、肉を基盤とした、いわゆる肉の思いが色々あるから、そのように思えるのです。みんなひとつ。愛でないものは存在しません。どうでしょうか。

29) 高学歴、高収入、そして、高級車に乗っておれば、幸せになれると、あなたは思っていますか。あなたが死んでしまえば、高学歴も、高収入も、高級車も無くなるんです。心の外に、いくら幸せを求めても、真の幸せを知ることはあり得ません。では、どうすればいいのでしょうか。もうお分かりですね。心の針の向け先を正しくしていきましょう。

30) 恐怖心や不安感、ありませんか。学びを進めるのに大変よくありません。私は、恐怖心や不安感を溢れて学びを伝える思いは全くありません。しかし、他力の心の強い人はどうでしょうか。そこで、水と瞑想です。正しくしっかりやってください。もちろん、母親の温もりが必要不可欠です。見下げる思い、軽視する思いはありませんか。己偉い心、あるかないか、しっかりと心を見つめてください。特別意識、選民意識も。

31) よいとこどり、自分、肉の自分にとって都合のよいものだけを取り入れる人、色々の教えのよいと思っているものを取り入れて学んでいる人、案外、たくさんいます。では、私が伝えてきたものはどうでしょうか。やっばり、肉が基盤、己が偉い。学びはなかなか進んでいかないのでは。
よいとこどり、色々の教えを集めて作り上げた教えは、如何なものでしょうか。はっきり、しっかりしましょう。

32) 愛の水道水は自然の恵み。愛の水素水は母親の温もり。どんな時もいっしょ。信じて、ともにともに真っ直ぐに、心のふるさとへ帰っていきましょう。信じる者は救われる、神をではないですよ。
とにかく、レベルアップ、レベルアップ。アップ、アップ。フレー、フレー。時と場合、生活環境などによっては、愛の水道水だけでいいですよ。水道水はどこにでもあるから。

33) 死後の世界、いわゆる色はないけれど、真っ暗闇・漆黒か、空(くう)・真っ青・光。あなたはいずれでしょうか。西方浄土とか極楽とか天上界といったものはどうでしょうか。死後の苦しみ、寂しさ、冷たさ、恐怖、不安とかいったものは、誰も何とかしてくれません。自分を救うのは自分。ただ愛だけが。

34) 種水のレベルについて。10を超えるもの。10。9.5。9。8。7。6。5以下。以上が判定値。レベルアップに参加していただく方は、6以上の方だけ。ただし、スタッフや登録してセミナーに参加し始めてから3年以内で、レベルアップが期待できる方は参加いただきます。

35) このたび、私の入院・手術・加療について、過労と警告。喜んで受け容れています。今日の秋の青空のような心境です。ごめん、ありがとう。安心。全託。

36) できるだけ自分のことは自分でするように。私の母の口癖でした。種水のレベルアップは自分達で。判定もレベルアップも。
現時点で6以上あると思う方だけ、栗生啓子さん、久保明子さんに申し出て判定してもらうようにしてください。5以上でない方は申し込まないように。

37) 身寄りのない独りぼっちの後期高齢者、おじいちゃん、おばあちゃんの下の世話をビジネスでなく、無償でお世話させていただこうと思っている人、応募に応えてください。その時はお願いします。

38) 陰険な戦い、いじめ、いじわる。俗に言う根性悪。肉の思いの戦いは止めましょう。身体にも心にも悪いから止めてください。

39) 60歳過ぎ頃から、現実は厳しい環境にあると思いますが、心の針を一点に合わせ、次元移行に向かって、一歩、一歩前進していただきたいと思っています。怒ったり、偉ぶったり、人を見下げたり、不平不満いっぱいで、ぶつぶつの毎日、止めにしていきましょう。病も不仲も自分の心を見るチャンス。心を内に向け、自分が使っている、使ってきた肉の思いをしっかりと見ていきましょう。

40) 種水のレベルアップについて
   1) 9月を迎えて、段階5と6の方が増え始める。
   2) 11月に入ると、段階5と6の方がさらに増え始め、段階7の方も出てくる。
   3) 12月のUTAの輪のセミナーを迎えて、段階5と6と7の方がさらに増え始める。
   4) 後は楽しみ。今年中に、段階8の方が出ればと。

41) 星のお話について
   UTAの輪S
0 塩川香世、自転公転。 S0の周りを自転公転する星群、S1、S2、S3・・・。 S1、S2、S3・・・の周りを自転公転する星群。S0からS1、S2、S3・・・と調和のとれた星群が、ここ20年以内に出来たらと夢。期待しています。肉のお話ですが。肉と意識は表裏一体と心得ています。更なる進化を夢見ている今日この頃です。

42) 8月28日、再入院しました。種水のミニボトルの判定作業が8月29日から始まります。申込み条件(種水のレベルが5以上)がありますが、自分の力で5以上になるようになって、どしどし申込んでください。念のために、5以上でない方は、何もこの学びは分かっていないことになります。

43) 真実、この道を貫け。愛はあなたの心の中に今もある。「私は愛。あなたも愛。ひとつ。」を信じて、信じて一歩前進を。

44) 種水のレベルの判定について
   レベルアップに回数を積んでください。レベルの判定は、栗生啓子さん、久保明子さんに任せてください。奥さんとしたらどうであったとか、学びをしていないが関心のある友達としたら硬かったとか言っている人がありますが、あまり参考にならない場合がありますから、要注意。

45) 反転力を高めるように努めてください。自分の心の針がどの程度田池留吉に向いているか、田池留吉の世界が分かっているか、自分が愛だとどの程度信じているか、参考になると思います。どうぞ、アップ、アップと高めていってください。「私は愛です。」と思ってやり続けてください。

46) ゆっくりしいやと言いたいところですが、千載一遇のチャンス。チャンスをものにしてほしいと思っています。種水のレベルが上がってくると、現象のとらえ方が変わってきます。受け容れられるようになってきます。ものの見方、考え方、感じ方が変わってくるということが分かってきます。

47) あなたの心の針はどこに向いているか。田池留吉ですか。愛ですか。それとも・・・。良いことをすれば良い結果が、悪いことをすれば悪い結果が出てくると思っている人が多いですが、さて、良いこととは何だと思っていますか。そして、悪いこととは。
このことは少し違っています。あなたが使っている思いが正しいかどうかです。では、使っている思いが正しいとはどういうことでしょうか。結局は波動ですね。波動はあなたの心の状態をはっきりと表示していきます。

48) この学びについて振り返ってみましょう。
   1)動機は。誰かの紹介で、UTAブックの本を読んで、いずれにしても、何を目指して仲間入りしてきましたか。今もまだ他力でやっていませんか。
   2)田池留吉をどう思っていますか。教祖、先生、それとも・・・。
   3)あなたは愛ですと伝えていますが、信じていますか。では、愛をどのように理解していますか。愛の存在をどのように確認していますか。

49) 愛の水道水、愛の水素水を毎日飲んでいますか。各水に対して、どのような思いで飲んでいますか。

50) 種水を常に身につけていますか。種水のレベル判定は如何ですか。レベルアップに努めていますか。現在は6以上ですか。

51) 種水のレベルアップを常にともにやっている友達はいますか。それとも独りぼっちですか。友達とともに成長していくようにしましょう。

52)
 お母さんを大事にしていますか。お母さんを喜ばせるようなレベルアップの勉強をしていきましょう。お母さんとともに愛に帰る生活を楽しんでいきましょう。お父さんも、夫も、妻も忘れないように。そして、友達も。お互いに心の中にある喜びを大きく育てていくような学びをしていきましょう。

53) 常にレベルアップを。説法はいいんです。真実を、愛を伝えていきましょう。笑顔を忘れた老人に、独りぼっちの老人に「あなたは愛ですよ。みんなひとつですよ。」と伝えていきましょう。愛を引き出し育てていくように。そして、笑顔を取り戻すように。ともに、ともに真実の道を進む喜びを。
年寄りの最大のプレゼントは愛です。喜びです。温もりです。最後までともに、正しい瞑想を心掛けていきましょう。

54) ひとつとして愛を流していないものはありません。すべて愛。愛の波動を伝えています。だから、すべてのもの、人、現象から気付いてください。あなたの心の中に愛が今も眠っていることを。暗い思いはもういいんです。明るい心、本来の心の復活で、一歩一歩愛を確認、信じて最後まで生きていきましょう。人と楽しんで楽しんで、ありがとうで終わりにしましょう。

55) 万象万物はひとつ。愛です。ともに愛へ帰りましょう。あなたの人生も私の人生も、究極は同じです。同じが嫌ですか。でも同じです。苦しむのは止めにしましょう。人生は喜びです。温もりです。安らぎです。戦うのは人生ではありません。ともに、連れもって愛に帰る道が本道です。ひとつです。

56) 私は優しい人間になりたい。あなたの心の針は田池留吉にしっかりと向いていますか。あなたは、ある日突然、冷たい人間になりませんか。冷酷、無慈悲。
私は強い人間になりたい。あなたは、常に田池留吉を思い、ひとつになっていますか。あなたは、ある日突然、ポキっと折れたりしませんか。挫折、失意、自殺。
本当の優しさ、強さとは、もう分かっていますね。

57) 適当な言葉が見つかりません。肉の思いのない思いを純粋と申しておきます。純粋な方しか、田池留吉に自分の心の針を合わせることは難しいです。ただ単に、田池先生は大好き、偉大な方だと思っている、どこまでもついていきますというだけでは純粋と言えません。
自分の心の中に、少しでも神、仏、教祖を掴んでいる人は不純。田池留吉を知ることは、不可能に近いです。もちろん、聖者とか賢者とかも同じです。全く次元が違います。ホームページやセミナーや反省やメッセージとおっしゃっても、純粋でなければ、心の針は田池留吉に合いません。種水のレベルで言えば、10超ということになります。しかし、10超でもという思いもあります。しかしです。田池留吉は、あなたの心の中にも、私の心の中にも厳然として存在していると思っています。
田池留吉を見捨て去った、忘れ去った肉の思いでは、今世は、田池留吉を知ることは、とても難しいことだと思います。
私は、純粋に近い状態の時に、自分に伝わってくる思いには、ハイと従ってきました。決断と断行と全託できました。それが今日の私に私を変えてきました。だから、私は、私を、田池留吉を信じて、信じて今日まできました。来世は、250年後は、アルバートという肉体をいただき、純粋な多くの人々との出会いを得て、次元移行を完遂してまいる思いです。アルバート、田池留吉の世界をもっと、もっと分かっていくと思っています。
皆さん方も、一応、250年後の出会いと次元移行を目指して、日夜精進していきませんか。大変厳しいですが、喜び、喜びの道です。

58) 第1回目の手術が終わって、1週間が経ちました。その間に、色々のことを学ぶことができました。肉眼で。脳で。
みんな何も分かっていないことも。分からない今も、段々暗く独りぼっちで冷たく重苦しい世界で固まっていることも分からず、救いを求めています。現在、肉体を持っている人々も、もうとっくに離れてしまっている人々も、ただただ帰るところが分からず彷徨っています。
もう肉のことはどうでもよいのではないですか。高学歴、高収入、高級車、身を立て名を上げることも、どうでもよいのではないですか。自分の死に真向かいになって、どう生きるべきか。誠実に真剣に自分の生を見つめ直していきましょう。

59) イエスも仏陀も小さい、小さい。空海も親鸞、日蓮、法然といった歴史上に名を残している名僧、高僧と言われている人もみんな、小さい、小さい。
本来の姿はみんな、もっと、もっと大きい。愛、ひとつです。さあ、みんな離して、もっと、もっと大きくなっていきましょう。

60) 自分の心の針が田池留吉に向いているか。心の針が合っているか。迷ったときは、田池留吉を心からしっかりと呼び続けるようにしましょう。継続と積み重ねが大事です。あなたの心の何かが変わってきます。そのことを少しでも喜んでいくようにしましょう。あなたの心の中にある喜びが段々と大きくなってきますでしょう。
心のふるさとに帰っていきましょう。愛へ帰る喜び、愛を思う喜びを、今世、実感していきましょう。
それにしても、現在のあなたは甘過ぎませんか。偉過ぎませんか。意識の転回にこれ努めていきませんか。首を長く長くして待っています。決断と断行でいきましょう。

61) 心が外へ向いている時は、肉のことばかり。心を内へ向けるように心掛けましょう。だから、正しい瞑想。一にも、二にもと励んでください。頭脳では、真実は見えてきません。頭は程々に。心で感じて、己を知る日々を過ごすようにしましょう。。単純、明快、矛盾のない生活を。

62) 今世の学びの成果を来世の学びに繋げていってください。そして、300年後の次元移行に繋いでいってください。それまでに超大変な体験をなさると思いますが、心の針の向け先をしっかりとさせて、一歩一歩前へ前へ学んでいってください。人生とはそういうものです。あなたは意識です。愛です。よろしいでしょうか。

63) 愛の世界は人間の頭脳では、とてもとても計り知れないもの。まさに無限大、永遠、形はなし。何もない。しかし、すべてをと思えます。私は、これからもずっと信じて信じて、皆さん方とともに、ともに進んでいきたいと思っています。10超の段階でもという世界です。未来永劫に、永遠の今に正直に、存在していきたいと思っています。

64) 人間は、まだまだ甘い。まだまだ偉過ぎます。だから、肉の次元の幸せを、自分を誤魔化し、誤魔化しながら追い求めているのではないでしょうか。儚いことです。朝露の如し。真実の道へ軌道修正して、正道をひたすらに進んでいきませんか。自分を信じて生きていきましょう。自分をですよ。神や仏や金ではありませんよ。

65) あなたは、いや人間達は自分を小さくとらえています。意識です。肉ではありません。無限、永遠の存在。神、仏やといったものは小さい、小さい。
ホームページを読んでいますか。本を読んでいますか。正しい瞑想を実践していますか。この学びを自分の都合のよいように考えてやっていませんか。
種水の判定を必ず受けてください。独りよがりは禁物。私も判定に参加して、皆さんの努力に応えていきたいと思っています。勇気を出して、判定会に。有馬、橿原のセミナーでいっしょに学んでいきましょう。

66) 死後の世界、影も形もありません。もちろん、極楽、地獄といった空間、場所があるわけではありません。あるのは、自分の思いの世界だけ。ところで、死後、あなたにとって一番大事なことは何ですか。それは、田池留吉に自分の心の針を合わせ、田池留吉を思い続け、呼び続けることです。あとは?。
ところで、自分の肉の思いは明るいですか。暗いですか。それはどうしてでしょうか。素直で優しく喜んで、毎日を生きていきましょう。それには?。

67) 自己供養。自己を供養するとは、どういうことでしょうか。まず、死後の自分の世界を知ることです。その世界は、明るいか、暗いかをはっきりとさせることが大事です。では、暗い、冷たい、寂しい、重い世界はどんな世界、思いの世界でしょうか。肉の思い、肉を本物とする思いは暗いです。苦界です。
では、明るい世界、思いの世界とは、どんな世界、思いの世界でしょうか。自分が使ってきた、使っている思いをしっかり検証してください。でないと、正しい自己供養はできません。まず、自分の死後の世界を間違いなく知ることが、学びを進めていくうえで、大変重要なことです。

68) 学びに参加されている方で田池留吉はすごいと言う方は少なくありません。私自身もそう思っています。信じています。しかし、あなたもです。ひとつとも言っています。問題は内容です。その内容如何によっては、大変な違い、光と闇ほどの違いがあります。よく自分の心、思いを見てください。心の針は田池留吉に本当に向いているでしょうか。闇の田池留吉の声を聞いているのではないでしょうか。波動に偽りはありません。あなたの種水の判定はいかがでしょうか。

69) これからは、Sさんを中心にした輪が進化していきます。もちろん、Xさん、Yさん、Zさん、Pさん、Qさん、Rさん・・・の輪もできてくるでしょう。
そして、Sさんの輪に同化して、たとえば、Sさん、Xさん、Yさん・・・などが中心となって輪がさらに進化していくでしょう。
全く別の輪を大きくしていくもの、消えてなくなるもの、離れていくもの、色々の輪ができてくるでしょうが、しっかりと何が本物かを見極めていかないと、大変困ったことになるでしょう。常に自分の心の針が本当の田池留吉に向いているかどうか検証しながら、学びを進めていきましょう。

70) 己の頭脳や環境を誇る人は、意識の転回の内容をうまく説明ができても、本当に理解できているかというと、なかなか難しいようです。
己を肉とする思いや、五官でしか理解できないものしか分からないようです。一にも二にも正しい瞑想でしか、真実に到達する道はありません。そうです。1です。1ができているかどうかです。素直に真っ直ぐに心の向け先を管理してください。
意識の流れ
UTAブック
NPO法人UTAの輪